×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

❖無限解=[弐千六^12⇔12^]❖

※一人でも出来る、無限解・潜功探索・空想研究《実験・日誌》※

☞『空想・実話 』 ∵罵辞東風・相伝∴±(@m@)± 《死 必 官 貧》←右から左に読むべし(漢文・表記)。「記=丘 処 機(こうしょき)」←(超・現実の烈士・列伝の、お方?)
『写し世は夢』*第19剄*。俺様≒±(@m@)±だよ。*『こぴぺの功罪について』*《扱い、心得・編》だっ。@このお便利さには、錯覚が付随している@。Original(元ネタ)の能力・技能を自分の物と*錯覚を起こしやすい*って事だっ。例えば詩だっ。他者の名詩(労作?珠玉?品)を朗読する事(其の詩=作品が良いと感じるからこそ、それを詠ってみたくなる)は出来る。数多ある作品の中で、その詩を*Choiceする扇子?(選び出す)*は、その嗜好者(選択者=Operator?)には『有る』が。それがそのまま、Equal。本人≒転写・者の実力(創出・力?。厳密な意味で完全なOriginalは無いとしても)では決して無い(良質・元本の“Select・扇子?”は、認知しているぞっ)。『ここが、評論家やOperator(注・帝国製と自立・起動製が有るには在る)の、☞良く陥る、★錯思?錯誤★である』。評論家に対し、行為者 =Playerの禁じ手?『■そこまで言うなら、お前がやってみせろや■』に尽きるのだが、大人気ないと取られるなぁ~。ここを、明確に抑えている者と無自覚な者との差は、眼には見えないが、壮絶なまでの違いが在るぞっ。「さて、ここでAcademy・Elite(唯物・帝国の幹部・候補生)と、在野の無名・覚者の間には、対立構造が敷かれている」。Academy・Eliteにとっての、有能や意味や価値は>$△帝国・指定・価値$である(かの存在の能力・技能は帝国規律に従って故の、配当であり、優遇である=★完全・帰属★の意)故に、帝国(帰属・母体?)の真の暗部に触れない限りに置いて、紳士然と振舞うのだが(この演技に、凡夫は騙される)。世捨て人・覚者は、帝国の利=価値等に捕われない(これ無くては、無名・覚者の有り難味も無いだろう)。この地上世界に置いて、不可侵域が一切無い所が独特の風味なのである(同時にそれは、Academy・Eliteにとっては、邪魔で貶めるに値する存在に成る)。粘土・知識界には、この様なAcademy・Eliteを放牧しておき、真の覚者系列の放逐の任に当てる。経済界では、群雄割拠の資産家を放牧し、唯物・経済・規律の補填管理に当てている。このどちらも、自らの概得利権を守る為に、帝国規律に自ら従うので、唯物・世界の虚偽・唯物・規律(所有者?=偽装・迷彩の中にある唯物支配・集団)は、安心して大笑いしているだろう。自らのパン屑を守る事(アカデミィ・エリートや群雄割拠の資産家は、自己?利益・特権自衛の為に眼の色を変えて、為す)で、唯物支配・集団の巨大なパイ(真の利益)さえをも、同時に守ってくれる。『葛藤や衝突はその群れの中でのみ起こる』。その群れ(養殖・種)の《視界や考察はその群れの中に留まっている》が故にねっ。少ない人数で、支配するには、実に理を得た戦術だなぁ~。『価値を何に置くかを』、教育≒洗う脳で与えておけば、後は勝手に、育った世代がそれに従い活動する。パチエモンなんてその典型だなっ。中身スカスカ=紛れも無く、踊る人形〈(↾↿)の広告塔=CM〉なんだよ(アホ~な俗物は、その派手さに、タカル集る。成功?のお裾分けに群がる。パチエモンやL・D(会社)そのものが、(↾↿)家一門の提供→娯楽、兼、疑似餌にしか過ぎない。と言った発想は怖いかい?)。「経済・政治、権威持つもの全てが、(↾↿)や一門の提供。偽・価値・規律なんだろう?」←(それは君の考える事)。凡例としてのパチエモン等が★蛇留務ー奴▲の劣化Copyそのもの(発想・発言・行動の全てが)で、L・D(会社)その資産の最終所有者は誰になったのかなっ。《本当に怖いのは教育⇒現にパチエモンの様な、紛い物・人間を生産している⇔ゴキブリを一匹見たら、潜在的にどれ程の数が居ようか?》、今現在の教育の本質は、唯物・賞賛(糖衣状の毒物・薬物同然)に成っている。本来の人の道理に沿ぐわないが故に、各種の破綻事象が発生しているのさっ。『元凶は何か?』。唯物・価値・嗜好?=★蛇留務ー奴▲的が、権力(俗物?集団=沙汰荷数賭に等しい)と結びついている事であり。それに付き従う、考えの無い者の数の多い事でもあり、テレスクリーン(1984より)と同様のPropaganda・Frameからの、繰り返される$セイレーンの歌声$でもある。奴らの催眠術に罹っている。実に多くの者がねっ。「今や、ゼイリブ(B級・SF・視根魔)以上の Mental・Trap満載、粘土世界だなっ」。紛れも無く、世界のほぼ全てが、Neo・Sodom・City(悪霊・天国・世界=★蛇留務ー奴▲地獄・世界)なんだよ=夢剄。既に黙示録・世界だなっ、こりゃ~。『寝てる子は起こすぜっ。煩くなっ!』。
2006年12月23日 00時22分09秒

 

『来るべき世界➟2039』≒[Series・危険な教書?] ≪〝随刊・Fascismの友〟より 抜粋≫ 『俗物なるものが、如何なるものか私は良く知っている、俗物の支持こそ虚しさの極みである』。『Charismaなる不明な能力も無論必要である』=㋣゛Fuhrer。
Ψ:㋣゛Spiegelei/ACHT=[目玉焼き/8]※↓「この世界が養える、総・人口数は、凡そ…」等なる言説。や、その発表の場(領域)。これらは本来の人間の領域では決して無い(非・人類=非・善類の領域)。@『神はただ正、不正双方の*可能性をもった*人間を創り出しただけの話で、■そこでやめちゃった■』。byマーク・トウェインの言辞に、“ほぼ真相”が現されている。↑上記の言説で話を進めるならば、その絶対・扶養総数?とやらが、現・世界人口より少ない数値ならば、あぶれた数は処理対象(廃棄?淘汰対象)である事に成る。この論説・思考・構造は、Industrial=(唯物=アーリマン)的であり、完全に非・生命思考である。*生命を唯の機能や生産装置やUnitとして扱う思考*(この様な基本・思考・処理を持つ種が、$野ン忌諱・系統種$>既に、沙汰荷数賭である)=★蛇留務ー奴▲>(唯物思考・計算処理)である事を、明確に認知して置くべき◆肝要◆事である。☛上記の《論説(説得)Trick》は、兵器・MakerのWeapon・Sales・Talkと同じである。兵器の売り込みPointは、如何に値段に吊り合った殺傷機能が有るかを、特殊なUserにAppealする事にある。「ここで、相手の良心に触れず(素晴らしいまでの、殺戮機能が搭載されています、お買い得ですよっ)」、を$そのまま語る事は出来ない$。この人間内部の二重・価値・処理=Double- Standard?を$掻い潜り$売りつけなければならない。相手(User)を善人(実にパリサイ的な意に置いて)に、在らせながら(言葉上=Lip- Service)で、殺戮・物品=商品を買わせる事が必要とされる。☛商品である、殺戮平気?の機能を★をお客さまにご理解していただかなくては成らないが、あからさまに商品の殺戮・機能を語る訳にもいかない。なれば如何するか?。★機能、其のものには、悪も善も(良心を起こさない様に)有りませんの路線で推し進める($この様な効果・機能が御座います$。で始終する)。魔術には善も悪もない、権力にも善も悪も無い。支配・管理にも善も悪もない。唯の機能ですよ、お客様★。と成るのだが。『ここで、◎愚界・現実を見据えて◎、語ろう。権力は《◆その座に座る人物なり集団が存在◆》している』。管理・支配にも、同様に《◆管理者なる人なり、Groupが実在◆》している筈である。$論理・空論=Catch・Sales・Talkは、★から始まり★で終了する虚偽・幻想世界である$。現実の、会社組織でも明白である、無能、欲深、小人物、性格異常者>俗物と変わらぬ人物が(役職に応じ)、指示・命令を発している。■Field・Workが絶対不可欠■と繰り返すのは、この意に置いてである。『上記の★から始まり★で、語るような存在は、(↾ ↿)=(M)・会員証の有・無?に関わらず、沙汰荷数賭であり、立派なパリサイである』。素晴らしいのは、それらの擬似・理論を語りつつ(有り難い教えを、唱えるにも似て)+(行動指針と同義。故に、行い全般にそれが現れる)、『$自らが、全くの善人と思い込んでいる$』=(狂信・信徒の言説行動はこれである。故に追い込めば、本性がすぐさま剥き出しになる確証・事象は概出〈ガイシュツ←安物の辞書には出てこない!悪意的な陰謀を感じる〉の筈である)。当人は善人であり、善意の発言と思い込んでいるので、対話のPauseを身に着けてはいても、対立者を、決して快く思ってはいない。『彼が善ならば、対立者は彼にとり、何れは悪と捉えられよう』。覚醒・Levelの低次の存在は善悪に簡単に飛びつく(ここで、如何にインテリであろうと、この発動反応は関わりなしで起動する。故に自己に対しての、絶対の注意が必要と成る)。何故、善・悪の善に何が何でも立ちたがるのか、☛それは俗物・凡夫の支持を当然の如く得られるからである。⇒これに、更に深度を上げ追ってみれば、☛嘘・虚言でも、凡夫の支持を得られるのならば?。⇒『$支持さえ得られるのなら$』、善であろうが悪であろうが、どちらでも良い。と言った所までも、☞潜り・見届ける事が出来る筈である。「■己と言った機械に無自覚■」これが致命的である。「外界変革に、熱中しているもの達は、それでも6界・輪廻の世界止まり(それでも、これらを覚した上での活動ならば、まま好し)」であろう。最後に、自己満足とは言え、*他に奉仕する行為や覚醒?活動を決して貶めている訳では無い*事を、理解して頂けると、嬉しいのではあるが=Flamme Schwert㋣゛。『魔術・手法やSymbol・効果を必要以上に恐れる必要は無い。注意が必要なだけである』。ある覚醒域になれば、無効化は可である。今宵、穏やかな眠りを諸君へ。
2006年12月22日 02時50分33秒

 

∞冒険・デムパ大王∝➣【TESLA?Drive*謳花*】《雑居物ヲ取り除く?真実の炎≒ (地獄の業火?)で焼き尽くす。未完の伝説の男(ハチヤ?)は、超・現実に存在しているのですわ~》「ロボ・仙人、渋すぎますわ~」(どちらも古書で入手?)=*(~∇~)*。(おいおい、一般にゃワカンネ~よ。だけど売った奴はウマシカだっ、多分)。
∵Signal➀➣「Game・ハードもソフトも、最早、不要!。何時でも無料参加(0¥)可。携帯・TELより太っ腹。⇒“Ultimate・Soul・Quest”(功夫→RPG)<World・End・King(Satanの迷宮・世界→超・難度、アドベンチャー)<Key of Illuminati(歴史?魔術→シュミレーション)<唯物・Zombie軍団を撃て!(考察深度・対応→シューティング〈徹底・殲滅を目指して、どんどん打ち落としましょう〉)<Glimpse=“日常の裏世界への挑戦”(実践?→RPG)。仕様はどれも、Super・Virtual・Real(貴方の五感、身体機能に対応=Controller不要)の様です。「【TESLA?Drive】の定期・リスナーであれば、この内のどれかの、解析世界・遊戯に常時Access中と思われますわ~」*(~∇~)*。ここで、“ぐりんぷす(入門編に当りますが、決して侮ってはなりません)”これは、 Spiral・Cycle≒メビウスの輪?≒クラインの壺Tasteの終局編の“究極・探索”と表裏一体を成すものです(ほぼ、同質・同意ですわ)。貴方の、Soul?kung fu=Level次第で、『シャキーン=(Critical・Hit発動時の効果On?)』の*連環・発動も可能*(このコンボが決まると、かなり爽快ですわ)。無形・kung fuの、心眼域・技能習得者(RPGで言うところの上級職?)になると、容易にM印・Zombieと人間(人類・種と非・人類種)の区別が付きます。これらの現世?遊戯はH・PもM・P(マジック・ポイントではなく、Money・Pointの様です)の表示を使用しません。『Soulに裏打ちされた知恵?こそが、君を勝利に導く!』=先行・修了?者≒先達の御言葉。∵Signal➁➣世界中で、基礎石=かしら石(古典・表記?)が顔を見せ、根源・唱歌≒真実(多くの者が失い、忘れ去った?)を詠い始めています。本来ならば、隅の基礎石が、表に顔を見せる事は有りませんが、◆特殊な発動・事情が有るようですねぇ~◆。ここで意味深の名言の再掲載ですわ~。●《石切らの捨てた石が、隅のかしら石に成る》●。石切(職人≒誨淫?)の手に余るのが“かしら石”。他の加工しやすい石は加工して(扱いやすい=ほぼ、眼に見える箇所に、それらは使用されます)、奸佞・世界帝国(唯物・地上天国)の建設資材として使用されていますねぇ。ボンクラ及び量産型・まいくろ=(M系列)仕様には、処理出来ない@ある事象の現出(予兆)@であると思われますわ~。∵Signal➂➣ さて、ここで何度も*教書扱い*で引き合いに出される。マーク・トウェインですが、『人間とは何か』なる書は、発表当初は、筆者・匿名⇒(既に著名な作家であったにも関わらず)であった。と言った“事実”にも、十分考察価値が有りますねっ。更に@底を抜く意味で@、著者マーク・トウェインは、【一体どの様な観察対象から】、『この様な考察の書を書いたのか?』への独自・推察研究は必須ですねぇ。このあたりの人間・事象は、“Nativeの長老?域”に成ると、詩か歌に成って現れる(ほぼ、鼻歌にも近い=児戯にも等しく)訳ですねぇ。トウェインが憂鬱を抱えつつ、何とか出口を見つけた域ではなく、更なるその先(その奥?、涅槃=㋚Nirvana・ニルバーナにも近い領域)の口伝にも近い。お言葉ですので、やっと抜け出た晩年のトウェインであって始めて、静かなる朗読にも似た?その言葉の真意を、味わう(解する)事が、出来るかどうかなのですねぇ~(セメント=直接打撃で言うならば)。*(~∇~)*。「無論、Nativeの長老?にも個人差は在ります」。格闘ファンのよく言う、『何・流派が強いのか?』と言った問いと、ほぼ同意で、《その人=その達人が強いのであって》、その人物が、その格闘術を極めたにしか過ぎず、門派・派名などは、ほぼOptionでしかありません。夢剄ポンの好きな話しを一つ。中国武術界での蟷螂・拳(とうろう=カマキリの意)の創始者。名前までは知りませんが、確か?少林拳の僧に何度挑んでも勝てなかったそうで、悩みに悩んだ挙句、カマキリの動きを自らの拳・用法に取り込み、打ち勝ったと言うお話(このお二方は、命のやりとりまでは行かなかった?)。中国の拳法家(高手・名手) の戦いは、得てして血生臭くなる(ほぼ、命のやりとりでしか決着が明確にならない)のですが。これ故に、どうしても私は料理や書や音楽を尊ぶのですわ~。『己を言葉(虚偽・理論)で騙し、他へも同じく言葉(誘導・理論)で騙そうとする。本人が虚偽の徒である事を知るが故に、後ろめたさが常に付きまとう』。『やさしさ=何らかの、後ろめたさ』の場合がありますねぇ。今宵のSelect・Soundは。Play-Tom Waits♪-Midnight Lullaby+♪-Closing Timeでお別れですわ~。「くつろぎ方は猫に、ゆっくり、たっぷり学びましょう~」。「にゃむぅ~」≡(ΩzΩ)≡。
2006年12月19日 23時03分02秒

 

*無名詩人=「言葉の刺繍」* -『奴等にとって価値無きものが、私にはとても尊い』-/♪-Hush!Somebody´s Calling My Name(黒人・霊歌より)。
 ◆Wonderful・Mistic・World≒にゃんだふる・わーるど?◆ …限りなく、素晴らしい…。それぞれが其々の花を付ける。野に咲く花、辺境に咲く花の美しさ。ありとあらゆる地に根を張り、それぞれがそれぞれの美しさ(生命)に従う。《水の結晶にも似て。唯一つも、同じものは無く》。【世界=自然は万華鏡?。驚きに溢れてはいても、恐怖も独裁も存在しない】。《覗くたびに違って見える。確信はその度に消え去る》(それは、不思議と心地好い)。野の鳥達、それぞれの囀り、虫達が夫々に奏でる、数多の音律。《言語で語り合えぬ故に、尊い》。Mistic・Symphony、この世の四元素が、微細に混じりあい、それぞれに現れ。青き空は、限りなくたっぷりと広がり、形無き風が放浪の詩篇を奏でる。我々はほんの僅かな余白にしか過ぎない。炎のDram大きくも小さくも誠に自在。確かで堅固なる大地。朴訥な笑みを示し。活動固体と呼び答える、静かに潜む水。『完全?は、停滞なりや?否か?』。余分≒不要にも等しい存在は、自我の考えに熱中する。(我々こそ、全く、この世界?の一部である、「笑う∋(ΨθΨ)∈よっ」)=Native・Chant。「技巧≒知識?の敗北!。かの存在達は、人工・迷妄・迷宮の要塞(火宅を煮詰めた=牢獄≒かの者達の安全領域)に立てこもる」。「真実≒光?溢れる園へ一歩も踏み出す事無く」。虚偽と$病み=闇$の中で暮らす、《魂の敗北者達。Gehenna (ゲヘナ)の価値=仰せに、付き従い。主権者≒神人?を装う》=(精一杯の虚偽に、逃げ込むが良い)。光溢れる世界には、最早出られまい。「偽・感情に憑かれ、愛を無闇に口にする事無かれ」。それこそパリサイが自らを、妄執≒復讐の獄徒に変化させしもの。その空言を、繰り返す毎に、より深きGehenna (ゲヘナ)の住人と成りし事を。《偽りを語る者。その財貨?=罪科は必ず廻り来る》。Loveを使い捨てで消費した者達、その負債を問われ、咆哮・放浪せし姿。何処へも行けず、うろつく者ども。光溢れる世界で、自ら地獄を選び取った者たち。死後を待つまでも無く、Gehenna (ゲヘナ)の、一部と成りしお前たち(構成・軍団兵)。暇つぶしにも似た多弁は、最早止められまい。僅かに残った正気(何だと思う?)こそが、業罪・獄徒を責め苛む(実に不思議な事に)。■お前たちの口にした、有害・呪文≒Dark・Magic・Spellが、その全て!利子の付いた一切の罪過を抱え、必ず、お前の元に帰ってくる■。《魂の自己破産=御前達自身の完全なる倒産。如何に決済されるかは、地獄の見物》。それぞれが夫々の果を受ける。実に自然≒ 玄理?には、控えめに徹し、虚偽がない。《怯える事無く、こころの笑みを見せる者が居る》。お前たち=唯物・獄徒は貧しき者、愚かしき者と、痛み無く、蔑み呼ぶだろう。だが、《お前たちは、善・人類の慈愛に養われた》、貪り喰らう事を、恥とも感じない、ただの救い無き、魂の物乞い罪人である。武力も洗脳も決して真実には勝ち得ない。Babel・Towerが崩れ去った如く、今度はお前たち自身が、崩れ去る。世界は尊く美しい。それに従う民も、例え貧しく、粗末に見えようとも。天国の住人と奈落の住人が、同時に現れている、この不思議=『天国と地獄の同時顕現』。 ~大いなる日?は、きっと来る?…。(幻視者とは呼ばずに、夢想家と詠んで欲しいね・サンより)~
2006年12月17日 01時47分42秒

 

y(~σ~)y 寝快硯(しんかいけん)⇒*/ヨタロウ・さんのB休・寄席/*「始まっちゃいますなぁ~」。『生得の選択?と、任意の選択?◆何かを選ぶとは、その他を捨て去る◆と同意ですなぁ~』。(オシミ≒情?がかかると、捨てられませんなぁ~⇔■生得・皆・無一文■)
「よっ、こんち、ご機嫌は如何なものでしょ~か」=y(~σ~)y。「物事を、踏み切れない」。「かしこい(演算?知識の多い)旦那さん方は、躊躇いたしますなぁ」。「行為の前に、事後状況を数多推察し迷います」。「健全と言えば健全ですなぁ」。「先が見えない故の、悩みでございましょう」。「見えないと言えば、こちらですなぁ~」→「按摩さん、差別用語に今じゃ成るんでしょうか?あっしには、*差別意識なんて、Lecture(現代・教育or教習)を受けない限り判りません*ので、このまま、古典・落語?の世界で、云っちゃいます」。「アンマさん、古典では、ほぼ目の見えない方のご職業ですなぁ~」。さて、ここで、古典・落語の“麻のれん”より↪◆按摩の杢一さんは、目が悪い。しかし、杢一さん自身は全くそのことを気にしておりません。それどころか、目が悪いことで、人生得をしていると言います。杢一さん曰く、「目があいていると、なんか見えましょう。見えりゃあ欲しくなる。買えればいいですが、買えないとなると、情けないじゃありませんか。目が見えなければ、欲しいものがなにも見えませんからね。これが一番いいですよ。あはははは」◆てな案配になりますなぁ~。ここで同時に“心眼”(古典落語)も抑えておきやすと、結構なもんでありますなぁ~。そして、あっしのお聞きになって欲しい噺が、◆“こんにゃく問答”◆でやす。是非この噺は、お聞きになってもらいたいものです。が、入手(視聴)不能ならば、書店にて、古典落語なる本の立ち読みでもよろしゅうございます。この噺=“こんにゃく問答”について、鉢巻(はちまき≒ヨッシャ~!)でも締めて、喋りたくてしょうがありませんが、ぐっと我慢しておきましょう。人の楽しみを奪っちゃいけやせんから。古典落語の好さってもんは、実におおらかで、蝸牛(かたつむり)並みの時間の流れの緩やかさが、常にたっぷりと大地の如く確実に、支えてくれている安心感の中で、語られている事でしょうねぇ(ここに、*本来の人間の*流体?時間間隔とやらの在る証かと=“こころ”落ち着ける)。さて、ここで、この眼を宇宙とやらに向けてみやしょう。『宇宙の法則とやらが、弱肉強食であるなんてのは、西式・思考・認知方式』であって、●実に、浅墓?(一部・表層を撫でただけ)な考え=意見にしか過ぎず●認知である事に、お気付きの方はいらっしゃらないのでしょうか。$資本主義なるイカサマ$は、沙汰荷数賭の頭脳集団が、その主神?より、賜った人類への、汚染・破壊・殲滅・兵器ってな代物ですがなぁ~。(考察追従・表出の浅さは、見事にマイクロ依存=使用・機種の証ですなぁ~)。懲りもせず、またまたNew・Age・ Brand・Cultureですか?。凡夫は《自分が救われたい一身で》どんどん、その幻想迷宮の深み(学習教程?の、もっと奥まで進まないと、貴方に救いは有りませんよ、Userの方々へっ、て事でしょ)に入り、枝道(思想・工作の本道)に誘導され(当人はそれを自己決定と思い込んでいる)、軈て(やがて)、ド壷に落ちて、お終い(騙されたの絶叫!)。仕組み=Gimmickの解説でも付けときましょ。この世の宗教・組織団体が全てイカサマ、幸せな信者とやらはどれも脳死状態です、をPropaganda・Mediaホが、教えてくれる(Image刷り込み、非・価値の内部・定着化=現存宗教は如何わしいものだ)。貴方の、こころの欠乏欲求に答える?、目に付く誘導、出口?=New・Age(擬似・宗教)が、代わりに、心の乾きを、埋めてくれる?。本来のものから切り離し(拒否)させ、紛い物を宛がう(使い捨て、市場音楽と同様。暫しの陶酔感しか、存在しない紛い物)。◆東洋やNATIVEの古典・正当系の文献◆悉くはCiaの、工作戦略のLibraryにほぼ全て拾得保管されている事でしょう、何の為に?変造改変利用の為ですねぇ。「東洋の古代?秘・文献の記述に似ている、箇所が出てくる」。『当たり前だろ、New・Age・Userが何処で喜ぶ(感動?同調?共感?する)のかを、鑑賞者=Userの心的変質変化過程に合わせ、研鑽・計算され構築された、擬似・救済・体系にて、市場に放出されているんだから』。それでも求めるでしょうな、発情時にやりたくてやりたくて堪らないと言った様に。「俗世の認知権威≒擬似・宗教と言いえます(凡夫にとって)。一例⇒マルクス主義が宗教でないと思っている方はお目出度い」。『マイクロ起動・量産型は、マルクス主義と宗教を別物として、扱うことでしょう』。科学≒宗教。思想≒宗教。芸術≒宗教。味わう水。流れる水。H2Oなる水。気化した水。氷結化した水=氷。そのどれもが水である。現れの違いに固守するのが、西方式である。故に須らくが表層に留まらざるを得ない。てっ事ですなぁ~。「ここで、お粗末さまを告げて、お後が宜しいようで」=y(~σ~)y。
2006年12月15日 20時03分34秒

 

『来るべき世界➟2039』≒[Series・危険な教書?]≪〝随刊・Fascismの友〟より 抜粋≫ 『今度こそ人類の<愚盲さ、気高さ、醜さ、穏やかさ、…人類の持つ一切が徹底的に、あからさまに、晒されるのだっ』『誰一人、逃げ出す事は@許されていない@』『その目蓋を取り去られ、一切の(自らの臓腑)を直視させられるのだっ!』。『Vor Freude!』=㋣゛Fuhrer。
Ψ:㋣゛Wenden/Sieben[裏返す/7]※「最早、世界の誰もが、Hamburger (Junk・Food)帝国を、世界の正義とは思っていない!」。「△帝国の、舎弟?=衛星国家、傀儡政権の椅子に座する、主権役者も本心は、そう思えない事実を知っている(どれ程、邪悪で冷酷な悪党とつるんでいるのか、関係者なら明白である)」。栄光?の卍?第三帝国を悪のFascism帝国と、誹謗中傷し断罪する権利?は完全に失っている(元より、持ち得ていなかった=上級者用)寧ろ、断罪されるべき(裁かれるべき)存在である」。「かの、全く品ない獣・帝国はどれ程の数の生贄を、その主神(唯物・主神)<≒非・善類・軍団の頂上作戦本部の利益(欲求)の為に捧げた事か(かの国が、奸佞(カンネイ=こころがねじくれているの意)・強欲に従い起こした、今現在までの△帝国の戦争史による被害者(死者)の数を、精確にCountし掲示しておくべきである= Junk・帝国の記念館の正面に堂々と、Reliefにでもして飾り《$抵抗者の殺戮数=勝利の証$》刻み、誇示しておくべきであろう)」。「口では、 Loveだのキリストだのと唱えるが(パリサイの、凡夫向けの得意技)、その行為は須らく沙汰荷数賭=★蛇留務ー奴▲思考・民種。の熱望の現れ、そのものである(診たくない物にとっては、この事実は、決して存在さえしない!)」。「『自殺件数(国家及び企業・商会及び増巣・Mediaホによる?殺人)を、何故、殺人件数と同意に捉えることが出来ないのか?←(これらの事象は、奴等!非・人類=★蛇留務ー奴▲民種=唯物・主神<狂信使徒・軍団の精神思考汚染 Weaponよって、紛れも無く発動している、その発動過程を、遡り・Traceできないものは、お目出度い)』。「■諸君の多くは、非常に浅い考察完結を持って好し、とする思考Patternに飼い慣らされている■」。『それは国家指導による教育=洗う思考の名において(基本指定・Programは、当然、唯物・神官の頭脳Group作成兵器である)をInstall(焼付け)されていると同意である』。この基本Program=★蛇留務ー奴▲思考。に沿って全て処理する。そして、『$それの何処が悪いんだ!$=私はMissを犯していない』。尤もである、そのProgramに沿って処理しているだけであり、過ちもない(責められる道理は無い)。が、◆本当の誤りは、その無自覚に使用依存せる、基本・処理・思考・Program、そのものに在る◆。@故に、最も危険な教書である⇒『私怨・犬蛇?の書』の完全・読了=《暗記・朗読の意!》そして、併読として、マーク・トウェインの『人間とは何か』を、全ての思考の出発・規点とせねば@☞(刷り込まれ、長年、依存使用していた、内部・価値思考をDelete=消去することは叶わぬ)。*この意において*、諸君の内部の《★有毒・雑居物★=★蛇留務ー奴▲思考の廃棄》を、語り告げるのである。が、●ここで大切なのは●⇒他の多くの養殖個体=量産型は、紛れも鳴く?★蛇留務ー奴▲Programによって、受容・判断、処理・活動している(今、現在の粘土管理世界の、常識=Common Senseに成っている)事である。『病原とワクチンの対立(ここに、合意、共生は在り得るだろうか)』の如く、■必然・発生する■。★蛇留務ー奴=非・人類▲vs人類の対立構造と、須らく同意なのである。「諸君がもし、致命的・欠陥・まいくろProgram・OSと等価=★蛇留務ー奴▲思考を完全・廃棄し、*真の価値思考?*に従い活動し始めた為らば、生活域?において、養殖種=量産型とのTroubleは必ず発生する事を、肝に銘じ、密やかに《本質・本源に口を閉ざして在らねばならない=“真珠の価値を知り”、“こころ・健やかな者”であるか否かを、■完全に見届けた上(他者・本質の*見切り=〈武術・用語〉*が肝要である)■、その後の選択は在り得るが》。(対・量産型との、相互理解とやらが、皆無に等しいは、揺るがしに出来ない、基本・前提である)。@【この世の全ては虚偽である】@=『色即是空・空即是色』これを言葉≒祈りとして唱える事は出来ても、体得?には完全に至っていない(意味解する?事無く、有難いと教わっているから、口にしているだけに過ぎない!)。この様な有様の中、況してそれが、人(無明・俗物)の思考判断による、構造・構築物?世界であるなら尚更である。ここに在る☞『$愚かな・Game世界$』(覚者では決してない、妄念・思考者達=唯物・信徒?<Dog・Horror や、賂守血ャ位屡土等の、妄念・願望が形成化されたもの)が、この出来損ない(覚醒に及ばない)人間≒量産型の知覚し、踊る、今現在の世界=★蛇留務ー奴 ▲Game・World(唯物・地獄・世界)?なのである。「この様な、根底・基本、認知・体得が無い者には、この戦いの真の意味をも、解すること叶わず」。「身動きもままならぬ身の上の魂にこそ、深き、癒え無き傷が残ることであろう」=㋣゛Flamme Schwert
2006年12月13日 20時12分27秒

 

➌双掌(そうしょう)で“崩撃雲身双虎掌”の発動である(見事に極まると爽快)‥●Take The 【♭】-Train● 《正、反、合、止揚?について、哲学的語り口で、創めてみよう》『この世を、努力しても報われない、Systemに全力を持ってしているのは、STATE=腐れ宦官・Group=悪霊・神官?であり、Mediaホであり>非・善類である』。
【♭】-Train<Cynical・Wonderful・Tour√149◎「如何にもな、学術的Taste?のOpeningで、見切り発車しよう=【♭】。我々の内、誰一人、この概念の登場する、解説?哲学書は読んでいない。著者は、ヘーゲルであったかなぁ~。*止揚(あうふへーべん?)*の指定概念は知らんが、正、反、合なる概念を*眺めやる=俯瞰視点を指すものとして、我々は処理しておる*。☞この意に沿って、【♭】-Trainは進行するのだが。「かの書で語る所?(完全に未読である)の、『正、反、合、止揚?』これらをも、須らく俯瞰せる視点?こそを、“(我々の)止揚?”とでも呼べば、我々の領域のDetailを感じて貰えるのではと、思われる」。「肉の身を持ち得る以上、俗世(俗物種の妄念・満載)=この世の愚かさや残酷さに、付き合わねばならない=生活域」。「が、この世が*全く、オカシイ=(異常の意)のは、どの様な*階層・域(Mental?・Hierarchy)の存在であろうと、程度の差はあれど、感じている事実である」。「『正、反、合、止揚?』ヘーゲルの言う所?さえ、我々にとっては、この世=『色即是空の〈色・界〉』のものと見做している」。「ムリ・無理で言うならば、我々の視点?とやらは『色即是空の〈空・界〉』?に近く?、@少なくともこの世のものではない@」。「この肉体=(乗用・機能体=器)が、存在する以上、地上・物質界・愚族種に合わせ生きはするが、【本心=㋣゛GEIST(ガイスト≒魂)は、完全に遥かに離れている】」。「外的条件や環境を整えようと、人はその様な$文明$(文化は一応、除けておこう)や$技術$(これらは“㋣゛GEIST≒魂”にとって、全く余分なOptionである)で、人への善良化策には、全く無意味であるのは、愚・人類史に、既に現れている」。『夢の様な、アトランティス文明も滅んだ!それは、腐敗・堕落し、悪霊に等しく劣化せし人の手によっての如く』。「$学習?知識?によって、心的・精製≒上質化を求めうる筈$が、大きな誤り=思考処理故の迷妄である」。文献・仏典に捕り浸かれた、最澄?と、ほぼ同系譜(知識・思考追従)が石の結社やその母体と成っている⇒偽・△諭堕也▽民?である。「最澄は尤も、かの民種の様な、物質世界の思想・支配←(これは、かの種の表の看板=願望であり、その裏には真の妄念・妄執の存在がその思考・行動の中にある)といった妄執は無かっただろうが」。「映し世、この世とやらを、一切、否定及び拒否が、私の中にあるのは、理由でも考察に拠るものでなく。自然に、人的・環境世界から受ける本質の呟きである」。他の者と違い、それを尊んでいるだけである。「違いは何処に?在するか、真に尊ぶべきものを優先し、他の虚妄を廃する行為の積み重ね、のみである」。「それを学習と呼べば呼ぶことも出来ようが、敢えて学習の言葉を見捨て然るのである」。「ビジネスマンも良く口にする、努力に見合った報酬があるべきである」と。「物質界と違い、この領域には、全く公平で厳格な、払い戻しがある(得てして、非常に遅い)」。「物質界=この世は、人の考えであるRuleや規律や律法で、計られる故、どこまで行っても不完全で、出鱈目(僅かな、正等な事例も存在するのだが、故に、真っ当な臣民は、この醜悪で残酷なる現世に、我慢とやらをし得る)」。「完全・管理帝国=派痢裟威・天国である。外面は清潔に見える(衣装や表層礼節を尊ぶ様に)、その内面=実情は、上層の管理階級が機能(本性は紛れも無く、これである)であるなら、下層の使役階層は、同様に機能としてのみ扱われる(それが、どれほど冷酷か、△帝国のホームレスへの扱いに、現れている事を肝に銘じて置くべきである)=機能・価値を失った廃品、Scrapとして扱っているであろう(ここにこそ、奴等の本性が明確に現れている、故に、非・人類=非・善類と、精確に名指しするのである)。「だからこそ、寝言に等しい、世迷言を、何度も言うのである、今現在の社会=沙汰荷数賭・世界を、現世を励賛?し追従し、それを良しとしている者どもは、最後に必ず恐ろしく酷い目に会う、その時に慈悲を希うてみれば、欲?判る筈である(にゃ~っ≡(ΩzΩ)≡)」。「イカサマ(非・人類)のイカサマ(非・人類)によるイカサマ(非・人類)の為の、(非・人類)の地上天国世界、建設の為に」エイブラハム・リンカーン?と言う、実態であろう(墓から起こし、一言だけ喋らせ元の土へと返す)。さて、それでわ。マーク・トウェインの『人間とは何か』を、独自で、更に深く掘り起こしてみてはどうかね。尤もあまり深み=核心へ行くと、追従者≒理解・可能者は、皆無になる発生現象に気付く事に成るだろうが(俺、以外?いね~んじゃねぇの)。「君の努力≒君のkung fuは、最早誰にも奪えない(まだまだ、もっと深い奥伝はある)」。君がこの世の誘惑に篭絡されない限りにおいて。
2006年12月12日 20時40分46秒

 

➋鶴子穿林(ようしせんりん)☝‥■【無極・外伝】監修=【♯】慧眼・不遜。《勇断?者・試用?》の、『言語規定及び、偽・単語≒(Catch・Word)による、影響とは』■ 【『Working・Poor』凡夫はこの言葉で、思考停止する=そこで留まる】便利な言葉である(奴等にとって)。
“風至≒封神?花伝”の《歌伝・27》を始めよう。「ブルジョアなる代名詞?☟⇔(その言葉により、何が保護されるのか、その概念≒規律?に正直に従うのは、誰なのか、その概念≒取り決めを平気で反故するのは、何者か)。の発生成立の歴史も確かに勉強になるが、問いたかったのは、もう一つ奥の『認知・代名詞の、ぶるじょわじぃ等より→$巨大資産・所有帝国・財団・系$が持つ*権利・状況?*☝』である(はい、そこの優秀な君、この関連考察に、閃き?=Inspirationを受けているかなっ)」。「初期発生=Debut当時の成り立ちを知るも必要だが、$この泥棒・悪霊憑き淫売$(感情≒悪意の混入が認められます=α〔◎ ◆〕ω)←『認めよう(だが、“健全なる貧乏人の権利?”≒やや妬み、そして、ある怒り〈不当・搾取?〉の表出でもある)』の、*今現在の、強盗・人殺し財団の本性と権利?とやら*についての考察が必要」。「対語である、プロレなる言葉も同様西式であり、不要な妄念+虚偽・概念(非・善類のMental・ Trap)が付随している」。「出来る限り、学術的≒(ほぼ、奴等の市場であり、虚偽・偽りに満ちた戦略・戦場)な考察(提出用のレポート?)より、生活感(真に現実?)に溢れる、瞑想?考察(Field・Work=現場・主義?)が好ましい(真のインテリなら、絵本並みに?表出、出来る筈である、誰か?の如く)」。☞「考察を、全くの一より始める=(例えば、貴方が、独学で自然観察をする様に)」。参考資料など必要ない、貴方が立って、外へ行き、そこに在る=居る(対象物)を、思い込み無く、見つめ◆その本態?◆を捉える事が出来るなら、善い(この当りの魅力に通じるのが、Documentであろう)」。■資料類は事後・補填の様な物である■。名探偵は、事実と証拠(入手出来る限り)に◆思い込み無く◆、対しなければならない。そして推論(現代の、新・技術一般への学習も必要であろう)へと至る。【因+縁=果】に現れる様に、如何な事象も◆正確にTrace?出来れば◆、解せる筈である。昆虫や動物や爬虫類など、それぞれに対象の認知方式が有る様に。例えば、熱源認識や、音波認識など有るのだが、それ以外の認識・機能?を持たないものにとって、その他の領域は存在しない(例え在ったとしても、認識機能がなければ、その固体にわ、◆関わりは感じられない◆)。「煎じ詰めれば、★『奴等は。《現世が全てである》と思わせて置きたい』★のである(劣化・白種は、実に良く、これ従い働いているだろう)」。「故に、☞真の考えの不足している(既に種としての生得的・欠陥に成っている)、アングロ等は、容易に★奴等▲の軍門に下っている事にさえ、最早、認知も出来ないで、使役・活動に勤しんでいる(既に、列島の多数派・固体≒臣民も、同様の劣化・白種の模造品に成っている=該当・固体群がそれに、気付いていない。見事と言えば見事な戦略だが、“真に誉れ高い Native”は、非・人類《本性》がどの様なものか《どんな事を行うか》?を良く知っていた。故に奴等の突撃兵士に、真っ先に、駆逐・変質されたのだよ)」。「使役・白種に成せるのは、殺戮手法行為しか無い=(自らを満たす事が真っ先に優先され、それを好しとする種にとっては必然)のは、今更ながら、明らか(『他の手立てを、扱えない』と名言!しておこう)」。☛「滅びの国=悪霊・唯物・帝国の兵隊として、良く働く種であるとも、言い切っておこう(本性が非常に近い、下等・悪霊の血縁種と呼んでも良い程である)」。■『かの種から良いものは、最早、一切現れない。毒麦が健全な実を付けられようか』■。「半・永久的にも思える、地獄・地上世界を支える(庇う)、暗愚と等しい慈悲(出来損ない人類に与えられた、哀れみ?)」。「そして、全ての悪(我欲)が、この世に出尽くすならば、本来の正等存在の刈り入れ(刈り取り)が始まる?(実に不毛にも似た収穫期である=出来が悪い)」。「それぞれが、それぞれの実を付けているのだから(文句は無かろう=自己選択の結果であるなら)」。と言うような御伽噺?に成っていたのではないかなぁ~。「悪霊・唯物軍団に属している(禄を食んでる)連中は、■World・End・Garden引き回しの上、獄門、打ち首、晒し者の刑に値する、獣?罪人■である事を、観していないのでは、真にお目出度い限りである」。「悪霊(己を満たす考えしか持ち得ない)に慈悲を乞う、実にすざましい生存本能である」。「善意のベール(後光)を纏っている、ナイチンゲールもマザーテレサ(俗物には人気抜群の様である)も、地獄の罪人や被害者や犠牲者を必要とする(私は必要としない)」。マーク・トウェインの『人間とは何か』の余勢を借りる訳ではないがねっ。※一つ憧れとして、ナマケモノ「一日、2~3枚の葉っぱで満足できるなど、憧憬に値する」=【♯】。
2006年12月12日 20時21分45秒

 

❶崩拳(ぼんけん)☝‥☈ α〔◎ ◆〕ω の高機動/強行/突破式‥☈ 『感情同意、同調を足場とし、どうにかこうにか、健全であった人類を、変質思考・行為させています』。列島に於ける、Mediaホ≒変質・バチカンの如く、信者?はそれに従い、着いて行く(看板指示・誘導に、自動的にも似て、従う)。
☈姑息な技術≒Dirty・Technical☈。>>>演劇も面白いですね。 Cinemaと違った味わいがあります。見せてもらいましたが、某・三個卵局による、音楽?演劇=Live?の$詩人の愛憎?$とやらをCheck=☑させてもらいました。画面Up・時(主人公?の興奮シーンに置いて?)の@背景=壁紙の文様には、★確信とも云える★、☛呪いの表情☚が存在@し。舞台= Stageのほぼ中央の@赤と白の長椅子の文様にも、同様な、☛笑う悪魔?☚の表情があります@。舞台、小道具ですので、良く識別できました。局の看板 Imageが、ほぼ民法に比べれば信頼が持てると言った、★養殖種の思い込み★を見事に逆手に取った手法でした。そして芸術とやらのFrame・ Imageも、無批判(心的、抵抗を削ぐ)に受け入れさせる、戦術Pointでしょう。★「芸術は、人間が理解しなければならない物である」★と言った、鑑賞・Pamphlet(意識・変性・導入)の定番・口上(これらは、既に、唯物帝国の長期に渡り投入され続けている、戦略兵器=Mind・Weapon です)も、更に容易く観客とやらを無批判にし、歪んだ?及び、$正しさを模した、有毒の偽・感情に訴えかけられています$」。「登場人物は、音楽・教師と、指導を仰ぐ生徒?の二人芝居でした。その会話、無論、含蓄を含んだ会話でしたが、須らく表層に留まるものと、感知しています(知的興奮=知的嗜好を満たす=疑似餌の含有。何故か?、ナチスと△諭堕也▽が常に意識されるような作りであり、芸術で糊塗しているようです)。劇中の、この音楽教師の、譜面やメロディやその歌詞についての感情の表出・解説=(芸術のラベルを付けられた戦術・商品)に多弁。凡夫はこれらのウンチク(会話と台詞)に頷くのでしょうが、完全に枝葉・枯葉(偽物=仇花)です。*象徴的なのは、この台詞→「花に、何が判るのか」と*言い切っている=(感情が込められ、発せられていた)。同時に、野ん忌諱=ヤンキーなる種、全てを、心底、あざ笑っている。ここから、覚す事の出来るのは、野ん忌諱、相手に(この地上の他の種にも、同様の心的・態度を持つ)。$★△我々▽★はこの様に、頭脳に置いても芸術においても、他の種より、遥かに優れている$といった、誇示・宣言が見えます(完全に見下し、友人の仮面を付け)。が、「かの非・善類が粘土の前にて、栄光の如く掲げる、芸術?と呼び習わしている物品=ガラクタ」。α〔◎ ◆〕ωが見聞き(他・次元世界や他・宇宙でのと、比べますと、無自覚な傲慢か自我自賛の発露として、芸術と名付け、■思い込んでいるだけ■の代物です=確定・不変)。この様な、かの病種=非・善類の特徴を示す、病・性癖はアラユル方面で、吐瀉され、この世界のSystemも思考も、汚染劣化されています。かの種は、『△自らの種▽よりも、遥かに優れたる種の存在を、【認知したくない】』、$粘土の気付かぬ内に、その優れたる、我々とは別種を根絶しておきたい$。が見事に覗いています。「ここで、申しておきましょう」。∵「★△唯物・神官族▽★が、Robot仕様と変わらぬ。アングロの白を使い根絶・変質させた、全てのNATIVE達(真っ当な存在の顔は、常に、こちらを向いている)に、ほぼ全ての面で、遥かに及ばないと言った、事実と真理を」。「★△お前たち▽★の様に、『△Satan▲?の助け』など、一切必要としていなかった事実を、死して噛み締めるべきであると」∴。話を再び戻し、一般Userとやらとα〔◎ ◆〕ωは、全く別の鑑定・鑑賞?に従っています。ので、他の観客?との意見交換は多分、不能です。この様な戦略・魔術Image兵器(Genreは、芸術とか娯楽のLabelを貼り)は、User(非・人類軍団にとっての、“誤意無”)の知的・階層別に、(3・S市場に大量に)生産出荷されています。単純なAction・視根魔・系では、悪役はハリーの森(映像・戦略本部)により、どの時代にも指定(憎むべき)が在り。Image誘導(現実に憎むべき敵として)劇中で、憎むべき悪行の限りを尽くす(Imageの刷り込み)のですが。ここのところのカラクリ?が、判って鑑賞しているUserはほぼ皆無でしょう。(『さぶりみなる』って知ってる?、『意識誘導』って知ってる)?と、劇場の出口で、鑑賞者に、聞いてみるのも、一考でしょう。「そこに、養殖種、特有の実に幸せ?な返答に対面する事でしょう」。『これにて、一件落着』を見せないまま、α〔◎ ◆〕ωは元の周回軌道へと、復帰します。追信⇒「はりうっど初の、有名・日本人俳優=船井雪舟?(前時代?・故人)でしたか、当時の作品(劇場公開)多作?とやらを見たいものです。当時の△<使役帝国の事態?・背景とともに、冷酷なまでに」⇔「映像戦略商品の中で、当時の日本人のImageを決定ずけた」。※これ→❶崩拳(ぼんけん)☝より、『3連・Combination』が始動します※。敬具。
2006年12月12日 20時14分52秒

 

e 《粘土浸入禁止》 【Dr-CsL】「またもや、新品の白衣が、真っ赤に染まっているではないかっ、これは、どう云う事だぁ~(天を仰ぐが如く=ト書き)」。(興奮して、メスを振り回すからです)。「危険ではないかねっ(振り返り、別人の様に落ち着いた表情と仕草で=ト書き)」。(ええっ、危ないですねぇ)=(∂p∂)。
*Karte・ №027*⇔『宜しい』、ここで、【獄?】≒Prison ≒㋣゛Gefangnisの概念・解体?しよう。尤も、これら?(無論、表出形成態=眼に見える事象では無く、その種子≒主旨=形成・主・原因に付いてである)故に、どれ程冷酷に切り刻もうが、誰の“こころ”も痛まない。始めよう=【¢】。獄に収監されれば(無罪、有罪を問わず)、誰もがその運営・指定・規律?に従わされる。(ここまでの了解は成立という事で)進む。さて、心理学に置ける『原始・類型』(心理の、人間にとって、“知覚可能な”基礎領域?)に因り建つ→*肉の獄*と*思考の獄*紙面の都合により、ここでわ*思考の獄*㋣゛Herz(こころ)でも㋣゛GEISTでも無く、お手軽言語の$ Mental・Prison(二流品の言葉が、実にJust・Fit)$について、解体する。※補足として→(㋣゛Herzより㋣゛GEISTが上位≒扱いやすい?、国民性?→㋣゛Herzが㋣゛GEISTより掴み所が無いを現している?様な=そう言う事は得意ではないので、と言った、古式・日本の風情に通ずる様な。義理堅く、律儀で正直の現れか?)。さて$Mental・Prison=*思考・観念の獄*$は、《言葉とそれに暗黙に付随する、及び裏に隠れた、強い意味?命令を持つ?★価値・Image★により、*《ほぼ形成される》*→教育やMediaホにより、学習・習得した貴方の内部で》。★奴等▲ =唯物・主神?軍団の頂上作戦本部・集団が、【★言葉=Wordと呼ぶより、Spell=呪文と捕らえるが、実情に近し★と★原初・Image★及び★魔術的・Symbol★】に@何故、執着・固守するかの意@に、㋔Mes=外科用の刃物で、切り開き患部を確認しよう。それは“誤意無”の表層意識を掻い潜り、Mentalの処理及び反応に、変質・影響を与える、(奴等の入手しえる内の)最大の、@Noise交じりのPsy?・Power@を持ち得るからである。(おいおい)。駄目押しで、更なる補足⇒発情期に成った雄の固体は雌の身体特性=性的魅力やフェロモンといった刺激誘発に反応し、接近・篭絡を図る。これらの発動・起動・反応と、ほぼ、全くの同様のGimmickを持つ。内部起動の根源発情?に、脆弱な“こころ”=凡夫が抗し得ず、従う様に(♂・ ♀共に、ほぼ同じ処理に従う)。¢秘伝?眼¢にも値する⇒『◆それが→◆何によって→◆内部に→◆誘発され、→◆同時に反応・起動≒(選択・行動)しているのか』への、冷徹な確認・認識が必須である。トウェインの人間機械論で言うならば、【『私と言った機械はどんな造りになっているのか?』を知らねばならない】=ブッダの究極までの考察≒悟りとやらの有り難味は、正しくここに在る(108の迷妄・引力の全てからの離脱・完了者)だと思われる。我々?凡夫は容易く、その内のどれか(108の迷妄・引力)に引き摺り回される。★奴等▲の『戦術・運用の主・兵器の☆秘中の秘☆は須らくここに有る(Ⓜental・ Approach〈心理機能的・誘導・操作〉+Ⓟhysical・Approach〈生理機能的・誘導・操作〉、Controlが主眼であるなら、好ましい結果の出る方法を取るは必然。両者の兼用も在るし、Costや効率により、どちらに戦術・Waitを重く置くかは流動的と見做すのが、定番と。これにより。イカサマ思想・宗教Business・工作・教団淫達が、ただの戦略・戦術の中の、一つの(補助、地ならし的)効果Unitに過ぎないと言った、事実が現れる。「ここで、我々が観するは、(空手形で)救済を唱えた仏?=教師?≒疑似餌は尽く、真の獄界よりの離脱は不能である、@その信徒と共に@※獄界に留まざるを得ない※であろう、当然、確定・工作教団は、押しも押されぬ、巨大でご立派な、屠有為都・戦術協会や装稼・学術戦略会団体等であろう?」。尤も、我々より上位(この世のものではない)の存在は、どう捉えているか(最早、完全に見捨てているであろう=推測)は、我々の知る由でない。「救済仏?等 ≒ほぼ方便、外界には無いと思うべき」。「数多の不純物?を内包する、一欠けらの石の如く、我々の内にある僅かな≒針の穴を通る駱駝を発見し、その理に従う事と思われる」=【¢】。*祝・入電文*「我々は、アラユル真実に、傷つく事が無いように備えなければならない、“真実は諸刃”(ある者にとっては、致命的であり、又ある者にとっては、当たり前の事=自然?)である」。『■真実に!。敵も味方も存在しない■』=Ⓕlamme Schwert㋣゛(真実に傷つく者は、至らない証である)。「これらは、大声を上げ喧伝すべき事柄では、本来は無いが、それとなく、水を零す如く伝えられたし」Ⓕ。「水は厭わず、たいていのものに染み渡るものである」=【¢】。
2006年12月10日 01時58分25秒