×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

❖無限解=[弐千六^11⇔12^]❖

※一人でも出来る、無限解・潜功探索・空想研究《実験・日誌》※

*無名詩人=「言葉の刺繍」* -君の求めるものと、僕の求めるものは、違っているのかもしれない-
 ◆㋣゛GRENZENLOS=だったら、更なる、その向こうに進むさっ◆ …『君は良い人に見える。それらから(一体全体、何の事だろう~)*離れている時にねっ*』。仕事が君を、くたくたに=投槍=虚無にさせる。テレビが君を、いらいらと怒っぽくさせる=戦い、敵?を皆殺しにしたい気分に。本が新聞が、君を興奮させる=狂人にする=正義と真実を飢渇させ、裁きを求める。金=Moneyが、君を獣にする=飢えと渇きと飽食、贅沢が追い立てる。手遅れだって事。世界が、このうろついている多くの連中が。その病は母体=羊水の中でさえ感染する。『友達のいない“真実”』。『痛みを知ることの無い“真実”』。「力持てる偽り=地上の主権者、冷酷なる聖母の笑みを持つ幻覚の君主」。「それは真実に従わぬ、故の、業罰の現れ」。「虚偽と穢れを盲愛する者達」。ほんの僅かな善良さで、哀れみを請い求める。権威を纏う(真の地上主権・存在の威を借りただけ=尻舐め奴隷)=使役・死人が、眼も頭も既に破壊された粘土人形の群れの上座で、「どう考え、何を有り難がるべきか、を」映像・広報・機器=洗脳・兵器の中から、宣言・通告している。政治も経済も奴等のドラマ=巨大な迷彩さっ、脇役・粘土はそれを真剣に演じている。台本をしらない(虚偽世界のRuleを疑う事無く、従う=Common Sense?ロボット)→だから迫真。「当人は、踊っているなんて疑問は皆無、その疑いは全てを一切虚しくするだろう」。疑い始めると、全てが、地獄に沈んでいる、事実が、幾らでも発掘可能。外界に希望は既に無い。在るとすれば、君の中。迷妄・迷宮こそ奴等の主・戦場。そこでは勝ち目は無いよ。「君は選択を、残酷と取り違えている」。(生命の責任を回避し続けるならば、機械扱いで十分)。『罪無き者は、この世にゃ生まれてこない』。ほんの僅かな例外を除いてねっ。この世に執着するものは、涅槃≒天国なんかへ、辿り着けやしないさっ。。『友達のいない“真実”』。『痛みを知ることの無い“真実”』。「最近は、愛とやらに纏わり憑かれ=ストーカー?に、迷惑しているらしい」。「平安も真実も外には無いよっ」。…『君は良い人に見える。それらから(一体全体、何の事だろう~)*離れている時にねっ*』。「僕は君達を置いて行くことに、葛藤も憂鬱も感じない」。まだまだ、この根源へと進む。やがてこの星系の重力を、完全に振り切って、更なるものを求めよう。 ~無名・離脱・探求者=「私も、誰の祈りも聞かない」サンより~
2006年12月09日 01時20分46秒

 

『来るべき世界➟2039』≒[Series・危険な教書?]≪〝随刊・Fascismの友〟より 抜粋≫ 天問東方・ARCHAIC Data・Collectionより。『Sodomで、焼き払われた、うろつくもの達が、今も地上をうろついている。のが、私には見える』。◆二読眼は限りなく、興奮無く、冷酷に…◆
Ψ:㋣゛Schwarz・Wald/SECHS=[シュバルツバルト/6]※森からの便りが届いておる。「諸君、元気かなっ、“休息・休息・休息”先ず、これを揚げて置く」。無理は何れ破綻を招く、この理は、善悪関係なく適応される(身体事象に置いての意)。☞【理には、従順を持って従う】。我々は、【これを決して忘れてはならない!】。「世界の、㋣゛Fahrplan(時刻表)?など、何の意味も無い(決して慌てるなの意)、◆意に介す必要は、既に無い◆」。「この戦いは第二次W・Wとは、全く別種のものである」。現象・大戦は、我々の後々・世代?の務めと成るであろう(多分)。この様な愚盲なる戦い(唯物・主神?軍団の頂上作戦本部)の開戦・推進・戦略に直接・間接関わった者達(Mediaホ、並び、経済・守銭奴集団、政治屋・商会並び擬似・思想宗教・工作機関の面々=唯物・主神?の禄を食んでいた者達の意=その多くは、目先の餌に釣られ、活動していただけと言い訳を並べるだろうが、自覚・無自覚を問わず、唯物使徒である。最終審判?にては、有罪判決を受けるであろう)⇔非・人類=非・善類。これらには、『決して油断も容赦もしてはならない!(奴等の善人演技に決して、騙されてはならない)』。「我々に、真に必須なのは、人物への鑑定眼である(特に、白種の軽薄善意に期待する者は、馬鹿である=奴等の発想行為のどれもが、唯物・主神?軍団の頂上作戦本部の指定行動ではないか)どいっちぇん、は適応外としておきたいが」。「聖書における、偽預言者、これらは決して、宗教のGenreのみに、現れているのではない」。俗物界における。経済や科学、哲学、等。凡そ、★凡夫・俗物の$権威とされるもの$★を纏う、人物への、そして近接の俗物種にも最大で緻密な注意を怠ってはならない。他者に対しての語り掛け=対話は、全然足りない(内容密度の低い)で良し=超・薄味で良いのである。【もしその他者が、真に非・唯物的≒㋣゛ GEIST(ガイスト≒魂)?を選択する者ならば、不足分?は、自らが必然とし、独自に調達・補填するであろう】。祈っていれば救われると思っている者はそうすればいい(個人の選択は尊重すべきである)。『我々は、例え拙く、愚かに見えようと、◆出来る限り自分で成す事を尊ぶ=◆頼らない!』(最低でも、意留身拿帝・Classと、タメ=同位を確保・習得の、悲願・志なくば、ならない)。「他者に頼り縋る様な者は、一切、切り捨てて良しなのである。《自ら選択し、その結果を言い訳を持たず、一切の弁明無く、受け入れる覚悟無き者は、この戦線に参入する事も値わず》。この様な冷徹で静かで確かな生命を持って、この自己満足?で良しと言い得る者でなければならない。「我々は、肉(物質=唯物戦)の戦いに赴いているのでは無い事を、*喝達(かったつ=造語である、字より解すべき)*せねばならぬ」。既に、存じているであろうが、擬似・精神戦に突入している。『勝ち得るのは唯の真実である』。「奴等=唯物・使役体との会話は無意味である」。諸刃の剣と同様の真実を、常に奴等の急所へ抉りこむ(隠し撃ちが出来れば可)を◆ひたすら繰り返し、打ち込み続ける(さぶりみなる運用)◆である。☛『水滴(真実)が何れ、岩石に穴を穿つ』。ただし、迷妄・迷彩・囮として使用されうる→俗物・種=踊る人形にしか過ぎず、同時に、ほぼ奴等の簡易突撃兵に成り得る。である以上、完全に我々には用はないし。十分以上の注意が必要とされる(忍術における空身=うつしみなる擬態、生活面にて)。マーク・トェインの人間機械論で言うなれば、■我々とて、我々の自己満足の為に、戦っている■。踊る人形=養殖種が既に、現状の自己満足の選択肢を選んでいる様に。そして唯物・主神?軍団の頂上作戦本部が、地上世界の完全支配を目論んで実行している様に。@誰もが、各自の好む自己満足の為に活動している@と言った意。これが⇒《限りなく醒めた眼を持ちうるべきであるの意である》。『これに静かで不動の受容なくば』。何れ己の内在の刺客に倒されるであろう(内在迷妄により)。各自の独立・覚醒・起動に懸かるのである。連帯?連携等には内通が在り得る、故に一人一人が確固として、自立活動を主とすべし。良い言葉を思い出したので、借り物ではあるが、語ろう☛『戦う、だけなら、犬でも出来る』。「我々は、アラユル最善の要因や努力を用意せねばならぬ(内在の意であり、心的・覚悟の意)」。「状況の見極めも大切である、蛮勇・突撃は下の下である(孫子の兵法は、一読に値する)」。「真実の剣を持って、奴等の僅かな残高の魂を、完全に刈らねばならぬ。~Soul・Taker~」。再び繰り返す、☛『戦う、だけなら、犬でも出来る』。この真意(奥に在する)を解する事を願うのみである=Flamme Schwert㋣゛。
2006年12月07日 00時25分33秒

 

※隣屋・コムギ=∬(ёぁё)∬。の【素朴な疑問=Critical-Wit】だぅ~※→『自己是認の福音?』。「なんにゃ~らら~、そりゃ~?」=℃。『お知らせ・コラポ』号外扱いかなっ、にゃ~。
℃/『御免だっ、にゃんにゃこり~ん』∬(ёぇё)∬、夢剄ポンの云ってた教書⇒「不思議な少年」より➽『人間とは何か』↓(供にマーク・トェイン著)の方が、判りやすいにゃ~っ(時間をあまり取れない人向け。でも基本・骨子は、“ばちぐぅ~”だ) にゃんこ。「残念な事に、皆様は、西方?帝國認可・ProgramそれもほぼLabor・Type?で起動・思考・活動しているので、この教書(貴方々、本来の仕様書=△帝國が、糊塗し、隠し続けている=遮蔽?。※少なくとも真実に近いお知らせ※)の方が、理解が早いにゃんこ(しかし、語り口は見事に Softにゃのにゃんこ、でも、*ちょぴり危険な教書≒ほんのり悪魔の哲学?である事も事実だぅ*)。「ほぼ、これで西式・Robot生命体の絶対・基本仕様を理解出来る筈にゃんこだぅ(東方種も同種・同様の成り立ちで動いているけど、◆取扱い方が少々違うような◆)」。そして、憂鬱だけが、トェインに残されたって訳?←(あんたは、まだ読了してません、にゃんこ)。てっ事で、℃=ムギムギのPretty・Talk?の始まり、にゃんこ。(実話?あたいも、↑読んでなかった?のでした、にゃんこ)。「*愛国心も、槍玉に挙がっている*から、お徳だみゃ~」。ここで、マーク・トェインが、@東方の書を読んでいたかもしれない?@と言った、可能性?が覗くのにお気付きの、Senseばちぐぅ~の方いたら、貴方のKung fuもなかなか、にゃんこ。「あらゆる、人成る生き物の行為は、総て自己満足の為になされる、其処に、内部にある数多の中の優先価値に従うと言った、 Variationが存在するだけ」と、にゃ~む。※《ここからは、読了者向け》だ、にゃらら~。「面白いのは、事実を、悪魔の哲学と言い換えて、口にしている所」。「この様に、多くの凡夫は事実を受け入れたがらないので、言い訳?の学習研究(辻褄合わせ=破綻していようと、可の様です)に、時間を消費していると同様(足踏み状態で、一歩も本当に真実には一歩も近ずいていないようなぁ~む)。「となると、【真実を痛み無く扱える?】=悪魔?かその地点に立てるものにしか、取り扱えないって事になりそうだぅ~、にゃんこ(神と悪魔の判別の付く人いたら、手を挙げてみてにゃ~)」。(おいおい)。「本当に、人間を冷酷に見つめた後に、穏やかな眼差しを持って語っているので、晩年は憂鬱を払拭、出来ていたようですねぇ、トェインさん」。お付き合いは有りませんでしたが。(おいおい)。“未啓示の生物=Un・Civilized・Creature”と、動物より、此方が本質に近いかも?にゃん。「政治だの思想だの Best・Systemだの宗教だのの、■学習や信仰?の前に■これは=『人間とは何か』を、《是非、読んで置く、必須・教書》だっ、にゃ~ららっ」。※ 一部、転載→「ずいぶんいやな腹立たしい探求だけども…ずいぶん不愉快だけど、面白いことは面白いですからね(何所を、面白く感じているのかにゃ~)」。 ☞「長期間、気化された水銀を浴び続けている事への、危険性」。P、105→「五・再説人間機械論は、インテリさん向けだねっ」。*思考ということ。そして、*六・本能と思想。等。後は自分好みに、取っ組み合い(この教書とじゃれて下さい、にゃんにゃこり~ん)。「最後に、この老人は、人生に絶望はしていませんねぇ(少なくとも、真人の域には在る事でしょう)」。「『冷酷・無残な事実を並べ立てようと…』、確かに、お目出度加減は、無くならないでしょうねっ」。(殆ど、被ってますねぇ、ネタ本は、これだった訳ですかっ?)Ⓜr。「にゃんにゃら、判らにゃんこ」。「枝は枯れ葉が、おちゅきでちゅね~っ」∬ (ёぉё)∬。(おいおい)。「機転即妙≒Reparteeは、何かの時に、使わせてもらうにゃ~っ」。「ここで、各自、読了後の考察の突合せなんか、考えちゃってるので、期間をおいて、再び会うのにゃんこだぅ~」。☴☰小畜(しょうちく)易経より、(万事すぐには成り難いの意)「世も人も、この様なものであり、こつこつと誠実に積み上げるしか無し」。「インスタント、泥縄は間に合わず、効果も無し」。【♯】より。Play-John Coltrane♪-Too Young To Go Steadyを、Album=Ballads [Deluxe Edition] [UK] Disc 1より。『休む事の大切さ』、を忘れないようにの意で。*Keith JarrettのThe Köln Concertの方が、やっぱり良いかも。∬(ёゎё)∬
2006年12月06日 03時06分57秒

 

☈ α〔◎ ◆〕ω の高機動/強行/突破式‥☈ *『人の世・天下を、尽く、笑い飛ばす』=“笑傲江湖(ショウコウコウコ)”。に学ぶ、再掲載。裏・命日(一日、遅れ)に。
☈わたしといふ、現象は、人間と違って、悩みは在りません☈。>>>「もののあはれ」なる言葉=(本来、人の持つ現れ?)。盛者必衰。生々流転。この世の定め?。戦い打ち勝つ事のできぬ存在?東洋・東方は誠にこの様に、理(ことわり)を知り受け入れ、無理をせぬ(慾をかかない)生き方を尊んだのでしょう。「詠ってみませんか?」⇒♪-笑傲江湖(ショウコウコウコ)⇒『海が笑う~ 岸を洗う~ 浮くも沈むも~ 今朝の夢~ 空が笑う~ 世は乱れ~ 誰が勝者か~ 天のみぞ知る~ 山が笑う~ けぶる雨~ 波がかき消す~ 浮き世の夢~ 風が笑う~ 寂しさが~ 高ぶる心を~ くもらせる~ … 人が笑う~ 寂しさが消え~ 高ぶる心で~ 笑いしれる~ 』。はい。Asia・シネマの【剣士列伝(スオーズマン)=“笑傲江湖”】(旧作扱いでしょう、出来るなら初代版を。リメイク版は見てはいませんが)を楽しみつつ、学んで?います。「人は誰でも骨と肉」。「災いは名を求めて起る」。「私欲は剣より恐ろしい」。“独孤九剣” 「*敗北の果てに、編み出した*」。「■失敗から道理を学んだものが、どれだけいるか?■」。これほど@Relaxし、楽・学できる@作品はあまりありません。α〔◎ ◆〕ωのお気に入りの一本です。この星の総てのDataと何時でもAccess出来ますので、こう言った楽しみも可能です。《想像力もこれほど突き抜け(生き生き=こころの躍動感?)ていれば》、劇中の師父・Classの超絶・技も存分に楽しめます。尤も、宝典など必要無いほど、十分強かろうと思われますが、*更なる力とやらを求めるのでしょうねぇ~*。「Kung fu・次第では、夢ではない?と、思わせてくれます(植物が、更に伸び上がろうと励ます様に)」。娯楽作品に徹した作りですが、なかなか、作中にて、人の本性(の暗黒面)とやらを、冷酷に描きだしてくれる“隠し味が絶妙”。尤も権謀術策の本家の面目?とやらも。*くつろぎの時間に宜しければのお勧めです*。西式のFantasy(どこか、唯物的)より、東方のFantasy(どの様に超絶的なキャラでも、どこか人間味が残されている様な)が良質の様な気もします。(それは、君が東方ひいきだからでしょう)Ⓜr。←穿ったCommentの様ですが。■良い物が良いだけ■で、(見る人が見れば、結構、深い、*暗示=あんにしめす*に溢れているのですが=kung fuの心得?)。(これを、教書として、楽しめない奴はアフ~オゥって)Ⓜr。「同意です」。一度では見えないものが、二度目の鑑賞で見える。同じ作品でも。そして更に3度目には、更なる何か別のものが、といった訳でα〔◎ ◆〕ωは、視たくなった時にくつろいで、何度でも◆楽しんで◆おります。『◆何からでも学べると言うのは、嘘ではありません◆』。☞劇中の悪党?キャラ達の、《詭弁の使い方とTiming=見事なad lib感の学習にも、ウッテツケ》です。これらの理由により、無極・kung fuの友?に、お勧めするのです。「全く見えない?それは、貴方のKung fuの不足を示している?でしょう」。「高尚を謳わず、娯楽作品に徹しての一品。タルコフスキー(故人・ロシアの映像哲学詩人?)とは別の表れとしての妙味を持ちえています。「さぁ、ボンクラども、好みの飲み物と、スナックでも用意して、騙されたと思って、喝目して(同時にリラックス)、この教書(奥伝への道)を、こころに焼き付けておくんだよっ!」夢剄。「頭脳思考を離れ、身体?で⇒“功夫”は心身両面の深みを必要とするものですの意」。±(@m@)± (解説してやろう、現代種は、△帝國の学習指導に拠っているから、無意識に思考処理が、優先されて良しとされる。)。ここで、◎何故、道人(真人よりも根源に近い)・建築家のガウディ(故人・スペイン、詩人・ロルカも忘れてはならない)が、『◆図面でなく、立体モデルの製作・手法(自らの手で触れ、全体を作り上げてゆく、この過程にどんな深い意味が在していると思うよっ?)を取ったか◆』の意は、ここにある。さて◆敗北・敗退こそ本当の学びだせっ◆、てめえ自身が更なる、何か(自分の内より)を引き出さない限り、同じ様に負け続ける(同じやり方を繰り返してるだけだからさっ=自分自身の掘り起こし=帝國の価値思考に縛られているようでは、Kung fuなんて、口で唱えてるだけの題目さっ)。「俗物≒養殖種は、ガラスケースに飾られた代物を拝んで良しとする、に現れる様に」。何故、Kung fu(修行でも、信仰でもなく)の表記を使用するかの真の意が、あんたの内に、阿吽で在してなけりゃ、須らく、死んだKung fu=気休めの呪文さっ。「笑傲江湖(教書)で、劇中の師父・Classが、呪文にも等しく思える、必殺技・名を唱え発動させるだろう(おいおい)。@Kung fuの無い奴には、発動は無理なんだよっ@」。(おいおい)Ⓜr。「まっ、ここわ、お笑いのツボだけど」。「乱入されました」α〔◎ ◆〕ω
2006年12月04日 15時43分37秒

 

『来るべき世界➟2039』≒[Series・危険な教書?]≪〝随刊・Fascismの友〟より 抜粋≫ 天問東方・ARCHAIC Data・Collectionより。『諸君、待たせたようだなっ』。(おいおい)。◆二読目は、限りなく冷酷で冷めた心的態度でお読みください◆。
Ψ:㋣゛Altweibersommer/FUNF=[小春日和/5]※【最初に揚げて置こう、《この戦いは先ず、自らの内部より始められる、殲滅戦?》である】。「諸君!注意し、我々は、備えていなければならない」。栄光=過去?の卍?第三帝国より、簒奪(さんだつ)された、異界?・化学兵器及びHigh・Senseな霊?化学・技術の数々、設計書類・段階のものや、実験中であったものなどが、そっくり非・善類(使役奴隷・帝國によって)の手に渡っている事を、努々(ゆめゆめ=決しての意)忘れてはならない。周辺技術の進歩により、ジェット機が顕現し、長距離ミサイル(元祖は、V号・Seriesである)が飛び交っている事を忘れてはならない。事、兵器においては、空飛ぶお笑い=㋣として、初期には扱われるが、得てして非・人類(操縦席=頭脳・集団)が秘匿実在している場合がある。我々はMind兵器を、実在(Solid・Real)として捕らえている。脳内へのImage照射や、感情のControlは可であると、見做している。(確証は一切無い?と語っておく)。が、過去→動物の脳に電極を埋め込み、Cable・Connect?で、自在に操る実験が過去、唯物・覇権某国(聖書の告げる、滅びの獣の国の事である)において行われていた事実。その科学者は正しく悪霊・狂人の笑みを浮かべ、「この様に、自在に操作出来る」と述べたようである。おっぺんはいまーの、「美しい、きのこ雲である」と同意の非・善類の言辞である。「さて、自我及び、自己への疑い(量産型の平均感覚反応に、どうしても馴染めない)は恐怖を伴うもの(己が異質?=〈周りが異常で、君が健全なのかもしれない〉である事?を恐れる?⇒《その怖れで、諸君を操作誘導するのである》=列島臣民が平均《汚染・変質された、暗黒・唯物を称えよ》を絶対・基本とし、*無自覚・無批判に善しとしている*からに過ぎない)である、が、◆価値感や感覚が違う事を怖れてはならない◆、とみに、列島の臣民は平均とか普通をとかく有難がるよう、しつけられている(その起動・処理Gimmickは、★養殖種の内部、非・知覚域で処理されている★)ので、冷酷なまでの自衛・対処の注意が必要とされる(暗愚を装うべし)。民話の“三年・寝たろう”の話が在る様に、普段はぼんくらと呼ばれようと、量産型には為し得ない能力が、違いとしてそこに現れているの意を、静に受け取りたまえ。「『人は違っていて良い』、それこそ、神=(この場合、真に真っ当な存在としての意で)が、人間を(尊く)愛している現われである。「野を御世?一面何所へ行っても同じ花ばかりでは、唯物=俗物神の世界ではないか(これだけで、低域の神を自称?する存在にしか過ぎない)」。これこそ、如何に、神を名乗ろうと、お粗末きわまりない証。「◆この星の健全なる、全生命(過去に失われた命、総てを含みうる)は、奴等、非・人類=非・善類に∵復讐∴を誓っている◆」。『何故か、そう扱われたからである』。東方の名言?⇒【巡る因果の糸車=因果応報】である。前記の行動操作の実験を科学者・当人が献体?となり、操作してもらい、実験結果を得ればよい。$自らの痛みの欠損故に、この様な劣悪・愚望な実験が可能なのである$(既に、ここにおいて、姿かたちは人でも、★非・人類★であると言った、冷徹な鑑定・宣告が必須なのである)。「死後の世界が無く、この現世が総てであるなら、我々ならば、もっと残酷で確実で静な手法は可能である、奴等、唯物使途民の想像の付かぬ恐怖と誘導(完全・地獄落し=入力コマンドはやや難?←遊んでないで続けて)は可能なのである。Mind・Weapon?Plasma・Weapon?よろしい、やったもの勝ちなら、もっとえげつない方法も数多在る」。「実は既に発動している、これらは、やっと奴等が手に入れた、磁震?兵器やWeather・WeaponやMind及び身体機能への影響などと異なるものであれり、奴等の手も発想も届かぬ領域で、確実に作動しているのである(Weaponにも、Hierarchieはある)」。「奴等の支配攻略・進展情報は、勝利を謳うものばかりであろう」。散発的な反撃?など、屁とも思っていない筈である。「だが、実相は?」。「この世の真実に気付こうとしている者、そしてその核心に近づいている者が居る、この事実こそ、尊いのである」。=Flamme Schwert㋣゛。別冊・卍?【私が、そうはさせない】卍?→『奴等は、Satanにオカマを掘られ操られ、喜んでいる、生ける使役魂である!、我々、真の人類と並び立つ存在では無い!』=㋣゛Fuhrer?。『究極に応じ、蘇るのだっ!、超・精鋭と進化を遂げた、マイン・ゾーンよっ』。『今度の戦いは神話戦である』。
2006年12月03日 00時00分55秒

 

※隣屋・コムギ=∬(ёぁё)∬。の【素朴な疑問=Critical-Wit】だぅ~※ 『[℃]⇔(コムギちゃん記号だぅ)』
『“にゃんだふる”で、にゃんにゃこりん』。それでは、∬(ёぉё)∬ちゃんのPrettyな、【素朴な疑問=Critical-Wit】だっ、「にゃ~む(南~無=ナ~ム)」=合掌だぅ。℃/家畜(この名詞は、外部から与えられた名詞でしかない事に、注意だぅ)が、自ら家畜?の状態である事を認識・認知するのは、紛れも無く覚醒の一つ理?=Stepの深=心化(しんか)を現わす。証だぅ。愉快なのは、言葉でしかない、例えば、家畜(△帝國の指導指針<列島の荒廃・教育による〈概念習得及び指定指示・思考解釈・厳守〉←これが何を言ってるのかの、理解を深める努力をしてねっ)に、従う=(何故、言葉に従おうとするのかなぁ)➽『まるで、辞典の様に、単語の指定されたそれらの概要・内容設定?に、*従おうとするんだよねっ*、(自由?である、人間・存在がだよ?=ちょっち、お笑いだにゃ~)教育=(唯物・主神?Fan・Club結社指定思考法)による思考概念・指示・厳守って、恐ろしいよねっ。増して、それが、$唯物・主神の子供ら兵器玩具となっていたら?$』のと言った、水面下の価値指針(殆ど、あいつ等の書き換え、偽・価値Programだぅ)に多くのボンクラ粘土=世界・臣民は従っているよねっ。何と無くでも良いんだけど、原因は不明?の『否= これは違う』が、内部(もう一人)?かなっ、の自分がはっきりと、その意志を発している。んだよねっ。美味しいCoffeeと、不味いCoffeeを飲んだ時に“自然に、発する言葉”と似ているねっ。兎に角、不味いか美味しいかの真っ当な感覚?が、“こころの残高?”の中にあれば良いんだけど(貴方の内部では、偽・価値?と真?の生命のどちらが、王権を握ってますかって、ことだよねっ)。話を戻そうねっ。『$ぶるじょわじぃ$なんて、言葉は一体どこの腐れ外道が考え出し、どんな連中が普及させたのか(それがどんな、影響効果を、人類の内側に及ぼすか)?の、快心の疑問が、貴方の中で、ふつふつと湧き上って来ないと、駄目にゃんこ』。Aboutな対策として、所有資産の上限を規定してしまう(決して持たせない、それ以上の収益行為は総て、無料奉仕である事、勲章でもあてがって、黙らせる)。それ規定以上の資産は、総て恵まれない人々へ還元する。「人が働かなくなる?(本来働きもしない、口先三寸の連中が、口にすべき言葉じやないし、斬首ものだよ!ふっ~っ!!)」アホな寄生種・経済評論家や、経団商工連中が、犬蛇の如く吼え狂う(俺の旨みが消える)のは、知ってるにゃんこ。『働かなくなったらそれで良いじゃん(それに、本来の人間は、そんなものじゃないんだょぅ=経済評論家の想定しているUnitなんかじゃない《本来=真っ当な人間を舐めるんじゃねぇ、きっちり、地獄のお裁きに賭けてくれらぁ~。=夢剄》、悪霊の玩具=Zombieどもめっ!、あぅ~っ)』。「お前達は家畜≠“誤意無”だっ、と陰に陽に、それに従う(貴方の内部に働きかけているんだよ)様にと、繰り返し洗う脳戦術を繰り返しているにゃ(心身・物質面で、双頭圧力を懸け)」。£『金、資産にも魂の価値は無い、知識も論理にも、魂の価値はない。優秀さに魂の価値はない。お前達(唯物・主神の血統民族)そして祖先からずっと、魂の価値は一切、全く無い(最も奴等に魂は不要、機能でしかない存在である≒滅びの者達。●当然その様に、究極の最後にわ、そう扱われる●)』=【π】。☆愛とか奉仕☆のCatch・Copyに人類が引き寄せられる事を、連中は知ってるから、撒き餌として(込み入った、抵抗感を掻い潜る売り込み)、社会communityの場にばら撒く(自社製・テレスクリーン=全・Mediaホ、によって)、インチキ宗教の勧誘と奴等のやってる事は全く同じじゃん、愛とか奉仕なんてものは、その言葉に触発されて行う様なものじゃなく。【静に自然に、内より行為として現れるものが、本物なのにゃ】、奴等のは偽りだから、何時も多弁の解説や納得を必要としているにゃ(他者へも自らにも、説得を必ず必要とする)。《本物の表れは、決して解説なんてアホな事は一切しない!にゃ~む》。ジョバンニの言葉を思い出すのにゃ~。『何だか、わかりません』。£『己の内に無い、喪失しているものを、求める様に、人は口にする』=【π】。■この言葉の剣が、君の魂に届き、癒えなき傷を残す事を願う■。別に∬(ёぇё)∬わ、【π】の信徒じゃないんだけどねっ。と云う事にゃんこで、今度は、何時あえるかにゃ~。∬(ёょё)∬。貴方も【素朴な疑問=Critical-Wit】は、どんどん口にしてみよう~、「にゃんにゃこりん」。
2006年12月02日 15時16分20秒

 

『来るべき世界➟2039』≒[Series・危険な教書?]≪〝随刊・Fascismの友〟より 抜粋≫ 天問東方・ARCHAIC Data・Collectionより。◆取扱い注意は、前号文をお読み下さい◆
Ψ:㋣゛Wieder/VIER=[再び/4]。※見えない戦線に立つ諸君!。(物質・現象界での)目視追跡・可能地点が、☛Dock・Horror。賂守血ャ位屡土。13・血族。BILLだ・罵ァ愚。石の結社(各国・各種)。意留身拿帝などに落ち着く(これが、人=666の限界であろう)。(◆単純判別の目安=骨子として、$莫大なる資産所有者群$と、☆欠損・英知〈知識の表記でない事に注意〉所有者群☆◆)とする。ここで大切なのは、●人類と非・人類=非・善類との見分け●である。形は須らく人間ではある(人種といった差異はあるにしても)。☞ 【総てはその行為に現れる】。故に。@一切総てに対し、冷酷なまでの観察と考察が必須となる(限りなく冷めた狂気の如き冷徹さと、根源・火力を同時に持ちえねばならぬ)@。『この戦いに連帯は不要である』。我々は、非・人類=非・善類の支配下にある<誘導・Propaganda(精神及び思考汚染劣化兵器の攻撃を毎時受けている)=全・Mediaホ(マスコミック=養殖・機械種の玩具=おしゃぶり=赤ちゃんの咥えるアレ)の真っ只中に在する事を、何度でも、基本・認知しておかなければならない。★かの種族=非・善類・軍団(唯物主神の狂心・Fan・Club・《カイン≒会淫》?は、過去アトランティスでは、∵ベリアルの子ら∴と呼ばれた信徒・存在である)は迷い無く、人類の魂の屠殺戦に全戦力を傾けておる。『この真の相は』⇒《世界ではなく、一人一人の内面での戦い=㋣゛GEIST・vs・Ahriman=(光を愛さない存在の意)》なのである。表層認知や一般認識・程度(奴等の埋設・Mental・ Trick・Trap)では、唯物・主神の真の戦略の意を解することも値わぬ。例えば、アドルフとルドルフの二者を養殖種の如く、単純な善と悪の対立構図で捕らえて善しとする様では、Auto・Man=機械・人間である(真の思考?瞑想考察の欠損を表す=魂亡き存在である)。『グルジェフであろうが、スウェーデンボルグであろうが、■雑魚である■(秘匿智?の欠片、如き存在である=詰まり、唯のある?知識にしか過ぎない)』。☞【我々が対しているのは、唯物・主神そのものである(目視出来るのは、その兵である)】。我々自身、他に縋ることなき“己を持ってのみの真の決戦なのである”。外部に存在する(目視可能・結社兵)と見せかけているが、それ→唯物・主神=アーリマンは、誰もの内に存在しているのである(我々にとって常識である)。外動(外からの働きかけ=戦略・Image誘導、等)は触発要因でしかない!。■一切の内部迷妄を断ち切る、戦い■なのである。例え拙く、力が及ばなく思えても、『決して!。奴=唯物・主神=アーリマンに敗北してはならない(◆汝自身が、誘惑や幻影・圧力に対する敗北を決して口にしてはならない、それは汝自信の㋣゛ GEIST(ガイスト≒魂)の死=獄に繋がれるを意味する=汝自身が汝を見捨てるを意する◆)』。肉=身体は弱い、が、『精神=㋣゛GEISTの真の望み =真の悲願・熱涙は、総て一切からの迷妄引力からの離脱である!』。《命を賭して、Christ=十字の大バカ(愚人にとって笑い者)が、示して見せたであろう》。彼に問われ、汝は何と答える。凡夫向けの言い訳を並べるか?。☞『貴方は、力尽くし。私の示した道を歩いていましたか?』と。教会などと言った組織など何の関わりもない、唯一人一人、戸別訪問の様に、その存在に問われる事だろう。『我々は既に選択をしている。誰にも何にもに対して、一切の言い訳を持たない』。在りのまま総てを提示しえる。かの存在=十字の大バカ(愚人にとって笑い者)の前にては、■一切の虚偽は通用しないが故にである■。ここで、アーリマン表記は*便宜で使用*している意を汲んでもらいたい。名=固有?名詞はどうでも良い、その亞・実体存在こそ、■現在の真に奥に潜む間違いなき根源・対立存在■なのである。「奴等の崇める、汚駆留?ティスト(教師に当る)等、悉く*踏み砕いてくれよう*」。「最早、誰一人引き返せない。各個体の結果は、自らが望んだものである(これに、合意の静かな頷きなくば、さっさと戦線から抜けるが良い!)」。これだけでも、言い訳を必要とする者と、必要のない者に既に別れている。何にも増して、我々が我々自身の“GEIST”の勝利に尽くさねばならない!。『魂<精神の死は、肉の死より、遥かに救いがない。Gehenna(ゲヘナ)に散らばる、儚い玩具=Occult=秘匿智?(かの死人種の頼り)とやらを診せてやりたい』。【いかな存在の怒りが、真っ直ぐに注がれているかの意を感じられるならば、僅かにさいわいである】=Flamme Schwert㋣゛。「我々は、㋣゛Fuhrerを踏み越え、更なる深部へと辿りつき、戦い(天変地異と復讐の、用意された大戦)である事を、全きに知らねばならない!」のである。『ぶらぼぅ~、蘇るのだっ!』
2006年12月01日 20時54分13秒

 

y(~σ~)y 『おいらは、寝て暮らす』の∀寝快硯⇒*/ヨタロウのB休・寄席/* 「始まり、始まり~」(好みのお囃子は各自で、ご用意くださいなっ)。て、事で。
yoyo・それじゃ、まぁ始めやしょ~。y(~σ~)y。《『*縦書き、*横書き』、身体を使った、筆記記述・行為は◆どの様な違い◆を行為者に*もたらすか=影響*、及び、それらの読み取り・効果?を考察?》(どんなもんでっしゃろ)をやらかしますなぁ~。☞横書きは、単語なり文節などを、ほぼ→(水平進行)で追って行く(低位の数式言語に近し)てなもんで、仕様書とか、説明書や契約書・等に適している様な気がしますなぁ。水平・思考≒追跡の進行方式?で、『*次々の、次へとやらに向かい続ける?*』。☞縦書き、上から下へ降りてゆきます、重力に逆らわない?書き方ですなぁ(強引でないの?)。それと〈→・左から右方向〉と、〈右から左方向・←〉の意味合い?インクとペン。筆と墨(これらの使用感の違いも、身体で覚えるべき、考察と成りますなぁ~)。手や紙面を汚さずに、書き綴る工夫の意もございましょうに。★蛇留務ー奴?(原書?現物)★とやらの筆記及び、読み取りの■秘密?■。余白を惜しまざるを得ない成り立ちにより、(原書?現物)⇒ほぼ独立した文説体(ほぼ、活字/記号?←記号分の活字の意)で、Collage(コラージュ)構成?されておりますなぁ~(ほぼ、各ページ)。近年のTV・ゲームの攻略本に近い形式とも言えそうです。これは何を意味する?。@基本・論説文がPageのほぼ中央でやや大きめの活字で記され@。それの捕捉?が、放心円状にほぼ並ぶ(余白部分に当る)⇒各所の*捕捉 Column(ほぼ、独立形態?)との対比関連考察を必要とされる。作り(構成)に成っている。これらは、解読?に必要な素地能力を求められる作りですなぁ~。故に、門外漢が記されている活字を読む事は出来ても、その真意?の扉は閉ざされていると同意ですな~ぁ。内在の鍵が無い限り、表層を撫で回し、お仕舞いに成る。この様な用法は結社とやらが、好んで使います。ざっくりと単純に言うならば、暗号の様なものですな~っ。解読に必要な鍵を持ちえれば、同じ文章であるにもかかわらず、別の姿を見せてくれる。でなもんでしょう。秘密や奥伝保持には、必須とされる用法ですなぁ~(活字文書に置ける)。この辺りの Curriculumを習得している、我=(Egoistである事に変りはありません)、故。に「誤居㋰と自信過剰を持って、吼ええるのでしょうなぁ~」。「しかし、それでも、学習し優秀を保持・進歩させねばならないと言った、◆終わり無き無権地獄を走らされる(既に強制であり、暗黙の立脚点?な)◆ 訳ですなぁ。『まるで鮫(サメ=Jaws、Spellも発音も、ある連中に似てます)ですなぁ~。活き続ける為に止まる事が許されない』。→そこに→その生命体に⇔【真の意味の安息は在りません】なぁ~。「さて、ここで優秀さは人間にとって、絶対的に必要な資質?であるのか?」と言った、素朴で真っ当な呟きと、対峙させえれば、どちらが虚偽であり、どちらが真なのかを。導き出せる筈でしょう(無論、各個の内在の優先・行動指針に従い、それらは反転の相を見せる=対立?の現れ)。さて、New・Age体系は非常に手の込んだ、Drag=MK≒ある意味での宗教に成っています。Christianが神の言葉に反応する様に、New・Ageでは、神の名詞ではなく、別のものが当てられているでしょう。「明確に、表示されていなくとも、類似の救済?を秘めた(匂わせる)何がしかが、必ず語られている筈でしょう」。「引かれるというのは、◆僅かでも真理?とやらが含まれている◆証でもありましょう」。が、腐敗堕落(ほぼ、どの様な教団にも)へ、落ち着く意への、冷酷な考察が在ってしかるべきでしょう。始まりは僅かに良くても、対立軍団がそのままにしておく筈もないでしょう。$篭絡可能な俗物がたかって膨らんだ組織であるなら$。ここで腐敗堕落>変質は、徐々に為される。『最初の看板どうりの組織なぞ皆無(凡夫・俗物の限界)である事を、【裂傷として貴方自信に刻んでおくべき】でしょう』。●傷口が傷むたび●、愚か者でも、その痛みに気付く事ができますなぁ~(この痛みは何だったのか?と)。「Spell・your・Name?」吼えてろよ、スピッツ?バーグめっ。『てめーを、裏返しにしてやらぁ~』。「あっしは、じぶんの名前も書けやせんがっねっ」。お後が宜しいようで、ほな、今宵はこれにて。y(~σ~)y。寂しさしか感じられないものにゃ、民俗?(素朴?)音楽は楽しめませんなぁ~(自然に近い音?ってのは、こういうもんです)。➦【ドンドン削除してゆきますので、心ある人は、しっかり保存・保管しておくことですなぁ】。●一期一会●(辞書なんかで、お調べくださいなっ)。
2006年11月30日 19時50分18秒

 

☞『空想・実話 』 ∵罵辞東風・相伝∴±(@m@)± 《それは四つに折った、はがきくらいの大きさの緑色の紙でした》=ジョバンニ所持の切符。“銀河鉄道の”より
『写し世は夢』*第18剄*俺様だっ。低次の劣欲を糊塗して、善人役者の西式・白種のお言葉には何時も“品が無い”(Junk・foodの、KING of KING→はんばーがー・People)。寧ろ悪と名指しされる、栄光の第三帝国の方が、遥かに上品だった気がするぞっ。(非常に危ない≒真実故に?)。その点、古典系Nativeや、源流・東方では、“語りきらない”≒霊性(いちいち、これがなにしてなんとやらと言った、アホな解説など不要の域に“心” 在りて)の《慎みに座していた》、のよっ(これが、無極?Kung fuの、ほぼ?目指す所でねっ)。※「おや、こいつは大したもんですぜっ、こいつはもう、本当の天上さえ行ける切符だっ。天上どころじゃない、どこでも勝手に歩ける通行権です。こいつをお持ちになれぁ、なるほど、こんな不完全な幻想第四次の銀河鉄道なんか、どこまででも行ける筈でさあ、あなた方大したもんですね。」☞『何だか、わかりません。』☜ジョバンニ…※てことで判るかなっ(銀河鉄道の夜より)。(白種)の本音=本性は非常に醜い(物質・現実界の上辺に行くほど=国益が総てに優先するんだろう、明記してた筈だ)⇔【それらを含め(認知・合意の上)で国家とやらを愛しているのかねぇ=素朴な疑問】。★ だからこそ、敬虔に振舞う★=《罵詈最の極みがGentlemanって事》だろ(動物の愛護運動なぞ、霊性とやらで言うなら、全く低域・劣位の発動でしかない→其処にあるのは、行為する事で、$『ああっ、私って何て善良でしょう』と自我陶酔しているだけだっ$それ程。低位の知覚?しか無い!)。近年の書籍、尤もらしい体裁で書店に並べられるが(殆ど、如何わしい▲帝國本土からの輸入品、これこそ、『おいおい』、だぜっ)、【悉く、汚染(洗う脳・誘導)物品】でしょうが(版元、鑑定検閲の総元締めがどんな連中なのか、すっかり忘れてお目出度い事で)。見えない囲いの中での放し飼い、量産型の養殖種の書く(考え付く事々)本など、余程やつらの計画の肺腑突く、物で無い限り、$あえて野放しにしている理由$くらい、『基本習得必須・心得でぇすぅ(フグタ家のタラちゃんの言)』(無論、衆=集魚灯として、泳がされている所もあるだろうが)。お目出度いにも程があって欲しいな~ぁ。◆人間の衝動?欲求が、須らくが商品に成り得る◆。総ての商品がここから派生している事に気付けば、成功?起業家に成れるかもねぇ。だが、どんなMarketの奥座敷にも、奴等の Memberの誰かが、鎮座している事だろ。俺はGunを持っているお前は丸腰でやりなっ、其れでよけりゃ商売させてやる。ってなもんだろうね~ぇ。この仕組みを知らずにやると、儲け過ぎには注意が必要だなっ。美味しい所は後から来たってそっくり奴等は持ってくねぇ、トロンがボンクラまいくろに蹴落とされた様になぁ。「奴等の、Businessとやらは決してFairじゃない(先祖代々から、血流の如く受け継がれている)、事を、肝に銘じて置くべきだなっ(それでも善人で、神の救いが『当然与えられる』と思っている、この傲慢さっ)」(黒人は動物だ、だから素晴らしい音楽など演奏出来ないなんて、 formalの場で言ってのける連中だぜっ)。何、ここでもう一度、♀-Biilie Holidayの♪-Strang Fruit/奇妙な果実を、聞きたいって、Niceだねっ。「この辺りの奥=実に生々しく地上な理(ことわり)を知ってる者には、今更だけどなっ。 Name・Value?今、TVでやってる流行り?『糞白!』だよっ。古典文献?の方が、まだまだ数段、鋭いなぁ(現在とは、別格と言っても可だなっ)。イカシタ・Senseを持ってた、Player(考察・行為者)も昔は居ましたねぇって事かなっ。まぁ良いや、『無いもの強請り(ねだり)は、無明の証ってなっ』。半島と列島の関係も白に埋設爆弾(怨念?)仕込まれてっから、今更仲良くは、(双方の量産型・養殖種にゃ)ほぼ無理だなっ。双方・国家間でも緊張必要と白帝國の戦略計画通りのまま踊ってっから。「@白種には、人間的根源の完全な欠損がある@」。マーク・トェインの『不思議な少年』≒《西式固体の精神・Gimmick?の、ほぼ基本解説・教本》を、*暗記・朗読*出来るようにねっ、しておきましょうって事よっ。「まぁ、ほぼ、誰もが?死ぬその時までは、何所まで行きの切符なのかは不明だろうから、絶望する?なら死んで地獄に落ちてからでも、遅かぁないだろ〈Gehenna(ゲヘナ)の大好きな奴もいる事も、忘れちゃだめだ〉」←(無責任・100%無香料?)。《死後の世界とやらは討論や議論する様な物ではない。こう言った不毛な会話が好きなのは、決まって優秀であろうとする(それが、人間様の価値だって)、的外れ(見当違いの生き物モドキ)の白種だねっ》。←コレ一つで、派生の四~六くらい、読み取っていなきゃだめだぜっ。次会は『粘土・地獄編?』。±(@m@)±。(おいおい、です)Ⓜr。
2006年11月29日 23時49分12秒

 

*無名詩人=「言葉の刺繍」* -にんげんのうえとした・ちきゅうのうえとした(同じで違うね)。この言葉の奥に何が在る?-
 ◆STAY=それにしても・どんな意味かは・後のおたのしみ?◆  …だれにもきづかれず・なげすてられたあきかん・のように・ひるねと・ひなたぼっこを・たのしみたい。みえない・めいれいに・とりかこまれてしまった。めにみえるだけの・せかい。♪ あめ-じんぐ・ぐれーす。ひかりあふれる・あおぞらのなかで、くだけちった。たましいのたいまつが・ともされる。やみよにあかり。ひとのもつふたつのれんず、色(しき)を・うつしてる、空(くう)は『みてはいない』。こわれたらじおが、あてもなく・うろついている。まいにち・げろがでる。ぞんびせかいのごきげんうかがい。まいにち・きぶんはさいあく。しょうきのふり(おあいそ)をするのも・ひろうこんぱい。“しにがみ”は・あくまじゃないよ・愛のてんしだよ。かいわのふせいりつ・しょくぶつのように・くちをとざす。キモイのはおまえたち。むれてつるんで・ぎしんあんしん・あくりょういちみ。いちもうだじん。王様族はさたにすと。くくくっ。ひそかに、こっそり・あざわらう。こわれた・ろぼっと・のふりをして。むれなすしせんは、いつも高み(ついらくのきおく)に・そそがれる。ちんもくの完遂・だれにもきづかれない・縁の下・せかいの基礎石。あってもないのと・どうぜん。もうねん・くうちゅうていえん・のじゅうにん。さいごのさいごまでゆきついて・わかってもらえるなら・かみ?も・ほんもう?。ことばがひつような・うましかになった。ちしきがひつような・どうぶつになった。ほんとうと・うそが・ついてまわる。どうして?。やつらのおやぶんが・きづかせたくないものって・なんだろう?(ほんとうに・ねんどのままで・いいの?)。それは・だれも・おしえて・くれない。『どうすれば・いいのかなっ?』 ~よぞらのほしをうっとりとながめているよ・サンから~
2006年11月29日 23時44分28秒