×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

❖無限解=[弐千六^11⇔11^Ⅱ]❖

※一人でも出来る、無限解・潜功探索・空想研究《実験・日誌》※

■【無極・外伝】監修=【♯】慧眼・不遜。《有段者・試用?》の、『正解を語りつつも、誤りをも語らぬば成らぬ』-総ては、貴方次第と云う事である。
『鬼も笑う』=【♯】である。“風至≒封神?花伝”の《歌伝・26》の口伝でも始めよう。さて奥義技か、宝貝(パオペエ)?にも等しい。㋣゛『Charisma(カリスマ)』である。この様な稀少品?も、芸術?とやらに似て■偽物と本物■が存在する。 ☛目安として、★多大な解説や補足を必要とする*作品*は須らく偽物★である。$マルクス主義だの、あんでいー・うおほーるの作品群やら、アインシュタインや、びるげいつ$等の神格化?(★これらは素晴らしいものである★と言った解説=洗う脳=レクチャーを散々聞かされた後に、対面させられる)。そして、 ◆下らないの一言も言えない、環境・状況で◆、Comment等を求められる。と言った。流れの上(誘導にしか過ぎない=心理学の初期定理に基づいた)の帰結にしか過ぎない。←オートメーション工場での、製品の完成過程に酷似しているのが、見えているかなっ(さて、この様に思考判断を追い込んでいる連中は、存在していないのだろうか?)。『プロレ≒大衆種の致命的な欠点は、根源本質へのKung fuが無い事』である。本来、非・人類=非・善類(沙汰荷数賭)が不在ならば?、それでも、まま善しとされうるのだが。プロレ≒大衆種は、生活の規範に留まる(それらのものにしか、考えが及ばない)特徴を持っている(只管、世の流れや変化に適応を優先=かの種の“生きる=生活”である)。故に、生活規範(それらが、何によって齎されているかへの考察は、肝要である)とやらを、変造すれば(言外の意味を解すべし)、それにさえも付き従うといった、上記に示した性質で対応・処理する。与えられモノに対しての受動しか無い。(これらの骨子が、完全・管制下にあるMediaホの数多の報道=汚染情報からでも、プロレ主役のBad・Newsの多発の核心=原因が視えていなければならない)。無論、プロレ群体内にも、固体差は存在する(対抗力?抵抗力の在る者及び、運≒luckのParameterの高い者等)。ところで㋣゛『Charisma(カリスマ)』である。例えるなら、重力圏≒引力の大きさと強さを、どれ程持った主星であるかに例えられよう。Fanといった衛星?をどれだけ引き付け捕らえて於けるかに似る。◆ここで、演出?原理用法によって、カリスマを作りだせる(人為的)事も忘れてはならない◆。例えば人工雨の存在。自然の雨と人工雨の違いは、覚するものにしか、判別は付かない様に。ただの俳優(粘土)に、劇中・Image(キャラクター・イメージ)を強度に投影する(熱狂的Fanの本質はこれである)。如く、◆表層認知を唯一の手立てするものに、カリスマの真偽は判定不能◆である。カリスマ神秘・熱狂の、絶対君主は、△≒瑠視俯ァーであり、アーリマン(唯物・主神)ではない。同じ様に見えるがこの違いを覚するとしないでは、推論も帰結も変る。さてここで、↓禁じ手を見せよう。君たちは、ほぼ淫売である。主人(何がしかの力を持ちうるであろう。故に君は潜在的にしろ、その存在に寄り頼る)は君に囁く、『愛しているよ(その響きは嘘と思えぬ程、しかし愛情は無い)』と、たまに気の利いた安物の Presentも与えてもらえるだろう。そして十分あやしても、もらえるだろう。が、何れ「さて、私の為に外へ行き、客を取って来い(もしくは、仕事をしておいで)」と告げられる(其処に、貴方の選択の余地はあるだろうか?、在れば幸いである=離脱の可能性が在る)。「★他者に寄り頼る★、この意の*苛烈な例え*がこれである」。ブッダは言った筈である、法?と己を頼りとせよと(苦界の離脱者の言葉として)。「それに、粘土は抗する、『だって』とか、『しかたなく』等と(苦界漂流・離脱不能)」。■覚者の言う人間と、凡夫の口にする人間とは。決定的な違いがある■が、言葉としては、同様である。《カリスマに関わる意として、↑揚げている(御伽噺)事を、見落とさないようにと、明記しておく》。「徐序に、Kung fuが深まり、確かなものと成り、御主の解像度?が上がれば。*おいおい*ドコロデハナイ、奥伝である事に、覚する筈である」。意留身拿帝?の更に上位でなければ、この恐怖は解しえない。と思うぞっ。とだけ言っておこう=【♯】。「堂々と、世間に討って出るべきでは、ないのですか(笑い)」夢剄。「それは、迷妄・凡夫(無明者)の考えである」。「お約束だよなぁ~」夢剄。「今日は、落ちがちくっと、緩かったなぁ~」。「いいんじゃ、Niceかぁ~」。*Specialなオマケ付きである→無影拳・用法=差し替え版の探す楽しみもある!(↓)。
2006年11月27日 02時09分47秒

 

『来るべき世界➟2039』≒[Series・危険な教書?]≪随刊・Fascismの友より 抜粋≫ 「『私は、地上に剣を投げ込む』。詩篇№は各自でお調べください」←Information。
Ψ:㋣゛SONDERBAR-[Drei=3]=(奇妙な、№3)。※我々に必要なのは、限りなく冴え渡った冷徹さ(絶対零度=凡夫、俗物など絶対不可侵)の、根源・火熱(クンダリーニ)なのである。「冷え切り、冷め切って直、熱く生きてあらぬばならない」。我々人類が(神に作られし存在である証)。霊感ともInspirationとも呼んで置こう。これらを失い、ただ物質(唯物)に埋没し、機械の如く、生体に内在されし反応行動を繰り返すのみであるならば(肉に生きるのみ)、非・人類=非・善類と何ら変わりない!。その額に(666=肉に生きるの意)刻み込んでおくべきである。神人(God免種)への深化の未知=道を歩む事を放棄した者どもに、慈愛も慈悲も不要である(かの存在に必要なのは、生活と言う、メンテナンスである=既に与えられている)。諸君の中の僅かな者は、物質界の誘惑に打ち勝ち(苦しみつつ)。安直な富と成功を褒め称える俗物≒唯物世界の本質である、虚しさと残酷さと愚劣に、虚無(救いが無い)や怒りを感じるのは当然であると。堂々と述べよう!。この俗物どもの溢れる今・現在の世界は、『真に生きるに値しないのだ!』と。■これこそ、真のRealismである■。「何度敗れようが、復讐?(反撃・殲滅)に立ち上がるのだっ」。「何故ならば、我々は決して唯物などに屈してはならないからである(植物が、光を求め伸び上がると同様に)」。13・血族?、ビルダバーグ、スカル&ボーンなど、イタリアではP・2など各・結社及び各国にての、Fan・Clubの看板は多数あるが、奴等の姿は唯物・神に屈した、唯の、劣化魂(死界・奴隷)に過ぎない。奴等、非・人類=非・善類は、唯物と言う物質に繋ぎとめられている(首輪と刻印憑きの奇形・融合種)。それ故に、地上・物質界の富と名声を、主人(唯物・主神)が飼い犬にパン屑を与えるように、与えてられているにしか過ぎない。『我々の、㋣゛“NEIN(否)”は、何所から発現しているのか?』。「何故、この世界に向けて発せられるのか?」。盗むモノ、偽りを語るモノ、容易く殺めるモノ(唯物神の真性・使徒民)が、この世界を牛耳っているからである。「既に、多くの物?が、奴等に餌さを戴く?しかなしと、追従(自発的に加担)している」。「非・人類=非・善類の誘導に従い、自ら、真に成すべき事(God・Order?Christ・Order)を放棄し、この世に従う事で良しと選択決定している機械人間である。我々は、奴等、非・人類=非・善類と同様、確定・未来の機械人間にも、注意しておかねばならない(我々の、味方では決してありえない、もしその様な存在に助力を求めるのであれば、半ば敗れ去っている)。この星の生き物総てが、奴等、非・人類=非・善類によって、監理・飼育、食い物にされるか(病のままに朽ちる)、誤りを正せるかの戦いなのである。この戦いには講和も調停も存在しない。奴等の流布した知識や思考(その総てが、虚偽であり、虚妄である)は、一切完全に役に立たない(寧ろ、足を引っ張る)。神域?の戦いは、凡夫種の完全・知覚外にて、戦われているのである。現実界へのフィード・バックは、遅滞的に現れるが、それとて、凡夫には発見不能である。過去?卍?第三帝国によって発現(コピー品目)された、各種のPrototype・Weapon(その各種、Origin・宝貝=パオペエ?)が既に完全起動している。【形あるものと形無きものとの、完全決着・決戦である!】。究極は既に、物質界に引き寄せられている。ブッダにこれは成し得ない。キリストの払った代価の完済を求められているのだっ。「最早、これに否を唱えられる者は誰もいない(有・資格者はいない)」。「確かに、やって来る、だが、それがどの様な形の現われなのかは、判らない(不明としておこう)」。Hierarchieには、無限に近い上層が直も存在する。当然、我々の上位存在は在り得る。が。それがChristの裁き(存在)であるならば、決して一切の不正は無かろう。我々はこの様に言い訳を持たず、奴等、非・人類= 非・善類と殲滅選を戦うのである(完全に。駆逐・滅殺せねばならない)。「魂に仇をなす存在は、根絶せねばならぬ!」=Flamme Schwert㋣゛。*天問東方・ARCHAIC Data・Collectionより*※『月刊・Fascismの友?』≒危険な教書?※はこの様な、過激さが売りですので、◆二読目は、限りなく冷酷で冷めた心的態度でお読みください◆。『ぶらぼ~っ』(今度はイタリア抜きでだっ!)。危険域に~。『問題発言?、何が?』。*Select・BGMはHerbie Hancockで♪-Chameleon。
2006年11月26日 00時26分45秒

 

?【見知らぬ存在の部屋】£ 〆-裏・Critical・Zone-〆 ■真実が、色々(多様・多層)在ってもおかしくは無い■。
*£*Auto・Solo【π】・Live*Start➟『幸せ、さいわい』誠に美しい言葉である。アルファベットのHappyと比べてみよう。単純に双方を口にしてみる。決定的で苛烈なまでの、違い?→Happy語尾が跳ね上がる発音(感動や熱狂を触発?)を必要とする(まるで、ピストルから打ち出される弾丸の様である←命令形の詩的表現である)。ここで更に冷酷に対比しよう、日本語の『さいわい』を口にしてみると、実に穏やかな抑揚の無い(穏やかと表記すべきだが)静に広がる水面に似た、仄かな味わいを秘めた音感に浸る(遥かな古典系譜の方々が、普段のまま口にされるのは、より美しい)。この東洋での“秘める”と言った生命を持った言葉(日本語を揚げざるを得ない)。言霊?とは正しくこの意である。現在の列島の汚染・養殖種でわ、逆立ちをしても、この味わいは無理である(それが、稀有で貴重な何を意するかは、理解の完全圏外に成っている=既に、豚に真珠)。《米国は、頭の先から尻尾の先まで須らく、Junkである》=【π】。それに気付いていたのは、天才の名に値する、Pianistであった。Bill Evans。白種であることの生まれ付いた限界。こと芸術において、遥かに劣る事を解していた。現在の列島に生息する、劣化・低劣Monkey・ Banana如きには、彼(ビル・エバンス)の憂鬱は決して解する事は出来ない(残念ながら、そこには、蟻と神?並みの啓き?がある)。彼は気付く事は出来たが、手にする事は出来なかった。ムスリムは遥かに東方に近い。在日ムスリムの方には、何所か仄かな凛とした涼やかさが漂っている(無論、ひいきの引き倒しといった不純混在は在ると、言って置こう)。「夜空の光る星はただの物質、救いの手を差し伸べてくれる神?などではない」。最も、実に尤もに聞こえるが、神そのものではなくとも、神の現われとは言いえる。@『自分の手で得られると言った、幸せとは何なのか?』@。控えめな感動的と陶酔を持って、劣化・養殖種の表層・心に響き、唱和(しょうわ←意味は辞書で調べたまえ)されるが、◆その本態(実体)は$唯物$である◆。この移行終着過程は、自己探求研鑽すべきである。私の視界には、もう一つの全く別の“さいわい”が見えている。植物に太陽の光が日中注いでいる。雨の日には、水がその根に与えられる。大地は栄養を与えてくれる。動植物はエデンに存在している(物質界故、多少不完全であるにしても)。人!←神とやらが作り損なった生き物だけがGehenna (ゲヘナ)=地獄を開いている(地の獄とは言いえて妙味、これだから日本語は尊い)。Ciaだろうかモサドだろうが(神=シンに、消耗品にしか過ぎない)、石の結社?意留身拿帝?だろうが、逆立ちしても、絶対に届かない(天国=Heavenの扉は決して開かない)。そのヤコブの梯子とやらは特別か? Babel・Towerと変り映えもシナイ半島?(お遊びである)。不完全な死の書とやらの秘匿?。しかし命の書には触れる事も出来まい。結社淫の諸君?誤意無の一体、何歩先に居るつもりなのか?(確かに、Gehenna(ゲヘナ)には、君たちの方が遥かに近い、小奇麗に暮らし振る舞ってはいても)。「物質界では、踏み倒しも可能だろうが、最終審判?では(可笑しくて、楽しくもある)、全くそうはいかない」。「お前達の戦略支配計算?は借り物だと告げた筈だろう、それは見事な欠陥品、お前達の妄念、世界歴史の誘導がどれ程の業罰(Vice&Punishment)を招くかの計算も出来ていない証《元より、 Gehenna(ゲヘナ)が好きなのだろう》」。「お前達に比べれば、蟻の方が遥かに賢明である」。「蟻の英知を想像出来るかなっ?お前達、賢者を自任?するものにとっては、省みぬに足りぬ知恵であろうが、それは拙く見えようと、神?自然の与えた知恵であり、自我・解釈の英知とは比べ物に為らぬほど輝いている(光を持ちうる)。人工照明(劣化Copyの英知=秘匿・知識?とやら)は頼りに鳴るかなっ?、お前達の英知の迷宮はGehenna(ゲヘナ)に繋がっている」。「最早、引き返せまい、手遅れに成って、初めて判る、これが人の知恵で為し得ようか、さぁ逝って、Satanでも勝てなかった存在と戦い見事、勝利を収めて見るが良い」。「この戦は、お前達が自ら望んだものである」。「神に勝利出来なければ、最早、お前達には、予言の終着点しか残されていない」。「そこは、永遠の豪華?(本当は業火)で終り無く、焼かれると言われているが」。「お前達には勝利する事しか残されていない、存分に頑張って(最後の究極の負け戦)、地獄へ落ちるが好い(それが、お前達の真の望みであろう、知らなかった?、自分の望みを)」。階層(Hierarchie?)事に、真実も審理?とやらも、違って見えるものである=【π】。
2006年11月24日 01時57分34秒

 

●Take The 【♭】-Train● 《その眼が節穴でなく、曇りなき心眼を持ちえるなら、何からでも、知る=覚する事は出来る》 *先ずは帯の色に拘るも善し、が、用が足りれば色は選ばず*
√今宵は、他者の幻映界を、山葵(わさび)茶漬け・風味で、潜り抜けてみよう。と思ってみたりもする。テイク・ジ【♭】-Train<Cynical・Wonderful・Tour√147◎➥「昨年か、一昨年か?3部作の、Fantasy・シネマ→ 『指輪の君主?』とやらの、お話映像が有ったようで」。Connectは【♭】で、その領域の最深部へ向け、出発してみよう。/これは貴方の頭脳機能を使用した、次元(意識?)階層?の往復の旅の試みなのです~/§(“‐”)§。「お話には、登場人物が色々現れるものである」。「原作本はあるが、ここは手早く、骨子のみをイタダク(ご馳走になってみる)事としよう(有段者?ならば、映像・教本?で十分の意)」。「明快な、ほぼ善と悪に別れた Character達が、お話を進めるのだが」。「鑑賞して、観するべきわ、『誰が(無論、登場人物の事である)?一番、生命感の有る、 Characterで在ったか?』である」。「何も考えず、先ずは、貴方の真っ先に思い浮かぶ、Characterの名前(Image・映像でも可)を揚げて見よう」。「まっ、其々の好み(個人的・嗜好の現れ)が、そのCharacterに注がれるものであるので、正解は無いと断っておいて、語ることにしよう」。「『ごらむ=スネアグル?』。誠に、この作品は、このCharacterに尽きるのである」。「この作品においての、貴方の一押し(他に主役は無し)のキャラが、もし同様に、『ゴラム』であるなら、話も早いのである」。「■Character達は、当然、原作者(名前はあえて忘れた。オマケで、石㋳さんか、黎明結社の姦員?であろう)の、内部より生まれる■←(間違いは全く無い)」。「さて、それでは《最も、生き生きとしたCharacterこそが、その当人(作者)の◆本性を表す◆》のである(上級者・仕様と【♭】-Trainでは、詠っていないのだが、解して欲しいものである)」。「さて、他の剣士だの、魔法使いだの、悪の燃える目玉だの、エルフ(西方式の精霊とやらの、優先・Imageがこれであろう、人の姿をどうしても取らせたがる、歩く木の精霊との対比考察は、西式個体の内部・優先価値・Image?の骨格・建造・構造を示しているやも知れんなぁ~)だの居るには居るが、どれも、 Figure(人形)止まりであろう。小人族のキャラもそれなりの生命感は与えられているのだが、『ゴラム』に勝る*生きたキャラ*は、この物語には居ない」⇔「これを明白に認知したければ、あの物語に、ゴラムがいない物語を、想像して見るだけで好い」。「さて、石㋳の名誉・会淫?(原作者)の本性が、ここに見事に現れているのを、丁寧に、冷酷に扱うべきである」。「すねあぐる=ゴラムは、その★君主?の指輪▲《欲しさに》、$他の命を殺めて手にする(ここに、カインが顔を見せる)$のである、その∵抗し切れない誘惑∴に屈し、『私の愛しい人』を繰り返し呟きながら、撫で回す(真性・狂信の徒の一つの姿?)のである」(黒帯?ならば、既に、解しているであろう)。が、茶・帯?(黒帯にはまだ足りぬ)用に更なる捕捉を付けて置こう。「@君主の指輪は何を現わしているのか?。@奪い取る為に、どの様な方法を選ぶのか?。@(何が何でもと)欲しがっている本質は、何んなのか?」。「この肝要なる、3つの@の問いは、自らをたよりとして、Kung fuを深めるべき問いである(慌てて、最短で正解?を求めるべき問い?では、決して無い、味噌や酒を寝かせる様に、取り扱う心得をオマケとして、明記しておこう)」。「そして、次は軽めのトンネルを潜ろう」⇒「教材は、バトル・フィールド・アースである(近年?のSF・シネマ作品)」。「異星人に殲滅寸前までに追い込まれ、家畜化される人類の話である」。「この作品の主役は、やはり、人類を侵略支配する、異星人である(確かな生命感≒Realityが、その言動に表れている)」。「この異星人・2名(代表的)の言動、立ち振る舞い、が、正しく!≒13・血族やビルダバーグとやらを現わしている」。「これらが、意留身拿帝?Class、石㋳でも可。とすれば、かなり劣化していると言わざるを得ない」。アダム・ばいすはうぷと、を今・現在。対面させてやれば、別の意味で、☆皆殺しにしたがるだろう★と、思われるが。←「飽く迄も、こりゃデムパと言う事で」。《『異星人(サイクロ人)+ゴラム』が石の結社や意留身拿帝の、会員Memberの本質である事を、解していれば十分である》。兎に角、ゴラム=Satan・Fan・倶楽部の上位・誨淫?≒カイン・種。の基本・原型への観察・考察は、多くの学びを、我々、“誤意無”に与えてくれる筈である。同時に、ゴラムが、この世(粘土の言う。現実)の人間の本性として(多くの物?に)潜在的に認知されている《表層に現れなくとも、強い親近性を持ちうる》=Global・Standard=NwOの水面下の規定に(Orc=帝國の使い捨て突撃兵の如く)ほぼ多数が従っている。
2006年11月23日 19時29分17秒

 

e 【Dr-Absolute?の“注文の多い>【¢】<《Pointless・LABO》”】 // 《粘土浸入禁止》 『私は*パパラギの考えの後ろに回り*、真昼の太陽が照らすように、その思うところをはっきり視た』。
*Karte・ №026*☞『宜しい』、「電脳・Live・House巡りも中々、楽しいが、コレと言った演奏者?には、滅多に出会えないのが、寂しいと言えば寂しくも有るが、★自分の望み(願望や期待を外界に個人・投影する)を持ち歩く★のは、◆基本的な大きな間違い◆である」。●風景に良し悪しは無い●が、眺める側の内に、内部解釈(この世の多くのものは、パリサイ的な価値基準に成っている)としての良し悪し*反応(粘土は判断と捉えるが)*がある。が、『ここで終ってしまっては、凡夫=量産型、止まりである』。事実、《【この世には、善悪は存在する!】それは*人為行為がこの世には存在する故*である》。電波・芸者というWordより、電波・色情狂・淫売(インフォマニア?)の方がより精確?に近い。☆快楽(報酬?)の為ならばどんなプレーも、異物も受け入れる ☆。この様に、『平気でテレスクリーンの中で、詭弁を弄する事のできる連中は、★電波・淫売・Humanoid(金持ち、権力者等と、寝たがる)★と呼ぶのが、正しい』。西方式・社会構造維持規律?、規範≒Global・Standard?>全般など、▲唯の汚染された劣餌(れつじ)?=劣・次元▲の*過てる便宜でしかない*。これらの人知物、規律内での運動は、《全く人間の本質とは関わっていない!》と言った、非常に冷めた視点を常に保持した上での、行為・行動であるべきなのである(この意を解し得ない者は、寧ろ、無活動の方が善い)。《☆現状の、量産型・養殖種の基本・Programは、蛇留務ー奴であり、罵詈最?の嗜好=志向=思考・行動指針★である》事を、【絶対・認知しておかねばならない】=『■正面から見た視界・考察のみでは過てる、その後ろ側も見据えておくべきである■』。凡夫は、表層・表出行為(それらは常に、他者の目を意識した演技であり、飾りであり迷彩であり、※本性=本音ではない ※)双方が同様(量産型・派利債?)ならば、内在の醜い部分に双方が蓋したままの、合意もあり。この辺りの認識(外界及び、自己内部にも、その冷酷な鑑定は必須)が無い人物は、粘土苦界を漂流し続ける事となろう。「再掲示になるが、古典の覚者?列伝の、二大巨頭=ブッダとキリストは、『外界変革に興味も関心も向けなかったの意』を、拙くとも、独覚・考察瞑想を必ず試すべきである。《「何故か?と言った問いを貴方の内部へ投函して於こう」。「何れ、内からの返信は、費やした時間と努力≒Kung fuの成果に従い、より正確にそしてより根源的な意を、少しずつ(段階的に、暫時)、与えて(答えて)くれるであろう」⇒『迷妄や耽溺しがちな虚偽等の、*篩い落とし=排出*、この世とは、これの繰り返し学習?で在り得る』」》。これ等に抵抗や迷妄展開(邪魔)しているのが、主力としての、唯物・主神であり、眷属であり、その下位集団・団体なのである(これで、十分の筈で在るが)。「意識・了解?(領域・界)の階層・階段を一歩づつ、登ると同意なのであるが」。唯物主神は甘く囁く。こっちの方が楽しいし、仲間も多いぞっ。と、しかし唯物・主神は◆虚しさから逃れ得ない◆。$神を名乗り、それらしく振る舞った所で、■虚しさ(空虚)に繋ぎとめられている←『為らば、どちらが上位なのか?』■$。『●この意を、独自にKung fuすべきである◎』。ここで。△熱狂と神秘の統括・主神▲が存在している事も忘れてはならない。この△英知・存在は只者ではないので、離脱できる者の数は、天文学的・確率になる事を、告げておく。故に語るのである、Occultは、ほぼ不要であると。『パパラギ』より☛【彼らは物(価値)を作らねばならぬ。彼らは物(所有)を見張らねばならぬ。物(寄生・支配?)は彼らにつきまとい。小さな砂蟻の様に、彼らの(頭脳とMindに健康に)その巣を広げ、内部を自由に(主人として)這い回る。彼らは物(満たされる=錯覚)を手に入れる為に、冷酷な心で、あらゆる罪を犯す。彼らは、ただただ物(快楽≒支配)の為にのみ、互いに攻撃し合う】。この、酋長ツイアビの言葉で十分である。この明白な事例を鑑みて、Occult≒秘?・知識が不要なOptionでしかない事に、気付くべきである。■『アドルフもルドルフも、この人の前では、雑魚(迷妄の徒)である』■。【¢】「そして、更に推し進めて瞑想・考察するならば、この世の多くのものが、どちらに付き従っているかを見やれば、この世の生き物は、何を求めている(有り難がっている)か?」。これらが、初期考察・段階で見えていないようでは、粘土と呼ばれてもしかたなしと、思われる。ここでオマケとして、SF・シネマ作品の“ガタカ”(在るお方の、一押しらしい)の中で、『帰りを考えて進むは、帰りを捨て去り進む存在には遥かに及ばない』。しかし、ここで問われるのは、“何を求めて”であるか?ではあるのだが。◆本物は能力や技能などでは決して無い◆。
2006年11月21日 18時40分36秒

 

〒無影拳〒⇒〈幻視・回路・顕現〉≡《一体何を失くし(盗み取られているのか)、それらは形あるものではない》。*一応、コラポレーション。[強化改造・版]*
*ある日チョコレートの配給が行われた。過去数週間、数ヶ月間にわたってその様な配給は一度もなかった。…一家三人に対して、2・オンスの板チョコ一個の配給(外部よりの、条件の囲い込み?)だった。それを、3等分(理性?もっと根源より来たり来るもの)$しなければならない(既に、罵詈最的)$ことは明らかだった。突然(主人公)は我が身を疑うかのように、どら声を張り上げて★自分こそ$そっくり頂戴すべきだ$と*要求している*自分の声を耳にした(何かに非常に似ている)▲。『■母は【欲張ってはいけない】とたしなめた■』。長く小うるさい口論(奴等の知識はその為のものである)が続いた。→絶叫、→泣き言、→涙、→抗議、⇒そして取引(おおっ捨てられない欲求、私は満たされたい、邪魔をするな!、かの非・人類のやり方に似て)。《幼い妹は両手でしっかり母親にしがみつき、さながら小猿のように母の肩越しから大きく見開いた悲しそうな眼差しで彼(主人公=兄)を眺めやっていた》。ついに母はチョコレートの4分の3を切り取って(奴等にこの慈悲は解し得ない)、主人公=子に《与え》、※残りの4分の1は妹に分け与えた※。『小さな妹はそれを手に握り締め、多分それがどんな食べ物なのか解せなかったのか、ただじいっと見入っていた』。主人公=兄は立ったまましばし彼女=妹を眺めやっていた。それから突然、身を躍らして飛び掛ると、妹の手からチョコレートの欠片をひったくって(最終的な欲求充足手法 =奴等の切り札)ドアの方へ駆け出した(逃げ出さずにはいられない=擬似・論理による防衛)。「(主人公の名の連呼)!」と母の叫び声が彼を追いかけた。「お戻り!、妹にチョコレートを【返しなさい!】」。彼は立ち止まった(罪は感じるようである)が、あえて戻ろうとしなかった(総てに勝り、己の欲求・充足が優先する)。母の心配そうな眼差しが彼の頭上に注がれた(哀れみ無論愛情の確かにある)。…『妹は何かを《奪い取られたと気付いて》、か細い泣き声を上げ始めた(これこそが、現在の善良なる人類の姿である)』。【母は妹の体に腕を回し、その顔を自分の胸のあたりに抱き寄せた】。その仕草から、彼は妹が死にかけていることを悟った。彼=主人公は背を向ける(完全なる分岐点をも示す)と掌の中でべたついて来たチョコレートをつかんだまま(選択・決定なる事実・確証)…彼はチョコレートをほさぼり食べた(ただ己を満たす事のみ)後…何時間も通りをうろつき回った挙句(悪霊の有様に似て、←聖書からかなっ)に、空腹のあまりやむなく家に帰っていった。いざ部屋に帰ってみると母親の姿は既になかった。…母と妹を除いたら、【その部屋から無くなっているものは何一つなかった】*。『1984』より、一部借用・コラポレーション。[強化改造・要諦・伝書]。☞()内コメント及び、各記号は強化捕捉部分である。
2006年11月18日 23時14分08秒

 

☞『空想・実話 』 ∵罵辞東風・相伝∴±(@m@)± 《凶暴な情熱の使用法》 前篇。暫し待たれ、後篇在りんこだぜっ。
ここで、前回?の“にゃんこで、『にゃんだふる』”の重要な捕捉を付けて置こう」。古典の覚者?列伝の一人である。ブッダさんの、語ったらしい【この世や、人なる生き物に対する、徹底的なまでの考察】について、『全く“独自(自立)のKung fu”に励むのだっ』。「いいかい、《徹底的な考察が何を意味するのかを、想像してみよう》」。判り易くする為に、極端な例を挙げる、※アンディスの聖餐?※(古い事例だが、旅客機の事故で、冬の山岳地帯に放り出された人々の生存帰還)の事例を、ブッダ的?に◆独覚?◆⇔推測・追跡・考察するとドウナルカ?。事故直後は、他の死者に、悲しみやShockを受けつつも、生存者達は生き残った事に感謝するだろう。だがそれも僅かの間にしか過ぎない。寒さと飢えが身体反応として起きる。生き延びる(生きようとする本能は、情況を選ばない)為に、必要なものを求めさせる。生命・本能が求めさせる→腹が減った何かを食べないと(私は生存出来ない)。冬の山岳地帯、熊などは、確実な生存方法に従い、寒く、餌さの乏しい冬季を寝て過ごす(冬眠だっ)。が、事故は予想出来ないものであり、何の備えも無いに等しい遭難・現代人(文明による、去勢種)が、冬の野外で餌(おおっと、食料だ)の確保に、寝たきりの本能?≒(生存・能力技能)を、本格起動するには、かなり無理がある。じゃ、どうするか?。飢えは欲求であって論理?じゃ無い。目に付く、手近にある食えるものを、人は『喰うんだ』。その食料(遭えて、食料の表記にしよう)肉(死んだ生物の)がある。それを、口に運び飲み下すまでには、◆葛藤がある(何故?、それが、牛でも鹿でも、キツネでも熊でも、兎でもない、からである)◆。当然この様な極限状態でなければ、生き残った遭難者達は、Publicな善人と呼ばれるような人で在り続けただろう。それなりの善行は保全された日々の中で行ったであろう事(家族、親族内で?や近接の住人との付き合い等で)は、想像は容易い筈だっ。■徹底的なまでの考察は、この様な極限・事象に対してこそ?、決して眼を叛けず、完全に見届ける事を意味する■。と俺様は思っている。「人と呼ばれる、数多の生き物が、数多の情況の中で、どう云った振る舞いをするか、それらに対して決して感情(余分なFactor)を挟んでは、ならない。【ここが無常の視点】である」。善人止まりは、ここで生々しい事実から得てして眼をそらす。『堪えられない』。何が堪えられないのか?。『人間はこうまで、酷いものではない(と、私は、思っていたいから)』。願望とでも理想とでも呼んで良い固着・執着が、真実を歪める。◆事象そのものには嘘も虚偽も無い(当事者の願望が形=行為として現れる。善意か悪意による偽装行為=他者の目を気にしている行為。も有りだろう)◆。が、$人(観察視点)はそれら(事象と行為事象)に無意識に感想=解釈を付ける(見たくない←ある意味健全と言えば健全。心理保全の為の防衛反応でもあるし、有る特定の固体に好意や劣情を持っている場合などは。良く解釈したがる)$。これは無意識にする、瞬きに似ている。プロのボクサーは、眼を閉じず、向かってくる攻撃であるパンチを、ほぼ、最後まで見つめるが、故に、凡夫には、信じられないと感じる。見切り行動を行う。相手のパンチをかわし、此方のパンチを打ち込む?事が出来る。見えている=紛れも無く、見ている。凡夫と専修者の違いが、こういった所に現れる。単純に考えても、見えている者と、見えていない者では、対処(同時及び、時後処理)などが、大きく変わってくるのは必然である。「視たくないもの(それは確かに在る、そして真実でもある)、がそれらを見据え、人間の基礎底部の本性・本質を知った(見届けた)上で、対処しなければならないんじゃないの(当然、これは内界と外界にほぼ同様か、内界部にこそ、寄りWaitを置くべきなんだが)」。『こう有って欲しい(ほぼ、外界に向けられるのだが)』。言葉にはしなくとも、誰もがも何らかの内界・理想?や健全?な好意(外界の何かに)を持っている。上記のアンディスの聖餐?は物質界の限界内での生命保全の現れで、多くの者は最後には本能に従うだろう。しかし、天文学確率で、餓死を選ぶ存在もあるやもしれない(可能性が全く無い訳ではない)。「故に、程々がよし、と古典覚者は、中庸を口にすると思われるんだよっ」→「人が獣に成らなくても済む様に、先回りしてでも、肝要事は抑えておきなさいの意も、隠れてそこにあるんだろう(情況によって本能が優先する場合があるからこそ)」。「で、この辺りの因果律を知ってる、△帝國・軍団は、詭弁を弄し策を講じて、未覚醒・種=凡夫種の環境を、最外郭から、ゆっくり気付かれぬよう、極限情況へと追い込む(湯で蛙の理論?)。後は放っておいても…、ここで、前篇の終了。後編へと続く
2006年11月18日 23時05分32秒

 

∞冒険・デムパ大王√➣【TESLA?Drive*謳花*】 《別称・女王様のWonder・Cooking》 *(~∇~)*
「は~ぃ、秋の夜長でぇ~すねぇ~。皆様、どうお過ごしですか?~」。*(~∇~)*。「デ・ム・パの“てすら?ドライブ”をお楽しみ(賞味)くださいねぇ~っ。∵Signal➀➣テレ・スクリーン(1984より)で、△目玉のWinkが視られますねぇ、にゅーすモドキ番組(看板は、ゼロ表示)の☛左上で、☛時々Wink(最後の、Oがねっ)してます。それと、ちょっちSlideして、黄色の Base-Ball・競技者(粘土には有名)が、△帝國の本土?(おいおい)で、高額で働くようですねぇ(これが、奴隷売買に見えれば、貴方もなかなか、この世の真実?に近づいていますねぇ)。テレ・スクリーンでは、『Friend、フレンド(のImage)』と、帝國使役種の代表・白が、好意的な Imageを醸しつつ(刷り込み)やってます。列島・養殖種の関心事のSportsで、コレをやりますと、粘土はImage誘導に従順に従いますし、『白と黄色はFriendなんだ』と馴らされますねぇ。それと、ちょっち古いBeerのCMから、白種の楽しむ草野球の打球が、日本風・民家の窓を割りますが、低脳を絵にかいた様な、Character(日本的)が、出てきて、いいんだよ~と、痴呆の如く、その白種と一緒にビールを飲む(表層は、 Friend、ですが、白は主人で、黄色は召使か奴隷で、いいんだよ~ですねぇ)。それと現在の、草原でのドレッシングのCMには、女装した男(白・種)が出てきますねぇ。既に商品ではなくて、別のもの(MK・Magic・Weapon=Mind・Rape)を、懸命に売り込んでいます。《これは、確信的で、明白な満死に値する行為ですねぇ》。何方々がその様な、悪意的なImage・時限爆弾を、製作・絨毯爆撃なさっているのか(『これがBusiness だっ』。否々、NwO帝國、広報・洗う脳・宣伝活動で、真の人類に対する犯罪行為です)。粘土の言い訳も泣き言も、既に無効化されていますよっ。「ある方は、『この様な非・人類に対して、人殺しよりも、重い裁きを与える(その負債は、死後にたっぷりと払わせる)』と明言されておりますそうです」。まぁ~この当りは(前菜)よね~っ。∵Signal➁➣面白いですわ~っ。近づく事は出来ても、その先は、どうしても進めない。頑張れ眼意損!意留身拿帝!、石やさん(そのコミック㋳は、眼威損の方ですよっ。→魂の売却者には、それくらいの芸は与えられています)。☛威守螺餌留・帝國が、供物に成れるかどうか?。 ☛△目玉が再び降臨するや否や?。わくわくしますねぇ。表層の情報処理は粘土の娯楽の為に許されていますが(否々、物質界のConductor集団?=自認・魔術師?=偽・羊飼い、及び結社淫も同様です)。《【不完全=欠損、な証明考察・行為】に収束される》のですが。数学に於いての“公式(人間存在など、必要としていない)”と☆証明(人間向け)☆の根本的な違いを、Aboutに云えば、劣位⇔(語弊・有り)の公式は人間に利用される場合はあっても、根源域に類する公式?は、人知=林檎?>英知では、利用など出来ない(人為で弄くると、恐るべき対価を必ず要求される≒KARMA)。既にその証明は、△ 目玉(智?の牽引・主星)によって為されている(顕現している)。と言った単純で明快そして、目立たぬ、ありふれた事実として、この世に示されている。と思いませ~ん~か。∵Signal➂➣『脳回路を踊る』このWordは魅力的(芸術的?)に響くのですが、☛機能追及の追跡Programの発令にしか過ぎません(■偽・芸術■と、この領域では、確定しています)。★使用言語★による>表出化において錯覚が、確定・混在しているのです。*『機能言語』を『使用』(何を意味するのでしょう)*する故にねぇ~、その発生既定概念に縛られている(故に、共有性or互換性が有り、他者への伝達の用は足りる)のですが。西方式は機能価値・判定分析?が、基本Program(西方固体の意)。故に《物質次元・限定の道具としては、ほぼ有効?》ですが。◆非・言語域には、全く邪魔でしかありません◆。が、既に、蛇留務ー奴・的、芸術感(価値)とやらが、一般(Standard)普及しているので、その基礎・舞台上(この世)で、芸術的(須らく西方的)と思い込まされているに過ぎませんねっ。ここで、稀有のEpisodeを揚げて起きましょう。ビリー・ストレイホーンとデューク・Eの会話。デ:「E・フラットで悩んでいる」。「こんなムードで男が歩いている」。「この曲がり角で、男はどの方向に進むべきかな」。ビ:■ 『よく解った』■。「でも、それは君の方が得意だろ」。デ:「ただこんな事もあった」。「同じ結論になるんだ」。←(作曲過程における、ふたりの会話)。 *(~∇~)*
2006年11月17日 22時13分14秒

 

『来るべき世界➟2039』≒[Series・危険な教書?]≪随刊・Fascismの友より 抜粋≫ 天問東方・ARCHAIC Data・Collectionより。
$『非・寛容と可視?』$、これに世界は寄生・支配されている。この地上界(物質・唯物界≒猥雑で、ただ喰らう快楽のみに従っている)支配者・結社ともGroupとも呼んで可。この様な存在(非・人類=非・善類)<偽・諭堕也≒国際金融資本?は、本来、人であるべき存在の★視点(関心事)や感性?を物質(唯物)に縛りつけ、固定化し(他の視界=可能性を総て閉ざす)★=$『非・寛容の Standard化』$(紛れも無く、罪業の使徒の証)。☛その喜び(凡夫はそれを生活=生であり、人生と思いこませる事に成功している)とやらは、須らく、その本質・骨子(設定、規定枠)は、物質的・身体的・快楽にのみ向けられるもの$(常識=Common Sense)と成っている$=『本質は、唯物絶対と言った非・寛容』。古代文明において、ままあった、人身供養(実に分かり易い、表出行為)これを捉え、凡夫は、その文明及びその帰属者集団の残酷さを上げ、※ここに注意すべし☛自らは違う(キリスト?の言葉を二三知っている)と言った態度を表してみせる ☚。(凡例として、アステカへのスペイン人の侵略・略奪・殺戮行為)類が、現在の末期文明?(ゴミ箱・Scrap)世界で、★経済主神への人身供養▲(経済理由及び、Working・Stressによる、自殺者及び、軍事産業による、殺戮・破壊、経済行為)の膨大なその数(人身供養?)を省みれば、その野蛮さ、残酷さにどれほどの違いがあるか?(想像力の枯渇、低劣化に従う、凡夫⇒行く末?既に?は機械人間。の知覚外・事象?と成っている)、$この世=唯物・価値$から離脱した客観に近い視点(持ち得れるのであれば)で眺めやれば、解する事は出来る筈である。自然界に食物連鎖の現われがある以上、人・モドキも如何にモガイテモ、この原則からの離脱(覚醒?)は、ほぼ無理であるとしても、*真人?であろうとするならば(動物より、恵まれた生命であると、するならば)*、生命を尊ぶ(助け合うもしくは、人にとり、何が大切なのかを優先の)筈である。我々は戦いを誘導するものではないが、この世における、双方 (非・人類と人類の根源対立=決して相容れない)≒『非・寛容に見える故、同様と捉えるも良し』は、全く別の領域によって、戦われている(必然・発生している)のである。我々は、手立て(道具)として、現実物品(例えば、言葉など)を使用しているにしか過ぎない。【Dangerous・Word】⇔*人間が自分の前にひれ伏すのをみて喜ぶ『神』とはいったい何者なのか。その神は自分で罪を犯しやすい状況をつくり、悪魔の助けを借りて人間に罪を犯させるのに成功し、自らの意向=威光、に縛り付けている*。多くのものが神?(神々等より。原理?法則の深部領域?)への、覚醒率?(内と外に、それは同時に為される?)に従い、各・固体の、◆『表出?名詞』=『捉え、認知?しているもの』◆は*違っている《■同様で違う、として現われ■》*←(必然として)を、正しく理解?する努力(生きる)さえしていない。(便宜である、天使や仏や神に留まる=これさえも、覚醒・途中者の学習・玩具?←好意的に云えば)。言葉や論理で捕らえられるものでは決して無い。ここで、《■本来!そういった努力(表層・解析?)は無用で不毛であり■》。『刷り込まれた(教育)、内部・思考理論や価値等に当たる余分なもの⇔(これらの総てが、唯物主神の信徒集団による、悪意あるMental・Virusの戦略・散布=低劣化・計画兵器=確定発病率に従った。である)の*内部からの、完全な排出*が、求められるのである』。我々は、真の勝利を求めるものである。『TVの無い生活は実に健全である』。地上的価値等に、迷妄・困惑する者達はすべ辛く敗者であり。この見えない戦線?に立つ事さえ値わない=Flamme Schwert㋣゛。「この様に、人には、アラユル事象について、アラユル《◆解釈が可能◆=意味する所は深い筈である》であり、何を選択(解釈)するかは、各・個体にほぼ与えられている筈である。が、$限定的な、思考と想像力の囲い込みの中に在する$と言った、全く個人的・俯瞰視点は、常に必要である[捕捉]。ここで@危険な教書@の取扱い説明⇒◆二読目は、限りなく冷酷で冷めた心的態度でお読みください◆。『偽りや虚偽が如何に数を集めようと、真実に取って代わる事は出来ない、無明の物はそれを識別も、認知も出来ないだけである』。
2006年11月15日 20時30分13秒

 

『来るべき世界➟2039』 ≪月刊・Fascismの友?より、抜粋≫ 天問東方・ ARCHAICの受信・記録・Collectionより。「卍?・第三帝国のTasteには、何所か上品な香り(気品)がある」。←危険域!。逆卍はフォントに有りません。「それこそ、偽・×××の陰謀だっ」。←(おいおい)。
※現在の提供・主流・知識=Global・Standard・Curriculum(△? Program)。俯瞰・視点で見つめれば、これらは、ほぼ最大の共有性(交換可能)を持つ、各種・作業Unitに必要な限定・情報・活動Program である。初代のトロン・Systemが、欠陥・まいくろに駆逐された如く(悪果は良家を駆逐する)、多くの各分野で、既に、基礎部分(Fix・Base)が、Global・Standardなる、歪みと病の混入された基本仕様に成っている。植物も△目玉・結社の実験室で栽培されるなら、供給される水分や肥料そして、呼吸する二酸化炭素に試薬(劣化剤)を混入されていれば、それを取り込み成長せざるを得ない(貴方の確かな?想像力と、冷徹な観察・鑑定眼があれば、現在の養殖種群に表れている確証・事実を、覚する筈である)。ここで、B級・SF作品の$光る目$との関連考察は、必須である?。無論、製作はハリーの森?、所有者は偽・諭堕也(狂信・破壊結社)であれば、無造作に取り込む(鑑賞)行為は危険を伴う。それらは主に、視覚・聴覚をへて、感情器官から内部・Image領域に、浸入降下し、更なる援軍を待ち、目立たぬよう前進基地を確保し、更なる領土拡大の為の進撃を、慌てる事なく待つのである。娯囲㋰の心的防御を掻い潜る手法は、△目玉・結社の最優先・研究課題で有り続けるし、既に乗り物・帝國で、その有効性が白粘土・使役種に何度も試され、実証されている。「乗り物・帝國の犯罪・Styleが、この列島に輸入(蔓延・発病)されたのかは、同症状を示している、Mental・Virusの発生源地?を、辿れば良い。Over・アドルフ氏の、未来への危険な餞別(Neo・Pandora・Box)の一つであった、★第三帝国の新型・兵器として誕生した『TV』★、で有る事を、再確認しておくべきである。我々*誤意無*は家庭の中に、敵?兵器の侵入を許している事に気付かなければならない。《それは、紛れも無く完全に、兵器である》。Propaganda・Frame(広域・地上派?)に登場する、Character達は、MK・Robot(△帝國・基本・指定品=精神・汚染・MK核弾頭)である。戦略兵器・TV(Hard・Weapon)によってモタラサレル、見えない破壊・汚染弾(遅滞・発動の特徴を持つ=大意としての、Soft・Weapon)に曝され、変質・劣化(Magic?・Mind・Bastard≒魔術?Mind・Rape兵器)を促進(培養)されている。「これらのProto・Typeは既に、第三帝国によって発現されていた物であるのだが」。「全・Media(Soft・ Weapon製造工場)は、△帝國の操縦席に座する、独立・金融・△目玉との独占契約家系(偽・諭堕也の金満・欠陥悪魔モドキ・Family。←血統や生物学的・判別など無意味、行動指針の現われによって判定)によって、支配されている。受付窓口には、善良だけが取り得の者(誤意務)か演技・人形を必ず置いているのも、奴等(唯物神の奴隷)の狡知による(凡夫「娯囲霧」は、その受付で見事に騙される)。多くの使役・養殖種は、表層Imageで過不足なく活動しており。故に同種族の養殖種を、奴等が迷彩(看板にする)には必然であり当然である。本土の△帝國のCivilianにしろ、兵卒にしろ、自分が善?である事を、一片も疑っていない(実に、幸せな粘土・Robotである。その思考の基本・起動。総て、意留身拿帝?当りの、量産・消耗型向けの Programであり)。そして、あの狂的なまでの、終末願望の宗教信?の現われ(量産型のEnergyの放出口は、この様にControl下にあり、完全指定に従っている)。「現在、我々は、△帝國、発注の現地・量産型・Zombie・Robotの中で、生息している事実を、注意深くそして細心を持って、取り扱わなければならない。《■仮想は量産型・Robot・Humanoidの、専用玩具である■》。ならば、仮想(Virtual・Real)とは何か。携帯TELであり、PCであり、TV・Presentation・CM・Drama(NewsやDocument、各種のGenre表示の違いはあれど、総て$Drama=Soft・Weaponの総体表記$に集約される)である。この世界が、唯物と精神?との同域に在しつつ分離を起こしている真の現実(実相)を、体感していなければならない。元より、愚盲種(量産型・Zombieか、淘汰品種)が、唯物・主神・狂信ファン倶楽部・結社に、操作されうる(△帝國の簡易・突撃兵=別・表記)推定確率は、予期していなければならない筈である。「我々は、奴等の妄念と融合した、唯物魂を、殲滅・撃破すべき戦いに赴いている事を、そして臥薪嘗胆の意を忘れてはならないのである」=Flamme Schwert㋣゛。ここで@厳重なる注意点@→以上の構文はAgitationのTheoryによって、構創されているので、興奮・感動を暫し楽しむ態度(心的・心得)であるべきです(一読目の意)。※『月刊・Fascismの友?』≒危険な教書?※はこの様な、過激さが売りですので、◆二読目は、限りなく冷酷で冷めた心的態度でお読みください◆。
2006年11月14日 02時08分33秒