×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

❖無限解=[弐千六^10⇔11^]❖

※一人でも出来る、無限解・潜功探索・空想研究《実験・日誌》※

※∬(ёぁё)∬の【素朴な疑問=Critical-Wit】だぅ~※ 『わたくしといふ現象は~(あらゆる透明な、現われ?の複合体)』=宮沢賢治との、子裸歩(コラポ)だぅ~。
『“にゃんだふる”で、にゃんにゃこり~ん』、ムギムギの∬忘れた頃に、素朴な疑問だぅ~∬の、電脳・Liveだ、にゃ~む~。『今日のCritical-Witは、【教え】ってなによっ』だ、にゃんこ。「真の非・現実?(非・物質界)の理(ことわり)と、自分好み(固体Ego)の、非・現実(超・現実なんて言葉を、白系の迷妄の徒は好むんだけど)、本当は妄念か妄想と表記すべきだぅ~」。大まかにいっちゃうと二つの“非・現実のなんやら”があるとしておく、にゃんこ」。「内部欲求(嗜好・filterの内臓状態)を持ったまま(表層・自意識で認知されていなくても、同様だよっ)では、無形の理≒悟り=㋚Nirvana・ニルバーナは、見えない!(観すること、与わず?)。どう言う事かっていうと、自分好み←(ここが、決定的分岐を持つ、*問題*なんだにゃんこ)の、色眼鏡(我欲による嗜好)を掛けていれば対象の姿はね、正確に捉えられていないのは、合意してもらえるよねっ」。「ここで、さっ、鯨とか蝙蝠等は、目視確認して対象を捕らえているんじゃないのは、解かるよねっ、音波・視覚?、で捉えているのは、知っているよねで、話は進むの」。「音波・視覚?で、確認・認知する術しか持たない存在にとっては、少なくとも*誤り無く*、音波・認知しているのは間違いじゃないけど、其れのみで対象を把握ってのは、人間にすれば、片手落ち(一面的にしか、捉えていない)て事に、思い至るよねっ」。「もっとも、動物全般は、生存に有効な能力<機能で、事足りる訳だから、それで、全きに善しなんだよねぇ」。「人間?で、古典の覚者⇒ブッダさんの話なんだけど、その方の語った事って、【この世や、人なる生き物に対する、徹底的なまでの考察】であって、*ほぼ信仰なんて語ってなかったと思うよっ*」。「徹頭徹尾、様々なこの世的?苦からの離脱・解放に辿り着く為の◆考察・瞑想(この言葉が、最善と思われる、にゃんこ)◆だったのでした、にゃんこ」。(おいおい)。「これは、苦の発生・機能考察(ほぼ、専門・学術書)に等しいから、このままでは、凡夫には(彼らの興味を引く事は無い)、向かない、にゃんこ」。と云う事で。「方便(しかたね~なぁ)として、仏や極楽なんかを持ち出す(火宅の外で、ピカピカ光る、特別に見えるItemを振り回す)愚欲な子供達は、その玩具が欲しくて、火宅から出てくる=これが方便にゃんこ」。「だけど、苦の発生・機能考察だけでは、*『潤いがない、生命感の欠損を生む』*んだよねぇ(覚するまでは、天使や仏がいないと、凡夫は寂しく思う)、にゃんこ」。「仏や極楽(天使や天国)も、あながち、誤りでもないんだYo~Yo~」。(ラッパーかよっ、にゃんこ姫?)。「中庸、中庸って云うけど、【苦の発生・機能考察の修了者の言葉だって事】を、すっかり(うっかり?)忘れちゃって、凡夫(慾動・種)が呪文(有難い、お言葉?)の様に唱えても、ほぼ無駄に等しいってのは、判るにゃんこ?」。「だから、同じ様な言葉を口にしていても、言葉だけの輩(罵詈最・系列)に、『犬もどきは、口を閉ざしていろ、吼え噛み付き回らなければ、許してやるが』が、当たり前で、必然としてね、発動せざるを得ないの」。「覚醒が確かで、深くなると、おのずと控えめになり、淡白になるよ。そして興奮(無明の者ほどその、度合いが高いのも、判るよねっ)から離れるものだよ、にゃんこ」。(アドルフ氏も、興奮や感動が好み、だから、★危険な教書=Overあどるふの言説☆でもある!と明確に)。「慧眼・師風(し~ふ)?も、若かりしころは、夢剄ぽん、と似たよなもんだ、にゃんこ」。(俺様を、夢剄ぽん、呼びかよっ)。「Punkで、Anarchistで、Radical で、Fascism的な風味が、あるっしょ」。「渡り切る事が出来たようだから、真性?魔神?に成らずに済んでるようなもんだ、にゃんこ」。(凡夫には、十分、超越的なまでの、現人神に見えるぜっ)。「そんな事は、置いといてにゃんこ」。(置かれておきますか)。「欠陥考察の徒≒沙汰荷数賭・連中ですねぇ、覚者からみれば、それは敗北者の足掻き行為にしか過ぎないのです」。「解説or解析不能な、柔らかさ←(凡例としての象徴)が、完全に手に余る事を常に示しているのだ、にゃんこ」。「慰めとしての、粘土と力比べ、勝利とか、我々は優秀等と吼えるに留まる、にゃんにゃこりん」。(おめーらも、△目玉の、$使い捨て使役奴隷$でしかね~だろうに)。「と云う事なのです、にゃむ~」。「※業病(ごうびょう)※は、$ただの病とは違う$、にゃんこ。確信的?生活習慣病だにゃ~。無自覚?疾病結社?本人が、飽くなき利潤や権力追求確保などの、心的依存から離れない限り、癌の如く致命的な結果を、ご当人に齎すのは、如何ともしがたい摂理?の現れ、にゃんこ、にゃらら~」。(東洋では、自業自得とも言うねっ)〈ℳ〉。
2006年11月12日 14時53分04秒

 

e 【Dr-Absolute?の“注文の多い>【¢】<《Pointless・LABO》”】 // 《粘土浸入禁止》 『Master・Class瞬殺の域を、目指す聴講生に…』
*Karte・ №025*↪『宜しい』、肉体=Physicalについて。「誰しもの、身体内部では⇒『病原と抗体の戦争?状態が繰り返されている』、生命力が勝る場合に、健康(抗体の優位?)とされ、生命力が弱ると内在の病原(人は身体にそれを飼っている=不浄と言えば不浄である)が活性化?故に、体調不良といった症状が現れる」。「自然界の摂理?とも、若しくは、生命の働きと原則に単に従っている?と」。「これらを感情で計るならば、これらの現われは無常(酷い!)とも云いえる」。「物質界そのものにも、限界は存在し、物質界Fieldで活動する為には、実体なる器(物質限界を持つ、身体)が必要となる《限界の中の限界で活動しているの意》」。「この器である身体の内部においても、病原と抗体と言った現われとしての確証的・対立構造。これが、何故か、人の口にする『善と悪』と言った*観念?Image言語(Energy≒効果を持ちうると記して、理解出来れば、話も早い)界*にも似ている」。「この似ていると言った、構造に注意」。「*教本としての*、人工物《文明でも文化でも、科学技術でも、思想類でも良いのだが。この本態(本性)が何で有るか(何方の所有物?であるか》を、解しているともっと楽しめる筈である)と、【自然なる教本】」。「ここで、自説にとり優位な論説を揚げるのだが、例えば、Robot。それらは全て、自然界・生物を手本として、設計されたもの(得てして、それらは優美で機能的)である」。「慧眼・師?の歌伝25の、ルオーの絵の話と通じるのであるが」。「Copyを重ねる事に、劣化する様に、教本そのものが、そもそも劣化品(Originの稚拙なる写し)であるなら、当然、その教書から、完全離脱(捨て去る)出来ぬ者は、その水準(領域)に留まらざるを得ない」。「求めるものが“本物?”(この世的価値では決してない=真の追及者)であるなら、その様な、劣化教本(人知の集積体?)は何れは捨て去るは必然である」。「人工品はStandardに成りうる(何故か?)」。「それは、人の手と考えによって作りだされたものであるからである(そして、それらは機能に止まる)」。「言語の壁を越え、国境を越え、それらは、人の間に(ほぼ。世界中に)それなりに普及している事実で十分である」。「『自然界だって、機能にしか過ぎないじゃないか』と言った、Commentが存在している事は戒している」。「だが、それのみで自然界を測って善いものか?、私=【¢】は、それ以外の現われをも含めて、観する事を尊ぶ」。「命や生命を唯の、Energyや機能部品として捉えて良しとするならば、この世界は、紛れも無く、唯のほぼ無目的な、機能世界でしかない(この考えを捨てきれなかったのが、マーク・トェインであった。だからこそ、彼の内在の憂鬱の象徴である、オート・マンの言葉が、彼の口から、漏れるのである)」。「唯物派と言うか、沙汰荷数賭・集団≒ (石の結社や意留身拿帝の殆どは=「アーリマン」=「唯物・主神」の信徒であり、ルシファーの信徒の心算でいるだけに過ぎない)」。「Occult・ Tasteになって、悪いが、ほぼそう捉えていても間違いは無い」。「この世界の表舞台に現れる役者人形や、その上層指令階級とか言われる、13・血族とか、ビルダバーグなどの、工作行為に如実に現れている」。「奴等の、真に直結しているご本尊は、紛れも無く『ゾロアスター教で語られる所の「アングラ・マインユ」=「アーリマン」=唯物・主神である』←「健全な者?は、それを神とは呼ばない、悪魔。悪心。と呼ぶのではあるが」⇒《遭えて、神の名詞を使用している意を解してもらえれば、嬉しいのだが》。「彼らは、本来、正当な、相続者デハナイ!。『我々、カインの血族だけで良い、他を滅しつくせ(この、骨子さえ解していれば、後はほぼ余分事に思える筈である)』と、彼らの教師は、獄界の狂人になってまで、吼え(叱咤激励し)ている」。「私=【¢】に言わせれば、神や仏に何か(現世的なものもの)を乞い求めるなら、神も仏も*それなりのもの*しか現れないであろう」。「言わせてもらえれば、神仏の成り損ない止まりの代物であろう(何かを与えてやるから、何かを為せなど、下級・神?も良いところと思われるが)」。「人間においても、ピンきりが存在する様に、『意識界?にても、神?のピンきりがあっても、おかしくは無い』との、空想仮説は可能の筈である」。「人格神は所詮人格神止まり、況してや激しく嫉妬する様な存在(どの様な力を持ちえているとしても)の信徒になって天国を、期待する望み等は、私には、有り得ない」。「天国や極楽は、かの神なる存在の独占所有物なのであろうか?はなはだCritical-wit(素朴な疑問)ではある」。ところで、オマケとして、『待ってやりました』は、まだまだ、見下ろした(上位者)物言いである。この意する所を、解すれば花◎を一つ。
2006年11月11日 02時26分41秒

 

*無名詩人=「言葉の刺繍」* -行動指針なる病原(虚妄・価値観・固着による、生活習慣病)-
 ◆SICKNESS=健常者のつもりでいる者達の振る舞い◆  …奴等は何時も善良さを装い、平和な暮らしの中へ$破壊、略奪する為に、獣臭を匂わせつつ(鼻が曲がり反吐が出る)浸入する$。言葉巧みに(出自をひた隠しにしなければならないのは、何故か)、呪われ、追放された、林檎≒カインの系譜(今では既に、蛇の系譜)。かの者達の祖先は楽園を追い出された(この楽園から出て行け!、疎かに出来ぬ理由が在る)。故に地上を徘徊する(僅かに与えられた。哀れみの恩恵)。《働く喜びも知らないし、物を造る喜びも知らないし、他と喜びを分かち合う事も、完全に捨て去った(非・人類の証)》、徹頭徹尾(唯物)慾動=Egoに従う事しか知らない(知識のお飾りは付いているが)⇒『取る、盗む、他者を利用する、容易く殺める』。奴等の口にする神も真理も善行も、唯の商品・道具(まやかし=販売促進剤?)にしか過ぎない。獄界の堕・天使の言葉を、真似て繰り返す(意味も解せず、オウムの如く。沢山の言葉を知っていようが、それは蛇の毒液)。肥大し奇形化したそのEgo(既に、地獄と変わり無し)の根(完全に繋がっている)は深い。★非・人類、非・善類、かの民種の教師達は楽園へ二度と戻れない事を知っている▲。『排斥・排除は良くない(おおっ、その礼節は= Formal・Humanism)、確かに僅かの理は在れど』。抗体(免疫機能)は、健康保持の為、Virusの殲滅・撲滅に働いている(寛容とは全く別の働き)。 《非・健全(病原)を内部から、駆逐・排出するのは、健全な反応である》。「愚かな善人志願者。『お前にはその業病の徒(本質?)が見えていない(お前の徳力とやらで、奴が目覚めるとでも思っているのか!、それが可能ならば、人には神も真理とやらも、完全に必要無い筈だ)』、自ら病を招き入れると同意。お前自信が扉を開き、病に伏せるのは良いとしても、他のものにそれ(善行の奨め)を求めるなっ」。「◆他に求め◆、善意を期待、希望する、それ故、既に敗れ去っている(それは、*善意の発露に見えるが*←■慾動である事に変わりない■)」。《事実と選択は冷酷でもある、が、それ故に真に尊い(何者にも、捻じ曲げる事は出来ない)》。「多くのものは自分が善人(健常者?)である事を、信じて疑わないようだが、多くのものが滅し去られるのが、見えている」。「現実・事実を見つめている心算の物もいるが、実に巧妙な、自我理想を、*選択し見詰ている(固体Egoの◇嗜好・Filter◇の掛った、現実・事実でしかない《真?の事実でわ、在り得ない》)*」。「業病の徒に、関わって、健全なままで居られるのがオカシイし、お目出度い」。「●真の健全さがあれば、病を近づけないのが、当たり前●」。「他人の病を引き受けて、何とか出来る等は、思い上がり、己の負債を払いきるのが先の筈」。「当人の病は、当人の選択結果=生活習慣病、同じ病に罹ってどうする?」。☛そこに在るのは同情☚。《善人であろうと執着する故、敗れる、悪魔の誘惑に引きずり回される》。イワンの莫迦は、望みを持ち得ない故に、悪魔を退けることが、■【自然に行われる】■。「思考計算?、人の身で英知の眷属には、勝てやせぬ」。「深部にある、根源の事実?を受け入れられない証(☛それでも、私=Egoは、こうしたい☚)」。「■他者を救えるなどと思うのは、傲慢極まりない■」。「お前様が*善(拘り、執着しやすいものである)*と思い込んでいるもの総ての、内部からの完全廃棄こそ、急がれ、優先されるべきである」。《無執着に勝る、秘宝?宝典なし》。~ソロモンの賢者モドキよ、私の尻を舐めさせてやるサン。からより~「◇嗜好・Filter◇は、自動処理機能で、自己にとって不都合や不快な因子を排除し、すっきりと見せてくれます」。(∂p∂)
2006年11月08日 12時57分24秒

 

@´¨『空想・実話 』☞ ∵罵辞東風・相伝∴ “判らないものは、解からないと”これはこれで、かなり難しい。←『侮れぬ!有~無』。
『2Chなぞっ、△帝國の戦略工作機関の下請けだろ』。2Ch・Emperor?(列島・電脳・悪霊領土界・委託→物質界の列島に於ける、契約・総統?)の*死人顔(Zombie・Face)を視てみろよ*。『奴は、知ってるよっ、$生きても死んでも、もう、助かりっこないってこと$』。「★何と、取引したか▲、本人が知ってるから、奴の◆表情に総て表れるのさっ◆」。「頭も魂も腐りきった連中(粘土・養殖種)が、群れてる場所(薬物配給領域と同様)。※Dark・Sideの快楽・娯楽(ここが、2Ch本隊?のSales・Point)※に収益?される、Surprise・Scandal≦ヤク中同士(各派の工作淫)の吼え声(説得及びAgitation)の応酬に似た、対立激化・工作興行?(無理やり火種を投げ込み、騒ぎを大きくし、野次馬Userを取り込み、対立を大きく過激する為に、煽る煽る)や、Bad・News(異常・殺人事件。系列) 等、*凡夫・俗物向けオモチャで、満載だろう(ほぼ、良質?なものは皆無の筈だ)*」。「『現実(この世界)なんて、糞だっ!』なる。Net・User若年層は、心的にこの社会とやら総てに、飽きて冷めてはいても、他に、良い玩具(刺激の有る?)が無いので、如何わしい、少々危険な場所へ、通う事に成る(刷り込まれた、内部起動のManual・Trace反応に、無意識に従う訳だっ)」。『当然!劣等、Net界の大親分(当に看板だけ)である為には、△ 帝國のOrder<取引(力?の優劣順位)に従うしか無し。と云う事で。地上覇?TV(Propaganda・Frame)と、客引き淫売 ≒Gravure・Idol?に成らざるを得ない(客を騙してでも、集めてこい。それがお前の営業だろうが)』。「こんな簡単な事が、見えてなけりゃ、完全に駄目だっなぁ」。《この地上の権威も金力も、地上君主の認可、契約を交さぬ限り$与えられない代物だぜっ$》。「代議士や企業家や商工経済団体(各種の局所的・権力の椅子を、与えられたと同意の、契約社員?)等にしろ、総て最終的に、△Satan皇帝閣下の使役人形にしか過ぎないなぁ▲」。「粘土・使役人形が、どの様な名札や衣装を身に付けて振る舞おうが(指定された演技)、一切信じるには値しないのは、当然で真実だっ(真の思考も無く、愚鈍なくせに、人一倍慾だけは深く、恥じを知らない、その内部の慾動を触発してやれば、大抵の事は平気でやってのけるのだそうです)てかっ」。「人間の振りをしている、人間未満<家畜種<Zombie(完全・使役体)を、この世でCoolに識別鑑定出来ないんじゃ、無意味と等しい犠牲になるだけだ」。「名探偵のシャーロックは、実に優秀(薬物使用者でもあったね)ですが、兄のマイクロフトは更に、優秀でした」。「ここで優秀の意とやらを、再発見してみようじゃないの」。「《判り易い優秀→8bit・マシンから、→16bitそして→32bit》と言うように、実に判り易い凡例になるわなぁ(これで、十分の筈)」。「話変って、聴いた台詞なんだが、『主観で善しとする』【潔さっ】てのも、*有りじゃないの*」。「客観なんて、理想妄想言語と等しいんだから、 ※人間に無理の無い※って所で、⇒出来れば、Egoを限りなく押さえた?*主観をほぼ客観*としておこうじゃないの、皆の衆って所でさっ」。「真の客観が自然であるなら、人間には逆立ちしても無理だなっ」。「真の客観と合一できたなら、あんた!、皆の衆から、『貴方は人間じゃない』って言われないかい?どぅ~だろ」。「壱から始まる実数、みかんが一つとかリンゴが3っとかは、DigitalでもAnalogでも体感?出来るだろうが、Zeroは Digitalで捉える?事が出来るとしても、Analog的。詰りそれを、*体感出来るかなっ*Analog的体感は、実数のみに有効だが、《何も無い ≒Zeroを体感出来るかい?》」。「体感し得るんだが(狭い門の如く、Chanceも可能性も有るには在るんだが)、そいつは、誰かに説明も案内もできる代物じゃない」。「そして、それに類する、マガイモノ・偽物(それが、何所?に存在しているのかへの、独自のKung fuも必要だろうなぁ)も、有るから、世界はこれ程、混乱(ほぼ、愚盲な俗物種群)しているんだろう」。《@真理や、何やらってのは、本にして、秘蔵し、時折読み返すような代物かねぇ?君達?@》。「【判らないもの】を、『判るはずだっ』とか、控えめなパリサイ的言辞で『人間には、$特別に$其れが与えられている筈だ』なんて云うから、ダメ駄目(失楽園)Courseを、あの吉外<白色・罵詈最・連中と、同方向へ逝っちゃうんだよっ」。「まだ、俺様は、太公望(封神演義の)に近いから、これでも、まだ少々おやさしいんだよっ」。「至風?は、この世などどうでも良いと思ってるなぁ、多分。若かりしころは、申公豹(シンコウヒョウ)みたくだったんじゃないのかねぇ~、こりゃ、わかんないけど」。今夜のSelect・Soundは、♪水の音(絶品だぜっ)♪。只管、聴いているけど、これもKung fuの嗜みってやつだ。
2006年11月07日 23時36分41秒

 

■【無極・外伝】監修=【♯】慧眼・不遜。《上級者・試用?》の、『進歩里胯(⇙Ⓟ+Ⓖ)、応用運用?編』■ (おいおいのおい、です)=Ⓜr。
“風至≒封神?花伝”の《歌伝・25》の演武である。『鬼も笑う』:=【♯】である。「養殖・大衆種の関心事及び、基本使用領域に、汚染・Virus(現世利益・主義=Satan教・信者の薦め)をIncludeしておくのは、△目玉帝國・企業?の Executive・信徒及び信者・従業員なら、当然の職務であろう(Publicな善人?Unitである、➭並兵や➭舛男などが末端従業員として、今も従事活動している←◆このReality◆=平凡で社会的・通常?とされる、ゆるやかな?殺戮・蹂躙=派利債・的、生活活動)」。「食品汚染、精神汚染満載の、この実験劣到?(半島も全く同様、現・世代(工作・慾動の徒)の躍り明かした後→子孫には食い残しの未来(残飯・世界)→地上・Gehenna(ゲヘナ)しか残されないだろう)に於ける生存(異常環境⇔罪を犯しやすい情況?)は、人を辞めろ(俺さえ楽しければ、他はどうなっても良い)の奨め=列島社会に与えられた、△罵詈最・悪霊・軍団による、異常Stress・戦略は、勢い、生誕・弱者に、そのDamageは収束され、虐め(攻撃・破壊活動)等の症例として、現われざるを得ない」。奥伝・初歩➽「精神≒デムパ?<Signal、or、Pulseと、頭脳=Radio?or、Receiver?は同一ではないのは当然である」。「Radio=Brain(構造機能・物質?)を解体して、デムパ?の残滓の、収集に励もうと、全く意味も甲斐もない」。「そして、唐突に、ルオーの絵画の深?の魅力に、心眼を注ぐ?」⇒「■アフリカ美術の土台の上に■、洋風(ルオーの、なぞる=トレースの筆捌き)によって描かれている*魅力である*(アフリカ美術とルオーの絵画を並べて鑑賞すれば、明快になる)」。「《本質の魅力(真の生きた輝き)は、骨子=手本=原型?であるアフリカ的、美?の表出にある》、それを、ルオーは洋風にアレンジし表出した(ほぼ、重ね描きを意味する)に過ぎない」。「私の中で、良品≒美?と観ずるのは、その奥に確固としてある、アフリカ的美術である」。「ルオーの筆は、口当たり良さ(Sophisticate)を与えたにしか過ぎない」。「白燭・文明など一切、価値も生命も無い、擁護したい物は、存分に白嘱を擁護、摩ればよい(この言は、ある判定基準?により、発している)」。「この様な白色系列・機能物品に、追従する物々は、『良くて』⇒六界輪廻(当然、人界も含みうる訳であるから、人の口にする妄愛や情も、在るには有る)を繰り返すに留まる事であろう(須らく、完全に地上的で物質的に始終しているが故に)」。「ここに、習慣性と言うか、中毒性的・引力の、非常に目立たぬ恐ろしさが在る」。「人的・知識をいくら弄繰り回そうが、それは評論家に留まる(真意を解せよ!)。無論、科学者(代名詞の一例として揚げているにしか過ぎぬ)なるものは、実験や証明(実践行為に見えるが)を為し得るであろうが、◆『それでも、評論家なのである』◆」。「優秀で活力と“こころ”の在る者なら、『それではOccultの実践探求すべきか?』なる、返答があるであろうが」。《それでも直、秘・知識体系、為る物は必要はない!》。「■粘土が群れ、たかる様な物には、本物も本質も存在しない ■」。「大衆なる物は、好んで派手に見える、瑣末時を追いかけるものである(そこには常に、安心感を与えてくれる群れ、群集が有る)」。「誰にも気取られず、植物(自然の意)との対話?のKung fuを積むが善しである」。「意識が、表出や解説に向かう時、その輝きそして、生命からの声無き声(呟きかささやさ=常に控えめなもの)同通観?同一観?は、拡散消失する」。「インドの真人・数学者であった、ラマヌジャン(故人で、元・港湾会計士)。その視線も魂も、【無欲・無心】で、そちらへ向かい続けた(故に、凡夫に理解出来る、証明も解説も不可能)」⇒(『ナーマギリが、夢でおしえてくれる』成る言葉は、別に、その時風が答えを運んでくるでも、同意で可なのである)。「超越的・能力(慾動に引き回される凡夫に比べればの意)の発露など、オマケもオマケなのである」。「ここに、Player(演奏者及び真の探求者)と、地上・評論・宗家(偽・諭堕也・派利債・沙汰荷数賭・覇?)の決定的な違いが存在する」。◆繰り返し、明確に告げる!◆⇒「かの者達の論争や強奪収穫知識など、真実や神?や真理?等とは一切完全に関わりはない」。「詩風?、封神演義とマハーバーラタ(インド古典文学?)は似通ってますねぇ(さして、意味も含みも無いよっ)」夢剄。「宝貝(パオペエ)?を、強請る心算か?云」【♯】。「夢、あるっしょ、宝貝(パオペエ)って」夢剄。「『夢(浪漫)はあるなぁ』と語り、秋の冴え渡る青空を見上げる師父でした」。(こうして、おバカ師弟は、日々暮らしているそうにゃんこ)∬(ёぉё) ∬。(秋の、お昼ねは、とっても幸せにゃんこだょぅ~)。「ふみふみ」≡(ΩzΩ)≡。
2006年11月05日 13時23分56秒

 

e 【Dr-Absolute?の“注文の多い>【¢】<《Pointless・LABO》”】 // 《粘土浸入禁止》 18章-大道廢、有仁義。知慧出、有大偽。六親不和、有孝慈。國家昏亂、有忠臣。
*Karte・ №024* ★Double?Triple・Standard≒(多重・スタンダード)★の疾病症状及びMental・Virusについて、Dr-Critical・ Strange・Loveの演奏を始めるのである。「この病原の出自は、▲悪霊・帝國?の*上位・Program?(英知に近い頭脳能力?)*<13の血族とか、ビルダバーグ等の$Satan・fan・Club上級・結社?$、近辺より、排出され(戦略散布。ほぼ化学兵器に等しい)ているのだが。各個= (ここのListenerの意)の*Realityの容量によって*、その発生源の追跡認知・名称は変わるMonoと思われる」。「*上記の代名詞?は便宜優先で使用*しているので、細部には全く拘らない(瑣末・事)、大まかな骨子構造を俯瞰する事を旨としている」。『スタンダードと呼ぶより、その真意は Orderであろう』⇒「強制及び命令が、常に隠されつつ求められている=ここに何故、悪魔的頭脳≒△英知狂信者Groupが、西方式・使役種(白の使い捨て、突撃兵)を使うかの理由が存在している、何度も演奏しているが、《或流不和蔑吐(あるふぁべっと)は、詐欺様(作業用・種)の言語(非・人間的)である》。*作業用Robotの作動・Program言語と解すれば理解は早い*」。「無論、詰らぬ、善人幻想耽溺症状を持つHumanism病者(この病は、西方より遥か昔に、輸入され蔓延している)でなければ、簡単と同時に明白な事実である」。《優秀、有能である事のみを求められる、これは機能や機械に求められるものである》。⇒現在の粘土奴隷飼育種・世界を眺めやれば、そこに常に、この劣悪・腐敗社会(△帝國原理・社会)とやらから、何を求められているのかは、単純で明快な筈である。「現行の列島に於ける、教育崩壊(同時に、人間崩壊=未来社会・崩壊とほぼ同意)、そしてやがて、凡夫にも明白に成るであろう、医療崩壊。臣民(ここに、列島の善良・Standardでもある、日曜動画の住人、並兵や舛男が数多、存在している)及び企業は、金銭≒経済を何よりも優先し、その注意と労力を、只管そこへのみ注ぐ(金銭教の狂信者と同意)」。「この経済オートメーション工場・社会からの⇒*排泄事象には*、リストラや自殺=保険金・補填や派遣業(人的金貸し業務と同意)と言った、△帝國推奨→人喰い社会の有様(本質的で全くRealな事象=Economic・ Wild)を示しているのだが、多くの臣民とやらは、それらに暫し憂いて見せるが、基点でもある生活(家庭=Work・off)の中の Propaganda・Frame(庶民にとっての、預言者か主神?)に、自動的引き込まれ、あやされる」。「多重・スタンダードの表層は常に、善であり、良案に見せ売り込むが、その購買導入・結果は何時も悲惨で残酷であるのは何故か」。「悪人と言った、言葉が拒否勘定?を振りまくならば、人間なるものは強慾、愚盲、劣悪、凶暴である種の方が、数多いと言った、事実であろう」。「ここで、@際どい設問@なのだが、『誘導され犯した罪は、果たして、該当・当人が負うべきものか?』」。「それとも負担割り当て勘定になるのか?、誘導と誘惑はほぼ等しい言葉に思えるのだが」。「致命的なまでの出鱈目を飲み込み、飼育されたこの世界は、完全崩壊するまで、この愚鈍で残酷な営みを続ける事だろう」。「が故に、人界は六道輪廻界を構成する一つの領域として、存在しているのであろう」。「だから、ブッダはこの輪廻からの解脱を求めたのだろう」。「同じ言葉の*意識*(別の言葉が当てられるべきだが、思い浮かばない) でも、宇宙と人間では、全くの別物である」。「Drag使用でAccess出来る、意識界など、チンピラ霊やギャング霊やダスト・ファントム?や異次元・星人?や妖魔?堕天使や、何でも有りの(おいおい)の溜まり場、ゴミ捨て場同然の領域。夜の新宿であろうと、Illuminationの輝きで奇麗には、見える事だろう」。「だから、白はProfessorの名札を付けていても、致命的でPerfectなアホな訳である」。「Visionが見えた?、意識界の真実?を知った?>それは、アホな、White・Monkeyにはウッテツケの玩具(Mental・Drag)でしかない」。「白に、スピリチアルは Access不能である、良い所で、メンタル・トラッシュ界(意識のゴミ捨て場)であろう」。「一体何時まで、アホな兵器の使用を覚えただけに過ぎない、白・Monkeyの戯言を、有り難がるのか」。「やれやれと、一息ついて、石やの陰謀の根深さを、思い知らされる訳である」。「奴等の手による、翻訳記述など、糞白!である」。「我々が、アインシュタイン(故人・一例)を、ポンコツ・Zombieとして扱うのかの理由が、この辺りにある。親切な解説はないのである」。「手遅れ故に、行き着く所まで、行き着くしかなし」=【¢】。安楽死させてやりたいのだが・・・。
2006年11月03日 23時21分40秒

 

●Take The 【♭】-Train●《物語を醒めた眼で楽しむ。真人と人は何所が違うのか?》
今宵もJazz・Play・Soundに浸りながら、物質限界視界より離脱=(Mind・ Shiftを、[B]Connect)。何所まで行けるかは、貴方次第。【♭】-Train<Cynical・Wonderful・Tour√146便。妄念軌道を選り分けながら、無間世界をすり抜け、走り行くのです§(“‐”)§。「何やら、現在の音楽市場に供給される娯楽音楽商品は、まるで機械で作られた味わいである」。パジャマで寛ぎの【♭】。「Sex、Violence、Horror、Murder、そして対極の人工甘味料たっぷりの薄っぺらい、愛や純情や誠実など、工業製品か、遺伝子合成の農産物と同様。コンビニ食品同様の賞味期限付きの、市場・有料配布・音楽」。「さて、ここで、『1984』から→【『我々は言語を破壊している。NwO?Word≒英語?を土台から創りなおしている。◆最高の浪費は動詞と形容詞にある◆。同じく始末する◆名詞 ◆も何百もある。◆同意語ばかりではなく反対語◆もそうだ。一つの言葉は正反対の意味も含むべき。例えばGood。があれば★Badは必要ない★。 UnGoodで十分(正反対の意味を持つだろう)。Goodの強い意味を持つ言葉はExcellentやSplendidなどの◆曖昧で役に立たない単語 ◆も$必要ない$。★Plus・Goodで十分間に合う★。もっと強い意味が欲しいならDouble・Plus・Goodで良い。★新語法の最終的な表現は、これ以外の言葉は取り去られるだろう★。結局、良い悪いとかの全体的な概念は、何れ一つの単語で表現される事と成る。新語法こそ年毎に語意が減ってゆくNwO帝国言語のStandard(帝國の真実・管理?)。★新語法の全般的な目的は、思想の範囲を縮小する為。終局的には、思想犯罪も文字通り不可能に★してしまう。《そうした思想を表現する言葉が存在しなくなる》。★必要なあらゆる概念は、指定された、たった一語によって表現され、その意味は厳格に限定され、その副次的な意味はことごとく抹消され、忘れさられてしまう★。《こうして、年毎に単語は漸減してゆくし、意識の範囲も絶えず縮小されてゆく》』】。今、抗して、Collaborate列記せし考察を、未来型の養殖種・粘土が理解出来るだろうか?。「現代の我々が、古典文を味わえぬように、確実な予想=予言にも似て」。「卑近な例として、現代種の会話や対論、これらにも、各個(当事者?)の習得?単語数(概念やImageも含みうるであろうが)によって。意思疎通のPercentageは降下している事実は、覚している筈であろう」。「上記の、1984の抜粋からも、見て取れる筈である」。「■言語においてこれである、音楽市場をBusinessだけで、奴等が放って置く筈も無い■」(故に、日本語の抹消、アルファベットへの完全移行を、列島幼年体に、取り込み、刷り込んでいる。列島の養殖種・両親は、この世的、効率や有能の表層Plus・Imageの疑似餌を喉元深くまで、喜んで飲み込む事であろう。■次世代の幼年体の、内部の何がそれによって破壊、汚染を受けるかの想像力も生命感も最早存在していないが故■)。「無批判に浸かり育つ世代の*内面の劣化*は、押して知るべしである、その時間軸が愚鈍な近未来であるにしても」。「曖昧さ≒の判りやすい例として、古典日本の数多な色への名前の、“おおらか”な“ゆとり”と“あそびごころ”」。「*表記・表出言語が先ではない!*、どちらかと言えば、こころが受ける“それが先となり”、素直な言葉が僅かに遅れて現れる」。ここで、反転して見つめると。「ココロヲ、生き延びる為に売り払った、証として、言い訳や泣き言が、実に多くの物達の全身から、狂気を持って、発せられている」。「ここで、現在の世界を俯瞰し易い、捜索?物語を一つ、*中国古典の奇書?*とやらの“封神演義”、誠に子供ごころに帰って楽しんでおる」。「人界や妖魔そして道士、宝貝(パオペエ)もある」。「慧眼・不遜の世界とも云いえるかなぁ~」。「そこに在る、不確定な Reality」。$「NwO帝國のOrderは単純である、機能の勧めであり、機械人間の奨めである」$。「ここを解していれば、奴等の展開戦術は、予測・推測>自衛・防御は可能であろう」。「無形・Kung fuは、この様に何からでも、学べる筈である」。今宵のお別れ、Soundは。Duke Ellington楽団より、♪-I Got It Bad and that Ain`t Goodを§(“‐”)§。『学絶てば憂いなし』=【♭】
2006年11月02日 23時59分34秒

 

*無名詩人=「言葉の刺繍」* -説明責任とは何の事なのか、理解不能-
 ◆DIAGRAM=どの存在の予定が確定されるのか?◆  …枯渇せし想像力?。妄想思考と幻影 Imageの残光・残滓>終点徘徊世界。その生命は、意識?の廃棄世界に住み着き、底の底を嘗め回す(ゴミやスクラップをただ漁る)。頼りとする手立て (人類の英知?≒祈り)の如く、現実物品?とやらを弄くる。サルにも似た形状生命が吼える。その叫び≒慟哭?<空ろな意味?カメレオンの表皮感情?が≒込められているだろう。《理性≒(玩具・薬物?)その何と儚き、錯覚か》。それらの商品言葉(破綻・呪文)は、迷宮内共用妄語?。△『言葉と思考(人知?) による理解・実戦?により、神に熟れる?』=(これこそ、この星に叩き落された象徴=*輝ける英知*のSloganでは無かったか?)▲「見るがいい、その信徒の△★螺媚★なる名札を付けた教師?▽>ども」。「その碑?知識≒教え(撒き餌)はGehenna(ゲヘナ)の特許品である」。「『錯施?は、策に溺れる』。その策動(物質界・戦略)の成功に味を染め。謀を巡らすは楽しかろ」。「思い通りに成る快楽、《救いを失った存在》。残された喜びは他に無い」。「そして、魔術?頭脳が扱う事の出来る事象界(分子)の、深界領域(分母)にての、謀りが行われている事も知る由もなし、哀れな粘土・賢者(秘匿知識≒Occult魔術?頼りとするが良い)の物質界への勝利宣言(使いにしか過ぎぬのに、主人顔したがる)」。『経済、技術、思想、etc>機能>知識>英知(Occult?)>△目玉』←「この単純で明快な階層構造」。「それでも、語り明かせるものでなく」。奴等(非・人類)の真に崇めるは→『ゾロアスター教の「アングラ・マインユ」=「アーリマン」=「唯物幻界の俗物・主神=悪魔」』。△目玉がこれと等記号で結び付けられるものであろうか?、際どい疑問ではある。「攪拌されていたものが、其々に落ち着く事だろう」。「この星に於ける、分離精製、それらはそれらの性質を露わにする(実体、非・実体など問う事も無く、同じく扱われる)」。「原子モデル、それぞれの原子は、其々の分子と結びつき(引き合う物同士)⇒計成体≒態?を現わす」。「貴方(分子)が何に(その主星とも呼ぶべき存在)惹かれるか(引力圏≒結合枝)、その合意!融合?。「微かな漠然とした怖れ、しかし、お前を!群れを連れたアイツ=(物質的快楽の主)が誘いに遣って来る」。「詰らぬ悩み事は考えず、この世(現在、唯一確かな)を生きよう、どんな快楽も用意している、一緒に楽しまないかねぇ~」。「誰にでも、分かり易いその遊園地≒保養地は、何時もお客様・奴隷で繁盛している」。「基より計画倒産Shift、その負債は入場者が払う事に成っている」。「楽しんだ代価は、各自負担、Ownerは取り込んだ入場者から、幾度も徴収するだろう」。「抜け出せた奴の数は、非常に少ない」。「出るには、入る時の何倍もの、支払いを必要とされる」。 ~無糖派≒鉄面皮・鬼智駆(変身形態?=歴戦のなんちゃらら)→『私は、帰ってきた~っ』。(「ラストバタリオン」とも「ニーベルンゲン復讐騎士団」とも、ちょっち違います)。~
2006年10月29日 12時25分43秒

 

☈ ☰≧〔◎ ◆〕≦☷ の高機動/強行/突破式‥☈ ◇MK?Humanoid・Robotの実在について◇ ☛過半数は既に超えているでしょう。
>>>$評論家的・強奪者=物質主神<沙汰荷数賭<△☆諭堕也▽$。 Standard・Code?≒共有概念辞典?(作成不可)の為、基礎・指導要領書はここには存在しません。☈⇒今回は∴死怨・犬蛇の書∴の@裏・詠み解析@の瞑想・推察技能を起動します。Option・解析として、「劣化・諭堕也(発注指定→量産型Copy品種)について、>論争好き、>争点は表層に留まり、>多弁=言語羅列=煙幕に似る、◆その対話を最後に必ず!→虚しく価値無きものにしてしまう◆」。「それは、同時に多くの他者の健全=Positive?な、心的生命成長を甚だしく害する(偽・論理Virus)。←$派利債・諭堕也の劣化Sampleの存在(正常、健全。善良さの仮面と衣装を注意深く身に纏ってはいるものの、その口を開けば、如何に病んでいて、人間を辞めた存在か(この世のRuleに従った方がオリコウ・模埜=モノさっ)を用意に知る事が出来る=それは機械的・知識言語の所有容量内のただの展開であり、その様な議論の為の議論は、【寧ろ生命に、完全に害を為す】) $である事を認知していれば、その★不毛さ=虚無★や、★心的病原性★が何故?その固体が口を開けば発生するかの理由に、明確に辿り着く筈です(ここで、心在るものは覚する筈)。該当・存在がそれに(自らが派利債・病者である)無自覚である場合には、更なる害悪が及ぶ事に成る。表層=偽・論理的な理屈を並べ、戦いを唆す若しくは、Spoilさせる(飽く迄も他者にそれは向けられる=糖衣状の命令?と変わり無し)。当人が自己=Egoを善と盲信し$全く疑う事が無い$ので、虐殺であろうと、当人が納得出来る様な情報と考察のHintを喰わせてやれば、自らを救世主の如く思い込み、やってのけるであろうなる、推測は簡単な事でしょう。他者(外界)に対し、自らを救世主?並み(内部には、其れ位?の思い上がりが存在)などとは口にはしなくても(外面を気にするのは、罵詈最・病者の特徴)、当人の腹の底の腐った淀みと同様のマルクトにとぐろを巻く、内在の蛇が舌を出しながら、『俺様ほど優れた者はいないのだっ』を$己だけの世界=内部慾動から逃れられない故$で、繰り返し呪文(吼える=自己暗示の強化)の如く繰り返しているでしょう」。★心理・正当・血族?派の本家・罵詈最・諭堕也▲に比べれば、かわいいものですが、その湧毒性=害毒は同様でしょう。666Chip≒帝國会員書?の導入が決れば、こんな半端人間モドキが、どちらの陣営にいるのかが、実にハッキリするのですが、心ある(心眼)を持ちえているなら、そこまで行かずとも、この様な個体の【本性を褐破し】、相手にしないのが健全であると思い至るものです。☛この様に始末に負えない、蛇蝎の如き人間モドキ=粘土飼育種・Robot(無論・プロトタイプは、諭堕也・罵詈最)の始末は、神?とやらに任せるしか無いと思われます。「外界を喰らい尽くす如く、人間の魂とやらも、喰らうか堕落劣化させる事を、望んでいる。故に、自らより優れた者を発見すると、纏わり付き、足を引っ張る(凡俗には、そうと、解からない様な、巧緻=悪知恵を使用して→捏造・ Scandalや、→否定的ラベル貼り、→嫌がらせ等)」。キリスト曰く、「お前達は、自分達だけでなく、他のものが天国へ入ろうとする事さえ邪魔をする」。「明確に告げておきます。第九の天に落とされた△目玉≒存在?の使徒民種であり、血統?子孫《非・人類》であるので、本来の人とは相容れる筈無い」のです。「こんな輩の救済とやらは、神?の領域に等しく、この世に生まれた人に、それ程の徳力≒救済力?を持ちえる、と思うのは大きな誤り(初級者は、良くここで躓くものです)でしょう」。「尤も、救う=救済行為には、※隠された恍惚感が同時に存在している※事を認知して置くべき事であると、思われます」。この様に初級Levelの者は、アホの如く諭堕也・罵詈最系に、使役。利用されている事が多いのですが(当人がそれを、喜び勇んでやっている所に、救いの無い愚かさが現れているのですが)、諭堕也・罵詈最系は、底と考えの浅い=初級・善人志願者を良く知っており、十分に使用し邪魔になれば廃棄するのです。どう処分しても感謝されるように、当然愚かなEgoを持つ初級・善人志願者に、十分吹き込んで置く=(洗う脳)ことも忘れません。急所を一突き、「かの民種が、武力と金力と、その愚かな盗み集めた知識とやらに、一切価値=有り難味を認めなくなれば(本来価値など、それらに一切在り得ませんが)。この世界のどんな生命が、彼らを相手にするか?」。「ここで、見捨てられ省みられない存在集団の足掻きが、今・現在、行われている終幕に向けた激常世界で、上演されている=既にこの世は有害・無意味この上無い所まで達している」。と、《考察》されうるのです。今宵はこれで、元の周回軌道へと復帰します。☰≧ 〔◎ ◆〕≦☷ (本論は?)。「さて、どうでしょう」。
2006年10月25日 21時56分40秒

 

■【無極・外伝】監修=【♯】慧眼・不遜。《上級者・試用?》の、『行為者(Player)と評論家は、同じ事象に関わっている様に見えるが、両者は全く別者である』■
『鬼も笑う』慧眼・不遜の“風至花伝”《歌伝*24》を始めよう。@罵辞東風・伝@は、夢剄に相伝してある。「歴史は人の有様を刻印?せし、『人間現実』を学ぶのに良しと云い得よう」。「一例として、中国の歴史は、東方?に於ける、過去?の人々の実に生々しい、記載に溢れている」。$権力者に取り入る為に我が子を潰し、人肉饅頭にして奉じ、取り入った宦官?も居た有様で$。人間未満の諸行・行為の模様が記されている。「少々、歴史書を齧れば、悪辣で奸智に長け寧猛強欲?な者が、権力構造階層の上辺(腐れ宦官の如く)に、常に座しているものである」。「真っ正直で誠実な者ほど、排斥放逐されている事実は明白であろう」。《真実や公平や誠実(嘘の無い)は≒(仮として→人格者?であろうと心がけし者)≠ 【地上世界・権力構造=この世の有様?=多数派の粘土種の生臭い望み(ひた隠しに隔している)とは相容れない】ものであると、暗に示されている》。「★犬蛇の議定書▲には、幾許かの真理?も書かれてある」。「☆危険ではある△が、或る覚醒段階に在る者には、学ぶ所は多い」。『近代史(西方主導?)は人間の歴史ではなく、数多(あまた)の獣霊種(蛇留務ー奴・種)と人間モドキ(白のアングロ系<奴隷民)の歴史であり、僅かな善行(Humanismの Appeal遂行?=Stand・Playにも似て)に見える歴史的事象とて、自らの醜悪さの言い訳=☆罵詈最★の外界向けEvent善行興行と変わり無し!。☛本来の人間としての、意味も価値も全く無い代物☚である』。「返歌(かえしうた)を一つ、真理?(深遠の源理?)に、*人が含まれている(成分及び構成素子?一つ)であるなら*、理数的に考えても両者?のCapacityが天文学的に違うのは、解しえる筈である」。「人間の精神・思考に容量≒限界?は無い」なる意見は存じておる。「思考と同様に、ほぼ精神にも、※限界は存在する?※、尤も、☛思考≒建造物?を支える建材は言語≒単語<表層形成概念or観念に拠るからである」。「そこで、音楽?である、◆音や旋律及び音色は単語の如く*規定されていない(規定しようもない)*◆故に、言語≒観念思考の限界世界を遥かに、飛び越え、振り切ってしまう事が出来る(体感的?である故に、解説不能と成る)」。「Vocalの無い、JAZZのJam・ Sessionにこそ、その可能性が在ったと語った筈である(■追加補足の必要はあるのだが■)」。「ほぼ同様に美術?にも、◆言葉や概念による構築物と違い、小難しい*規定や定義など、縛られていない*◆が故に、∵物質・俗物界の引力を振り切る事が出来る可能性∴が、そこに僅かに在るのである」。《語れない故、唯、それに従う?のみなのである》。「自然は莫迦の真髄!、飽きることなくほぼ同じ事を繰り返しているではないかね」。「明確に告げておこう、人知では、決して的を見据える事も出来ない(精々、良くて愚盲粘土の支持とらやを、得るに留まる)、そして、信仰も便宜の様な気もする」。「気持ち、八文目ほどで日々満ち足り、穏やかで、食うにこまらず、ほどほど快適に眠り過ごせれば、真理など必要無いかもしれないなぁ~。で、⇒この世とやらは、苦で設定された代数Xの学習世界なのかも?しれない(諦観とは決して否定的=Minus的なものでは東方では、無かった筈である)」。「夢剄に言ってあるのが、『写し世は夢』の言葉に一切の感情が混在し無い事を志し、口にする様告げてわある」。「人間に為し得るのは※限定条件下?にある事象※についての、真実の欠片 (全体でも、本態でもない)を、知る?=味わう、に留まる」。『*真理とやらは、万華鏡の如く*■覗くたびに、違って見える■』。「既に、ブッダさんが、悟りとやらの境涯を語ってくれているにも関わらず、Up・Date版≒改変翻訳の現代訳の真理の書が欲しいとか、『省みる(古典にじっくり付き合い、実践を心がける)事も出来ずに』、家電製品に望むが如く、新型・新機種の真理が欲しい(現代の環境に合った?)」。●迷妄が無ければ。涅槃は不要●の言葉を再び、刻印して置くのである。古典とて、◎じっくり賞味していれば◎、転用運用は可能なはずである《時代が変ったから使い物にならない?悟りの骨子とやらの書?が、ならば偽物であろうなっ》=【♯】。♀-Bessie Smith(べっしい・すみす=ぶるーすの女王様)で♪-Hot Spring Blues+♂-Leadbellyで♪-The Burgoise Blues。今宵はBluesで・・・酔顕?にも似て。
2006年10月24日 22時53分46秒