×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

❖無限解=[弐千六^09⇔10^]❖

※一人でも出来る、無限解・潜功探索・空想研究《実験・日誌》※

y(~σ~)y */ヨタロウのB休・寄席/* 色即是空 空即是色←矛盾=(西方式)の極みですな~っ
~コンチ『寝言を問い詰めるアホは無し』のy(~σ~)yでおま。「え~っ、まあ良く、《【好き嫌い】≒趣味》ってな事で、人様は自分の*好み(単純に処理しがちですが、その根は深いような)を力を込めて、言い張り合うものですがぁ」。「好き嫌いってやつも、腰をどっかと下ろして、考えてみやすと、なかなか奥が深くて、とどのつまりがハッキリとしないもんで御座います」。「ちょっと*文系?実験をしましょうか、好きと嫌いを大きな紙の両端に(右と左に基点単語として記入、そして間に空白を大きく取って)書き込んで、みやしょう」。『好きと嫌いから派生する、貴方の思いついた単語を水平方向に系統図の要領で、次々書き出してみやしょう(単語間の関連に拘らない、穏やかで好い加減な気分で)』。「でっきるだけ、沢山の思いつく単語を書き出しておくと、お後が楽しい事でしょう~」。「さて実験は*理数系?に移るんですなぁ~」。「例えば、温度計を用意してみましょう、そして、貴方が気温≒室温が何度ならば快と感じ、何度から不快と感じるかをの温度数値を確定してみましょう」。「概ねの数値(快・不快の温度数値は出ることでしょう)」。「さて、ここで*概ねの数値*と、語り始めた意に沿って、絶対確定の不快or快、温度数値は※有り得ない※事に気付くべきでありますなぁ~」。「この断定に対して、どうして?の疑問は起りますな~ぁ」。「ところで、酒をたらふく飲んだ後(深酒?状態)や、体調不良の場合など、快・不快の体感?温度判定は、健常時と違う事は、おおむね誰もが経験体感済みと思われます」。「さて、次の実験は工学?」(おいおい)。「*単機能・機種 *、例えば、トースター。その機能については、その物品の仕様書を読めば、他者同士でも、その仕様書を読み理解出来るもの同士ならば、対象物品の機能や材質に対しての*合意は有り得る*のですが、《その使い心地となると》⇒好みによって同じ物品に対しても意見の相違が有り得る訳ですなぁ~」。「さて、哲学?系で、『意見を持たない』について、考察・Kung fuしてみやしょう」。「ありとあらゆる、事象は起る(変化?)について、一切、意見≒(私は、こう思う)を◆持たない◆」。「伝えたいと言った望み(欲望)を◆持たない◆」。「『ここに、(目立たない深の理に沿った行為?)過ちの回避』が存在する訳ですな~ぁ」。「当然、手柄も無く、誉められる事も、起こりえませんな~っ」。「Timing的に、ここで『足るを知る』の言葉が。肝要であり、必須な訳でございます」。「正解を語りつつ、同時に誤りをも語らざるを得ない(解かり易くする為?)=仏教における方便なり」。と落ち着くような気がします。「幾ら追いかけても、終りなきものならば、今ある、この世の偽り無き自然(ここにEgoは存在しません、故に、表層変化をどの様に見せようが、変わりなき真実に、ただ、そうである理にそって、聡?在るだけ)にこそ、眼に写る、この写し世での、全き生命の根源基盤?(真の安心感を感じる)のでしょう」。「言葉や概念に拘って(表出、出来る筈である=解き明かせる筈である)いるならば、《掴み損なうは必至》でしょうに」。「■西方式は、この様に総てが最後には徒労≒負債となり、失敗と汚染の傷口と病を残している事実 ■にこそ、心眼を注ぐべきでは無いかと存ずるしだいですな~ぁ」。「お風呂も湯加減が大事ですな~っ、まぁ、ブッタさんの中庸と同様でございましょう」。「語り切る事が出来ない故に、沈黙を賢く選ぶのでしょう」。「特異な才能などは一代限りの、狂い咲きに似て、同・血統の中にあろうとも、それは遺伝などはしませんな~ぁ」。「『努力に勝る宝無し?』、評価、賛同>(仇花)など弐の次、参の次でございまして」。「で、好きと嫌いの言葉の世界地図の真ん中辺りはどの様に成っているのでございましょうか」。「赤と青の絵の具を混ぜ合わせますと、どの辺りまでが、赤と呼べ、青と呼べるのか、あっしには、その様な細かい事は、頭が痛いだけですので、考えません、その方が健康に良いそうです」。今宵はこれにて、お後が宜しいようで・・。寝快硯*ヨタロウ=y(~σ~)y。今回のお囃子には、Duke Ellingtonで♪-Blue Cellophaneを、と言う事で、「お粗末サマでした、はいなっ」。「バガヴァッド・ギーターは、鉢巻して読む本じゃありやせん」。
2006年10月22日 02時53分19秒

 

《?》【見知らぬ存在の部屋】《£》 〆-裏・Critical・Zone-〆 《Cyborg・Zombie(文明適応種?)に、望んで成っているのだろう?》
《£》*Auto・Solo【π】・Live*Start➟「『人間は自然界の→オマケ≒藁の犬』如き、気楽に(凡庸・人種の限界を見据え、足掻く事の皆無な諦観の上で、この世を)生きるのが善し?であろう」。「$闘争や運動は、★蛇留務ー奴 Rule▲上の、☛選択・Command(凡夫の表層理解で、使用可能)$の用意されたモノ(玩具?)の内、一つである」。「*対処療法*などで、愚・人類が変りえる(回帰しえる)のなら、遠野(と~のは、昔美しかったものである)昔に、この世は地上天国世界に変わっていた」。「私、成る存在が、総てに優先する、何かを所有(快楽)したい、命令し、従わせたい」。《この3っ程のWordで、(凡俗種or無明種>沙汰荷数賭)とやらの望みがほぼ表せる》。『選択(慾動)の結果により派生⇒《因と縁を伴い、果へ辿り着くCycleの中=無間地獄に似て、始終する》。それは、それら無明体の*生の時間(この世の滞在期間)*の真に総てを、徒労(無明・慾動に従う)として消費する。『◆誰もが望んだ方向へ◆、前進(接近?)しているのは間違いない』。【ここで良く良く考えてみるべき事は、※内部発動?=望み≒Needs※である】。派利債?沙汰荷数賭の★望み?=戦略計画・世界=NwO帝國世界▲が現在、この世界に戦略展開構築されている、☛真にRealな事象面は⇒『何を現わしているのか?』。▲他者を、利用し殺戮させあわせ、詭弁と武力を弄しても、そうしたい(☆非・人類種★の執念・願望)と言った、妄念願望の現実化への営業努力?の現われ▲。「『☆△目玉の使徒民種★の執念・願望の前には』、善良なだけでは、遺憾?とも、し難い、事実が人類の歴史的・確証として存在する」。「人にそれら(非・人類)を取り除く事も善導教化も出来ない、人の能力で為しえるものではない≒(釈尊であろうが、キリストであろうが、愚・人類を治療出来なかった)」。《故に明確な選り分けが顕現化しつつある》(ゴミ処理に似て)。「Over・あどるふ氏の言葉は、かのLevelに於いても*表層認知なのである*、彼の口にした言葉の(水面下=語れなかった、表出不能?)の■深く決定的な、二極分化■が、深層において、冷酷同様→発動・顕在化している。彼=Over・あどるふ氏は、理解しやすい(語り聞かせる為に=伝える)表層・特徴を述べたに留まるのである(凡夫全般にも、解かり易く読める要に=限りなく水準を降下させた、Sports新聞紙の見出し記事風に、語った?)」。「伝えたとくとも、相手のCapacityに、ギリギリにでも、合わさざるを得ないものである」。「既に、劣化の極みに達している事に、凡夫・粘土種は気付いていない、お便利(脳死劣化促進・商品)アイテムetc.を、成るほど見事に使いこなしている様に見受けられるが、Cyborg・Zombie(文明適応種?)であり、最早、貴方々は本来の人間と似ても似つかない存在に低劣化している」。「肉骨粉飼料を与えられている牛は外見は牛であるが、草食である理(ことわり)から既に大きく外れている」。「今現在の文明適応種には、真理や宗教の根源を解する能力は失われている」。「言葉や論典・経典(これらは総て死物であり、既に生を失った残滓=仏舎利如きもので、有り難味や幸徳など有りはしない)などを読む事で、生きたそれを取り戻す事は不可能である」。「無論僅かな覚者が、幸運にも似て神懸りを受けたとしても、他のものにそれを伝える術は最早存在していない」。「個々が、それぞれの天井(自己の可能性・限界)にうすうす気付いているはずである」。「覚醒は望むもの、一心にあらゆるものを投げ捨てる事の出来る者にのみ、その僅かな可能性が与えられているだけである」。「この世の幸福で善しとするならば、神仏(本来はもっと根源?存在を見つめるべきであるが)は不要!、地上の魔仏・悪神でも、奴隷使役種(況して信徒ならば)には、十分な恩恵は与えられる《食肉用種?は、屠殺までは大切に扱ってもらえるものである》」。■仏典で云う所の末法の時代の、生き物が貴方たちなのである■。「お目出度い事に、真に真っ当な者の数が限りなく少なく(稀少)に成っている故に、己の異常さに気付けない(真に真っ当な比較対照がいない=Nativeの消滅)、それさえも、“こころ”の深みで☛怖れていない⇔哀れさ、既に多くは救いに値しない(既に結果を表示しておる)」。「これらも所詮人事として、凡夫粘土種は処理出来るであろう、故に既に手遅れ、それぞれ暇つぶしだけが残されているだけである」。「この世界や二本足の生き物には、既になんの価値も意味さえも存在していない」。「類友と言う事で、凡俗・粘土には、悪神で十分と云う事だろう、そこにある幸福とやらのお題目、慾動の使徒には素晴らしく似合っている」=【π】。
2006年10月20日 03時33分12秒

 

*無名詩人=「言葉の刺繍」* -迷妄が無ければ。涅槃は不要(どちらが、先に成るのか?)-
 ◆KARMA=それは迷宮とも呼ばれ得る?◆  …Solid・Real。コンクリート、スチール、ガラス、プラスチック、ビニール、アクリル。それは地下室と呼ぶより地下水道世界の環境構築に近い(新品よりも、使い込まれ、劣化中のものこそ、新皮質?=文明適応の肌に、Realを与えてくれる)。其処には饐えた臭い。有機物の腐敗臭が必須。その中で呼吸する事で、文明恭順生命体の唯一のRealを感じる筈だ。身体欠損・被害=(障害)血を流す傷口にも似た、セピアかモノクロにも似た、膝を屈める事を強いられていたポーランドを思わせる。ダイアル、チューニング、アナライズ、サーチ、最早その互換=五感は、最後に残った破壊刺激でしか、生命交流電燈に、輝きを灯す、感応生体パルスを呼び起こす事が出来ない。お前はサイボーグ?。Solid・Technical・Machineは、外界存在?。ケーブル接続か、ワイヤレスか等、無意味な疑問。お前はサイボーグ?(討ち勝つ為なら、それさえ厭わない?)、その拡張機能と高速処理無しではお前は堪えられない。疲れの限界を持つ身体運動速度は前世の記憶と、最早、同意。抵抗(レジストorリベレート)これのみが、お前を真に前進させ得る(この世で、お前の怒りを喚起する、根源とは何だ?)。利用出来る現実の破片。洗脳管理の高度防壁≒Neo・Babylon。インプラントの恐怖(疑惑)。お前は食う事を、排泄を、発汗を、睡眠の中で、意識を失う恩恵を愛して =尊んでいるか?。決して表には現れない、真実と正解?に、僅かに触れているが故に、戦う事を決意させている。迷妄のEvent(物質界・現象 Field)=巧妙な誘導を持つ→数多、(無明)に用意された、娯楽・Questにしか過ぎない。その証拠は、辿り着いても、どれも中ボス?か、空室。最終ボス=この世の君がChord・Nameの、存在迷宮は眼に見える世界には無い。見るが云い。信者=敗残者は魔術師を名乗るが、Life・ Frame≒Soul・Shellにしか過ぎない(その中身は、一体どこへ、喪失したのか?)。底?は、途轍もなく深い。息継ぎ?=休息のTimingを外してはならない?。レクイエムの口笛?。クライマックスにはピンチの連続(それでこそ面白い?)。多くの友?も倒れるやもしれん。《他の命を感じるか?機能や形質や運動等では無く!》。既に多くの者は、生命を喪失している。自傷行為で己を確かめる?。痛みで己を知るとでも云うのか!(多くの憂いは、貴方が取り込んだものである?)。多層構造の迷宮は、望むと望まざるに関わらず、学習過程に似て、誰にもこの世に用意されている。そして、高位の能力を得ようとも、真の人で在り得ることは可能ではある。能力?は唯のOptionにしか過ぎない。考え違い(驕り)が容易に、地獄へ引き寄せる。 ~無糖派・詩ネコ =≡(ΩzΩ)≡~
2006年10月15日 00時34分22秒

 

e 【Dr-Absolute?の“注文の多い>【¢】<《Pointless・LABO》”】 《朗読してみたまえ、味わいも増そうというものである》
*Karte・ №023* $New・Science?$←『宜しい!』。「粘土の、*甲斐ない玩具*を無効化(Scrap化)するのは、私=Dr-Critical・ Strange・Loveの務めでもある」。「よしよし、それで、一体何を《体得?》出来るのかなぁ?。無論☆その西式・解説概要に沿って→学習をすれば、『理解は可能』であろう~なっ☆」。「『解かるかなっ?』➽西式のボンクラ=(粘土種のみに有効)インテリ?の革命化学←(唯のラベルにしか過ぎん)とやらに、☆追い縋る☆とわ『何を意味しているのか?』。「貴方は既に、《東方・瞑想思考?》は、■全く出来ない程に劣化している■証である」。→☆西式の粘土・インテリ?☆は、新発見?←(お笑いである)とやらを、もったいぶって解説するのが、好きなのである、⇒底?に見え隠れする、$新時代(なんやら)Standard?*発見者の栄誉*$。「《亜細亜に生まれていながら?》、西式のアホ・インテリの●東方源流?●の西式・翻訳・解説を在り難がる☛ (貴方の思考法及び解析手法が総て西式構造に成っている(強制・飼育済み=購?教育etc)ので、西式の論説〈Guide・Book〉の方が理解しやすかろう☚。『違うかな?』)」(無論、その努力を笑っている訳では無いのだが)。■西式は<残念な事にどこまで遠出しようとも*表層に留まる*■。「∵人種的にそういった造り∴であり、絶対基本・思考構造なのである(使用言語が、$あるふぁべっと$では、如何にモガイテも無理である)」。『西式が、どう足掻こうが、新時代には完全に通用しない(悪意は無い)』。オマケとして「独逸ならば、掠る事が出来るやもしれんが」。さて本説に戻ろう。「西式思考>(これが、△諭堕也▽★眼威損▲に与えられた玩具でわ?←疑問は、御・有りかな?)や発見など、■完全に用が無い=全くを持って、価値も意味も無しの仇花である ■⇒それは∵『この廃棄時代・世界であったが故にと、武力の支えがあった上で波及していた』∴にしか過ぎない」。「A~君ならば、これだけで、十分過ぎる程、解しているはずである」。「壱を聞いて、三~七ぐらいは、楽しんでいると思われるが」。$理性?$『宜しい』。この言葉→(理性)=★MK? Standard・Word★は既に★眼威損▲の*粘土向けの大量流通玩具商品*で在る事に、気付くべきであろう」。「言葉=Image効果(初歩・魔術に等しい)であるならば、奴等が$汚染改造編纂$していない筈はなかろうに(New-Age=〈新世代の、特売・有毒玩具〉これであらゆる方面で→未来(粘土愚衆・世界の)に向け→撹乱迷妄誘導している)」。「“東方の宝典?”は、亜細亜の民向けの、《非言語的、教示の書》である、*書かれてある言葉は*←《総て手立て》であり、根源・本質では全く無い」。「西式は本物のアホ=欠陥・種(悟りや覚醒などには向いていない、だから、魔術≒技術へ走る)である、故に、解説や文献記述(枝葉枯れ葉)を在り難がる、『釈迦を付けねらった、宮廷のインテリ坊主(俗受け)の様なもの』であるのは、間違いない」。「胸を張り、自己主張の声を張り上げる様な輩には、●悟りも真理も全く縁は無い●」⇔∵悪神、悪霊≒人格神の絶好なる使役体でしかない∴。「『化学>魔術』と考えて診るとしよう、★作られた混乱と絶望と破綻の世界▲で、→『何かの救済手段を探し出す』(切実に求める事であろう、人類とやらの生き残りは*完全に肯定される*、『粘土の合意』なのだから)、《欠陥Program=(愚・人類)にパッチを当て続ける》と同意の行為世界である事の、※本質が見えていない※のであれば、何を語っていようが、養殖種でしかない」。■技術や科学等や知識に、幾ら詳しくなろうが、“こころの求めるモノ”とは、《一切関わりは無いのだっ》■。◆植物だとて、自然光と人工灯火の違いは知っている◆。奴等の*虚偽欲求誘導*のWaitは此処に有り、粘土は目先の人類の英知?(小出し)による>妄想=希望・未来(須らく、地上的、自己都合・慾動に答える、賞味期限付き商品と同意)に、耽溺熱中する」。◆*英知とは*今までのボンクラ劣化人類の発見した技術や科学などでは無く、『Native達の自然と深く向き合い共生を尊び、《すべきでない事を、難く守り生きること》である=(内在の慾動を、見事に克己しているではないか)』◆。「Tesla・理論など、非・人類及び悪魔の玩具にしか、この世では成りえない」。☛「そんな危険な賭けを何度も繰り返さなければ、覚醒?出来ぬとすれば、元より、『人類には、可能性が無かった事を示す』のでは、ないかなっ」。捕捉⇒「アトランティス人?これも滅んだだろう、優秀と云われておったが?技術や知能に優れていようと、内部慾動に負けるのでは、●人として、Nativeには《遥かに及ばない》のだよ●」。故に《粘土も沙汰荷数賭も供に進入禁止=理解不能=意味不明》なのだよ=【¢】。
2006年10月11日 12時17分57秒

 

●Take The 【♭】-Train● 《TVは神経症と狂気の終点・広報Business・Machine》⇔Decorateされた奈落!
『学絶てば憂いなし』≒極楽亭・Beevan=【♭】じゃよ。「適応・生き残り(非・人類の奨め= △目玉の新・世界・Order?)の苛烈な、BattleRoyal(大乱戦)展開中の△諭堕也▽★眼威損▲劇場世界≒★『1984』監理?・実験・列島 ★」。【♭】-Train<Cynical・Wonderful・Tour√145便の発車である。「如実に現れているのは、★$屑・人間モドキ$=△諭堕也▽派利債=その一門及び傘下組織・構成員・系列★の⇔『優先・優遇?設定社会に成っている』のが、しっかりと見えているかなっ?南~無」。「さて、強迫性神経障害?>Propaganda・Frameの視過ぎ、であろう」。「*凡例として*、◆衛生の裏の意味◆である→バイキン及び雑菌の過剰(強化) Image=CMの刷り込みに、◆過剰適応=過剰反応◆詰まり⇒何度も手を洗う行為」。☚●この仕組みの骨子は、『Nihilism』の汚染効果、発動 Gimmickの解説で既にしてある●⇒「《生活(家庭)空間での【穏やかさと落ち着き】の■喪失■》←▲経済圧迫戦略は▲→《臣民の“こころ”の“ゆとりの残高”を確実に、強盗している》」。『家庭にゆとりと穏やかさ(これこそが、本来の家庭の骨子であり、肝要である)が無くなれば、★崩壊▲⇔《心的崩壊このDamageは、広範囲及び増殖的に、負の汚染行為に、変り得る事であろう》せざるを得ない』。「ならば当然、その構成員=家族も崩壊を示すのは、必然である」。「➽Propaganda・Frameへの依存率が家庭領域を上回っているが故に、起りうる事象とも云い得るし、➽現金収入(死活を指す) =労働そのものが情況異常設定(*幾ら働いても、報われない*)に成っている事実も忘れてはならない」。「臣民の《【希望】への▲殺戮・戦略戦術▲が、酷稼(こくか)?Systemの上位より施行》されているので、『表層事象では、経済・破綻者の自爆行為や、★異常現実=(△眼威損▲Standard社会?)逃避行為→自殺などが現われザルを得ない、★冷酷社会=(△眼威損▲Order・Rule社会?)における弱者?の当然の反応(正常な反応)』であろう」。要点=「無理な圧力がかかれば、弱い部分がDamageを受けるのは、物理学?でも明白であろう」。《病原体と抗体の対立図式に、総ては現わし得る》→『病(△諭堕也▽☆派利債?★)は非常に深く、健全化治療の手立ても無く、詰まり、この世界は、業病(これが何を意味するかは、自ら考察すべき事)と供に滅ぶ如か無いであろう(内部癒着病巣の存在)」。➣突然ですが*(~∇~)*、➣デムパ・真理?省≒⌒(^Й^)⌒より。(おいおい)。➣「賂守血ャ位屡土(ろすちゃいるど←ちょっち苦しい当て字)の玩具の将軍?が、NUCLEARの実験実施?(どこまで本当か、ぶんぶく茶釜だぜっ)←(事実なんてど~でもいいのですわ~っ、これにより、大衆種への明確対象への不安の刻み込みが定着すれば良いのですから~)*(~∇~)*。をMediaホで、 Appealしていますねぇ、さて、それでは賂守血ャ位屡土の発令認識では?寸止め大会競技選手に留まるのですわ~」。➣「パチンコ屋の広告 Displayで、私は、輝く△目玉を見ました!」。(貴重な情報ね、有難うございます)*(~∇~)*。「さて、再びで。家庭が総ての始まりで、基である、ここが破綻すれば、それは全体に何れ決定的に及ぶ事であろう」=【♭】Tour√145便の終電、これで今宵は終了である。『だからこそ奴等は、あの手この手で破壊しているのさっ』=〈ℳ〉=±(@m@)±。
2006年10月10日 00時11分57秒

 

『➟2039』 東方・ARCHAIC=≪CHANNEL~MYSTIC~ZERO≫ 隠掌→雲蹴り(意味は無い)
(空集合?記号の意で)→[∮]‥環境汚染<食品汚染→世代交代は、素?の都度、汚染残留の数値を積み上げ、固体群の心身双方において、劣化・低劣伽?の度数を加算しつつあるが、該当固体群は、◆群れ全体の同時劣化の為、その変質・劣化汚染の危険度◆ を認知しえずに居る(実に仕合わせ?そうである=〈与えられた娯楽=3・Sに夢中で忘我?にある〉)。しかし、☛生物本来の視線と関心→《本能の認知する、生き残り》は、『収入と支出に強く注がれており、《ゆとりを失った(☆失わされた△)生活》に、★完全に縛り付けられている▲』のだが、思考・考察能力においても、明白な低劣下=(ほぼ、★与えられた知識・情報に留まる★。落ち着いて、独自に考察する時間を奪われている)を現状が示している。>(無思考・快楽充足種・臣民家畜層への▲誘導条件付け▲が、〈テレ・スクリーン←『1984』より〉=Propaganda・Frameによって)。繰り返し与えられ続けている。$愚種の望みは生き残りへの適応$である故に、★どの様な異常設定★にも、『生き残りを求めうるなら』=無理にでも、適応しようとする?。『提示されている、生き残りのStandard?とは』⇔△諭堕也▽・▲蛇留務ー奴・System・Rule▲への適応?⇒異常者(人を辞め、沙汰荷数賭に成ると同意)である事である。※利潤。効率。特権快楽=富める事。の前では※、★アラユルモノを犠牲に(喰い尽す)する事が、躊躇無く行える事が求められている★。「この様な、醜悪な本性を当人は知る故に⇒『外界(犠牲種and利用種)向けの化粧やDisplayや演技、演出≒Appealに多くを注ぐ』のである」。これらは見事に$パリサイの特性$を如実に現わしているが、覚醒?度数の低い者には、“褐破”不能である(罵詈最?の SalesTalkに従って、その論理において会話をしている)。帝國のホームレスは、強欲イカサマ△諭堕也▽に食い尽くされ利用された明白な結果事象である、★かの種▲がこの世に居る限り、怨念・増殖>地獄の格差社会は終る事は無い(犠牲者や敗残者を作り出す、価値思考Systemである故)であろう。「△目玉の施行流布した≒環境条件に、内克つ(うちかつ)?。“志・在る無し”により、眼に見えぬ結果の違いは現れると思われる《肥大した現世利益を求める者は総て、△目玉の玩具と為り得る》」。「大衆用の、ニワトリ女・英雄とやらも、日記Sales?に本格的に乗り出した様である。積み上げてきた→誠実と真実の看板がここで初めて、Salesの起爆剤に変るのである」。「後は、堕落劣化の坂道を転げ落ちるのは、眼に見えている、ホソキのカズコ=妖怪・下級悪霊オハバと同じに成る事だろう」。『Amenと南~無を、贈呈しておこう』。「臣民覚醒?(金儲けと、愚衆誘導?)などに熱中すると、◆覚者でさえ躊躇して当たり前のこの世◆では、俗種ならば、自動処理に似て(容易に)其処へ帰着する」。あまり突っ込むと、営業妨害とか騒がれそうなので、寸止めで止め置く。「それでも愚かな大衆は英雄?(誰かがきっと救ってくれる?)を求める=(何度も何度も騙されているにも関わらず)。排泄物で溢れる寝床の中で、世界は末期の生活習慣病の中で、うわ言を繰り返している」。∵さて、ここでCritical(注意深い、吟味の必要在り)・Wordである。➽『天の摂理によって私がこの世に生を受けたというのであれば、私の存在は至高の意志によるものだ。教会などには何の関係もない。教会は魂の救いを売り物にインチキ商売をしている。残酷極まりない。私の考えを力ずくで他人に押しつけることはできない。しかし、他人の肉体や魂に苦痛を与えて喜ぶような人々には、私は恐怖(怒り?嫌悪?で無く?)すら覚える』∴。≪CHANNEL~MYSTIC~ZERO≫。
2006年10月07日 23時53分40秒

 

*無名詩人=「言葉の刺繍」* -デムパ詩人(Over・Shadow?)・登場←(おいおい)-
 ◆Critical・Hit=打つと当るの違い◆  …下の種(バハナ?)をWorkerとも、 Laborとも言おう。取扱いは実に単純(Soul?の欠損)である。そして獣霊種=非・人類(病疫種の活動目的は、宿主を死に至らしめることである)。単純な造り(パパラギ=Labor種)の微・良性細胞を蝕み、変質化・使役している。それらの種の望みは総て物質的快楽に囚役?されている。物質?の低位界(マルクト≒獣性重力点)に近い故、その効果力(毒性率の高い種が、毒成立?の低い使役細胞を、蝕み取り込むのは、容易であり、自明である)。物質局面の二分化と、非・物質局面の二分化を同様に扱ってはならない。もしも、物質的保全の中に在る条件でのみ、天に近づける?と言うならば、その条件を満たせない者には、可能性が与えられない事と成る。『ここで、明確に《否!》と記しておこう(計られるものは、その様な外的な優美さ等では無い!)』。それは決して、外的保全条件=精神の上質化?が決定的なモノではない事に、気付くべきである。形=形式教本による習得学習よってモタラサレルものは、形式美(偽)に留まるであろう。美術を例にとろう、何度か語った筈である。デッサンの繰り返しによる技法習得も其れなりの美しさは在り得ようが、野蛮と呼ばれる種= Nativeの、《取り出す美に秘められた生命は》、★写真でも、高Levelデッサン技能でも、移し出せない★。ここに既に生命感の欠損が如実に現れている。『太陽と、それを映し出す鏡の違いである(この二者は同様に見える、が?)』。環境条件要因に惑わされるのは、既に、未知なる次のStep(これこそ、真に平等なのである)を、見つけ出しえない証とも言い得る。◆これらは総ての各個への資格?審査と同意◆とも言いえよう。物質的快楽追求=粘土向け詐欺理論に血道を上げる種(論ずるに堕ちる種)には、次ぎなる世界?に、こじ開け浸入する手立ては一切無い。☛何故ならば、それらは秘匿古典の教えを基礎として発展しているからである★☚。『全く取り違えをしている(何の事か判るまい)事に、非・人類は気づく事が出来ない』であろう。 ~『・・・!、私は、自分の足で歩けます』~
2006年10月03日 00時35分10秒

 

@´¨±(@m@)±の☞ 《この物語は、総て“愉快でCriticalなFiction”です》=空想・実話 @´¨ 
『写し世は夢』と言う事で、始めるぜっ。俺様=±(@m@)±だっ。『その種の80%(実証済み)が、悪性の癌化・顕在化・進行(更なる、進化・変質猛毒化の報告在り)を示すのなら、《その種に良性化の可能性が存在するか?》』。「アホ粘土(有象無象)は、※顕在化していないだけ※の、残り20%に賭ける?べきと咆哮(既に、脳死者=罪・死人の主張)する。『それは、粘土>沙汰荷数賭の意見であり主張にしか過ぎない←*意味が判るか?*』」。「そいつも、あいつも、そこの連中も>(人種、性別、Status?階層など一切問わない。これこそ全世界通用のStandardだっ。『笑っても良いんだゼッ』)、助からない=(救いは無い)、【粘土人形同士群れて助かるとでも思っているのか?】(生きている?間の時間潰し《思いついた事を、調べ。喚く》にしても、虚しく儚い=救いなし?だろ)、◆明白じゃないか、この世を選んだんだろ◆」⇔「だから、【沢山の言い訳が必要な訳だっ】←違う解?」。「何れ、△目玉が処分される?当然その眷属や一味だって同様に処理されるだろう、唯⇒『そんな事はないだろう』、でね、多くの粘土物はこの世(△目玉の統治世界)に従っている訳だろう」。「今更、泣き言や言い訳並べたって、何の役にもたたね~よっ」。*『類友でねっ、似た者同士が群れるんだよ』*←極めて意味は深いんだが。⇒「しっかり、この世の有様を観て視ろよっ、★何を求めて★、粘土が、それぞれの団体や集団に群れているのかの《本性の望みを》」。「どれも、これも、★内在の慾動に従っている★、★如何わしいイカサマや虚偽理想に引き寄せられるのは▲、【当人にこそ、致命的な問題がある】んだよっ」。▲それら総ての致命的・問題・疑問を、△目玉によって➽外部(Systemとか、枠組み等の事か)にこそ破綻・不備があるから、それさえ完全な物にすれば、『粘土人形諸君には、少しも問題が無いので(△目玉の大笑い)』、我々のこの美しい、本来、善なる世界は、より素晴らしくなる筈である!。賛成を示し、供に、その様な未来へ歩みだそうではないかね、粘土人形諸君!▲。「そして、粘土・養殖群体の感動的、熱狂の拍手喝さいだろ~」=夢剄。《須らく、総ての問題は粘土固体群の内部にあり、外部事象への格闘(Scrap&Build)は*言い訳*=(誤魔化し)にしか過ぎない》=Dr-Absolute?。「断っておくが、白種への悪意(ほぼ、80%)は無い、ただそれらの事象事実を追えば、そこへ帰着せざるを得ないと、語っているだけだっ」=夢剄。∵ここまで誘導劣化去勢を示している種は、容易に内部慾動を加圧喚起されれば、悪霊?の操作人形に変りうる∴≒ 「異常事件?(臣民・奴隷種への恐怖感と無力感と絶望感の埋め込み、これら負のEnergyは、呪術?=魔術?に、更に転用可能?)は表層・物理界・原則で派生していると、思えれば幸せだよ」。(おいおい)。「無論、心理衝撃・暗黒Drama・Showの演出、企画、諸々は真性・沙汰荷数賭の工作使徒種が、行っているだろう、表層のDecorateは、哀れな養殖粘土を貼り合わせて、表示しているだろうがなっ」。「おっしゃ~、次に行こう」。☛「気付けよ、アホ粘土ども!。TV(総て、△目玉の使徒集団による広報)が、★本当は何を、Message(通告・宣言)しているのか?▲、貴方たち*娯居*の、代表者*誤威*達による政治も経済も法律も(誤囲の仰ぎ見る権威、総て)信じるに値しない、全く頼りにならない、絶望しなさい、楽しめる★3・S★に逃げ込みなさい。表層事象(生活一般)に始終していなさい」。「元より、権利だの平等だの西式・沙汰荷数賭の虚偽論理を、*在ると思い込まされていた*と言った、Realな狂気?=真実の事実に」←《その上で、生きるんだよ》。『蛇の如く聡く、雀の如く大らかで快活にかなっ』。「鳩は生理的に嫌いだっ」=± (@m@)±。『悪人と欲深は最後まで、解からない』。@EXCELLENT!@で、閉めだよ、また次会の“ばちぐ~ぅ”で、遇う歌意?。⇒シネマで「DEAD・MAN」って作品がある、無論、汚染含有物ではあるだろうが、冷酷に?鑑定・鑑賞出来る者なら、やや、お勧めだぜっ。「インディアンが、『アホな白人』と、淡々と何度も口にしてくれるのが、良い風味でねっ。「的は射抜いていないが、掠っている所も僅かに在ると言えば。在るようなっ」。Play -Duke EllingtonでHow Do You Duke Disc 2から、これだよ、やっぱり!♪-Jump for Joyを±(@m@)±。
2006年10月01日 15時47分14秒

 

e 【Dr-Absolute?の“注文の多い《Pointless・LABO》”?】 《沙汰荷数賭≒西方白色種・入室禁止》+対・Counter・Weapon?発動。
*Karte・ №022* 『宜しい』=私=【¢】である。「“ナマケモノ”は、一日に葉っぱを2~3枚食べることで満足するそうである」。(野生動物のナマケモノのことだよ、にゃんこ)=∬(ёぉё)∬。『実に尊い生き物である』。「ナマケモノに、私は“神?=大いなるこころ”の現われ?を観る!」=【¢】。(おいおい)。「さて、この世の人々にモタラサレル、《一切の苦しみや悲劇》は、我々は明確に★沙汰荷数賭・一門▲(地上界の▲真の君主=第九の天に住む?の、眷族及び使役種)の《確信犯罪行為と観る》=(確定)」。「最も、我々は、《この様な事象に置いて、地上的・確証や捕捉事実等【一切必要としない】》ので、当然『他者への理解を求める行為(活動)は存在し無い』のである」。☛「★質問と思わせぬ様な質問には、注意が必要である★。対峙・結社淫?は、『貴方がどれ程その事象を理解・認知しているか』を★知りたいのである★」。「《再び》、見え易い腕か手にでも掘り込んで(Tattoo)でもして置くべきである ⇒◆『質問には質問で答える』◆、*何故貴方はそれが知りたいのですか?*。誘導会話の手法・技法の習得を得るべきである。☛何も奴らに独占使用させる必要は無い」。「ここで肝要なのは、信じる信じないに類する(人の善意や助けを求められたら、それに誠実に答えるべきでしょう=★奴らの散布した偽・ HumanismのProgramに従ってはならない★、ボンクラで善良なだけのChristianは、ここから攻略・洗脳汚染を受ける)」。「☛信じる信じない等、どちらでも好いし、《瑣末事にしか過ぎない》。これが、貴方の心的基礎に確固として在らねばならない」。「当然、貴方の手の内を総て明かす必要は無い(例え、善意の初心者の教えを求める懇願があったとしても、《そんなものは、【自分で】探し求めるものである》。現行教育により、乞われて教えないのは罪であるかの如く、心的弱点を突く感情価値に従え、従うべきの箍が咬まされている)。さて、例えば、気に掛る情報が在りそれを見聞きしたとしよう。『聞かなかった事で処理』できる《技能》はお在りかなっ」⇔「誘導・疑似餌に対して、否々、地上的総てのものに対して《貴方が常に決定権=選択権を保持する》事」。「奴らの戦略は総て、言葉やImageによるCatch・Sales手法である、虚偽会話で騙せる者にはそれで済ます、それ以上の明確で頭脳明晰な抵抗者には、武力?=圧力で黙らせるのだから、奴らの様に、潜めば良いのである(粘土・愚物の、装い用法は個人の能力工夫による)」。「ならば、利用出来る、奴等の戦略技法を使用すれば良いではないか」。「蛇の使徒と同様、否々それ以上、聡くなるべきであるが、智?(殆ど、第九の天に座する、地上界▲ 真の君主の物であろう)を深く取り入れれば、当然《その対極?をも確保》しておかねば→★ミイラ取りがミイラに成る▲であろう」。「俯瞰してみたまえ、多くの粘土は、既に別たれている事を、知っている?はずである」(多重人格者=『飼育種は、それを正常者として認識?している』の割合が、劣統?臣民の中に増えているだろう、原因及び触発要因がなくて、ここまで異常者が増える筈も無い)。「我々から見やれば、最早、666Chipの必要も無い程、明確に現れているのだが」。「この時代・世界には崩壊結末しかない、この世界の延長、生き残りを考える物供?は、我々に語らせれば、▲総て沙汰荷数賭である!▲」。「どうせ、先は無い?、が、地上界▲真の君主を叩き落とした存在は、その凌ぎの時に冷酷で慈悲に溢れた眼差しを明確に注いでいる事も、忘れるべきでは無いと思われる」。「我々は、Christianでは有り得ないが(教会はどうでも良い)、十字のお方を尊んでいるのは、事実である」。●命の代価を支払ったお方を貴ぶのは、《だれかの命を受けたのではなく》、我々には、常にそれが自然なのである●。「と同様に、Nativeの詠唱(現在、汚染誘導。《混在》故に、真贋判定の技能は必須)には、深く観するのである」。『人工物や人工概念・理論これらは総て、凡夫用の毒物入りの▲真の君主の、汚染変質戦略における、疑似餌である』。さて、Critical(用心深い、吟味の必要在り)なWordで終わりにしよう。⇒「イエスの教義を決定的に歪曲したのは聖パウロである。彼は個人的野心を秘め、巧みにやってのけた。ガリラヤ人の目的は祖国をユダヤ人の圧政から解放することであった。イエスはユダヤの資本主義・物質主義に対抗し、そのためユダヤ人に抹殺されたのである。」。(診察の終了だつてさ~ぁ、にゃんにゃこりん)むぎむぎ。
2006年09月30日 15時45分19秒

 

@´¨±(@m@)±☞ ∵蛇留務ー奴・WORLD?⇍《撃滅!攻略?・遊戯》∴=『空想・実話 』@´¨ ≠差し替え・版≠(弧延落→イズナ落し、日本伝統芸能?より) ←(おいおい)
『写し世は夢』の*第15剄*。俺様だっ=〈ℳ〉=±(@m@)±。「お優しい人が多いと言うか、去勢に似た上品さと言うか、喋る犬・喪土器(モドキ)に、お優しい事で($最も、自分の言いたい事だけ喋り、相手の意見は全く必要としていない=かの固体の心的・絶対事実$)、あのLive・Houseが何故?3流のSolo・Singer?(パクリ専門=もっともらしい実に薄っぺらな意見!を、喚き散らすだけ。前田明(引退・格闘家)なら⇒『幼稚園からやり直せ』と云う事だろう)≒餌民淘?のヤマモト?偽淫?並みの、脳死⇒論説(完全な言語羅列=飼育粘土種は考えが浅はかなので、撹乱誘導されるがなっ)を、Live・Stageに上げているのか、《その謀の真意を見切った上で》、主人?の目の前?で、* どうとも取れる様に(ここが、自得・Kung fuの見せ所だぜっ)*、◆痛い目に遇わせる(心・深部に、きっちり教え込む?=躾)◆くらいな、☛冷徹で強暴な扱い(対応=例えば、『誉め殺し』コレは高度な技量が必要とされる、『豚もおだてりゃ、霞が関の天辺まで登るぞっ』)が出来れば、“ばち~ぐぅ”だけどなっ。《例えばさっ、本人の主要論説に一切触れず、その論説の◆瑣末事のみを褒め上げる◆、そして、*終盤や途中で、さり気無い、素朴な疑問の形(呟きにも似たStyle)で*、★主要論説の破綻や故意に避けて記載しない論点?等に★、☛言葉のKnifeを■【その急所に深く捻じりこんでやる】んだよ■。モシクハ、更なる上級展開を控えめに、思いついたの如く、提示してやるとか?。(絶ち合うならば、《相手を確実に絶命させる程の》、【冷静なる謀略的・狂気=必殺・撃滅が必要】なんだよ)☚ 〈ℳ〉。既に、△眼威損▲により養殖種・犬人(けんじん)類は、2Ch(多数派であり次世代・大衆って事で←この先《列島未来?》を見据えるならば、“こころ”スベキ*重・要点*だぜっ)、腐りつつ脳死に成りながら、うようよ徘徊している事実を、肝に銘じておくべきだろう。☆踊る人形・犬=《奴等の列島に委託生産指示した、劣化Copy・誤意》★は既に手遅れ(治療不可)だろ、阿!。初期Levelの会話さえ、既に成立せず、●分別化(選別化)が拠り明白に成っている(完全会話不能=《人類と非・人類<ロボット種では相容れない》になっているのが、その証)●事を、覚悟すべしだなっ、云!。★洗脳 Control(源泉は、秘匿智?)と圧倒的武力を、何故?奴等は『絶対必要としているのか?』★。■裏・審理?で見つめれば■、☛△目玉<使徒民種は→ 自分たちが、『殺され滅せられる行為を、この世界そして、この世の生き物に△行っている事を知るが故に▽、【武力にのみ狂信的に縋る】=(自分たちが滅ぼされないように)。◆既に△目玉・使徒民は、生きても死んでも何の意味も価値も持たないと言うのに◆』☚。そんな連中と会話して何とか成るなんてお目出度い事を考えるのは、※食われてもいいですの覚悟のある連中であるべき※はずだ」。捨身施虎?なる言葉もあるが、奴等にゃ感謝は一欠けらも無い!。犠牲種は娯囲務であるべきであり、かの種ではありえないと教えられているからな~ぁ。「犠牲に成る事に、喜びと恍惚を感じる者は別だけどねっ」。“Soul・ Level”の階層化もより明確で過酷に成って来ている。「機械人間や沙汰荷数賭が何を喚こうが、Course選択の締め切りが終了した以上、誰も、自分の終点には、文句は言えね~んだよっ」。「ここをね、知識や理論なんぞで追跡・解析しようなんて奴らには、本物の地獄ってやつを、味合わせてやるぜっ!」 ±(@m@)±。(おいおい)。「確約の無い、次回の、“ばち~ぐぅ”で、遇って視る解?」。「これから、賢者の密室で、奥伝?・Kung fuの続きだ」。(おいおい)。「これが、なかなか難しい~にゃんこ」=∬(ёゎё)∬。 ≠2006:10:15:…≠
2006年09月30日 00時08分53秒