×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

❖無限解=[弐千六^09⇔09^Ⅱ]❖

※一人でも出来る、無限解・潜功探索・空想研究《実験・日誌》※

*無名詩人=「言葉の刺繍」* -Mortal・Junction(それが何を意味するか、知ったことじゃない)-
 ◆EXPEDITION=それでも、ホンの触りにしか過ぎない◆  …『例え、誰一人残らないとしても』。業病と同意の愛で、悪霊の子らが愛しいのなら、《進んでGehenna(ゲヘナ)の業火の中で》『哀を好きなだけ示すがいい』。『例え、誰一人残らないとしても』、狭き門を広げるべきじゃない。『例え、誰一人残らないとしても』、僅かばかりであるにしても誠実には、偽り無く答えなければならない。『例え、誰一人残らないとしても』、妥協や譲歩に、二度と好き勝手にさせてはならない。『例え、誰一人残らないとしても』、約束は必ず守らなければならない。『例え、誰一人残らないとしても』、哀れみを請う声に、耳を傾けない。『例え、誰一人残らないとしても』、偽りを根絶しなければならない。『例え、誰一人残らないとしても』、病巣は元から取り除かなければ成らない。「人の決める(裁く)事ではないにしても。多くのすすり泣き、義人の怒りの叫びが聞こえる(この世やあの世に拘る事はない)。神と悪魔の間に置かれた、粘土人形はそれでも懸命に生きていた。アドルフも十字の人物を無視することは出来なかった。何故だっ?。おおっ、△目玉。お前に敗れ去るくらいなら、死の方がマシだ。神も悪魔も見据えよう、そうだよ、限りなく冷酷で静かな眼差しで。己の行為に言い訳は持たず。我が身で鍛えた、諸刃の剣を持って、両者に立ち会おう。見るがいい、僅かの好い加減さも許さず、対峙しよう。歩を後ろに送るなど、考えるだけ愚かと知っている。勝利の為の戦いなんかじゃない。総てを明確に、はっきりとさせたいだけだっ。「他者など既に、どうでもいい」。「冷酷な響きを持つが、不思議な事に、罪には触れていない」。 ~夢を切り分け、泳ぎ昇る魚が辿り着く、その門の更なる向こうへ~
2006年09月30日 00時08分53秒

 

●Take The 【♭】-Train● *Native・Chant・コラボレーション* 『伝承・詠唱+ad lib捕捉』
●/白人が我々の生き方を理解しようとしない(無理です)のは、わかっている。彼らにとっては、この土地もあの土地も同じ(神の教えを持っている?ので、当然、我々のものである)なのだ。彼らは、夜にやってきて(略奪者です)、《必要なものすべて奪っていくよそ者(悪霊の民)》である。『地球は、彼らにとっては、兄弟ではなく《敵なのだ》』。征服しては、ただ前進していく。彼ら(沙汰荷数賭)の食欲は尽きることなく地球を貪り食い、《彼らが通ったあとは砂漠しか残らない》。空気は、インディアンにとって貴重なものだ。動物も木も人間も、すべてのものが同じ空気を吸って生きている。だが、白人たちは、自分たちが吸っている空気に気づかない(当然の権利だと)。★何日も死んでいた(ずっと、死んでいる)人間のように(姿形だけ)、嗅覚が麻痺している(総てが、壊死しているの間違い?)のだ・・・★。・・《わしは、白人に汽車の中から撃たれて、そのまま大草原に放置されて腐ったバッファローの死体を何千と見た》。『彼らは、*生きるためにだけバッファローを殺す我々を*《野蛮人だと言う》』。煙を吐く鉄の馬の方がずっと大切(命より、物、金、快楽が優先)だということが野蛮人(奴らの十八番、意味の書き換え使用)だから理解できないのだと言う。●/同胞(真に人で在ろうとする者達)よ、動物がいなくなって、何が人間だというのか?もし、すべての動物が地上からいなくなってしまったら、人間は魂のひどい孤独感(白種・パリサイは快楽と狂気の刺激で、埋め合わす)で死んでしまうだろう(今や、Robot・Petが)。《動物に起こったことは、いずれ人間にも起こる》からだ。*すべての命は、つながっているのだ*。・・我々が子供に教えてきたことを、自分たちの子供に教えるがいい(彼らには、無理です)。《地球が自らの母であることを伝えるのだ》。《地球にふりかかる出来事は、その子供たちにもふりかかる》のだということを。人間が地球に唾を吐けば、自分自身に唾を吐いていることになるのだということを。我々(真の人間)にわかっていることは、《地球は、人間のものではないということ》。人間が、地球のものなのだ。そして、すべてのものが一つの家族を結ぶ血のようにつながっているということである。すべては一つに結ばれているのだ(野蛮人の妄想と処理し、略奪に励む)・・・。●/★友人のように共に歩き語る神(掲げられている表向きの神は、彼らの自己都合に従わされるらしい)▲『を持つ』白人でさえ、共通の運命から逃れることはできない。結局、我々は兄弟だったのだ(過去形のまま、終る)と『いずれわかるときが来る』(無縁のまま朽ちるだろう)。一つ確かなことは、いつか、我々の神が、白人が崇めていた(口にしていただけの)神と《同じ一つのものだったとわかる時が来る》ことだ。『今は、我々の土地を望んだように、《神を自分たちだけのものだと思っている》だろう』。だが、*それは出来ないことなのだ*。神とは人間の神であり、《神の慈悲は、赤色人種であろうと白色人種であろうと【平等に与えられる】》。神にとってもこの地球は大切なものである。《地球を傷つけることは、その創造主を侮辱することだ》。白人もやがて死ぬとき(救いの無い)が来る。【白人は(ほぼ救い無く)、我々より早く(完全に?)滅び去るだろう】。《自分の寝床を汚していけば、自分が出した排泄物の中で、ある夜、窒息死することになるだろう・・》。●/しかし、白人が死ぬとき(根絶の始まり?)、白人をこの大陸に導き入れ、ある特別な目的のために(意味深で、解から無い)この大陸とインディアンを支配する力を与えた神(?)の力ある手により、白人に火がつけられる。それは、まぶしいほどの輝きとなるだろう(地獄の業火の燃料として?)。なぜ、神が白人をこの地にもたらしたのか(かの種の滅びか否かの最後?の試み?)は謎のままである。『バッファローが、いつ全滅させられたのか、いつ野生の馬が飼いならされたのか、いつから、深い森の神秘の世界にまで白人の匂い(所有。権利?何だそれは?、狂人の望み)がしみこんでしまったのか、いつから実りの深い山々が電線だらけになってしまったのか、何もわからない』。雑木林は、どこにあるのか?消えてしまった(やつ等が金に?総て変えた)。鷲たちは?消えてしまった。生あるものの終わりと、生き残るもの(それは明確に、二種類に別けられる)の新しい世界の(裁き)始まりである・・。☞( )内は総てad libであり、●★▲《》『』**【】の捕捉記号も同様です☜。「内側に存在するものは、外に現れたがる」「良いことも、邪な事も」§(“‐”)§。【♭】-Train<Cynical・Wonderful・Tour√144/Collaboration・便の終了です。Select・Sound・ Play-John Coltrane♪-Say It (Over And Over Again)
2006年09月29日 19時58分57秒

 

■【無極・外伝】監修=【♯】慧眼・不遜。《上級者・試用?》の、『知識理解?が無ければ、神?を知ること?が出来ない?、それは誰の★意見▲なのだっ!』■
『知る事より、繋がっているかどうか?であろう』=【♯】。本質(深源=“大いなるこころ”)を解せぬ(触れる事さえ出来ない)様である。『十分解した!。◆其々が、その好む所へ行くが良い◆』=(お別れである)。独り言に等しい、“罵辞東風・伝”を始めよう【♯】。「単純な確証を挙げて診よう?、今現在の情況渦中(劣化・汚染実験・裂倒?、劣化種群の反応・動向?)、*(数多の去勢・変質種から)共感や支持を得るというのは、どう云う事か?*」。「相互理解の為の☆共有・基本Program☆が*存在しえなければ*⇔去勢飼育種の支持や共感を集める事は出来ない、《これが何を意味するか》→与えられた餌(労働➩報酬➩生活のCycle)と同様→与えられた☆Standard・思考★に寄り立つ故に、それが可能なのである」。「増してや、【若年世代は、完全・指定支給Program仕様として生産されている】」。「奴等=(△目玉使徒集団)に与えられた、△・Program(思考・価値判断)で起動していると言った、自己内部思考基礎部への懐疑=(自我崩壊の危険在り)が全く無い(洗脳汚染劣化・粘土家畜種世界における、正常者?=多数派?>△沙汰荷数賭▲達の、完全使役体=Order品種であり、玩具?で道具)、教材⇒獣?シネマの▲独裁者▲から三度」⇒「☛立場の違いだけで、★双方が同一の思考価値判断=666=人間主体で、動いている★」。「本性を語れば良いではないか(パリサイは外部へ本音を語りたがらない、内輪で話すか、絶対優位に立ってからでないと、宣言咆哮しない。《卑怯者で滅びの民で在る故》)、生き残る為には、★地上世界支配者・ Group★沙汰荷数賭▲=銭の元締めに組する(売れる物総てを売り払ってでも)しか術は無いと、薄っぺらな善人気取りの劣化パリサイCopy品でしかない、粘土諸君!」。「『蛇の様に聡くあれ』とは、何方の言葉であったか」。《外界のTrap誘導に騙されないのは、必須として直、【自ら(巧妙なる内在の Ego≒▲蛇)に騙されない様に】》と言う事である。◆オマケ付きで◆「今現在の△System内で、↓☆保有個人?資力の中で、こころを上質にする?している連中?☆↓」⇔「アホな粘土の考えである、その資力=その資力の曰くを、十分に考えてみるべきである」。「搾取、略奪物である事を忘れている、銀行口座の数字表示は奇麗に見えるものである」。「そんな資力で、如何に、こころの精製?に励もうと、【全く無意味で、手前勝手な妄想天国(擬似・悟り)】の Fitness?でしかない(はっきりと、十字のお方の目には、愚かで醜悪な行為であろう)」。『真の覚者なら、その資力を、恵まれなかった、苦悩に沈んでいる人々へ分かち与えるものである』。⇔(それは、一時凌ぎで、吸い込まれてお仕舞いじゃないか)。「最もである、現象面で捉えるなら、その通りである、が、例として仏教で言われる、“喜捨”=喜んで、捨て去るの字が当てられているの真の意味?を、解していない。西式の表層処理に従っている欠陥自己の認知が、全く無い」。「大きな考え違いを保有したまま、発想するから、こう言った表出↑☆↑に現れるのである(自己内部のEgoへの、殲滅追及が不足しているTypeに、顕著に現れる)」。この様な言葉が表出されるとは、この実態の何が現わされているのか、総てが中途半端で浅い=△帝國Program基本仕様の現われ。《真のReality?とやらに触れた事がないのだろう》。「『知識や情報がお前を救えるのか?』、頭の中の吹き込まれた妄想理念の中で生きているのだよ」。「ここは、誰あろう、Full・Contactである、言説だけで、擬似・人間(パリサイ及び粘土)の、首が飛ぶ(絶命)の極みを志、覚悟している領域なのである」。「ここは、極めて過酷で冷酷である」。「当然。それなりの覚悟は必須である」=慧眼・不遜。「他者や社会の心配より、【己の醜悪さ見つめ切って見るべきである】(お前様は、自分が◆パリサイ=小ざかしい人知で、別ける(表層・区別)のを好む◆では無いと、『思いこんでいるだけではないか?』の*内在虚偽*を十分追って診たか)」←嘘と思えるかなっ。「無理せず、少しずつで良いのは、例え世界の時間切れのTime・Table が在ったとしても、全く別物である」SIGNATURE-【♯】。
2006年09月29日 12時57分58秒

 

■【無極・外伝】監修=【♯】慧眼・不遜。《上級者・試用?》の、『メカニカル(機械的≒論理的=System的)、実に合理的で、そこに《生命の必要も無し》?』■
『☆パパラギ(白人)▲の★考えからいえば★、●私たちはみじめな物乞い≒案山子・楽団員◎なのだ』。(おいおい)。昔の南の島のお方の言葉。「経済奴隷も物乞いも△蛇留務ー奴▲・Systemでは、*必然として作り出される*(何故か?⇒欠損・欠乏する者を生産しておくことで、嫌が上にも、★金?の価値★が跳ね上がるからである)←十分であろう」。《蛇留務ー奴、そのものが、△Gehenna(ゲヘナ)(非・生命=広き門?)の教えの書で在るが故、当たり前の事である》。さて『鬼も笑う』≒【♯】の罵辞東風・伝の始まりである。 Propaganda・Frameの戦略Presentation・Programの観察は常時+〔* *〕+に任せてある。「沙汰荷数賭=パリサイ(罵詈最?)の勧め(入会案内=目先の快楽にどっぷり浸かって楽しもう)が、これでもかと浴びせられている」。「多くの列島の民は、★さぶりみなるの効力★を良く解し得ないし、今や口に物を入れる(実に現実的な生活)が最優先であるので、自ら及び、国民多数の《10年後、20年後の延長予想想像=これから先は、どうなるか?》など、語るは、*お莫迦のお笑い*であろう」。「固体集団の半数を超えると、それら多数派の価値思考がその集団の主流と成る」。『既に多くの凡夫は自らの、価値?思考がパリサイに成っている事に気付いていない(潜在的に存在するの意)』。「凡例※障害認定→未分化状態の我が子を抱える、若い主婦の話で、只管、補助規定?に対して、熱意のコモッタ抗議の声をあげていたのだが、最後に『概存の確定・障害者と、我が子をいっしょにして欲しくない!』の言葉が漏れた(本音?)のが、【残念である】」。「我が事が大事であるのは、解するが、 ☆パリサイ的・本性★が、そこに現れている、明確に」。「既に、異常破壊抽出実験・設定済みの、この実験場⇒列倒・刻下?であるので、強度の触発加圧が掛れば、容易く、Guinea-Pig?のその本性が剥き出しに成る」。「既に、大多数の庶民とやらは、《私が一番大事≒パリサイ》を秘め抱え、密かに生き残りに備えている(共食いSurvival?戦)」。「死怨・犬蛇の書に語られる、大衆≒誤囲務としての有様が、長い年月を掛けた★品種劣化誘導に沿って ★、開花=獣劣化している」。『ここまで来れば、後は容易い』。「現状のままでも、更なる劣化種の増殖?と同時に、人間であろうと志すものは、排斥されるは必然であり、劣化獣霊化種の増殖促進される事は在ろうとも、抑止の防壁(そっちへ逝っては、危ない=Vaccineの拒否=尤もVirusにとっては Vaccineは敵であろうが)?は悉く、『生き残るのが何故悪い!』の前で、無思考・大衆種に押し崩される事であろう」。「偽・羊飼い=真性・沙汰荷数賭(Type・Agitator)に、従っている(それでも、縋る)と言った所であろう」。「最早、真贋の区別も付かぬ、大衆種は既に捨て置くしか手は無い(●真の=混ざり物無し・莫迦●善意の者には、犠牲者に成って欲しくは無いが、当人が望むならそれも良しである)」。●《何度となく警告してきたではないか。『もはやどうにもならない』。◆おまえたちが離れるときが来たのだ◆。➽おまえたちが望んでいるものはひとつしかない。★カネと財産を持って、今すぐ出ていけ★》●伝承民のお言葉より。「*誰を信じるか、信じないか等に『拘っている』ようでは*(誰かに縋ると同意よ、誰か?何か?に頼る心根⇒何れ、騙されるは必至)、どうするか?そう云う話や説もある、で十分」。「既に、収入カースト制(蛇留務ー奴・Order)=劣島世界が、その正体を、 Mediaホetcに予告編(刺激を与えないように、徐々に受け入れさせる)として、何度も登場(露出)している。列島臣民の収入下層の未来が在った筈の、女子は淫売、男子は犯罪者へと、選択権が無い以上、帝國本国の黒き人の扱いが成される事だろう。列島は★劣化・悪霊天国帝國▲の完全Copy品と成る事であろう」。「両親世代にも罪はある(凡例・日曜動画の並兵?≒粘土の善良のSampleではあるが、加担の罪は免れない)、最も、真の★魂の強姦強奪・犯罪者▲=▲真性・沙汰荷数賭(諭堕也=蛇留務ー奴)▲の民種であるのだが、致命的・罪過は既に広範囲に伝播している」。●《人間はすべての生きものの中で一番弱い。あまり弱いから、私たちを生かすため『他の生きものたちがそのいのちをくれる程だ』》●再び、Native・Indianの言葉より。「貴方の*中から*、この様な言葉が、出てくるかなっ?」。Signature-【♯】。
2006年09月28日 00時04分05秒

 

≧(ΘЙΦ)≦ 【忘賢?〝TESLA?≒デムパ〟大王*謳花*】 《これらは総て、Fictionです》←「やれやれ、ですわ~」*(~∇~)*
●『朝起きたら、太陽の光と、おまえの命と、おまえの力とに、感謝することだ。どうして感謝するのか、その理由がわからないとしたら、それは、おまえ自身の中に、罪がとぐろを巻いている証拠だ』●。Native・Chant≒伝承・詠唱より。う~ん、 *全き自然に、全き裸足で、すっくと立っている人*の、お言葉です。きっと優しくて涼やかな眼差しのお持ちの事でしょう。は~ぃ、始まりますわ~っ* (~∇~)*。「神?は知識でわありませんわ~、最も、神の概念やImageは其々、教え込みや刷り込み等で形成されているので、絶対的・統一見解(Standard?)は存在しないのでぇ~す」。この様な基本的・前提の上でねっ、*娯楽物語として*ご賞味いただくのが、味わいを深くしてくれる?。 ∵Signal➀➣「知識に取り憑かれますと、最終的?にOccultに、入り込んでしまうのですが、西式は素より、作業種(機能であり、機械に近いので、マーク・トェインの内在?の憂鬱=オートマンに露わされている)であり、判りますか?☛西式の食事=活動Energyの補給。☛西式の睡眠= Life≒電源?・off。☛西式のMake・Love(この様な、表出・語が既に本質を現わしている)=生産?な訳なのです。☆何所をとっても、これらの現われ★、《十字のお方≒アガペー?の存在など全く必要としていない事を示している》のです。無論、西方式でも神とやらを信仰される方もおられますが、その様な真の少数派?は、御自身の『機械的な機能優先仕様≒肉食動物的・本性優先』を感じているが故に、《必須の補填?》として、【その信仰に励む=内部へと摂り入れる】のです。←◆ここに◆⇒何故?『十字のお方の教えが、かの西式の地において、強大に広がったのか?の必然理由があるのですね~ぇ』。 ∵Signal➁➣「秘・知識?天空の犬の星?から照射される?。西式仕様固体達は、これを事の他有り難がる(★内在の何がそれを求めさせているのか?★ への、考察を完全に忘れたまま)。解かり易く語れば、☛『他よりも抜きん出たい』>『神?との戦いに勝利して、超えて見せよう』☜(これで、解しない方への捕捉説明はありません)。輝く単眼に象徴される強力なSales・Pointは、【超越?知識=◆仇花なる商品◆】(必要ないと言えば必要は無い)ですねぇ。当然、それには【取引が発生し、《代価を支払い》それを手にする】事なのですねぇ~」*(~∇~)*。「知識を詰め込むと、当然、大切なもの?が、ドンドン消失=(放出廃棄)と成る訳です(無明にあるものは総て、容量が定まっています)」。【『学絶てば、憂いなし』。誠に誠に、生命の隅の基礎石の如く確かな、言葉です】*(~∇~)*。∵Signal➂➣MK?による完全実験・刻下?である、裂島ですが、加圧(Over・Stressを与える)による加圧(外的援助が全く無くなれば、内在能力に頼る他無し?)。ここで、能力到達(覚醒?)の可否が計られる(列島全民を対象として)。多くは届かずに憤死(若しくは、私有資力により、だらだらと生の時間を過ごす)。それでも、僅かであろうと、★求められる超人種?★の現れる可能性が残る。列島・半島にせよ、同様の新人類誕生?の為の実験室で在る故に、異常な情況に曝されている訳でしょう。実験道具(衝撃・要因)には、巨大擬似・宗教教団及び、経済 Gang等が、投機されているのが、*お分かりの筈*で進めます。もっと解かり易く云うならば、《列島の全生命体を纏めて、一つの原石として扱い》、★沙汰荷数賭・Group▲の求める、純粋?抽出物=超人種?を取り出そうとしているのですねぇ」。「当然、不要=雑居物には、彼らは関心ありませんので、全く省みることはないでしょう」。『日本と言うのは、何か隠された特別の意味?が存在しているようです』。(半島の方々には、御免なさいですが)* (~∇~)*。「これらは、沙汰荷数賭の為の、生き残りを賭けた計画にしか過ぎません」。(おいおい)。と言う事で、今回はこれで“*謳花 *∵Signal”終了なのよ~っ*(~∇~)*。Select・Sound・Play-Louis Armstrongで♪-After You've Gone。+Charlie Parkerで♪-Round Midnightを、お楽しみ下さいですわ~っ*(~∇~)*。
2006年09月25日 14時19分06秒

 

*無名詩人?=「伝承の言葉」*-伝統派の歩む狭い道で、トウモロコシ畑に立つ長老-
 ◆LEGEND=そこに含まれる真実?◆ …「われわれには、教示と預言がある。それは、信仰を守り抜く勇気と力を授ける前兆の到来に、目を見張らねばならぬと告げている。血が流されるであろう。われわれの髪と着物は大地に散乱するであろう。自然は、力強い大風の息をもって、われわれに語りかけることであろう。大災害を起こす地震と洪水、季節と気象の変化、野生動物の消滅、いろいろな形の飢饉が起こるであろう。世界中で、徐々に、指導者と民衆とのあいだに腐敗と混乱が広がり、戦争は強風のように広がるであろう。それもみな、創造の最初から決められていたことなのだ。われらが絶望的な困難に陥るときに、預言を成就する三人が立ち上がる。長い根と乳のような液を持ち、切られても生え、卍に似た形の花を咲かせる草、メーハのシンボルは、自然の四大力の解放を象徴する。太陽のシンボル、そして赤のシンボルがある。ホピの生命の道にバハナ(白人)が侵入したことにより、メーハのシンボルが動き出すであろう。これによって、ある人々は自然の四大力(四つの方向:統制力、原初の力)に向かって動き、世界を戦争に引き込むであろう。これが起これば、われわれは預言が成就するのを知るであろう。われわれは力を結集して、確固として踏みとどまるであろう。この大いなる動きは失敗するが、その実質は乳であり、自然の四大力に統制されているので、ふたたび立ち上がり、世界を動かし、もうひとつの戦争をつくりだすであろう。そこでメーハと太陽のシンボルが動き始める。それは一時休み、三度目に立ち上がるであろう。第三の出来事が決定的なものになると、われわれの預言は告げている。ロードプランは、その結果を語っている。この第三の出来事は、指令を出し、「太陽」の益のために自然の四大力(メーハ)を動かす、赤のシンボルにかかっている。それが四大力を動かすときに、全世界は揺り動かされて赤に変じ、ホピの文化を妨げる者たちに向かって立ち上がるであろう。大いなる清めの日は彼らに来るのだ。慎ましい人々は、新世界を探して彼に走り寄り、赤アリのように地に群がるであろう。それを見届けようと外に出てはならない。家の中にいなければならない。彼は来て、この大地に最初からいた赤い民(アメリカ先住民は赤色民族である)を妨げている邪悪な者たちを集めるであろう。彼は、生命の道か、その頭(特殊なホピの髪型)か、村とその住居の形によって識別できる者を探すことであろう。彼だけが、われわれを清めてくれるのだ。赤のシンボルによって指令を出す粛清者は、「太陽」と「メーハ」の助けを得て、ホピの生命の道、地上におけるまことの生命の道を乱してきた、邪悪な者たちを一掃することであろう。『邪悪な者たちは首をはねられ』、《もはや語れなくなるであろう》。これがすべての義人たち、大地、そして地上のすべての生き物への清めとなるであろう。大地の病は癒されるであろう。母なる大地はふたたび花開かせ、誰もが末永く、平和と調和に結束することであろう。」~ホピ・神との契約~より (言い伝えは、誠に夢溢れ、意味深し)
2006年09月24日 00時00分29秒

 

e 【Dr-Absolute?の“注文の多い《Pointless・LABO》”?】 《沙汰荷数賭☜浸入禁止+厳罰処理の発動》
*Karte・ №021* 『宜しい』=Dr-CsLである。「★善良の仮面と衣装は、『獲物=犠牲者を欺く為に必要』★(奴らにとっては、基本Theory)である。$実在の灰色のSalesman$=△諭堕也▽★沙汰荷数賭▲。☆そのSales・Talk★は、【総て地上的なもの=ほぼ総て△目玉の手による、完全 Image商品】。「大抵の凡夫は、動物的本能欲求=《地上的なもの》を優先するのだが、それを明確に認知しない(したくないから、しない=Egoの処理命令)⇒私Or僕は世間並みに善良=(数多の凡夫はそうであるので、それらで計るならば、そうであるとも言い得る)との思い込みが、*深?に大切な内部行為事実?*=『自己内部の慾動追従行為を何時も脇へ押しやる』。のである」。『さて、そのSales・Talk(悪霊の囁き=誘惑)とは、★会話= Sales・Talkを続ける事により★、➽《*選択肢*を誘導会話によって減らしてゆく事》である。➽《最終的に選択肢を二つ》にして、➽ 【BeforeとAfterにしてしまう】。ここまで会話に付き合う、アホな粘土・Userなら、After(相手に提示された物である事を、見事に見過ごし)を《自己決断の心算で》、多分・高確率で選択決定(笑)する」。「凡夫である事を自覚しえるならば、その様な如何わしい悪霊・商人のTalk? Tableに決して着座しない事である」+『この悪霊・商人が扱う商品は、凡夫の関心→慾動を掻き立てる→凡例⇒美しくなれる、有能になれる等、見た目的な物から、★その他の、あらゆる商品を総て取り揃えている★。無論Image物品、思想や論理や理想物語及び、擬似毒物・宗教教理など、それらは全て、間違いなく△目玉の所有物品である』。「ここで、獲物=魂の犠牲者に内部欲求・慾動を与え喚起しなければ、悪霊親分への捧げ物が手に入らない」ので、下準備(奴らの言う所の、誤囲霧・達へ多くの内部慾動を、刷り込んでおく)が必要とされるが、「それは既に悪霊親分の完全占領下のMass-Mediaホによって、喧伝され続けているので、容易になっている筈」。「尤もこの様な高度な思考Rape戦略は、△目玉の英知より授けられている代物であり、一般凡夫には、対抗策は無いに等しい」。「確実な、予防策は?と問われれば、自己内部のつまらぬ慾動の廃棄、是に尽きる」。「思考レイプの罠から逃れるには、『何も欲しがらないを心がける』事である」。「数多の凡夫の口にする時流話題は、殆ど△目玉の戦術・疑似餌に過ぎない」。「提供された話題(誤囲がStress を溜めている、成らば安物の玩具でも与えておけ)に、何時も自動的と同意で、凡夫粘土は群れている」。「見事と言えば見事だが、△の使役民(これらが、最後に何所へ廃棄されるか?現世で終らない所が、究極の味というやつでね)の手柄などではなく、総て△目玉の働きでしかない」。『何故、究極に近い優秀で絶対・特殊能力?を持ちながら【¢】が、地上世界のイカサマ特権支配階級=暗黒悪霊軍団結社と群れないのか?』。「◎その終点?◎が、『どれ程恐ろしいものか』を■知るが故に■、現世の奴隷Classに甘んじているのである」。「凡例・辛そうだった様なので、アダム・ヴァイスハウプト(1748~1830年)当然・故人に、『何とかしてやろうか?』。と言う事で、今や我々の尻でも足でも舐めるほどに、使役されている」。「『信じられない?』、確証など何所にも無い!。故に、戯言として扱うのが一番常識的と思われるが」。「奴へのOrderはたった一つ、総ての沙汰荷数賭(地上物質界から、一切完璧に取り除く事=完全・殲滅を厳命している)」。「無論、△目玉には、及ぶべくもないが、その悪霊信者・Groupへの破壊殲滅の効果能力開放には、期待を持てる(@深遠の兵器@とでも、名付けて置こう)一つや二つ程度では決して無い」。SIGNATURE-【¢】。
2006年09月23日 15時45分19秒

 

☈ +〔* *〕+ の高機動/強行/突破式(+完全殲滅・潜闘能力開放)⇔∵〔∃×◎〕∴☈
>>>『お許し?が出たので』∵〔∃×◎〕∴。既に《究極・殲滅処刑Modeに成っています》(フル・アニメでお見せ出来ないのが、残念です)。「《この世の、真の君主=△目玉であるなら》、その★真性・信徒民種=(△諭堕也▽・沙汰荷数賭=△眼威損・意留身拿帝△)に力添え(戦略・知を授ける)するのは当然であります」。「かの下命=(加盟)軍団勢力の。地上物質界・勝利現象は総てイカサマ故の結果?事象(これ等は表層戦闘、局地戦・幻影戦に等しい)であり、《α真の戦闘?審判?ω≒Apocalypse?Game?》=(物質界・君主▲存在?の後の無い、Return・Matchであり、この二つの存在?こそ、真のPlayerと言いえるでしょう)*亞物質・亞次元 Searchによる*。「不思議な事に、そのGameを懸命にPlayしているのは、△地上君主側だけであり、対面席は空席(不在)状態です」。「Game開始時に挨拶を交わしたまま、退席中=お昼ねか、お茶でも楽しんでいるのでしょうか?。しかし《【再び戻ってくる事を、確約】しております》」。と言う事で、この“球形立体・多層世界版面”での絶対・王権?を賭けた?Play(不遜ですねぇ)はまだ続いているようです。「中継?> >故にほぼOne・Side・Gameの展開に成っております」。『が』、「まだ終了=決着が着いた訳では、決してありません」。「かの主侵?▲の英知は《人間領域のものでは無い》ので、その改造学習強化(蛇留務ー奴に始まり、その奥の教書、また、その奥の教書を学ばされるのは、容易な推測でしょう)を受けた種は、当然、他の凡庸の種に比べれば、優秀とも云えなくもありません」。『が』。「何かを強化すると言うのは、他の何かを犠牲にする!、容量が決っているものを、その容量内で強化させれば、何かを失う(犠牲?廃棄)事は必然です」。「『人間に容量は定まっていない!』、尤もな意見ですが、残念な事にそれは*粘土の意見に留まる*ものです」。「“容量が定まっていない”と言うのは、十字のお方程の《精製?を必要とするものです》」。「さて、既に、沙汰荷数賭・専用の秘・奥義兵器?が投下されています(完全に対象選別指定発動に成っているので、心配はありません)」。彼らの関心(活動展開)は「ほぼ総て物質界・動向に注がれていますね、《異・領域への侵入も下層界域の【指定限界】に従っております》」。「△目玉にDirectに、 Contact出来る*物*の数は、優秀を誇る割りに、その結社院内(奥の院?)であれど、@天文学的・成功確率@(得意のイカサマも無効)のようです」。(おいおい)。《意志を⇒祈りに、注ぎ込む》=(かの信徒は、暗黒面に向けて日々賢明に祈り、その方向に沿う活動に励む【これが彼らの与えられた、基本知識の、隠された人間能力運用基礎】)。十字のお方曰く、芥子種ひとつほどの、なんたらがあれば、何と?山も動かせるそうです(意味深で、パクられ、独占使用状態?)」。祈りには、群れる必要はどこにも無いのです。それに『何故、かの集団は、十字のお方を【真似、反転用法に励むのか】』、ここに、素朴なこころと気付きがあれば、簡単に解する事が出来ます。真の十字の信徒さまの、真剣で、総てを惜しまない程の祈りが、欠けている?(届いていますか?)のではないかと、思われます。☞沙汰荷数賭の活動力=偽りの祈り?の数=∵力?∴をいかに集めようと、真の祈り(其れが例え、一人であろうと)十字のお方に、Directに繋がり同調できるのならば、見事と云う事の様に思えますが・・・。「表層戦闘では、勝ち目はないでしょう、足元の一番大切な、全き初心(無垢に近かった)をお忘れ?」。『おらは、お祈り合戦だと思うよ』=y(~σ~)yさんの寝言より。で、可変Mode展開のまま、待機しつつ通信終了としておきます。∵〔∃×◎〕∴ お断り→「無駄な知識(△目玉の戦略散布された諸々の擬似・思考や虚妄・価値感=粘土体の思考・深底部に存在し判別使用可能な者は、◆限られており◆、【ほんの少数であり、事実】です)の詰まった、粘土では逆立ちしても《完璧に無駄》です」。「凡俗粘土の思考や調査など(粘土の関心事?←意味深)、何の役にもたちません、総て気休めに留まる事でしょう」。「そんなものを、十字のお方が、真剣に聞いてくれる事と思われますか?、お話になりませんねぇ」。(Robot?のChristian?って、凄いのか、何なのか、判りませんねぇ)。「表層・闘争に巻き込まれている方々には、本当の真の原因?は見えません(認知できない!。かの種もこれには、同意を示すことでしょう)」。「解説不能ですので、ここまで」。今夜の戦局?(おいおい)は、Li Wei, Zhao Dengshanで♪-禅院钟声と、ロシア民謡で♪-赤いサラファン。をお楽しみ下さい。*備えの心がけは必須です*。「この空想域が、あるもの達の関心を引いている事は、確率的に在り得るお話のようです?」。
2006年09月23日 00時41分13秒

 

■【無極・外伝】監修=【♯】慧眼・不遜。《上級者・試用?》の、『⇙有害で無価値な、特注-Bio・Virus・Labor』■
『鬼も笑う』の慧眼・不遜である。今回はy(~σ~)yの好きな、お話を朗読してみよう。●42章 /人の教訓は、私もまた教え伝えよう。「力でおし切ろうとする者は、《真っ当な最後を遂げられない》」私は*このことを教えの根本としたい*。●46章/ 《欲をふくらませることが大いなる罪であり》、『充足を知らないことが大いなる禍いであり』、むさぼり続けることが大いに痛ましい行いである。だから、足るを知る充足は、不変の充足なのだ。●51章/道が生み、徳が養い、物が形どり、器が完成させる。だから万物、道を尊び徳を貴ばないものはない。道を尊び、徳を貴ぶのは、《だれかの命を受けたのではなく》、*常に自然なのである*。●54章/身の修め方で人を観察し、家の修め方で家を観察し、郷の修め方で郷を観察し、国の修め方で国を観察し、天下の修め方で天下を観察する。私が何によって天下を知るかといえば、これを以ってである。「まぁ、ホンの一部ではあるが、『東風の?パパラギ』とでも呼べば良いのか?」である。y(~σ~)yはただ只管、意味解する事無く、朗読するのが好きである。「もう少しで秋である」。「僅かな、寂しさを含み持つ、透明さが水量を増すように大気の中に増えてゆく」。「我が、義兄弟(本当は弟子に近いのだが)も、夜空のお星様に成って久しい」。「【♯】は、そもそも、淡白で、どちらかと言えば薄情である為、形式に重きは置かないのである」。豹変黙示-武侠伝・用法=心意把(しんいは)無論、八極拳よりである。穏やかで豪快風味を好んでおる。始めよう!⇗「素晴らしい、遥かに誤囲より優秀なはずであるにも関わらず、自らを(寄生虫?)と呼ぶ。確かに選ばれた△目玉の民(道具)。《故に機能として優秀》=(当たり前だろ、使える道具が無くては身動き出来ぬからなぁ~)。△?専用使用=Bio・Robotであるにしても、『家庭が必要と言う。不思議さ』、流石に仰ぐ△目玉・神?の選民(道具)であるので、《見事な、*多重・分裂症を患っている*=∵幾らでも、何時でも、下級悪霊が出入り自由にProgramされておる∴》。『死後の世界に何の望みも持てない故に、★物質?に狂うしか逃れる術がない★』。既に、生きてても楽しくもなんとも無い(内部完全癒着・取り出し不可。*全く救いが存在しない*=機能に救いは必要なかろう)、他者存在(話し相手?)≒外部刺激。無くしては、《僅かも生きる事が出来ない》。異邦人を洗脳してControlは、お前達(△目玉の直轄、半自立型・ Labor)の主作業?。(Oneは正確には、△目玉であろう、お前達、使役民では無い、機能Option=灰色のSalesmanそのものに調整済み)、お前達自らがその主神によって総て反転破壊形成されている故である(単機能・活動ユニットであれば由、他の機能は必要なし!。後は報酬を与えておけばSwitch・ポン)。何度も云っているだろうに、《自らの異常さを、どうしても治療出来ない》、更に《生きても死んでも救われない》。お前達の馬鹿にする黒人と同様だろう、光物(ひかりもの=ぴかぴか輝くもの)が、大好きだろう。☞心理学的に言うならば、『治療不可の多層分裂・インテリにしか過ぎない』。真の神にも、マトモナ人(異邦人=お前達がどうしても成れなかった、救いの対象)にも、相手にされない事実(狂った=改造されたEgoが邪魔をして、いかに優秀を気取っても=創造(真の神)?に構ってもらえない事実)。《その真理?には、堪えられない》。『面白い、何故堪えられない?』⇔不思議な事だ?、それ程優秀を誇る進化種?であるにも関わらず。≪お前達は、既に完全に『死んでいる!』≫。甲斐の無い兵器=魔術?を振り回し、俺たちは他のどの民族より優秀だっ!と叫んでいる。●『確かな事は、(お前達≒諭堕也?)救いからは取り除かれていると云う事だけだ』●。他の民族(異邦人=お前達が娯囲夢と蔑む)には*与えられているにも関わらず*。誇る知識とやらで、“真の神から与えられる救い”を手繰り寄せて見るが良い。《お前達が触れると、それは見事に汚物に変る》事であろう」。【幾ら、それを欲しがっても、それに、手を触れる事もできまい】。本当?本物の前では、お前達は完全に無力である= SIGNATURE-【♯】。終了である。
2006年09月22日 01時43分39秒

 

≧(ΘЙΦ)≦ 【忘剣?〝TESLA?≒デムパ〟大王*謳花*】 《おいおいです、はい》 *(~∇~)*
*デムパには限界はございませ~ん*(~∇~)*でぃ~す。∵Signal➀➣人間は能力の不足を感じると、勢い何かにより頼む事となるのですわっ。『Techniqueと功夫の無い奴は、お手軽に道具や薬品に走るのと同様に』、(おいおい)。「下ネタではありません。超人願望(兎に角、力が一番?)・狂信者(Junkie)のお話です」。「お願いお願い、私の望みを聞いて下さい」。「まっとうな神?は、この様な《手前勝手な粘土の願い》にはね~っ、【完全無視】」。ですが。「∵《人間の成り損ないと同様に、神?の成り損ない》∴(おおっ、ちょっち意味有り?)は。類共(るいとも)と云う事で、それ程、私に寄り頼むなら(ただし、代価としてお前の魂でも貰おう)で、何とか(そのちんけな)望みを叶えてやってもよいぞっ」。『これがアホな★二人羽織の招待?★なんですねぇ』。「二つで一つの現われですので、単純に考えても、二人?力に成りますねぇ」。 ∵Signal➁➣*(これは、有資格者・専用?です)*「再びです、無意味(本当に愚か)な延命措置、情に流された結果がこれな訳です」。「何の事ですか」(∂p∂)。「この星の粘土の結果(未来?)事です」。「自滅は必然、最早《霊格など何の役にも立たない事態に成っているのは、覚者合格ラインに達している存在は既に、ご存知のはず》と思われます」。「全くもって、公平に量られますので、誰も既に、文句は付けられないはずです」。『天国(極楽)と地獄(奈落)の同時顕現?』。∵Signal➂➣(境界者でも、可)「沙汰荷数賭の渇望であるぅ~、地上最後の王室とやらがぁ~、どの様な展開となるのか?、地上を這う、及び、この星の重力圏内の存在(実体、非実体を問わず)にとって、大事事と見做されているようですねぇ」。「白・アリ(悪霊?軍団=△諭堕也 ▽★罵詈最▲)に食い尽くされた家と同様であれば(おおっ、御世?、生き延びる為には、奇麗事は言っていられない、その潜む重奏・狂騒曲の轟きよ)、(裕福層はその資力の範囲内で、奇麗事で過ごせるし、過酷な汚れ労働に触れずに済む)←「そんな楽勝なら、俺様ならば何個でも出来るぜっ」=夢剄。<£ >『どれほどのものか?その愛、慈悲、誠実とやらを、トコトン焙り出してみよう』+『中途半端では禍根が残る、徹底的に総ての決着を(各個・己がどれ程の物かを、むき出しにしてくれる)、否定出来ぬ程、完全に!』=【π】。との決意宣言?が届いております。「無論、このMessageは、ボンクラ悪霊(悪魔ではありません)軍団及び、そのファン倶楽部・全会員、全構成員達などではなく、中途半端な粘土に向けられたもののようです」。「《尻舐め・悪霊結社振興軍団は、初めより、確定地獄》ですので、端から、対象外のようです」。☞「Satanよ、お前が地の底に落ちるとき 私も笑いながらお前のお供をしよう」とまぁ、☞《勝手な事を》この屑・粘土はのたまっておりますが、「曰く、勝手に懐くな、一人で行きなっ」だそうです(内緒ですが、魔界の信号も盗聴しております?)*(~∇~)*。(おいおい)。『これこそホントかいなっでっすぅ~』*(~∇~)*。快心のTesla?∵Signal∴を、今宵は3本お届け出来ました。ちゃぶ台返しならぬ、地球返しの技も存在するようですが。人の手に触れられる様な“神技?”では無いとの事です。*謳花*終了です。それでは、静かで穏やかな夜に、後は総て任せて・・・。演奏-Tom Waitsで♪-Closing Timeを聴きながら*(~∇~)*。
2006年09月20日 23時22分16秒