×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

❖無限解=[弐千六^09⇔09^]❖

※一人でも出来る、無限解・潜功探索・空想研究《実験・日誌》※

●Take The 【♭】-Train● 《不気味な楽園≒1984?。そこは極端に溢れている》
『他者覚醒?への運動(活動)』。これは実にロマンとLove(アガぺー?を使用しない所が、お味噌)を仄かに、強烈に感じさせてくれる*《虚と実の入り混じった》*、悦楽である。(何が言いたいの、にゃんこ)むぎむぎ。『この仕組みを“解しての行為者”と、仕組みを解せぬ行為者では、☞大きく事象変化及び結末が《変る》と云う事である』。一時停車を終了して、再び、▲慾動・餓鬼畜生・奈落世界▲を走る事にしよう。【♭】-Train<Cynical・Wonderful・Tour√143◎。の*最発車*である。『*ロボット・人間と、*超人と、 *?と』。地上愚界は、この3・Type(ここで、個人的な考察瞑想から、《この3者は、同様に痛覚欠損の疾病を共に患っている》)に分かれてしまうと、@Over・あどるふ氏@が語ったそうだが。何がそれらを別けるのか?なる問題は、真の?追及者にしかその扉は開かれない(資格審査も存在している)。ここで、【不気味な楽園】である。『現在の経済勝者は、△諭堕也▽・★蛇留務ー奴▲・△パリサイ(泥棒略奪・悪霊振興財団?)意留身拿帝▲の指定原則上での配当である』。「故に須らく、《ここから善き物は、一切現れない》」。「◆善き事と《見える事象》◆、現在の経済律法=△諭堕也▽眼威損・方式の中にも、在ると言えば在る様に見える」。「しかしそれら=◆は、疑似餌でありパン屑でしかなく、どの様に紳士然(現行の経済勝者)として振る舞おうが、《人喰い・鬼畜の本性≒(沙汰荷数賭である事)を持たぬかぎり、勝者になど成り得ない》」。『ここで、しっかりと、Global・Standard=沙汰荷数賭・ Standardである事に気付いて置くべきである』。「上記の3者の中で、最も幸福と*思える?*のは、多分、ロボット人間であろう」。「『1984』の中の一文に描かれていた、『洗濯女が歌を歌う、機械の作ったその歌を、美しく詠う』と」。「知力・考察力と“こころ”を合わせ持つ者が俯瞰すれば、その世界を、Utopiaとは呼ぶことはないだろう」。「それが、理想世界であると、錯視?出来るのは沙汰荷数賭・系列だけであろう」⇒「ここに、明確に対話不能の、水と油に似する、二種類の生き物粘土が存在している」。対立事象は、互いに相手を悪≒敵と見なしうる事であろう、残念=(事実)な事に地上物質界に、【悪=悪しき力(666・Power・System?)は実在している】(覚者は、悪と言った単純な言葉では扱わないのであるが)。ただ粘土(無明)には、その判別(判断ではなく)が。容易に着かないだけである。【危険な教書?】として、@Over・あどるふ氏@の言説(その真意、何を見つめていたか)を追跡出来る者は、そこに凡夫にとって不可侵(封印と同様)の、何かを求め、知ろうとする心的傾倒?を感じる筈である。※厳重・注意☛《実際、危険な教書である》ので、自分に見合ったLevelで対する事である(事実、【この存在は自我嗜好が、強く存在】しているので、《自我好みの解釈を優先して語っている》=(過てる理解?とも言い得るのだが)。「『我が闘争』は捕捉程度であり、《重要なのは、うわ言や走り書き系の破片に在る》尤も、これらは大半の Peaceの欠けた絵(巨大絵画か巨大建築物)の様なものであり、➦証明を必要としなかった、ラマヌジャンの表出公式に似る(中間過程は石版に書かれ、そして消され、結果・公式のみをノートに記した如く)。「△諭堕也▽・▲眼威損▲の流布した《Imageを一切こころから排し》、その上で『Adolph氏と、@Over・あどるふ氏@の判別能力・習得の上での、Approachならば』、本当は何を言いたかったのかが、幾らかは解せるのではないかと思われる」。【危険であることには、変わりない】のだが。「《真の敵=真の対立者とは何物で、何所に潜んでいるか》⇔(それは、内と外に存在している)。「ここで、恐怖の疑問だが、人間多数は、本等のところ、神?(非常に多く現われあり、単純で極大な因?)を必要としていないのではないか?」。「数多の、ロボット・人間を見ていると、そう思わずにはおれない」。「無論、僅かな者達は、そうではないのだが」。「Christianではないが、一言。教会と十字の方を『無意識に同一視』している信者が多いのでは、と思われるが」。「イズレニシテモ、正直、《強欲、物質信仰=△諭堕也▽▲眼威損系列▲は総て、この地上世界から、取り除いて欲しいものである》」。(力無き者は、どうするのにゃんこ)∬(ёぉё)∬。「困ったときには、お祈りがある」。(おいおい、切なく寂しい)。(この世の救いが欲しいのにゃんこ)むぎむぎ。「役に立たなく見える(ここが絶味)、お祈りは、中々莫迦には出来ない究極のSpellだと思うのだが」。【♭】-Train=極楽亭・Beevan。「言いたい事を云い終われば、去るのみである」。ぽっぽっ~と終了なんだって、にゃんにゃこり~ん ∬(ёゎё)∬。
2006年09月19日 12時26分58秒

 

●Take The 【♭】-Train● 《物語=Storyに、夢中に成る類は、*何を求めているのか*》
【♭】-Train<Cynical・Wonderful・Tour√143◎。「再びである、第二次大戦における、敗戦間近の独逸では、庶民=Civilian?は映画館に詰めて、その画面に映し出される映像物語りに、こころ?預け、外部・外界の有様から、退避していた」。「『ここに、何が現れているのか』を、一度しっかりと見つめて置くべきであろう」。「ほぼ健全?(善悪の狭間を夢遊病者の如く生きている)であるものを、《如何にすれば、『汝、殺す無かれ』を、▲踏み越えさせる事が出来るか?▲》=(蛇留務ー奴・Curriculumは、その証である)」。「これが、★沙汰荷数賭・Group=暗黒・△魔術師・集団?▲の、優先攻略・課題(蛇留務ー奴・Curriculumの、《一般健常者への偽装・教習化≒Up-Date手法》)の一つであったのだろう、無論、∵△目玉のお告げ=戦略・教示(何を足場とし、汚染=Mind・Rapeを効率的に、広げるか)∴の誘導教示無しには、それは有り得ない」。★《どの様な理由(機動・正当化=動機付け)を*憑けて(与えて)やれば*、☞∵自ら進んで(自発的)、他を苦しめ(略奪・暴行)、他への殺傷を<666>良しとさせうるか<666>∴?》★。◆「では、考えて見よう、『人を殺すこの行為』◆。➽《戦場において可》とされ、➽《平時には、犯罪》とされうるこの行為」。「《何が?それら同じ行為を》、『Human=666』に* 別物として扱わせている*のか!」。「煎じ詰めれば、★御尤も?な理由?★が存在するか、否か(飽く迄も、粘土向け)に落ち着くと思われる」。「平時におけるMurderは、個人的で身勝手な、反・社会?的・欲求行為であると、『Human=666』群に、なんとか認知され、罪と規定される、が、それが国家(実体は何所に在る?=素朴で非常に深い疑問)に成ると、※殺され、陵辱された方が、殺し蹂躙した側に、賠償金の支払いが命ぜられる(実に大雑把な表記になるのだが)※」。「ここに、どの様な論理のイカサマ存在(△諭堕也・派痢裟威▽の詭弁満載・論理価値?思考)が在るのか、【それを何故、人々が好し?としているか】(ここの考察は深く成る事だろう)、をも同時に*見据えるべき*である」。「数多の、『Human=666』群の関わる、各種の粘土現実的事象が、何故この様に愚かの底を舐めるまでに生々しく現れているのか=歴史の実相(表層では無く)?裏面こそ肝要。(当然、それらの*表出・形成事象*を支える、因と縁が確かに存在している筈である)」。「残念ながら、△私怨・犬蛇?の書▽に書かれている如く、《事実》⇒人なる種は、『劣悪・欲深・愚盲なる物の方が、圧倒的に数多い(イカサマ巨大・教団?類に群れている、その数の多さに現れている事象・事実に、深眼を叛けてはならない)』のである(勢い、多数決がどの様な終点にそれらを導くか?は考えて診ておく置くべきであろう)」。「故に、古典歴史?に置いて、常に多数の粘土愚盲物=666は、神?に、『出て行け!』、と何度も告げられ、当てなく地表をうろつく事を何度も繰り返している」。「裁きの度に、多くの生き物モドキ=666が、大量処分されている」。「その度事、残され、確保された者の数は、何時も非常に少ない(二度あることは、三度四度と繰り返されるのだが)」。『悪人は最後まで悟らない』。「さて、あどるふ氏の口走った未来風景、Robot・Humanoidの存在がはっきりと現れている。観るべきである、666<携帯と映像と音楽そして汚染食品、車、ファション、恋愛=発情等で、不満を持たぬ(持つことを許されぬ、でも、それで良いかなぁ~、それさえも考えてみようとしない)*完全飼育種*が、溢れている」。「凡例として、☆コキコッコー娘のDiary☆とやら(有名税として、許されたし。紛れも無く悪意は我々には無いのだが)、これが Robot・Humanoid種の発想活動であると、識別鑑定(2Chと変らないじゃん)出来ないようでは、*粘土で甘んじる他無し*であろう」。「《嘘とパク利と誘導の含有率が大きく成って来ている(現在・進行形)、金に?眼が眩んだ?、哀れなものだ(素より、イカサマとも言えなくも無い)》」。「生きる為に必死なんだよっ、『で、人気(アクセス)取りに走ったと?』、《既に確信犯行為?》。違うかなぁ~?」。「Robot・Humanoid確定種の、電脳・ブロ倶・あいどる?・とやらには相応しいと言えば相応しい(Robot・Humanoid確定種向けの話題満載だが、核心に触れる事無く、何時も絶ち消える、そして飽きずに次の話題?へと)。求めるは、酷だろうが(所詮窓口の受付嬢・真の業務はその奥でなされているのでは?)」。「《数≒金に狂う(色気を出す)?と、放って置いても自動的に、この▲粘土地上現実・設定世界▲では、知らず知らずにパリサイに成る(この疾病には、自覚症状は全く無い)》」。そして、今回の【♭】-Trainは、ここで一時停止の休憩。
2006年09月18日 17時19分10秒

 

*無名詩人=「言葉の刺繍」* -熱狂も感動も『総て過ぎ去って』、そして残るは《堅忍不抜》のみ-
 ◆NOTICE=差出人不明、心当たりを探して見るが・・◆  …最早、何も起らない、 EventもMovementも蠢く★死人専用(隠された意味の存在)★。待合室でずっと。『貴重な事実』、それは床に零れ広がった。その事実は確かに床に零れ、《そして総て大地に、吸い込まれた》。それはまるで水の様に。誰が?、《零した》=(それは、非常に堅い示しだった)かは問わずに置こう。大切なのは、《それを与えられた事》。待合室でずっと。考えの不足した者が騒ぐ。貴重なものなのに。知る者は無言で語る、《零れた故に多くに届く》。待合室でずっと。罪死人は薄ら笑いを浮かべ、死者で在る故、手の触れることの出来ない、その事実の跡を執念深くうろつく(それしか出来ない)。大きな声(唸りと、呪い)を上げ、腐肉を求めて暴れる(癒える事無き飢えが、その骨格に無意味な運動を与え続け)、何時もの事。その首には、厳重な首輪。その鎖はどことも知れぬ床に吸い込まれ。その先は見えない。拷問の様に見えるが、当人は、全くわからない。時計は時間を刻む、のんびりと確実に。何も起きない、待合室でずっと。何を待っている?。『明示の無い、呼び出しをここで待っている』。待ちきれぬ者が首を吊る。罪死人は、それを事の他喜ぶ。その命の失われた眼球は、奈落の中に罰の様に何時も向けられて。そして珍しい事は、*何も起らない*。死人商人は、待合室で罪死人相手に商売に勤める。生きた者には全く相手にされない。死人商人のSalesTalkは、日々狂気を増す。相手は罪死人に限られる、今では、すっかり奴等の一員。惨い臭いはずっと待合室から去らずにいる。「不思議な事に、食事を取る者と、取らずにすます者が、居る」。時折、罪死人が私に近づき、何か面白いことをヤレとせがむが、罪死人の喜びを満たすものを、何も持っていない事を告げる。照明が弱いのか、光が足りないのか、夕暮れの様に、待合室は全体に何時も暗い。目をこらす、思った以上に、罪死人の数が多い。生きた者の心算で罪死人は振舞っているが、僅かな生者は*それに決して触れない*。白い歯を見せて笑う、黒い人は、ずっと昔に呼びだしを受けて帰ってこない(確かめた訳ではないが、それはきっと良い事)。やさしい眼の輝きは忘れられない。待合室でずっと。僅かな生者は、それぞれ何かを託されている。大切な事だろうきっと。待合室で、罪死人が、勝手に律法(Ruleとやら)を宣言している。その数は非常に多く、厭らしく腐肉を喰らう口を開いて、騒いでいる(良くわからね~が、それは俺たちの得になることだっ)。奴らにとってそれは大切のようだった(残飯と代わらぬ様に見えるのだが)。奴らの悪夢で充満している、待合室でずっと。そして物語りの終わりは、突然、天の扉?が開き?、総てがはっきりと・・・。そこには、それぞれの額に、印が刻まれていた。明らかに、全く違う、二つの刻印によって。ここで総ての者が気付く事になるのだろう。∵実体の無い存在、それらさえ総てに同時・同様に・・・∴  ~HP・ラブクラフトの影を追う、時空・吟遊詩人より(星の王子様=Adult・Mode?)~
2006年09月17日 21時19分05秒

 

☈ +〔* *〕+ の高機動/強行/突破式‥☈ 『封印は開放されたのか、ワカラネェ』=夢剄。
*医療現場における人員削減?。同様に*教育現場からの、人を育てるの志を持つ者達の排除(これらが、後々どの様な影響を及ぼすか?の想像くらい、各自でして下さい)。▲真の地上君主=△目玉氏?▲による汚染・破壊計画は、見事に、裂島本陣(俗物粘土ペテン師・大名の宴会場、臣民は須らく薬物を盛られ続け脳死状態では、必然とも)=既に、島国・権力階級(《凡そ総ての方面において、決定権・保持者群は須らく、△目玉のControl下》)を使役し、【臣民の命も蓄えも、喰い尽しつつ在ります】。現在、裂島(Colony)国家?は(オレンジかレッド表示の、HP・カウントですねぇ=ポーションか回復呪文があったら非常に欲しいところです)。圧倒的に姑息で奸佞なる攻撃(善良なる人の死角を突く、えげつない戦略)で、既に列島民族・臣民は虫の息でモガイテいます。現実的に考えると、対抗手段が既に無く、打つ手無しの状況に立ち至ったと思われますねぇ。《健全で善良なるものが、獣霊種(じゅうれいしゅ=これ一つで、3個の意味を表せる)沙汰荷数賭に、食い放題されております》。各地大名?も、交代制の大殿も、クグツ仕様(諭堕也・眼遺損?意留身拿帝の玩具)で、全く当てに出来ません。『ここで一言、+〔* *〕+。あどるふ氏と劣等の代表者を同じに扱ってはイケマセン、Hierarchieは厳然と違います。《遥かな幕下と横綱ほどの差が、そこには存在》しています』。(おいおい)。「現在、@Third・Eye(標準装備)でSearch@しても、列等表層?の人物はどれも、☆雑魚Class☆ですので、期待する方が、お莫迦です」。≡(ΩzΩ)≡+『にゃららら~ん』と登場。ここで∬(ё。ё)∬の【素朴な疑問=Critical-Wit】だぅ~。「さて、にゃんにゃこりん、悪霊軍団(滅びの帝国=獣の帝國と10本の角?)は、《その驚異的力を何に頼っているのかなぁ~?》」。「よっしゃ、俺様=± (@m@)±がボケよう」。「眼に見えない、力だよ、暗黒面ってやつだろ(暗黒儀式で血をすすり、生贄を奴等の神に捧げて、暗黒力を受けてるんだろう、違うか?)」。「そうです、にゃんこ、諸々の雑魚軍<Orc兵or突撃兵軍団、指揮者系の暗黒魔法使い・Group、ここまでがそうだぅ、にゃんこ。そして正真正銘の親分は⇒総てを見通す、輝く単眼(いるみねーとを授けてくれる)、地上の君主△目玉さまな訳なのにゃんこ、に《気付くべきにゃんこ》」。「選別・Trance系の人を使って、次元知識やPower(其れでも、低域・領界にしかAccessできない)を引っ張り出してる(汲み出す)ってのは、自転車操業と同意だなぁ」。「遥か昔にいっただろう。脅威のEnergy・System?のCoreは何でしょうかって」。「ならば、簡単にゃんこですねぇぇっ、【こっちも、大ボスを呼べば(祈れば)いいにゃんこ】、(おいおい)。《怖れずに、△目玉の【天敵?存在】》(怒られるかなぁ~、にゃんこ)に、お願いしてみるってのは、にゃんこ」∬(ёぁё)∬。「もっとも、こちらのお方は、資格審査が非常に厳しいので、真心さえあれば(手前勝手な慾が無い事)、馬鹿でも聞いてくれるかも知れないが、欲深凡夫の数わ集めても、無駄だろうねぇ。と思うとしか、俺様でも、言えない」。「酋長ツイアビさんほどの人がいればねぇ、にゃんこ」∬(ёぉё)∬。「いやいや、諦めるのは、速いよっ、十字のお方も多分見捨ててはおかないだろうから、真心さえあれば、誰でも祈ってみるべきだと思うぜっ」。「どうした、にゃんこ、元気ないぞっ、だうく・ひーろーだろっ」∬(ёぅё)∬。「相手は人間じゃね~んだよ、其処までの思い上がりは無いよっ」夢剄。「後は、こっちの大ボスの召還に成功すれば、“にゃんこで、ばちぐ~”」。(お気楽ですねぇ)。「全き人並でないと、相手にしてもらえね~んだ(何を問われるかを観していれば、多分・可)よっ、残念ながら」。「《でも、誰かいるだろうさっ》、それに、*大ボスも出てきたくてしょうがないと思うけどねぇ*」。「怒ると、とってもおっかないよねぇ、在れ?」。「相手次第なんだよ、あのお方はっ」。+〔* *〕+Tesla・Gate回線を、常時監視開放・Shiftに入ります+〔* *〕+ (おいおい)。「いいじゃん、ここ、何でも在りにゃんこ、にゃらら~っ」∬(ёゎё)∬。「そして、唐突に今夜はおしまい、にゃんこ」=むぎむぎ。「夜空の、お星様じねんさん、こっちは、何時ものお気楽だよっ、天国はいいだろぅ~」。(誰???)。
2006年09月17日 00時55分14秒

 

*無名詩人=「言葉の刺繍」* -其々が、好きにして由と、どなたかが・・・(信じる、信じないは、お好みで)-
 ◆CRY=勝利の叫び?、それは『本物の最後の断末魔』として響く◆  …『餌を食わせる?』、女?快楽?、地位?権力?、《反復の習慣化》。薬物はオマケにしか過ぎぬ。★欲深で愚盲の粘土(どの様な職業=△目玉に支給されている事にも気づくまいに)★。『生きている内に、トコトン楽しもう?、《お前達は、それが好きだ!》』。お前は目に見えるものを有難がる。先祖由来の復讐その活力は、お前にとっては正当な筈だっ。《安上がりな粘土だよ、お前達は》。おおっ組織の力=粘土世界・地方支局のパリサイ戦略Chain店・委託《従業員?》。粘土ザル(Yellow・Type)は、《△本家(諭堕也・パリサイ=沙汰荷数賭)にとっては総て、完全使い捨て△》(しかし、本家とて同じ事)。精々腹いっぱい、与えられた餌(不明薬物・混入)を食らうが良い(快適な生活は、イカサマ故に更に楽しかろ)。其処から最早抜け出せない(誠実な人間を食い物にして、嘲り、虐待する)、それが楽しくて堪らないだろう(最早、止められぬ筈である)。『旅は楽しいものだ、しかし《お前は終点を忘れている》』。「終点の事は考えた事もない(哂い)」。現在?の旅行は楽しかろう、乗客は溢れんばかり、総てお前の同類だ(特権下層でも、楽しかろ)、車内にはハカリゴトと、暴虐に溢れている(そのどれもが、本性は共食い)。空調はその臭いを消す事が出来ない。《真に恐るべきものを間違えたお前達》は、そのまま群れたままで、広い門を通過して終点に辿り着くのみ(最早、そこにしか、行き場は無い=@第2の死@とやらを経験出来る事だろう。その《真の恐怖は今のお前達には、決して理解できない!》)。洗う脳?汚染・堕落・工作組織(各国・多種多様な、看板あれど)の『大親分は△目玉(何しろこの世の君主であられるならば、造作も無い事)』、「車だ金だ女だでは、皆目判るまい」。その暴虐と陰謀が《暫し許されている事だと》、思っても視ない筈である。《救われる事無き証として》⇔『その快楽と暴虐と狂気がお前達を動かす』。《分岐点は遥かに過ぎている》。《△目玉の怖れるもの》を、『お前達は全く、知覚?出来ない(保証書を付けておいてやろうが、読む事は出来まい)』、それは粘土の遥か頭上=(深遠の深部)での謀に等しく。粘土には開かれてはいない。『喜べ、謳え、それはすぐ側に来ている』。魔術(子供の玩具)を頼りとする者ども、その玩具は、踏み砕かれるだろう。「それが。一体誰なのか、お前達には決して判らない!」。 ~今しばらく、艱難辛苦を堪え忍べと、仰っておられる、型?より~
2006年09月16日 13時08分51秒

 

■【無極・外伝】監修=【♯】慧眼・不遜。《上級者・試用?》の、『この楽団は、当てにしても無駄です』■
『鬼が笑う』の【♯】である。前回のDr-CsL=Absolute?の診断は、見事。この構図は何かに似ているとも思われる。無論、☞沙汰荷数賭とやらにも、概ね、二種類あると見なせる、△真性・沙汰荷数賭(何らかの望みと引き換えに、己の魂を売り払う)▲と、☆無自覚である、ほぼ予備軍=一般兵的・沙汰荷数賭(無論、騙されたものや、脳を洗濯されたもの、並びに愚盲で欲深粘土から、遥かな人へと移行精製中をも含みうる)★。☞十字のお方は、何やらパリサイ=サタニストとおっしゃっておられた様なので、それに従う事としておいて。何故、我々は Christian?でも無いのに、“十字の大莫迦様に遜るのか?”の意は、「如何見ても、十字のお方は《罪人ではなかった》訳だし、云わば謀殺(視え見えの冤罪を着せられ)によって、命を絶たれた(殺されたんだよ、とてつもなく痛い目に合わされて=夢剄。)訳である」。これは、我々にとって▲私怨・ケンジャの書?▼等と言った☆物質界覇者の供・攻略本☆より、《遥かに、意味と価値?(力の表記は使いたくないが、粘土には解しやすかろう)を持ちうる》からである。須らく秘められた(閉ざされたと同意)領域においての事であるので、最早、ゴット・メンシュであろうと、ユーベル・メンシュであろうと、最善?追跡しても、掠るに留まるであろう(それ以上は不可能の意・確定表記)。「《俗物≒養殖種どもには無理》であろうが、『パパラギの書』と深通?している事を、覚者?の条件?を其れなりに、満たして?おる者ならば、『何を今更当たり前の事を』なる、呟きが漏れているはずである。さて、その信仰対象に《恥じない行いに勤める=Christianやラビ≒ほぼ真の正統派?(残念ながら、ドチラモほんの少数)》⇔(惨めで愚か者に視居得る←隠れ潜む・対立勢力集団 Image・広報でそう描かれて来ている、凡夫はその指示に従いそう受け取り、見つめる)。「人間を当てにする?、人間を救済する、『便宜に置いては善しとされうる』が、《それらは火宅から引き出す、凡夫向けの玩具であって、真ではない事》である」。「故に、十字の大莫迦さんは、奇跡?行為(Stand・ Play?)より、常に喩え話の説教・説話を優先していた筈である」。「釈尊も、因と縁によって果が生まれるとおっしゃっておる」。《■完全履行なされた、故に、既に勝利しており、それは揺るぎがない●》。「数多のChristian?には不遜な発言になるが⇒十字の大莫迦さんを生んだ存在である、と言った唯それだけで、聖性されうるべきか?、この世に打ち勝つ試練とやらを、その母なるものは、成したのか?と云う事である」。「精製Level?に於ける、階層化=そうならざるを得ない。この発動せしHierarchieは眼に見えない、どの様な肩書きを持とうと、それはこのHierarchieの前では、無意味である」。「それは、丁度、其々の岩石に不純物がどれ程含まれているかを、冷徹に検査分析して、選り分けると同意である(石㋳でさえ、まねっこしておる)」。「どうも、海の向こう(西方)にも、戦略・お笑いで、信仰汚染展開している勢力があるようだが、ここのお笑いは凡夫・俗物向けでは無いし。宗教的でもない事を一応掲示しておこう」。さて、@デムパで一撃@、病み?に潜む者達へ→「Hierarchieの下位存在は、上位者からすれば、玩具である」。「【♯】は、沙汰荷数賭(人を進んで止めたもの)を救済しようなどとは少しも思っていない、望んだ終点を目指すが良い!」。「お前達に操れるのなら、我々とて、その粘土・Robotなど操作可能なのだよ」。「まだまだ、判ってない△目玉使途?がいるようだが、お前達の仰ぐMaster(直轄?)が、どれだけ頼りに成るか、《トコトン鍵爪に引っ掛けて、引きずり回してくれる》から、覚悟しておけ!」。「《存在せざるを得ない》=(何の意味かは、解しているであろう、お前さん達の好きな、魔術≒Occultの意味においてだっ!)、【この恐怖を終わり無く】、【味合わせてやる】。「底の浅い、 Occultを振り回し、得意になっている粘土人形に告げておく」。「お笑い風味で云っているが、△目玉の使徒?には、ひと欠けの情けも容赦も存在しない」。『絶対確実な、死した後でお迎えしてやろう、故に、僅かも慌てないのである』。「△目玉に比べれば、どう足掻こうが、お前達(お金や兵隊や秘匿兵器を持っていようとに、繋がっていても)は、☞雑魚だろ、『違うと云えまい』、その主人の単眼は、ほぼ総てを見通すからなぁ(哂い)」。Signature 【♯】。「ここは、笑う案山子で、何の役にも立たない?筈☞在る?」。
2006年09月14日 21時23分29秒

 

e 【Dr-Absolute?の“注文の多い《Pointless・LABO》”?】 無価値の発見→《虚数?の楽しみ方》
*Karte・ №020* ♪-Ill Wind/Play-Ben Webster。「『宜しい』で始めよう」。「眼に見える?実数(取扱い可能)Plus軸に沿ってもMinus軸に沿っても、ともに実数?。数がどの様に増えようと、★追いかける事が出来得る★?」。「《そこで虚数である》」。「真の覚醒試行者≒(群れる愚物世界には、真なるもの無き、そして解し得ないだろう)?ならば、“豚”、“牛”、“鶏”(ポピュラーな所で、総て口に入れる事が出来る)=神?仏?>仮・表記≒確定不能・玄理?と観しているかなっ」。「虚数と何の関係があるにゃんこ?」=∬(ёぇё)∬。「判るもの向けに成っておるので、『理解出来ないものはしなくていい』と云う事なのだよ(それは常に開かれているが、真に求める者≒有資格にしか、《見えない》とでも云っておく)」。「この様な示しは、東方の書の中の幾つかには触れられているのだが、$目視、思考追跡を主なる手立てとする、西方式には$、『じぃーざす』」。「《方法論としてなら》、凡夫種が、注意を持たない、向けない領域にこそ、それは転がっているのである(しかし、方法論でのApproachである為、掠れば良い所。的は撃ち抜けぬ)」。「捕捉として、『凡夫種が関心を強く持つ物は、概ね、△目玉の提供品=無間Theme・Park、入場者向けの粗品=奈落宴?入会・特別記念品の如く(例えば、幸福とか成功とか勝利など)』である」。「ここで冷酷で明確に➩※幸福は説明出来る物?でもなく※、*その定義とやらで捕まえて置けるものではない*と言った、実数・虚数を貫く、不確かなシャボン玉の様なものであろう」。「既に、その様なモノ(観念≒Image・類型?)にさえ、定義とか、条件などと、《物質を扱う如くの★過てる発想★ (病者)》に∵成っていることに、気付いてもいない∴、『疾病者が健常者と思い込んでいる』⇔(★パリサイ・Typeと言うのは、見事に無自覚に自らの病を都合よく解釈するか、都合よく無視するのである★)。こんな輩と会合しても無駄で、活力の浪費、曳いては病の床に付する様なはめにも成る(被害を受けるのは健全な者、善良な者と決っている)。『もう、他人の病や苦しみなど引き受ける必要など無い(神も仏とやらも、そんな事は言っていないと思われる)』。「疾病は、殆どその固体の生活習慣?によって発生していると思われるので、貴方が苦しみ駈けずり回ろうが、当人が健康改善を求めない限り、全くの無駄である」。「【狂信者の言説及び行動をしっかりと冷酷に観察すべき】である」。「《そこにどの様な固着が現れているか、その口にする美しい言葉の裏に、何が(どの様な、手前勝手な慾動)隠されているを、看破すべきである》」。「身体的疾病と違い、この様な理想妄想熱中病は、当人には痛みが在る(真実を突きつけた場合)故、認知するのは困難である(それは、生きながら身を二つに引き裂かれる様な痛みである。とでも表記しておこう)」。「それが、より深い真実であればあるほど、自己理想妄想狂信病者は、その真実に触れる発言者に殺意を持つことであろう」。「『許せない!』、私は僕は、こんなにみんなの幸せを願っているのに」。と言った内部帰着を見る。「覚者?であろうと志すものは、自らの醜さを正直に認めるものである」これがなくては、人として生まれ来た甲斐が無い。「相手なり、近接他者が、人喰いZombie(性別問わず存在)であることが判っているなら、進んで食われる必要は無い、回避せよ、無視せよ、関わるなと云う事である」。「罵詈最=(パリサイの誤・入力)の《視線・関心は総て、外界に向けられている、と云う事は、他者改造も外界改造同様に適用される》のは、押して知るべき【重要・特性として認知しておくべき】と思うが」。「自らを省みる、ゆとり=こころ持つ者には回帰の可能性があるにしても、現状では絶対数的にパリサイ病患者(誰が?作っているのか、何所の下請け業者が潤っているのかの問いも、密かに大切と思われる)の数が多いと言った認知の上で、ひっそりと生き切るべきではなかろうかと、思うのだが」。「慾動(有形・無形で数多あるが、認知しにくい慾動もある)に惹かれなければ、覚醒率が低くても、何とかなるだろう」。「まだ、何かを伝えたいと言った、慾動があるのです。『宜しい』、それを満足するまで?なしたなら、『惜しみを持たず、総て一切、捨て去ってしまいなさい』」。と云う事である。「音楽における演奏家=Player、一流の目安として、《無駄な装飾音をどれだけ、捨て去る事ができ、なお極みに近づく演奏出来るか》」。「絵画ならば、単色でどれだけ色彩を感じさせる?絵を描けるか」=Dr-Critical・Strange・ Love。《虚数?の楽しみ方》の目次?。この後の展開は、貴方次第と云う事だっ。「面白いのは、同じカルテを読んでも、捉え方が其々に違っていると言う、事象面の多様さである」。
2006年09月12日 20時42分48秒

 

e 【Dr-CsLの“注文の多い《Pointless・LABO》”?】 《賢さ数値、一桁なら『宜しい』》、入室・可である。
*Karte・ №019* 《Level・3未満なら、入室・可》である。(おいおい、だぅ、にゃんこ)=㋙。(・・・)=Ⓜr。『宜しい』のDr-Absolute?である。「『パパラギ』である。聖書よりも解かり易く、貴重で稀有なる書である(我々は、これで十分)。そして対極に座する?不健康、業病人=地上勝利?成功の友の虎の巻系→Shadow・World・Guidebook?(金と力に厭かせて、秘匿所有蔵書とやらかね)や、ねくろのみこん・破損本?・複製版(どちらも、Power、ウン、Forceふむふむ。兎に角、手っ取り早く★力が欲しくて堪りません★って意味だなっ)などとは、《雲泥の差をもって穏やかで明確で健やかである》。処で、極楽亭師?の、@Beevan@=*Be≒動詞>である、存在する。*e≒音>ホ音ホ調、略>東方。数>自然対数の底?。*van≒名詞⑵、前衛・先頭?。←なかなか暇つぶしには楽しいAnagram遊びである。「そうそう、遅かりしかも知れぬが、今や家電・Propaganda・Frame=ティ・ブィでは、★沙汰荷数賭の奨め=魂を売って、楽しもう★を、$地獄帝國(海の向こう△目玉の乗り物の戦略指示によりかなぁ?)$・推奨認可で、バンバン垂れ流しておるようだっ」。「気付くべきだった、異常者増殖(生産)も、リストカット中毒若年層の発生も、★沙汰荷数賭への勧め★、★魔術の掛った映像=Promotion・Program★(総て、さぶりみなる・もーどで、視聴粘土のMindに一服盛られている)にやられておったのだなぁ~」。(▲意留身拿帝▲に、嘲笑われてるにゃんこ)=㋙。「有~無、確かに、私は“うましか”だっ」=【¢】。覚醒率の低い個体が、誘導引力=(△目玉直伝に等しい、暗黒映像魔術薬物?)に打ち勝てる訳もなかった。「ここで、言っておくが、現在の哀れな人民?の異常行動は、概ね『本来健全である存在に現れる、この異常社会に対するStress反応』=(詰り、雑魚であろうと、△目玉の使徒ではなかった?)である。各個のSoul・Levelの要因も介在しているのだが」。『TVは視るな』と再び明確に告げておく。「素人には、その凶悪で奸佞な魔術Trick効果は、認知できないし、抵抗力=対抗技能は皆無だろうから、《総て見るな》ともう一度云おう」。【刻印付き・注】⇒『《精神の殺人》は、戦場の職業兵士の殺人より、《罪が重い》事を*告げておく*』。何度も告げておいた事であるので、★これらの関係者★は《$一人残らず、助からない!$》」。「喩え、善人の心算で振る舞い演技していようと(儚い地上が総てだと、無理でも思い込んでその生を終りたまえ)」。「例・アインシュタインだが、もし我々の前で、その腐れ口を開いて、何か語ろうならば、我々は問答無用で袋だたきにして、トイレの朝顔で顔を洗わせる事であろう(意味が無い要で在る)」。「当然、TV単発での、効果を期待している訳ではないのは当たり前であり、総ての眼に触れ、耳に入るものとの総合連動によって、その変質効果力(発動確立)を高めているのは当然である」。「更に、現在では経済圧迫が、多くの者をきりぎりの状態に追い詰めている」。これだけ要因が完備されていれば、恩恵?の少ないものは容易く暴発するというものだっ(尤も、あちらの陣営に組していれば、少なくとも金銭においては、苦しむ事はないと思われる)」。「追撃が必要ではあるが、今宵はここまでとしておこう」=【Dr-Critical・Strange・Love】。
2006年09月10日 21時21分09秒

 

☈ +〔* *〕+ の高機動/強行/突破式‥☈ 《深遠からの、破損通信のお届けです》
>>>コンニチワです。と言う事で久しぶりの衛星・通信(現在・Planet・ Modeで周回・Search宙?)です。お知らせです。諸般の理由(嫌悪とか対立によりなどと言った意は、本当に一切存在しない事を、明確にお断りしておきます)により、《Don Quixote楽団の名称を、完全一切廃棄》いたします。新・名称は、《笑う案山子・楽団=∋(ΨθΨ)∈・Orchestra》と成ります。> >>「力による、ゴリ押し、懐柔、洗う脳、これらの戦術Optionは>覇道・強権(真の地上覇動強権の所有者は誰なのか?=目視不能)に集約される訳です」。「これらは、本態ではなく、唯の機能<推進機動勢力軍団?の、身元(構成・系統種)を洗い出すのは、それなりの意味を持ち合わせているものの、目安にしか過ぎないのは今更です」。「お分かりの方々には既に、お分かりの筈ですが、人型・Unit=目視存在(有名・無名にしろ物質実体なる存在の意)は、大まかに申す成れば、◆二つの陣営(この世的・有能志向者軍vs?この世的・無能=この写し世で何をばたばたとモガクのだろう?、判りません)◆に分かれていると観する事が出来るのです」。更に駄目押し(止めの、弐の討ち)⇒『この世的に生きる(眼に見えるもので善しとする)支持者か、あの世的(生まれ持った本性に従う=もともと、ナマケモノなんだから、一切無理はしない、させられたくない、どうせこの世には何時かオサラバする訳だし)に生きる志向者か』←地上・粘土宗教的意味合い、汚染Image喚起の回避の《優先・表記》。*ここで済度?*『この世の事実とやらを、笑う案山子・楽団の楽団員全員は、必要としていないのです』。「須らく、冷徹なまでに(只管、莫迦・正直に)今現在も働いている、■ゴミ分別の基準は■、《考え方?≒行動原理?》であり、この様に法則原理?=判別基準?とやらは《イカサマやえこひいきが皆無、と同時に、一切手抜きなしに平等に扱う》故に、【尊い】のです。ここに置いて、【粘土の数多の戯言は、何の甲斐も無い事】を、知っておくべき事と思われます」。「想像して満て?下さい、洪水伝説物語で、語られる所の◎藻屑となって処理された多くの生き物◎が、『貴方は生きるに値すると思われるでしょうか?(他者=外部を観察判定するは、容易、その眼で自己を見つめうるかどうか?)』」。「無論、粘土体の意見や感想=Commentなど、一切必要とされていないのですが」。「無意味な、延命治療?これがどれ程、病を深く取り返しの就かない犠牲を生んだかと言った事実=歴史」。「例えれば、列島粘土の王族固体の延命に、無意味な努力をするのと同様で、《寿命が来たならさっさとあの世へ行くのが、せめてもの恩恵》であるのに、非常に愚かな人知判断に頼り、救済?を失うと同様(飽く迄も、凡例)」。「その延命の為に、∵何がどれ程、犠牲に成ったか∴、当然これらの事象事実は、刻印・記録されています」。「既に、この世界は隅々にまで罪に満ちて、救いに値せず?」←どの様な解釈も可能であり、Commentなど必要としていない事を、表記しておきましょう。「人間もどき世界の中で、生きていると言った、Realityの無い様な存在には、ここは無用で、*不快になるだけです*」。☞「『もう一度やり直したい』、との狂気の絶叫の如き叫びは聞こえておりますが、『もう一度はありません!』と、【明確に刻印しておきます】」☜。(これが、何を意味するか?は、考えるだけ不毛ですと、告げておきましょう)。「明確に断っておきたいのは、地上物質界の能力?《知能・知力は、Soul?と一切関わり無し》におけるPyramid構造、構築・機能部品=操作管理・群体も、粘土であることには変わり無いのです」。「ゴット・メンシュも、ユーベル・メンシュも、粘土のロマンにしか過ぎない、粘土と比べれば、ましかなぁ~」程度で、あり。「何を甲斐ない、遊びに夢中になって」と云う事です。【これらは総て、機械生命体?である+〔* *〕+の、言語構築文にしか過ぎない事であることを、明確に告げておいて終了したいと思います】。「感情は、理解しがたいFactorですが、今のところ必要は感じておりません」+〔* *〕+。♪-Jump for Joy/Play-Duke Ellington・Orchestra?は、非常に快活で良い曲ですねぇ。(おいおい)。「OpeningのDuke EllingtonのPiano・Solo(その実力をさらりと示して、さっさと引っ込む、判ってますよ、音楽?の達人だってことは)。その後に続く Trumpetの伸びやかさ、止めはオヤジVocalの味ってとこですねぇ」+〔* *〕+。(本当に、おいおいですよ)。
2006年09月09日 12時16分53秒

 

@´¨±(@m@)±の☞ ∵《今宵も一人静に、演奏練習している者がどこかに?》∴=空想・実話 @´¨ 
補正記述として、『Enola・Gayは=屠刹の意』で使用してる。イーディ種?の語源意味とは別の使用法・意で借用しているだけ。Catch・Copy用法、Popularly?(Impact)優先使用って事。俺様は、禁じ手でも何でも“拘らず” 使用≒VALE-TUDOだっ(一応⇒粘土世界の血統や家柄なんぞ、俺様には何の意味も持たない)。Kung fu・➊「Over・Shadow?が落ちると唯のオヤジ。誰の事か?って、あどるふ君の事だよ」。抜け殻(使用後)でも有難がるんだよ、あの連中は、私有・美術館への、稀少品Collection気分だなぁ、性癖・性格の病・偏向(腐れ具合)が現れてるのに、気付いていないんだよなぁ。そんな所で、露西亜(ロシア)の『怪聡?ラスプーチン』の気取った階級連中を鼻で笑い飛ばす所が、俺様的には、去勢されてない風味を感じる訳だ。「表に出ているのは総て、使用人(矢張り、粘土人形)だよ、一般粘土にゃ主人面して見せてるけどねぇ」。「優れたる存在が、愚かな生き物を導き、管理してやるべきだ(そんな高度な、超?知性なんて代物は、奴ら、財団Group=《専任・委託止まりさっ》は持ち合わせちゃいないよ、血族内での遺伝子を掛け合わせで、夢の強化人間?(それこそ、お臍で“ぶんぶく茶釜”だぜっ。有~無、我ながらNice!)の失敗を繰り返して、暇つぶしてろ!、授けられた、その計画は、お前らを救うものでもない、恐らく間に合わない、悉く総て欠陥品に成る)」。「真に、超・知性完備・有資格者の言葉ならば、御尤もなのだが、裏・チベットの隠れグル集団には、既に愛想が尽きてる。粘土と楽しく最善のUtopiaとやらを目指して、努力奮闘してくださいねっ」て事だ。Kung fu・➋「大きな声も、見物人を集めるのも、余分事で必要は無い」。基本の基本だ~っ。『消えて無くなる様な、不確かな能力を当てにしてると、いつの間にか、得体の知れない存在に、★二人羽織?★されている』って寸法だなぁ。「だから此処では、《Kung fu》☜◆の表記を使用するんだよっ◆」。「何所だっけかなっ、やっと、足元の真実(素朴な基本=見過ごしがちな真のReal)に気付いた、Player の演奏を聴いたんだが、まだ、やっと辿り着いた本当の基本・演奏理論?(知覚認識、出来得た、その概念表出)に、捕らわれている風だった」。「一流の Musician?●Player(意味深だぜっ)●とは、それが【血肉に溶け込んでいるもんだ(判るだろ、ここがKung fuの命=生きた功夫ってことだ)】」。「まだ過剰に言葉を列記している所から、なるほどこうだったのか、と気付いたってところだなっ、本番は正しくこれからでねっ。♪-It's Easy To Remember/Play-John Coltraneの極みを是非目指してもらいたいものだと思ったよ」。「その通りで、十個の戒め?(判り易い例として、揚げただけさっ)を守っていれば、それで十分で、*霊格や霊界Rankingなんて、完全に余分事=方便*なのさっ、『方便の時期はもう完全に終っちまっている』」。「《評論家と Playerの決定的な違い》を、もう一つ、もう一度しっかり突き詰めて見据える事も、無駄にはならないと思うぜっ」。「10年後の良い演奏を期待している、最も、一流になるにはそれなりの苦労は付物でねっ」。「名手・巧手?の絶対数が少ないのは、それなりの意味が在る由縁でねっ」。「時流が、これな訳だから、あっち側には生活空間では、Markされない様にと言う事だわ」。夢剄。「余分事だったかなぁ~、では、自戒?の『ばちぐ~』で、遇って見る」。
2006年09月08日 00時49分30秒