×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

❖無限解=[弐千六^08⇔09^]❖

※一人でも出来る、無限解・潜功探索・空想研究《実験・日誌》※

●Take The 【♭】-Train● 《見える意味と見えない意味、【続編】》 (知力)は*必要ありません*
取り合えずこの辺りから♪-Equinox/Play-John Coltrane/◎-Coltrane's Sound [Remastered] [UK]より。コルトレーンも落ち着いたPlayだと、いただけない訳ではないが、このAlbumではまだまだ(模索中?)と言った観である」。「が、それでも時折良い風味を、聞かせてくれる」=【♭】。【♭】-Train<Cynical・Wonderful・Tour√142●。「再・確認の意味で、『粘土=(劣化Copy品・沙汰荷数賭)に幾ら崇められ好まれ酔う?が、全く虚しい事でしかない』それは、何れ★眼に見えぬ業病?へと内部において進展する★」。☞《嘘に嘘を重ねることでしか、粘土=(沙汰荷数賭・劣化Copy品)を、引き付けておく事が出来ないからである》。真実?(今の有様では、天国行きなど望めるべくも無い、貴方々がそうである、その証拠を挙げてみましょう)を突き出せば、愚物・凡俗は蜘蛛の子を散らす様に、逃げサル?であろう。『そう逝った。出来損ないの欲深の愚物だから、十分利用使役出来る』=△目玉Sideのコメント。さて。ここで独逸である、エンデの『モモ』から引用展開してみよう。灰色のSalesmanが世界の(80%)を押さえ込んでいる。既に灰色のSalesman本人達ではなく、⇒灰色?Salesの代理店・従業員=粘土模造品(最早、自覚意識は完全皆無、基本Programは総て使役用に書き換えられた存在)が、そのSalesの展開に励んでいるのである」。「少しずつ書き換えられてきた、常識=Common Senseなどetc≒>△目玉・的Standard、それらに*異常?適応*しつつ、世代交代を重ね、粘土は養殖・使役種を生み育ててきた事に、気付いてもいない」。「それは、奴らにとっての使役=養殖・完成品種とも、言い得るものであるが、親はそれでも、我が子である、と言った幻影の慣性に捕らわれたまま対するのだろうが、言ったであろう、《その内面は別物!(競合状態?)》⇔『シネマの光る眼』を見て置くようにと、何かのついでに、記載していた筈であるが(総ての固体がそうであると云っていない、それでも健全なものも、劣悪環境の中にも幾らか存在はしている)」。「この世の病?を完治する為には、前回の《見えると見えない・・・》の続きに成るやもしれないが、【△目玉の使徒総てを切開摘出しない限り、◆在りえない◆】、薬物療法でゆっくりと健康回復(これが、ドアホな大乗系?の存在軍団の推し進めていた計画であった)。【覚者でもないアホの考える理想妄想】が、《どれ程の犠牲を作り出しているか》⇔ 《自腹で決算すべしのお達し》が出された故に、どたばたしているのである。己さえ救う事の出来ないものが、良くも大口をたたいたものだと言った所であろう」。(残念な事に、それは冷酷なまでに、完全成算される)。「《善のつもり、仏の教えのつもり》の者どもも、容赦なく終始決算・要求される」。「凡夫種は、当然“これらの空想言説”に、『問答無用の拒否を自動的に示す』、◆このことが既に、沙汰荷数賭の劣化模造品であること◆に、心在る者は、気付いておくべきである」。「▲死怨・賢者の書▲が、その手の内をさらしてもなお、実在化・効果力を持つように、ここの空想言説も、ネタを明かしたとしても、同様に、実在化・効果力を持ちえるのである」(当然、信じる必要はないんだぜっ)=±(@m@)±。「凡夫は呟く、そう云われている、のならば調べる、探求するべし、《『一体何をだ?』》。植物の種を切り刻み、そこに何かの秘密が在るはずだ?。(其処に、何か?あったか?)それは人間主体=666=沙汰荷数賭の発想である。凡夫・俗物・粘土は大抵、自分が☆善人であると言った思い込みを固く信じている☆だろうが、喋り、動き、喰らうただの、△目玉の玩具であると、認知は出来まい=(内部の保全自動処理に従い)、発狂の危険が在る故、巧妙?に真実?を回避するものである。「★正義も真実も真理?も、粘土の玩具(良く振り回して見せるであろう)★、玩具が玩具に熱中しているだけである」。『其処に、出口は無い!』。デムパ・≧(ΘЙΦ)≦より→「追加として、物質界・支配者Group(どの様に、この地上で優雅に過ごしていようと、死後決算を無事に済ますことは出来ない)に属していようが、同様・劣位である」。ここで、デムパのオマケ「イギリスの高位?・召還者の死亡News?(此処・最近の事と思われる)、誰か知っていたら教えてくれると、それなりに在り難い」。「Sunmon?Warで、敗れ去ったと言った話を噂でなぁ~(興味は、もともと余り無い、確認の意味)」。今宵の【♭】-Train√●は、これにて、消え去る空想の如く、去り行くのです§(“x“)§。
2006年09月06日 20時54分03秒

 

●Take The 【♭】-Train● 《見える意味と、見えない意味について》
Ageing=老い行く事。さて、総て此の世の物は、時間経過にともない劣化・崩壊?してゆく定めに、《不思議なことに、誰もが従っている》⇔(誰も、これに反逆を成し得た者は居ないところが、東方絶味のお品書き?で、同時に西方・無明への、確定・ほのかな=Cynicalな笑いも誘う)」。今回は【♭】-Trainの食堂車での、Cynical・Wonderful・Tourなのです>カイファ・ハールカ=§(“-”)§。「誠に面白いのは、総ての生き物が、【この事象に*従わされている事実*】である」。「マルクス主義に比べれは、『y(~σ~)yの寝言!』」。←『それが何の役に立つんだよっ』。←『考えたところで、意味があるのかよっ!』。『今現在の愚かで、腐りきった、低劣・俗悪な世界の有様を何とかするほうが、先じゃね~のか!』。興奮して、世界破壊(皆殺し?)に走らぬように、まぁ~、落ち着こうじゃないか=【♭】。「★対処療法学習?を受けたもの★←(意味深なのだよ)が、得てして、熱心に熱弁を振るうのだが」。「医学は延命と健康回復、この二つに対しての手立てしか無い!」。「ここで@快心の疑問@を一つ、欲望を満たす事のどこが悪いか?=養殖?粘土種が、何故?《不死治療を医学に求めない?》のかが、食っている飯を思わず吐き出す様な、《不思議なのである》。「勝手に、何所までも、いっちゃいな~ぁ、にゃんこだぷぅ~」=∬(ёぅё)∬。「どこかに勇気ある=手前勝手な強欲な恥知らず粘土が、上記のNeedsとやらを、口に(強弁・欲求)してもよかろうにと思うのだが」。「実に不思議である、ここで、お茶でもいただこう」=【♭】。「ちょい待ち、奴らなら、トカゲ人間に成りたがるかもしれね~」±(@m@)±。「ど~して、にゃんこだぅ~」∬(ёぇё)∬。「遺伝子 Levelで融合させ、トカゲの尻尾切断時の再生能力を欲しがるだろうよっ」=夢剄。「凄い、発想だぅ、にゃんこ」=∬(ёぁё)∬。「それで、思い道理に?、手でも足でも生えてくればいいがなっ」。「でも、バケモノじゃないのかなぁ~にゃんこ」=∬(ёぉё)∬。「これで、奴らの外面と内面が合致するので(本性マル判り)、お目出度いといえなくも無いような気もするが」=【♭】。「よしっ、医学Groupに、秘匿・超?化学の知識を吹き込んで、やらせるか~」。(おいおい、汗が冷たい、多量に流れる)。「一寸待て、666<奴らは、△目玉も反吐を吐く奸佞さを持つ>666、当然。無辜(むこ)と、ほぼなんとかぎりぎりの、と同意の民が被験者となり、実験が繰り返されるはずである」。「故に、その策謀は許す訳にはいかん!」=【♭】。「仰るとおりで、実に浅破価?でした」=±(@m@)±。「でも、何れ、勝手にやるんじゃないの」。「我々が、罪を犯していなければ、十分である」=【♭】。「錯視?、策に溺れる、まだ解してないようだなぁ~」=【♯】。「おぅ、視賦(し~ふ)、ちょっち、字が違うようなっ」=夢剄。「ワシにその様な、緩い、お笑いで凌げると思ったのか?、ウウン」=【♯】。「はいっ!、ちょっちトイレ行ってきます」=夢剄。「今回は、逃がしてやる」=【♯】。「考えが浅くて困りモノである」。「構成上の、役に徹してるだけなのになぁ~」=夢剄。「この様に、Combinationで、別キャラが、同一話題を喚起させる、揉め事を起こす事により、この基本Themeを、Userに、強くAppeal(印象付け)する。これ等は、多分?思考戦略手法?と思える*気もするが?*、何せ、ここはただの空想聡作領域であり、その道のプロには、遠く及ばないのでなぁ~」。(所詮、趣味の域を出ないのか?)。「我々は、ただ愉快な戯言を楽しむのである」。「冷酷な眼差しと、この世的では無い、領域において、静かな、絶対的な力を振える時を慌てずに、待つのである」。「ツケで、勝手気ままに、やりたい放題、結構、この世的には、それも通ずるだろう、が、【悟ったとされる釈尊さえ死んだ、況してや、凡夫が、如何にして、死から逃れられようか!。今の内に死なずに済む方法を、探しておく事だと思われるが】」=【π】。《見える意味と、見えない意味について》のTourは、これで終了です。
2006年09月05日 22時50分33秒

 

@´¨±(@m@)±の☞ ∵《限界?、遊びだぜっ、まだまだ穿孔?するんだよ!》∴=空想・実話 @´¨
「『よっしゃ~』の掛け声と共に、俺様=±(@m@)±の登場だっ!」。《欠損しているもの=余分なもの》ドチラモ*同意*云わばCardの裏表。このイカサマGamble=運試し?知恵比べ?で、*確実に負けない方法*→《そんなTableには着座しない事》だっ。『これで、二元論の仕組みは完全粉砕で完了』。「よっしゃ~次の◇粘土捲り?◇は、生の終点、そしてその次はあるか?の引力圏に無明存在は、捕らわれる。『教えてやろう、教えてあげましょう』。に、初心者状態では、善意?であろうが、Sales・Talkであろうがね、一度は引っかかるものさっ」。「その薬物的・魅惑力は、凄腕にPower・Arm装着と言った塩梅で、大抵の凡夫を捕らえて放さない訳だし、ヒモに貢ぐ、快楽=肉好み(我ながら、Niceな翻訳だっ)好きの女みたいなもので、【貢ぐことが】、安易≒(愛の誤記入だっ)とか慈悲とか救済とに自動自己処理してくれる訳だ」。「此処のところをしっかり押さえて、加入展開(呼び込み)しているから、淫売㋳と同意で、廃る事がないんだねぇ」。「俺様的には、肉体労働のおね~さま方のほうが、説教で金を毟り取っている連中より、まっとうだと思えるんだがねっ」。「凡夫=粘土の特徴は、死が近接して初めて明確に死後とやらを意識し始める事で、活きている間は俗世の流れの中で溺れないのに必死(生き残り優先)、詰り、日曜動画の並兵の如く人生を殆ど消費するわけだっ」。「あの世へ逝って、帰ってきた事象は数少ないし、大抵個人的な経験か、他者には幻覚と同意な訳だから、結局の所、他人様事であり、《皆目不明だと言った処に落ち着く》」。「しかし、全容の不明な死への不安だけは不確定であるにしても、生体の終点である自己の崩壊点をね、知性が頼りないその微弱信号を感じている訳だよなっ」。「遥か彼方のお伽の国の様な時代の人々は、死の後の事を知っていたので、実に今とは違う伸びやかさで活きていた」←(無論、眉唾ってことで)。「現在の劣化脳死状態では、その様なRealityはね取り戻せないだろう」。「Native・Indianの、言葉に、『若者?は働いてはいけない、夢を見なくなる』」なる言葉があるのだが、(これが、改ざん文書からであれ、文献元が違っていようが、そんなことは一切問題でわ無いのだが、劣化。汚染現代種は、上記の表記を《現代訳で読み取ってしまう=解析処理する》のだが)。「音楽演奏のTrainingなどとほぼ同様であり、現代版・取り扱い書でのみでわ、読み違えてしまう(例えるなら、古代と現代の体感?時間間隔の違いが歴然と存在している←Missingであることくらい、想像できるだろう)のさっ」。「一つ一つの単語を解読し概念を当てはめ、繋ぎ合わせてね、読了し、大意はこうであろう」何ていう代物ではないのさっ。「『既にその視線と注意は細部に留まっており、【それは機械での読み取りと何ら変わりない代物】であること』に、もう好い加減気付けよなっ」。「量産型・Micro・Typeとの Dataの遣り取りは、非常に疲れる」。「ここのところをHitlerは、お前らと話していると退化してサルになると喚くんだろうなぁ、良く判るよその気持ち」。「元にもどそう!この様な夢のある御伽噺?に対してhystericに成るって言うのは、ご本人が、意識の非情に深い所で、もしかして、死後世界とやらがあったら、俺は天国や極楽に行けるだろうかと言った、不安が内部で腫瘍状態で存在していると思うぜっ」。「y(~σ~)y=ヨタロウに、この手の話をしてやると、聴いているんだか、いないのかよくわからねぇ」。「で、奴わ言うわけよ、話の途中でも平気で、『腹へったからめしにしようや』とか、『眠いから、寝るわ』とかで」。「お前、俺様が語ってやっているのに、ちゃんと聴いてんのかい!」て怒ると。「そんな事は、死んだ後に任せりゃいいんじやないですか?」って来る訳よ。「死んだら。何かに縋らなきゃ成らない様な事してる連中が、得てして、不安だからそんな話を、熱心に口にするんですよ」と、来る訳だよ。「㌿と。莫迦か悧巧か良くわかんねえ奴よ」。これで、今夜の俺様の空想実話は終るのよ。また次回の《笑う門に、ネコにゃんにゃん》で遇う会?。『ばちぐぅ~にゃ』±(@m@)±。「ふにゃ~みぃ」=≡(ΩzΩ)≡。
2006年09月04日 00時14分01秒

 

■【無極・外伝】監修=【♯】慧眼・不遜。《上級者・試用?》の、『好戦的生物・観察日記?』■
『鬼が笑う』慧眼・不遜である。「おおっ、※Hitlerとその推進Groupが敵視していた、※ ルドルフ・シュタイナー、どちらもナカナカ、大したものだ(どちらも当然、凡俗とは。別覚?存在である)と、誉めておこう」。「《が》(おまけ⇒対立構造は、真の秘渡=ヒト(際どい当て字)?にとり、誠に好ましく無いものである)」。「上には。上がある=(凡夫向け表記=Plus・Image風味)」。「底には、底が在る≒更なる深みがある=(隠れ覚者向け)」。凡夫≒MK?養殖群体はまだ、△目玉のばら撒いた、進歩とか進化及び未来などの言葉≒(近・過去から、現在において、時流Trend・Wordとして、刻印された呪いのWord全般=当然、映像Propaganda屋=虚業Image商会?が、過去から噛んでいる)に、浸され唱えながら育っている事を、再確認しておくべきであろう、当然、ここで、奸佞・頭脳・暗黒結社・Group?の、穢れたおぞましい近・未来計画(地上・地獄帝國世界=彼らは、それを△表→夢の千年王国(地上天国?果たして一体誰の?と問うべきであろう)=裏→NwO△との★ 看板を掲げる★のだが、凡夫は、その表・看板表示を鵜呑みにするだろうが)に向けて、ちゃくちゃくと仕上げ段階に入っている事と思われる(△目玉の思惑が総てに優先するは、当然、奴隷財団?Groupは、その勅命に従い、破壊汚染に全力で励んでいる故に、不完全なる地上王権を授けてもらっているのである) ←隠れ覚者には、何を今更でわあるが」。「そして、当然あらゆるGenreのMega・Hit商品*全般*(News、報道も例外では無い)が、その為に連動していると考えてみる事は可笑しな事だろうか?(凡夫が商品と感知し得ない、Image物品も当然、含みうる)」。「と、どすこいで、劣島はBSE? Humanoidの溢れる、脳死本懐天国と成っている様にみえるのだが、いかがなものかなっ」。「本来は脳死でわないのだが、粘土向け(やや、やさしく)表記で示してある。隠れ覚者は、脳死ではなく、別の単語?を*装填・解釈*=(ここぞ、自得Kung fuの験しどころ)しているはずであるが」。「この、ただの空想・実話《罵辞東風・伝》にも、Checkや監視が入っていると、思っているほうが、損傷は少ないので『注意⑴秒、怪我一生』の注意書きも、案山子のように、役に立たないようで、畑の中などに立っている」。「この領域はOne・Way、One・ Sideで、こちらの言いたいことしか、表記しないので、ファン・倶楽部も後援会も、汚染・工作種も必要無しである」。(おいおい)。「●と言う事で、須らく赤の他人と云う事である●=隠れ覚者・専用表記」。*話変って⇒『如何にも、ここと関わりが在る風な、記載展開をしているGroupが存在しているかもしれないので、注意を討って置くが』。「例え、隠れ覚者であろうと、◆お手繋いで、仲良しは在り得ない(貴方は貴方、私は私)◆のである、況して凡夫・俗物種なれば、直の事である」。「完全に。閉じた領域と思ってもらえれば、間違いは少ないと思われる」。「と言う事で、上記の二者よりも、尊ぶべき人物を挙げておこう、“パパラギ”なる尊い書を語ってくれた、“酋長ツイアビ”に、感謝を感じるのである」。「最早、この極みは、凡夫には決して判らない、と同時に、総ての魔術師は、彼の前に何れ跪き、許しを請うことになるであろうが」。「知っている?それが、一体何だと云うのかなぁ?」。「我々は誤囲㋰より優れている!』。←(これこそ、錯覚、錯覚)。「お前達の△真の守護神△にお伺いをたててみればよかろう、返事は、きっと無いはずである」。(Enola・ Gayくらすの、意味深で、今宵は閉め落とすのである)。今宵のServiceは、『・・・はじめて人の心はすこやかな喜びを感じる』。この言葉が、書の何所にあるかを、探すのも、なかなかの風味であると、思われるが?」=【♯】。Sound・Play・Select☞/Play-Charlie Parker♪-Now's the Time+/Play-Ben Webster♪-Ill Wind+♪-Who? *虫の音が静かに響く、くつろぎの深夜からお届けいたしました*(~∇~)*。
2006年09月03日 02時27分55秒

 

≧(ΘЙΦ)≦ 【望遣?〝TESLA?≒デムパ〟大王*謳花*】 *(~∇~)*
*夜空は漆黒、星の輝き、太陽と共に暑さはやっと後退しつつある。見えないVirus戦線は、日々、Mind・Dead(枯渇せる病)を、着実な増殖感染、に励むだろう。乾ききった構造・身体、瞬間の寄せ集め、膨大で空虚な記号や言葉に浸り、会話し、恥らい無く喰らい、性行為に沈み、卑しく眠る。物としての延長進化?と変らぬ生命で善しとする。生きてゆくには、これ等で十分事足りると。『なれば、そうなされるが良い』。(読み人知らず、朗読?=カイファ・ハールカ・女史)。による、結構なOpeningで始まるのですわ~。*(~∇~)*。【望遣?≧(ΘЙΦ)≦?大王・*謳花*】by☞(この星の重力は、最早この領域には、無意味ですわ~)で。∵Signal・零➣「無理を承知でなんとかしよう、その気持ちは判らないでもない」。「無理と道理は、如何しても*そりの合わぬもの*だから、何れ早晩、破綻が訪れる」。現在、我々は超古典・チベット地下遺跡には、もういない(お別れは済ませてある)。(おいおい)。そして今回は@Moon=銀の鏡体?の古代文明遺跡@を再・指導(こう云う使い方もある)?使用(ほぼ占拠・私用)して、(おいおい)。通信展開をしておる。(おいおい、退避と同意でないの?)。「無視」。*地表の中継所である。極東僻地の神秘石?ラジオ局・M?ZERO=∋(ΨθΨ)∈も、何時でも廃棄出来る様に成っている。「心ある、まだ心残している者へ告げておく」。●《写し世は夢》と言う事で、地上(物質界)に思い(執着)を《一切》残さぬようにと云う事である●←無論各自の好みの問題であるので、決して強制はしない。「現在、大まかに語るならば、*やっと人、*Robot・Humanoid=無自覚・養殖種、*ぶれいん・めんしゅ(造語である)≦(石㋳。意留身拿帝。階層)としておこう?、*超古典・伝承秘匿智?保持者Group(粘土には、完全知覚外存在?)。等が『この星の生命群の希望≒可能性の未来。とやらを目標として』、活動展開しておる様である」。「我々の使用Spellの希望=可能性とやらと、この星の生き物の口にする同様の言葉には、《違いが存在している》ので、この様な情況に立ち至ったのである」。「慈悲やアイを唱えていた(覚者でもないのに)存在は、この星の重力圏から開放される事はないだろう」。「この星の生物の未来はほぼ決定されたと同意」。「とうとう、夢?の無い、魂?を切り捨ててしまった世界に成ったので、我々とこの星の生物の間に、One・ Side・Gateのみが残されたと言う塩梅である」。「既に。我々にとってわ、《この星の二足歩行固体群は、活きている様に振る舞っているだけの世界》である」。「如何様な、超・頭脳集団が存在して、この星をそつなく管理運営しようと、我々からみやれば、その様な存在さえも、この星の重力圏 ≒Karma・Gravity?(物質、亞物質を問わず、多分)から、離脱しえないであろう」。「大乗系列の存在は、この星からの離脱は不可能だろう」。「宇宙はいいぞっ、悟れるぞっ」。(おいおい)。「無論、冗談(Half&Half)である」。「それぞれが、それぞれの本性を何れ剥き出しにせざるを得なくなる事だろう」。「それらの事象は残酷に見えるが、そう感じるのは、こころまだ残っている存在にだけである」。「人間の振りをしている獣=獄界住人・操作体や、MK?Humanoid=Robot・Humanoidに、《最後まで騙されない様に》、★騙す為には、傷物でない善人を演技しきる事★である(自らそう信じ込んでいれば=洗う脳・調整体ならば、その演技は、迫真であり素人には識別不可能であろう)。故に、言葉や演技に関心を注がず、その様なモノは一切信じなくとも良いことである」。「《事実追求のReportが、疑似餌に成り得る》と云う(可能性)事を、◆脳髄の奥深くにしっかりと刻み込んでおくべきである◆」。「再び《写し世は、夢幻》、と云う事で、《総てこの世は便宜物》、信じなければならない事は何一つ無い、と思っているのが良いであろう」。「『因みに、貴方はこの地上物質世界で、活き続ける存在なのか?』、と云う事である」。「極端に語れば、貴方はこの世を取るか、あの世を取るかと云う事である」。「この世を選んだ物は、この世で生きるのみであり、◆此処で勘違いされると困る◆ので、■明確に掲示しておきたい■のは⇒《凌ぎの世である事の認識で、死を急げなどと言っているのでわ無い》事である」。は~い、完全にこの世の引力を振り切ったデムパを今宵はお届けできた事と、思いますわ~。 *(~∇~)* 『この世の事実(真理でわなかろう=非情な問題発言でわある)など、必要ないのである』=【♭】。
2006年09月01日 19時31分56秒

 

*無名詩人=「言葉の刺繍」* -素晴らしい。理解出来ることしか、理解できない-
 ◆FLOWER=総ての“こころ”へ花を?◆  …腐肉喰らいのストーカー?=実務作業員?が付いてくる。『指令階級は汗と汚れる行為がお嫌い』で、快適環境の中、実務使役Unitに行動指示(厳命)を与える。「Orc(おーく)よ!これを成功させれば、お前に褒美を(Zombieにして)やろう」。《この世でもあの世でも、お前は使い捨て》。使いの・命令者達はお前を近づけるのを、酷く嫌がっているのを知っているか?。『汚物?、況してやそれが動き喋るならば、誰も近づけたりしない』。同種同属だけが、お前の醜悪さ・卑しさを気にしない。その群れの中でなら、狂った大声も、尊大に威張り散らしても、「誉として称えられよう」。羊の皮を剥ぎ取り、纏い、人を真似。立ち振る舞いを見せるが、お前の魂の腐れ=反吐のでる悪臭は消す事が出来ない。その意味する事を理解出来ないまま、命令に従い指定を追跡。さて、どんなZoneに、入り込んだのかなっ?。《考えるのは、お前の役目ではなく、指示結社?であり》、僭越?越権?には★激しい痛み★(首輪を戴いた時に、しっかり教え込まれたはず)が、お前達には用意されている。奴にはご主人様に似た感じが何所かに在る(確信に近い、判別不能の不安)。だが、お前は、それを追い回せとの命令に従う選択死しか無い。お前の直轄・親分衆は、高価な芳香剤を常に必要としているだろう(それは、壊死の匂い消しの為)。面倒くさい事(頭が壊れてしまう)は考えない(られない)、群れの中では利口ものだったのだろう、だからこそ、奴らは拾い上げたのだ。《だがここでは一切事情が違う》。お前は指示を理解するので手いっぱい。負えないなりにも少しは学ぶ。手に余る(歯がたたない)代物に命令通り吠え付いた。存在を見誤ったのは、お前の落ち度。元よりお前の成果など、お前の直轄ボスさえ期待などしているものか!。事を成した暁に、お前は主人の優しい、頭なでなでを妄想しているが。走狗は最後に煮られて死するもの。歴史のお勉強の栄養不足?。俺はそんなマヌケじゃない!(果たしてそうか?結末だけがそれを知る)。人喰いにもPride=Egoだけは在る。善人の仮面をBoltでしっかり固定して、螺子止め確認を忘れるなっ!。既に仮面は外れているでわないか。 ~Decoyに死肉喰らいが、わんさと集って齧りついている?*俗物は生理的に嫌いでねっ。我慢できぬ=【π】。~
2006年08月30日 20時39分00秒

 

⌒(^Й^)⌒ 【望遣?〝TESLA?≒デムパ〟大王】 Episode→《界深式?最・起動編》 *(~∇~)*
はぁ~い、今宵も〝Tesla・Spell・Zone〟と直結(Dangerous・ Direct・Drive?)で、◇でむぱ・大王*謳花*◇(ラスボスの、第二形態みたいだにゃ~=∬(ёぁё)∬)の完全起動・発信ですわ~っ」* (~∇~)*。「現在、∋(ΨθΨ)∈は、地上用の@FENRIS(フェンリス)@=寒冷地仕様?(ケルベロスの上位?)を秘匿入手!、後は制空権?。これで最終戦争にも出陣可能でぃぇ~す、かねぇ」*(~∇~)*。←(定番だけど、おいおい)。∵Signal➀➣「難だか?とっても息苦しい階層奴隷世界に、劣統?は、成っちゃった診たいですねぇ」。「窓口や、受付は別口の看板が掲げられていますが、▲銭によって支配操作・管理下▲されちゃっている訳ですから、人生の身売り先きは、良く良く考えてからにしましょう」。(選択飼?なんてあるのかねぇ~)。「尤も、既にSalary(金銭支配形態)による階級制が、△金貸し種の親玉財団系▽=Satanの尻舐め結社Group。により、★設定済み★の様ですので、そこそこ有能な方々は*最終的に☞何モノ?☜に使役されるのか?*を見据えて、有能?使役種として生きるか、無能を程よく装い、Soul・Trade無しで人生を終えるのかの選択が迫られている訳ですねぇ」。「さて∵Signal➁➣矢張りと云う事ですねぇ、非常にお金と謀略の罹った?戦略商品・劇場映像が、そろそろ上映されるようですね~ぇ」。(当然アレでしょ、崩壊崩落したBuildingの保険金詐欺の話でしょ)。「違うでしょう、@世界の敵?=仮想現実@の【再・刷り込み、MK戦略?でしょう】。シネマは主人公に感情移入して、Userは見るものですから、上映中はその演出誘導にそって、その事象を捉える事となるでしょうねぇ~」* (~∇~)*。(当然、養殖種・観客・Userは、頭の中が劣化・醗酵状態=既にダメ駄目=BSE牛並み。の若年層が主体ですので、後々の誘導が更に容易に成る為のアンカーリング?=事象Triggerって事でしょう?=近未来の計画の為の布石?であるのは、当然?と)。「さて、貴方は貴方で、勝手に推測してお楽しみ頂くとして」、(おいおい)。☞「これで、★事実とやらは、見事に戦略シネマによって《上書きされ》★、洗う脳的・鑑賞後の家畜種は、その虚構を事実と、何れ取扱い始めるのは、時間の問題でしょう」。(もしそうなら?、危険じゃないのかな~)。「事象に対するCommentとやらは、立場によって変る(無間地獄の中にもそれぞれ=多層階層別の現実?とやらが、其処に在する多層域別の住人に。それぞれの現実が存在するように)、もしくは、対立するものですから、何とも・・・」*(~∇~)*。《何度も云ってるのに、すぐに忘れて、勝手にHeat・UPなさいますが。ここは、絶対・意味不明の Fiction・Zone→聡作?であり、空想領域である事を、お忘れに成っていますねぇ~》。『因みに、ここで扱う《MK》とわ→*Marking・ key=まいんど・きらー?*←(喋りの途中だけど、おいおい)なる空想造語の頭文字である事を断って置きますね~っ』*(~∇~)*。 ∵Signal➂➣「《真実?が、Standardの如く、誰もがそれを、同様に同じもの?を取り扱えると思い込んでいる》、粘土が存在するのであるのだが」=Mystic・G=ガウス?。(おおっ、新・キャラ登場かっ?)。「追跡可能な歴史を、吟味・研究観察すれば、程ほどのモノならば*現実論(それでもPopularであらねばならないと言った制約付き)とやらから外れない*、核心・起動Gimmickに辿り着くのは当然である」。「音楽で云うならば、Pianoをほぼ自在に弾きこなせ、演奏でき得る技量の持ち主と云う事であろう」。「Piano演奏の素人と、玄人の差異が其処に示されているのだが。分かるかね、《君には“ad lib”演奏?は出来ない証であること》が、譜面≒資料。さえあれば、高度な楽曲も何とか弾きこなせるであろうが、譜面が存在しないとお手上げになる事だろう、/Thelonious Monk(せろにあす・もんく)/が鍵盤と鍵盤の間の音を何とか拾い出そうと努力していた姿勢を、君は笑いわせぬ→(そこに、凡庸の関心を引かぬ=閉ざされた。未知の領域が在る事を、感じている故)かもしれぬが、《遭えて無視する事だろう》」。「それは必然としての必修過程と同様の、△偽書△の完全攻略がなされていない事の証と思われる?」。「効果の旗は何度も、君に振られる事だろうが、それらは*寸止め試合*である」。「野ざらしの実践?には、及ばないのは確かである」。「寸止め大会ならば、君は何度も優勝者とやらに成り得るかもしれないが?=観客に分かり易い勝利」。Mystic・G。☞「支配者 Group?でも不死は望めないので、いずれ、くたばりますわ」*(~∇~)*。(死に地獄の年季明けは在る様で、無いも同然=±(@m@)±)。「と言う事で、終了な訳だよ」。⌒(^Й^)⌒
2006年08月29日 22時03分27秒

 

e 【Dr-Absolute?の“注文の多い《Pointless・LABO》”】 【¢】-⒊ ☞《粘土浸入禁止》
*Karte・ №018*【¢】-⒊ 「三度めの『宜しい』で、始める訳なのだが、『相互理解など出来ない』との言葉を、物質現実?世界の現在の生き物≒粘土種の中へ投げ入れれば、喧々諤々(なんと、人間を馬鹿にした)の騒動になるであろう」(㌿の僅かの覚者は、静かな頷きを見せるのだが)。「先ず、拒否(異質)感を感じ、それから、『相互理解☆すべきである☆(ここに既に、愚かしい俗物の特性である《強要・強制が既に覗いている》のであるのだが、パリサイ系≒俗物種はそれを見事に見過ごし、➽自我《耽溺》原論?を呪文の如く唱える)』、→口を揃えて、多数派に群れて生きている、生き物の類は、統一見解?=囀るのである」。「その群れの各・固体は★常に支持を求める(それしか、人間の価値が無いかの如く)★」。「その視点と振る舞いは、常に他の(評価)のPlus・ Pointを求めている(▲その全ては、実に地上的なもの▲であるが、それを認知することは無い)」。「【何々すべき、何々であるべき】これらの語調はパリサイ派系、そして沙汰荷数賭に顕著な特徴である(これが、世界的Standardと成っている事に気付いている者は、残念=誠に少ない)」。「『~であるべき』それが、《虚偽であると知って使用する沙汰荷数賭?》」。「☆そうで【あるべきである】☆と言った、心的強要態度を秘め隠し『私は、誰が見ても善人である』の、《多くのパリサイ・Type当人は、自らがその思考癖に現れている沙汰荷数賭である事に気付いていない》、◆誰もが(凡俗・俗物系)→《粘土から見える→善の立場に立ちたがる》◆」。「《これらは、既に△目玉・Lobotomy》なのである、故に、善を唱えつつ(私は善人であるとの揺ぎ無き思い込み)、活動全般にその本性=《自己の欲望に卑しく従う》が現れているのである」。「ここで、名作・じゅうシネマの▲独裁者▲を再び、引き合いに出すのだが、どちらも《立場の違いだけで、行動原理は全く同一》である事に自覚しえない。(ならば、そう云う連中に天下を取らせてみるが良い、ほんのしばらく、そして、その後は隠していた当人の素地=ほぼ誤囲?が現われ出ようというものである。凡例としてロシアの有様を冷酷に観察すべきである=理想を謳っていたはずの巨大Community?の、その現実=《血の流れる、野ざらしの局面》はどうなのか?)」(キューバは、奇跡の如き成功例と言っても良いのだが、まず、《稀》=*良い意味での、人間主体*であろう)。「沈黙の中、Appeal≒SalesTalk≒Dialogの虚しき事に辿り着いた者ならば、この辺りの真の識別判定は可能であると思われる」。「大きな声を上げて、吉外・大将合戦が、凡俗・愚盲の群れの中で、幾たびも引き起こされている、残酷で虚しい事この上なしである」。「パリサイ・Type=凡俗種=△目玉・Lobotomyは、自我解釈=人間主体=666の解釈のモノサシを唯一絶対と、★倣岸なる愚かさ★=空手形の自信?=妄信・狂信を持って、振り回す=(凶器と同意)のである」。「望むもの、目指すものの違う者同士の、会話に、先ず、相互理解など在り得ない!物質的成功を杞憂するものには、酋長ツイアビの語る“大いなるこころ”なぞ、全く必要としない、そんなものに、事の本質?に触れる事を語ろうと、一切聴く耳などあろうはずもない」(簡単な事は、その固体が地上的価値を求めているのか、それとも。地上的価値の無い?“くつろぎ?”を求めているか、⇒当人の論理外装を剥ぎ取り見据える事が出来るならば、容易いはずである)。「支持者や、同調者を欲しがっているだけの輩(利用したいと同意であろう)と話しても、不毛で疲れ、病をうつされるだけである」。「究極?への道を、群れたまま辿り着けると思っているなら、お前様は、粘土である」。「群れて、つるんで、どこまで行けるか、やって見せるが良いと思われる」。Adult・Selectとして。♂-Lee Konitzで、絶妙な不協和音Play、♪-Yesterdays+♪-You Go To My Head。を賞味して頂こう。Signature-【¢】。
2006年08月25日 13時40分36秒

 

e 【Dr-Absolute?の“注文の多い《Pointless・LABO》”】 【¢】-⒉ 《粘土浸入禁止》
*Karte・ №018*【¢】-⒉「さて、再びの『宜しい』で、再開してみることとしてみよう」。「~ネコ句会~はねぇ~、地獄・Gehenna(ゲヘナ)の入り口辺り=地獄門?に、Touchするんだって、にゃんこ」∬(ёぁё)∬。「勝手に、診察・動話?を進めないように、小娘さん」。「現在の裂島?現実が、完全な混乱+狂気状態(光る単眼=△おメメ、による、誘導殲滅立案計画・発布→▲意留身拿帝(なにやら、現在のここは、酷く情けない感じがするぞっ、 Memberの能力劣化か?)▲《このClassでないと、かの存在からの言いつけ指示を理解できない?=上位・使役体?》多分!=△お告げの作戦読み取り実行中→そして粘土界、実務活動を、財団Group?≒石㋳組合?=中間位・使役体。この辺りに発注し→痕は?、更なる下請け実務工作基幹?だなっ、▲ 模詐努=藻娑土(甲乙付けがたい、当て字である)▼や★示威・哀・営★等=△の完全下位*奴隷*Group≒唯のBio・Unit仕様の(Robot・ Humanoid=良真?無搭載型なので。命令通りに何でも躊躇無く、実行する、にやらせる訳だっ)。「*此処が、Robotの良いところ*で、人間であればの特質である、葛藤に悩まされる事無く、命令実行してくれる」。「尤も、我々のMember・Crewである+〔* *〕+氏は、その様な劣悪な物とわ、一味も二味も違うのは、当然至極である事を、明確に断っておこう」。「ここで、余分事になるかも知れぬが、この様な、戦略・略奪及び支配・統治などに、血道をあげる種は、《生まれ付いての*使役活動体の特徴*を示している》事を、明確に認知しておくべきである」。「蟻で、言うなら、兵隊アリの種である」。「故に、この様な種が、上位に座すると、世界はこの様な有様になるのである」。「東方幽玄的?に言うならば、*品が生まれ付いて欠損している*、★Worker・Machineとして生まれ付いている←《告げておこう、事実である》★、訳である」⇔(△目玉も、これには、異を唱える事は無いだろう)。「Germanに覗く、誠実と正直さ、少々、堅すぎるキライもあるが=生真面目さ?の現われだろう、無論その底流(非常に深い所)に、真実の伏流=生命の流れが在ったおかげで、Adolph氏を輩出できたのであろう」。「さて、見物は、あの強欲・人喰い・盗賊・財団の血統から、☞Cap・Stone存在を、降臨させえる素体=器が、輩出、出来るかに、少々興味はあるが(世紀末、世界崩壊最終?演劇の役者が総て揃うかどうかの意)」。「さて、話を少々変えよう、何故?この極東の小さな列島に、それ程執着し、瓦解崩壊を進めるのか?。理由はあるはずである。経済力の脅威?そんなものは、お子様ランチのアニメ?である」。「《△目玉の思惑が、総てに優先するのだよ》、使役・起動Unitには、餌を喰わせてやらねば、中々動かないものである=粘土・使役体の証(確かな欲深と、出鱈目さ)でもある。考えて見れば、★非常に手間のかかる、アホな欲深ドロ人形★《かの存在から見やれば、吐き気と怒りを堪えながらと言った処だろう》を、良く使役しここまで持って来たものである、ある意味その苦労は、並大抵でわなかったであろうと思われる」。「凡例を挙げるならば、猿の群れにおいて、手間と時間ばかり掛かる※条件付けを繰り返しながら※、同属同士で完全に殺しあうまでに持ってゆくのと同意だからである」。「さらっと、おっかないこというにゃんこ」∬(ёぅё)∬。「宜しい、お嬢さん、その恐怖?は、何所に感じるものなのかなぁ~」。「説明なんか、できないにゃんこ」∬(ёぉё)∬。「偽書と呼ばれる。私怨・賢者の書を、読んで感じるものと、同じだろう~」。「真の真実←(確定情報など、必要としない?)に触れているからだよ、それは並の者には、堪えられないものだから」。「よしよし、今日はここで終了にしよう、確かアイス・モナカが好みだったかな~」。「△目玉の地獄軍団に、私も食べられちゃうの~」∬(ё。ё)∬。「『約束しよう』、お嬢さんが、“こころ失わない限り”、Dr- Absolute?を、呼ぶがいい」。「本当に~、にゃんこだねぇ~」∬(ёゅё)∬。「尤も、その時は変身Mode=本性態?であるから?、目視不能だっ」。(おいおい)。「ここのMember・Crewは、本性=特化・戦闘形態を持っているから、誰かが来てくれるだろう、それに召還能力を持つ、天意?武侠の師も居られる」。「おいらも忘れるなよっ、にゃんこ娘」±(@m@)±。「と言う事でねぇ~、今夜の【¢】-⒉は、おしまいにゃんこだよ~、ちょっち安心かなっ」。(てへ~っ)。「アイス・モナカ」。「はい、はい」=【¢】。
2006年08月23日 20時55分47秒

 

e 【Dr-Critical・Strange・Loveの“注文の多い《Pointless・LABO》”?】【¢】-⒈ 《粘土浸入禁止
*Karte・ №018* 【¢】-⒈「何時もの『宜しい』で始まる訳である」。「誰でも、人生の意味?などについて、一度は悩むものである」。若さの特権とでも云えばよかろうか(社会活動Unit≒△目玉・帝國仕様・戦闘兵?に成るか成らないかの端境期(はざかいき)に、良く現れる現象である)、「生活に追われている。年収200万¥ClassのSlave・Peopleには、『何を贅沢な』であろう」。「となれば、我々にも、高給料理と同意のものであろうなぁ?」。←「ケラケラだに~ゃ」∬(ёょё)∬。「その様な、双葉MarkのMental・Userは、まず何らかの宗教書か、Mental・ Guide・Bookを手がかり(入門書)として、教え?を得ようとするものである、そしてやがて次のStepへと、移ることであろう」。「人として生れ落ちれば、発情期の如く、その欲求は(並の人間ならば)生まれるものであるから(中には、動物Level?のままで、人生を終える存在もある、また、誤囲㋰?確定種→Orc的存在=《この辺りは、餌と子作りと娯楽で十分で、それ以上は扱えないであろう》も、うじゃらうじゃら、いるようである)」。「考えても見たまえ、*こんな確実なPointを*、▲蛇留務ー奴の使徒結社・Group▲が放って置くはずも無い事を(集金Machineとしての、意味も在り)」。「如何な、宗教団体であろうと、経済のRuleに従わざるを得ない。条件に拘束されている事を。と同時に、↓その集団には、真の覚醒者?ばかりでなく、凡夫や俗物(教えを求め請う存在?及び必要な)が混在していて↓、当然である」。「◎説教だけで、飯を食って贅沢している輩は、教祖であろうが、幹部であろうが。ロクナモノではない!◎」⇔『*ここにおいて*【¢】は、アダム・ヴァイスハウプト(1748~1830年)の謳った、地上宗教の完全破壊殲滅に、同意を示すのである』。←「誤解。曲解されるにゃ~」∬(ё。ё)∬。「そうであろうなぁ~」。「↑さて、ここに既に、十分付け込まれる間隙が有る。判るかなっ。(この内部の凡夫、俗物《組織内の階級など、一切意味など持たないのは当然至極である》を足がかりにすれば、△目玉にとっては、実に容易く、内部から徐々に変質させ得るのである=史実、“十字の大莫迦様教”は、長い年月を懸けられ、変質させられておるであろう)」。「それと!、真理?とやらを求めるのは、概ね、☞善意一直線のボンクラ(騙され易い)と相場は決っている(否々、カク云う、私も過去その様な過程を歩いたものだ・笑)」。「真に優れたる者←(この言葉は、語弊率が非常に高いが、ムリムリで使用である)は、*留まってなどいない*ものである」。「釈尊=古典インドの稀有の乞食王は、悟りを得る為に、教えを請い求め、巡り歩き=《ここでわ。駄目だ!》、最後に辿り着いたのは、どこだったのか?を、●察すべきである●」。「菩提樹の下だよ、にゃんこ」∬(ёゎё)∬。「小娘、それは、表層だっ!」。「だけど、間違ってない、にゃんこ」∬(ёぇё)∬。「然りで、間違いでわない?、が!【求める解?】も、この様に何を見るかによって、違ってくるのである」。『ここで、大切にゃんこは、《間違いでわないけれど、的を外し》ているんだよって事、にゃんこだねぇ~』∬(ёぅё)∬。「宜しい、小娘、君の勝ちだっ」。「さて現に、各・宗教関係運営団体は、Imageと同意(教えの書)の商品販売会社と、どこが違うのかと言った、真に大切な疑問はあってしかるべきであろう」。「集客率の高ければ高いほど(その市場が、どの様な水準のUser が多数派であるかを鑑みるべきであろう)、間違いなく、如何わしい会社同然であろう(凡例を挙げる必要があるかなっ。吽。Share率Topの▲屠有為都(都はツと読むがよし)?・戦術協会。や★装稼?・学術戦略会団体。などかなぁ)」。「従業員?≒信者(末端下層より、幹部Classから上位に冷酷なる観察を注げば、真のボンクラでないかぎり、識別判定可能の筈である)」。「△帝國による水面下効果の?劣化戦略・戦術(MK?実験・刻家=こっかは、当て字である)により、*どの方面の人材も*、MK?Lobotomy教習課程を受けて成人しているのであるから、容易に、MainのProgramを触発されれば、そう起動するのは、空想より、容易いはずである」。「心身両面で、成長過程において、数々の箍が加えられているであろうと、想像ぐらい出来るであろう」。「況してや、元よりの確信工作外道種ならば、凡夫を集め金と力を引き出し、裏・家業?(表看板とは、全く別の本来の家業)に励む(とことん利用する)ことであろう」。「少々、疲れたので、休息を挟むこととする」。「続きは、何時始まるのにゃんこ」∬(ёぉё)∬。「お嬢さん、それは、Dr- Absolute?の、気分しだいなのである」。(ぱむたん)←退室時のドアの音でぇ~す。(【¢】-⒈終了だって)∬(ёょё)∬
2006年08月22日 20時22分42秒