×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

❖無限解=[弐千六^08⇔08^]❖

※一人でも出来る、無限解・潜功探索・空想研究《実験・日誌》※

*無名詩人=「言葉の刺繍」* -理由のない嘔吐は、存在しない。説明出来ないだけさっ-
 ◆VITIATE=それが。判る様になされるはずがない◆  …酒は止めた。これはどう考えても、おかしい。異形の連中が見える(不快?闇の様な、それとも硫黄の匂いか)。人間を真似ているのか、その笑みは歪んだKnifeを更に捻じった様な、空虚で冷酷なDetailを決って見せる。高速演算にも似た、応答会話。つじつまは合っている、だが、それは腐った便器を覗き込む、気分に似ている。海の向こうから少しずつ、疑われない衣装と態度を持ってやって来るようだ。★明快な単語を操る★、機械の様に、計算が得意で、価値決定を事の他好む性癖が覗く。やつらの言語が、知らぬ間に、過剰な程溢れている(盗み取り、摩り替えるかのように)。奴らのやり方が、いつの間にかStandard≒常識になっている。ここは、いったい、何という名の国だったんだろう。死んで行く人の数が、増え始めたのは、偶然だろうか。世代が新しくなる度に、異常が少しずつ、増やされてゆく。奴らは、この狂気のなかで、実に何時も快活にしている。偶然の幸運の様に、経済勝利を手にし、その理由を、もっともらしく語るのが好きだ。 Systemの下層、飢えた連中は、一も二もなく、指を咥えて憧れる。奴らはそれを事の他好む。主人と飼い犬の構図。それは奴らの目視不能な存在への、憧憬の証である真似事。総てが虚しく成った死せる時間の中、その異形の連中は、暗黒面の快楽でしか、暇つぶしを持たない。◆反転の生は、底に奈落を見せる ◆。神に相手にされない、その狂気の慟哭も、最早、罪の泥沼に泡を残すのみ。形も運動も儚く溶け消える快楽も、最早何の気休めにも成りはしない。懸命にその内部の地獄を包み隠してみせる。隠したところで、置いて逃げ出す事もできぬまま。その優秀さで、己の地獄を救って見るが良い。物静かな声が、告げ去り消えて行く。 ~無名詩人・変った男の、独り言~
2006年08月21日 22時45分47秒

 

⌒(^Й^)⌒ 【謀研?〝TESLA?≒でむぱ界の神人〟大王】 *(~∇~)* (おっほほほ、ほ~っ)
*《祝・でむぱ・大王、Level・Up!高位呪文?=Tesla・Spellが、使用可能に成りましたわ~っ》*
~ サイキン“でむぱ”界、バリバリですわ~っ*(~∇~)*。「地上世界の終わりが近いのかぁ~?」=±(@m@)±。(おいおい)。「は~い、知りません」*(~∇~)*、(えっ)。で∵Signal➀➣△帝國→指定量産飼育型・列島Zombie種に人気の、☆おーら?の王子様?≒ご主人さま(その正体は、MK・Bio・Robot?=去勢・飼育種向けの広報・Symbol・キャラ商品)です☆ねぇ。【これらは、初心者の為の、ニューエイジ入門番組= Programですぅ~】。現在、裂島・脳死種に人気の★霊NO・オババ=カズコさん★←MK?指導・誘導型、粘土Zombieの*劣島Queen*とするならば、★お~ら・のエハラ王★は、間違いなく、*劣島Zombie・king*(あくまで、仮の、賞味期限の過ぎるまで⇒本来は誰でも良いのであり、自己の醜さに蓋をして、堂々とMedia・Frameの中で、美しい言葉を罪悪感を一切感ぜず、口にできるなら、☞『たるむーどGroup』の使用条件《雇用条件でわありません》をクリアーし、特化専用使役される)でしょう。「死人の国は、死人が治めると定まっているので、統治広報などの、主要な Positionは、獄界の直轄代理《物質界の最たる、たるむーどGroup》が、居座り、指示発令を発しているものです」。「黄色の誤囲㋰は、列島に置いて、飾り=Display=Camouflageとして必要なので、使用しているに過ぎないのですねぇ~。《多分》」*(~∇~)*。「当然、 Genreなど問わず、広報=洗う脳に、力を注ぐ訳です」。「『蛇留務ー奴・Group』に、貢献する(絶対服従の条件付き)、誤囲・Talent及び、企業、広告㋳等の子飼系列のみに、イカサマな、報酬・Salary(厄物入りの美味なる?餌)を、手にする事が出来る、Systemに、《劣島Media ホ界は、既に設定完了されているでしょう、当然Mediaホ界だけでなく、征治?・経罪?においても同様?》訳ですねぇ」。「脳死種は、この様な、MK・ Bio・Robotの先行・Propaganda起動型のキャラ商品に、ほぼ夢中です」。「《養殖種の興味がそちらへ向く様に》、★既に高確定に、下準備されている★のが、劣島・粘土種の泣き所なのですが、御目出度い事に、養殖種は、それらの事柄に興味も関心も持ちません、☞与えられる《3・S》系列が、唯一、《理解出来、楽しめるものと、成っている》からです」。それでね、∵Signal➁➣「皆さん、色々、あ~だこ~だ仰っておられますが、心配無用で、NwO帝國出現の暁には、会員証?でわなく、△帝國の市民権の証である、666・Chipの申し込み受付が始まるので、ここで、やれやれですわ~。→ 粘土にも明白に白と黒のお別れ会が、目視出来る?はずですが~」。「矢張り、判らない生き物は、その意味する所が判らないままなんでしょうねっ」* (~∇~)*。∵Signal➂➣「さてここで、Neo・Babylonの大淫婦?、その名は、★マリア★なる名であることを、入手しました」。(おいおい、情報のソースはどこよっ)。「そう云う方は、勝手に*BSE牛*ステーキにでも、ソースを掛けて食していて下さい」。「養殖粘土・一般の方々はね~、その名の前に、Holy・Motherなる形容詞?をお付けになるようです(ネタは専門筋では、かなり前から、云われていたようですねぇ)」。「だけど、確定・情報筋の一切存在しない、空想・無限力による、【謀研?〝TESLA?〟大王】は、高・思考力存在の貴方の触発剤に、きっと成る様な気がするのでぇい~す」*(~∇~)*。(錯覚・錯覚)。「とにかく、今日は、これでお仕舞いでぇ~いす」。♂-Lester Youngで♪-Swinging the Bluesを聞きながら・・・。(しし、渋いでないの~、おこちゃまじゃね~よ、これは)。「デムパ・3連コンボに、突入するのだろうか?」。
2006年08月20日 22時33分06秒

 

⌒(^Й^)⌒ 【謀研?デムパ大王】 《再び、同じで違うの、考察瞑想の進めですわ~》 *(~∇~)*
今晩わ、【謀硯?デムパ】でぃすぅ~。「お楽しみはこれから~よっ=遊びわ?終わりだぁぅ~?」 ⇔*(~∇~)*ですよ~。(おいおい)。さて今宵の〝でむぱ@大王〟はね。♪blues♪をね、Soul・Adult気分で、聴きながら~。♪-My Brownskin Sugar Plum/♂-Blind Boy Fuller。で始まるの~ぴょ~ん。*デムパ➀➣『Keep-Out・Science・Technologyによる、Weather・Weaponは既に、沙汰荷数賭・集団の玩具に?』。秘匿智?=ひとくち→「だいたい、“にこら・Tesla君”のSuper・Science≒Occult・ Scienceを、嘘つきの狂人・人喰い種→偽物・△諭堕也▽=渇挫ー留くん達(パリサイ・正当覇)がね、そのままにしておく筈も無いよ(あれから、どれ位、年月が経ったか、現在。捕捉Technologyが、どれ程発達しているか等を、加味して、空想すれば、確定情報なんて必要ないぜっ)」=± (@m@)±。*デムパ➁➣『名作と呼ばれる、シネマ△独裁者▽(10¥レンタル鑑賞で十分)についての続報』➽つまり、要点ねぇ~。⇒「☆我々、人間が、努力すれば(正しいSystemとか、思想とかいったものが有れば?)、素晴らしい世界を←《我々、人間=666?が!》→作り出すことが出来る☆」 =って、ここで思いだしましょう。➦★Renaissance★(低位・情念Event系、過去に大ヒット上映興行の記録有り、感動的観客・多数動員との事)→Humanism・Engine(粘土に理解しやすい、偽・原理?)⇔人間主体。が。★蛇留務ー奴=(偽・ジュウ種の暗黒・悪魔教・心理経典)▲からのImage戦略・兵器である。事に気付いておられるでしょうか!」*(~∇~)*。「過去、何所かの、収監?コミック誌で、可愛いキャラでやってたような~。これだけで、貴方々の愛する幼年体(お子様方)の頭の中味をぐしゅぐしゅにされているのを、知るべきだなぁ~」+。→『それでわ?結社使役・出版社は何所か?。《Major系列はね、全部そうだよっ!》』=±(@m@)±。●特に子供向けのToy・Culture?は総て●、▲たるむーど帝國▲の直轄管理と変らね~なぁ~、その様な、各現場の総てのスタッフの皆様、愛する家族がいようと、可愛いお子さんがいようと、《貴方々は広い門を選んだ方々です》。気付いていない(自覚機能が腐れ落ちている)様なので、《お知らせして置きましょう》」。「★それでも、今更、止められねー★」よなっ。◆無論そうでしょう!◆、「それが、人を止め、人喰い生き残りを選んだ、貴方々の現状であり、*終点*(そこから、何所へも行けない)なのです」。「死して、貴方の飼い主に、より頼むことです(その餌は非常に美味であったはずです)、かの存在は奈落の最深部で在していられるようですので、貴方々のChoiceした Courseの終点で、お会いになれますかどうか、雑魚・使役体には、見向きもなさらない方ですので」←見てきたような、何時もの夢・根拠な台詞なんだけどねぇ~=±(@m@)±。「ここわ、粘土向けの空想記事は扱っていない事を、遅ればせながら、明確に断っておくのですわ~」。『ほぉ~ら、捕まえてごらんなさ~ぃ、おほほほほっ~』*(~∇~)*。『ほらっ、つかまえたぁ~ぅ(神速・運身)』=±(@m@)±。(と、バカップル・Modeで、お送りしております)。*デムパ➂➣「さて、高圧的な、現世的地位や(擬似・Occult・階級をチラツカセ)、武力・圧力を持って、非・人間≒ごい㋰と呼び捨てにされ、更に恐喝・選択を迫られた時には。その悪魔主義者に、《命令選択指示を決定させれば、いい》のですわ~」。「ここに、魂の腐り果てた、《潜み隠れた恫喝者の=力持てる存在であるにも関わらず、何故堂々と表に出て来れないのか=後ろめたさを払拭できない=それはまるで魂の欠陥の烙印の証の如き現われ》鼻も曲がる醜悪さが現れているのです」。★恐喝しておきながら、→*選択をさせる?その事象の本意は、無論Satanサマの入れ知恵でしょうが。『選んだのはお前自身でわないか』を、恫喝誘導の決定後に、弱者である、犠牲者=ごい㋰に、吼え猛る為なのですねぇ*(~∇~)*。だから、その様な場合にわ、その総てを、獄界遠隔誘導・使役体(完全・所有物品)に、《選択決定させれば善い》のです。「どちらを、選べば貴方様(邪悪で強欲で、自分を神に特別に選ばれた使徒などと思い込んでる←ここわ、別に、マルコムXの如く事実?を、はっきりと言ってのける必要は一切ありません)は、善しとされるのでしょうか、と」。「ここにも、秘められた意味と、原理が覗くんだよねぇ~」=±(@m@)±。「さて、ここで何度も何度も刻印・啓示しているのですすがぁ~、現実とやらと、完全一切関わりがない、空想・創作の領域である事を!再び明確に印しておきましょうねっ」*(~∇~)*。本日はこれで『おしまいですわ~』
2006年08月19日 02時25分50秒

 

@´¨±(@m@)±の☞ %∵虚構興行?←粉砕・分解・遊戯∴%=空想・実話 @´¨
「やぁやぁ、俺様=±(@m@)±だぜっ」。《捕捉》を討って置こう。我が“覗風(し~ふ)”?の後で何打(なんだ)?が。無論、脳洗浄工作宗教機関やその他のMind・Rape戦略工作軍団(Mediaホ界・系)に従事している、獄界の代理→使役体に比べれば、例え表向きにしても、*一応は善意の啓発者?*なのだから、其処の所は、Personal・Life・Data(個別・存在活動記録=この世の話しじゃね~よっ)として、個別に、“明細・刻印記載”される訳だから、この世の跡?での扱いは少々違う事に成るのは、当然って訳だっ(㌿の少しマシだなっ)。「《Mind・Rape=MK工作や、思想観念汚染戦略に関わった、獄界の使い捨てUnitは悉く、言い訳の悲鳴を上げて》=『まるで、この世で大量に排出される、ゴミの様に●奈落・処理場に落ち行くって●』、有様だっ。(診てきたような、夢・根拠な言葉を、俺様は平気で使うがなっ)。「猫がネズミをいたぶる訳でわ決して無いんだが、素朴な平民?なら、人種国籍を問わず、わり合いと平和的なものでねぇ、例え愚かであるにしても(それは人間として、概ね許される範囲のものが多い)」。「*助け合う事が、平和的であり、生きていて清清しい*と言った、誠なる規範?を、なんとか知ってる?のでねぇ、そっとしておけば、ほぼ上手く行くものだった。概ね。横暴な圧力や、SalesTalk(欲望喚起の誘惑)が無ければ、割と問題は起こらない」。「処がだっ、権力(詰りは強欲の現われの一つ)は、自らの物質的快楽(ここが、△目玉の完全管理領域に成る訳さっ)を最優先(希う)するので(その望みを叶えてやろうか、その代わりと言うわけだ)、勢いその皺寄せは、当然至極、弱者に回される」←(人知=権謀術策による犠牲発生、この時点で既に、人として、許されざる行為として記録されるのだよ)⇔《明確にkarmaとして刻まれるのさっ》。だから何度でも云っているだろ、【実に“解かり易いBible”でもある、『パパラギ』を何度も読めと】。「《助かる者は、助かるだろう》、だが俺様であっても、それが誰々さんと誰かさんなんてまでわ、判る筈ね~ょ(当たり外れは一目みれば、判る)」。「既に。“心在る者、心残している者”には、ここの論説動話なんぞ追って理解出来なくとも、《大意を観していれば》=表出・表現が出来なくても良い事なのだから。《そもそも、語り明かせるものでわないし》」。「何度も往ってるが、知識でわ決して届かないのさっ、▲意留身拿帝▲のメンツも、核心には触れてもいないんだよっ(周辺を、うろうろしているだけさっ)」。「粘土と比べると、確かに超人=ゆーべる・めんしゅ、に見える、事実そうでもあるが、“めんしゅ”が付くだろう?《666の限界なんだよっ!》」。「俺様だって、常に《無形・Kung fu在住》な訳だ、あんな連中に負ける訳にゃいかないからなっ」。「Occult的な、言語や解説概要など、一切語らない、迷妄誘導の方が高確率だからだっ」。「昨日感じた事を語ろう、俺は休日で、他の事情を抱える人々は仕事とやらに出かけ、働いていた事だろう」。「トイレで用を足しながらね、何気なくトイレの窓の外を眺めやった、そこにゃ黒・揚羽蝶(くろ・あげはちょう)が、花に止まって蜜でも吸っていたようだった、そのゆっくりとした羽の動き(くつろぎ)は、命だったよ。→現在の労働なんて◆完全に間違った代物◆だと、はっきり感じたねっ」。《判る人にはね、たったこれだけで判るんだよ》。「何が如何してどうなって、しかるにこうなるなんて云うのは、●間違い無く、正常のつもりでいる狂人やRobot・Humanoidの言葉だよ●」。「ここまで。人間の世界を、めちゃくちゃにした連中(人として生まれて来ていながら)は、毒(快楽)を食わば地獄の底までってことで、完全に帰り道を必要としない、存在に成ってる訳だよ=終点・沙汰荷数賭に」。「《パリサイ派・系統の行き着く先が、獣=Beast=蛇でわ無く、トカゲもどき=沙汰荷数賭》て訳で、それでも堕天使にゃなれないんだよっ。組成の違いってやつだろう?」。「80%が死人及び沙汰荷数賭、獣類な訳で(殆ど総てが、人の皮を被った人喰いだろ)、一体どんな大衆(善良な顔と振る舞いをするだけの、チンケな人喰い)とやらを救うつもりでいるのか、世界を救うとのたまう、勇者さんとやらに、聴いて見たいもんだねぇ」。「枝葉、枯れ葉で、喚いて要る内に、本質を抜き取られ、腐らされている、TVでやってる総ての上映作品なんて、総て疑似餌だよ、見れば見るほどドンドン腐り死んで行き、Living・Deadの仲間入りて訳だよ」。(この世界の何所に、腐った動く死体がいるんだよ?の問いかけに答えよう、聡?云う台詞を口にしている存在が、帝國製品印・Zombieなんだよっ)。再びの“ばちぐぅ~”で斎戒できるか、次界のお楽しみだなっ=±(@m@) ±。 
2006年08月16日 00時50分22秒

 

■【無極・外伝】監修=【♯】慧眼・不遜。《上級者・試用?》の、『勝負は事の始めから、帰着している』■
【これで、善意の愚か者であろうが、偽装工作淫であろうが、表向きの看板通りに(善意の活動?社? =粘土向けのわかり安い?啓発者=云わば、文句の付けようの無い勇者Teamだなっ)、の《演技に従って続けてくれようと云う事である(最早、其処から逸れる事は許されん訳だっ)》】。心配しなくてもその様にScenarioを設定しておくので、心配は全く無いのである。粘土達には、お前達・勇者Team (善意と正義?の使者?の絶対看板=出自は実に、怪しく、如何わしいのだが)とやらのままで物語が終る様にしておく。現世的Back・Up(工作組織に類するものだなぁ~、地上的効力効果?)に期待して活動展開しているのは解している。お前達の習い覚えた、現実的効果技能とやらは、そこに帰着するのであるから。その範囲内で頑張るのがよしである。『勇者志願者(Bandで言えば、Spotlightを浴びる、Frontに立つVocal如き)を見事に手に入れた?、看板だけの魔法使いを名乗るⓘ爺さん←(Teamの要だねぇ=お前の心?の望みは叶わない=断言!)そして、その他はどうでもいい、無論その活動展開の?Teamは、取りあえずはお前のものだろう』。「あーくんが去って久しく、凶刃病棟と同様のLive・House(2chと、今や何所がどう違うのか語って欲しいものであるが)の活動運営の、*看板Symbolとして*、☆愛の使者☆を引っ張り出し、定着させたは見事と言っておこう、が、人喰いの強欲冷血白種?に使役されても(上位命令社を頂く、Positionに甘んじる?)、劣島を食いつぶし崩壊させる方が、喜びに成ってしまったのかなぁ~?」。「どう足掻いても、お前達にとっては、我々は“完全・不確定存在”なのだよ、△意留身拿帝?△の∵Top・Class∴に●類する存在への●対抗できる技能が存在しない限り、☞《総ては徒労なのだよ》」。「今からでわ、どう足掻いても、間に合わない事である、お前の人生は現世、粘土世界にのみ有効な、技能能力に限定された有能さ?なのだから」。「それでも、そのまま“善意の啓発者として”人生を終えるが善しである」。「だから、寝言の様に何度も云ったはずである。『手遅れに成った時にハッキリ判る様に成っていると』。「引き返せなく成った時に、初めて自覚出来る様に、どなたかがそうしている様である」。「《残念な事に、我々にとって、総ては他人事でねっ》」。「●誰もが、自らが望んでそうしている?●のであるから、止めはせぬが、◇無用な犠牲者を作らせる事は、見逃す事は出来んのでなぁ◇」。「粘土=俗物は、願望に捕らわれる、それは無明存在の性でもあり、業でもある」。「心血を注ぎ、集めた情報文献、それは、それなりに価値は在る」。「否定はしておらんよ」。「判って貰えるならば良いが、《お前さん達には、心底。興味も関心も全く無いのだよ》」。「必要としているのは、紛れも無く、お前さんがたの方であろう、お前さん達から立ち上る、嫉みのAuraは知覚しておる」。「自らより優れたる者への嫉妬が、執拗に追いかけさせている事が判らんか?」。「過去のHintからであるが、黒澤氏の台本による映画=暴走機関車の主要登場人物2名。《刑務所長は、主人公の存在を自己の人生に*必要とする*が、主人公の囚人は、刑務所長の存在を全く必要としていない》事を」。「《何が、そこまで刑務所長を固着させる原因かを》。瞑想考察してみると良いと思われるが」。「事を出来得る限り、丸く収める、お笑いでも、これはなかなか難しい」。SIGNATURE -【♯】。~ネコ句会~のSelect・Playは、♂-Charlie Parker(Saxの神人?)♪-Bluebird+♪-Move+♪-Don't Blame Me+♪-Crazeologyで、~ネコ句会~の【無極・外伝】は終了である。※『その祖国とやらは、最早滅んでおり、劣島同様、死人の国である!』 ※。曹操?←違ったなぁ、最後のオマケで。⇒ここで、SF・B級シネマの『光る眼』のご鑑賞をお勧めするが。口に合うかどうか?。注・無論、確定情報など存在していない故、《何時もの愉快な空言であるが。勘違いをなさらぬように!》と云う事である。
2006年08月15日 11時17分30秒

 

⌒(^Й^)⌒ 【謀硯?デムパ大王】 《スペインに、“勇者様”現る!?》  *(~∇~)*
⌒(^Й^)⌒⇒超越的・緊急Newsです*(~∇~)*、『凄い事です!』、~ネコ句会~の【謀硯?デムパ】は、◎超・強力特集◎⇒《“スペインに勇者様”が現れたそうです!》←(何時か、誰かが?待っていたら?現れると思っていたんで~すぅ、良かった~わ~。是非!、全身全霊を持って=*ケチらず総てを賭けきって(非常に意味深?)*、※現世魔王=△目玉※を打ち倒し、世界の真の平和とやらを、人類の手に再び、取り戻して下さい!)←当然過剰なまでに、一介のCivilian?である我々は、当然の権利の如く、期待していいのです、狂信者の如く期待しております、《何しろ最後の救い?=スペインの勇者様!》。なのですから、無論、*愛の使者を名乗っている*ので、【どの様な犠牲を払おうと!、勇者ですので《自ら、総てのDamageを受けて立つ、勇者の心意気!=天晴れ!で見事ですぅ~》、《他に犠牲を求めるのは、¥勇者様失格¥になりますので、くれぐれも注意してください、勇者様!》】。最後まで泣き言など一言も漏らさず、人類の夢みた真の偉業を成してくれるはずです。『これは何よりです』。凡俗・愚物=粘土の皆様!《これで!世界は大丈夫です!》、それらしい前振り?伝説は存在していませんが、【自己申告にしろ】⇔*貴重な勇者様が、唐突にスペインから、出現なされたのですから*。今や、伝説の勇者?セット(PCの事かなぁ~、それとも伝説の勇者の書とか?)とやらを手に入れたらしく?(情報は不確定ですが=*(~∇~)*)、《この暗黒世界の魔王を、完全に退治なさるそう~》なので、非力な我々は(無論、この領域にたむろする、ボンクラ、Don Quixote楽団のMemberは、安心の吐息を付いております=勇者様に比べれば、お笑いしか、技能はありませんので、ミジンコの様な存在です)、この戦闘結果(現世魔王vsスペインからの勇者様)を楽しく待つ事(*どちらかが、完全に息絶えるまでの*、壮絶な世紀の戦いなのです)にするのですわ~っ *(~∇~)*。☆勿論、現在のこの様な情況の中で、勇者を宣言するくらいのお方ですので☆、幾らなりかの才能〈超越的能力?〉を有していらっしゃると思われます(疑ってすいませんですぅ~*(~∇~)*)。凡俗には、理解し得ない→勇者専用呪文の数々、そして、勇者の旅のお供である勇者セット(装備は確認しておいて下さいねっ←取り扱い説明ですぅ~*(~∇~)*)、さぁ、行け!勇者様、愛の戦士には、神?のご加護が付いてるってもんだぁ~=± (@m@)±。「今更、ここまで、啖呵を切っておいて、体調が良くないから、止めるわなんて、言わないですよねぇ~、“スペインよりの勇者様”。世界最終戦争の前に、●こんなわくわくする他人事の事件(Event?)●に遭遇出来るのは、実に幸せですわ~っ=*(~∇~)*。「裏・噂情報でわ、魔王と密約した偽・勇者が、存在するそうですが~っ?(Demonstration用、詰り粘土向けのDrama・Eventねっ)」。私*(~∇~)*は、☞完全に他人事として☜、スペインよりの勇者様が、現世魔王=△目玉の息の根を止める(言論活動?)の成功をお祈りしますが、相手は世界の王の座さえ用意出来る存在ですので、お気お付けて、完全討伐していただくことを願っています*(~∇~)*。“YellのGiftと云う事ですわぁ~”。「頑張れ、スペインよりの勇者様、『力及びませんでしたなんて、言わないでねぇ~』」。『勇者!それはとても心地よい響きですねぇ~』。夢みてしまいますわ~、言説より、行為の方に重きを私は置きますが~*(~∇~)*。「成す事総てを成し終えてからの、お話さっ!さてとっ、※偽物か本物かが、命がけで示されるって訳だっ※」 =±(@m@)±。「Popularなところで、勇者Teamは、4人までだなぁ~(詰り後3人は、お供にできる訳だよ!)」。「@お前の何が、怒りの Switchに触れたか、判ってるはず@だろ!。◆無論・確信だろうなぁ、当然覚悟の上の事だろう◆、→餓鬼じゃないしなぁ、お前も」=±(@m@)±。「聡?云う事だよ」。「一度(ひとたび)、裁ち合うならば、容赦はせんからなぁ~」=【♯】。「侘びを入れるなら、許してやる、Ego=Prideが邪魔するなら、覚悟しておくことだっ」。でもでも、これは【謀硯?デムパ大王】→《スペインに、“勇者様”現る!?》の、空想・記事だからねぇ~*(~∇~) *。という事にしておくのっ。「これが大人の態度?の、落ち着きどころって所だろぅ~、ウウン?」=±(@m@)±。「はっきり云ってね、ここにゃ他者は必要ないんだよ、況してや量産型の粘土なんてなぁ~」。「怖いモノがない、あんたは、立派な勇者だよ、我々には完全に、用も無し関わりも無しだがねっ」。「必要としているのは、お前のほうだろう~」(Imageの刷り込みは、止めろや)∋(ΨθΨ)∈。 
2006年08月14日 20時58分10秒

 

■【無極・外伝】監修=【♯】慧眼・不遜。《上級者・試用?》の、『その怖れは、真であるが故』■
「解説してみよう、此処で使用している■の記号は、実話?“賢者の石”を表している?のである、信じて看る?かなっ」=【♯】。〈純真さがまだ㌿の少々は残っている、追尾・Kung fu実践者に嘘こいてはいけね~ぇんじゃね~の〉=±(@m@)±。「おおっ、我が愚・弟子=夢剄よっ」。「お前は可愛い~の、胴締めスリーパー・チョークで完全におとしてしまいたい程になぁ~」=【♯】。〈ちょっち、やばいかっ〉±(@m@)±。「イヤイヤ、お前のアホさ加減には、学ぶ所ありでなっ、 “半分くらい”は尊くも感謝はしておる」=【♯】。豹変怒涛・武侠在住☞「*無明因子・教材*として、ちょび髭の喜劇王とやらの、『The・Great・ DICTATOR』との真・対武?を始めたい」。「無批判に、誘導感動に騙されていた=(非常に若かりしころ)には、素晴らしい人物であるなどと★想い込まされていた★のでわ有るが」。「無駄に歳を喰わぬ様、心がけていた御蔭か、“明確に見える”のである」。(何がだおぅ~)∬(ёぇё)∬。「↑かの映像に描かれていた(誘導・喚起)、Image(願望・思考)道理?に、現在の《人造イカサマ国家?⇔△▽〓(白と青がお好きのようである)》の棲む及び棲まされた粘土群は、その指し示すCourseを☆指導者・群?のSales・Talk=Controlに従い△、驀進しておる」。「潜在的に恐怖心を抱える(かの種の根源・起動基点であり、人知でわ治療不可)ジュウ種は、その恐怖心に触れる、Switchに触れてやれば、その様に反応する(既に、どの Switchを押せばどう反応するかは、まいくろPC並に単純でお粗末である+オマケにバグの塊の様な代物である)。「《何故、あの様に、かの種は Appealに始終するかの原因》を“考察瞑想”した事が一度でもあるかなっ?」。「かの種の、*総ての外装を剥ぎ取った所の本音の言葉は*何か?⇒『我々は、悪くわない!、悪いのは!我々を迫害する!この世界であり!、生き物の方である!』(かの種の推進擬似原理はこれであり、この主原因にそって、触発してやれば、自己保身なる強力な本能の力を転用・運用出来得るのである)」。「でわ、その根源的怖れとは、一体何か?」。→「原因は、遥か昔々に遡る事に成る」。→「@真のユダヤの王を謀殺した罪を深く問われている@からである」。「《かの種のご先祖さまは、熱狂の中で、明確に叫んでいたはずである》、それを今に成って、記述から削り徒労?と、工作展開しているでわないか?」。「後ろめたさ(罪悪感)が生涯付きまとって当然である(他に善意を過剰に示して見せようが、全く無意味である)」。「ならば、どうするか、上記を直視し、受け入れるしか術は無いのである」。「良い例えが在る、インドの稀有の乞食坊主王の、信徒の一人(名は忘れた)もと凶悪・犯罪者が、托鉢?修行から帰ってきてから、釈尊に問うたそうである」。「私は、心入れ替え、仏の道について励んでいるのに人々は、私に冷たく当たるのです」と。「お前が、過去に何をなしていたのかを忘れ去っている、仏の道に帰依したとわ云え、過去の為して来た罪科が総て消え去った訳でわない」。とやら。「謀殺相手がそこらのチンピラであったなら、ここまで、悲惨な情況には成らなかったであろうが~」。「故に、真にまっとうなラビならば、愚かなご先祖の罪科を、背負い、苦悩するのは当然であると解し、この世界の最・低位に座してただひたすら他に尽くすわ当然であり、況してや感謝を求めるのは、傲慢である(更に、罪を重ねるに等しく)」と思い到はずである。「故に、この様な言説は、とても粘土Levelに話しても解し得ないことを、覚しているはずでもある」。「さて、教材シネマにもどろう、どちらにしても、加害・被害と言ったStanceの違いだけで、*発想行動原理はどちらも同じである*、最後の演説(Climaxに総統?)を冷酷に、鑑賞してみるべきである。《どっちも同じじゃないかよ~》」。これが、●解説抜きで見えるようになるまで●、見てみるのも一光(一考の誤訳)?と思われる。∵映画の中のどちらも無明存在である事を明かしているのだが∴(他方は、善良に沿って行動してみせてわいるが)。『イズレニシテモ、その総てが人間主体よっ』。SIGNATURE-【♯】。 
2006年08月13日 10時36分17秒

 

e 【Dr-Critical・Strange・Loveの“注文の多い《Pointless・LABO》”?】 《粘土浸入禁止》
*Karte・ №017*【¢】⇒『宜しい』で始まるのである。聴功生(誰あろうと、聴く耳を持ちえるのなら、語っては、聞かせるが?)の諸君元気かなっ。【¢】=Dr -Absolute?である。「《誤鋳?及び誤忌務?》には、★『正統派=血統書付き?』★である→△沙汰荷数賭<≒死汚煮棲徒・系▲。【¢】⇒(そもそも、その様な造語を*作り出す*には、その内部に→*その様な考え方が→存在《内部・実在》していなければ*☛『発想・表出不能である』=《確証》)があり、(捕捉として、その様なVirus・Wordを迷い無く使用する固体も、ほぼ同位?である)。さて、一般流通型(自由交配種)として、模造Copy品(意味を考える事無く、ただ真似る)=思考機能?・無搭載→『誤居?』←(戦略誘導・劣化・変質・形成種=*雑種*)が、存在しており、*人種・性別を一切問わず、劣化変質=Orc(オーク←Fantasy世界に於ける、下級・雑魚Monsterであり、常に自己の欲望優先が、かの種の生存原則である)化?は可能である*」。かなり前に★『正統派=血統書付き?』★=《誤異》について“慧眼・不遜”氏が語っていたようである。が、ここでわ、【雑種の誤囲㋰】について語ろう。「残念ながら、△人種?条件(選ばれた選民種?=無論!手前勝手な狂信・妄想)△を外して、眺めやってみても、《それらの条件に該当する存在》=人間モドキ=無明存在・系列=Lobotomy・Humanoidは、うじゃうじゃと粘土世界で這い回っている(これらは、蛇にもトカゲにもなれない、元は人間であった物。奴らにとっての使い捨て使役体を意味する)。☜『生きて既に命無く、死して同様、光無し』=【♯】。「誠に、同意である」 =【¢】。「現在、粘土激常舞台世界でわ、NwO世界化の仕上げ段階に移行していると思われる」。「故に、分別化が表出している(表出せざるを得ない)、この物質世界へ、心まだ売り払っていない者には、見えていて当たり前の事であるのだが」。「簡単な事象証拠が、あの看板Imageに固守して見せる、三個タマゴChannelの提供による、『Working・Poor』で表示されていたはずである」。「あの顕現せし、3者(現世的には、経済敗者に見えるが)は、∵人間である事に従って(朴訥であり、正直であり、他にやさしくあろうとする)いるが故に∴、あの様な情況にあるのである」。「Senseと Soulの在る者向けに、詩的=指摘に語るならば、『この人間モドキ世界は、人間の良真?(りょうしん)=詰り、かの3者(既にこれは、∵心的実在・象徴 ∴である)をどう扱うか決定したかの証拠である』→「粘土向けの解説を付けておこう⇒『絶対多数派である人間モドキ(粘土世界の住人は)生きるために?良真?=Soulとやらを、経済・現実(詰りは、NwOの主神?の虚妄・所有物)に、売り払った証なのである』。(無論、売り払ったのは、適応を優先する粘土群であり、●総ての二足歩行・生命体がそうしたと、言っているのでわ無い事を、明確に啓示?しておこう●)。解するものは、既に観している筈である。「既に、IC・チップやタグなど最終段階の仕上げ・Optionであり、工業製品に例えるなら、既に完世?しており、後は塗装や付属部品を取り付け、出荷を待つ情況に成っている」。「ここで、恐るべき、冷酷・冷血な管理操作原則Systemの実在を、観する事が出来る者へ、救いなき様に聞こえるが《生き地獄(現世)と、死に地獄(あの世)のどちらを、選択するかを、問われていると同意でわないかと思われる》。「どちらの選択肢も最悪でわあるが、我々は、辛くても“何れは年季の明ける”、生き地獄を選択しておる」。「言っておくが、我々は、保護された安全地帯の如き世界(階層)の住人でわない」。「この現世の、紛れも無い、奴隷Classである」。「耐えて(出来うる限り、上手く凌いで)生き抜くべきである、そして、この下らない世界を支え続けている。神々?の前に堂々と出て行き、《誠実に生きた貴方が味わったであろうその総てを、臆する事無く、突き出すべきである》。●人格神は法則の下位存在である ●」。「貴方が、成した行為によって裁かれる様に、人格神とやらも、法則の前にて、同様に等しく裁かれるべきである」。「嘘や言い訳の必要のないまま、例え能力に於ける、上位存在が在ろうと、臆する事無く、行こうでわないか!」。《私は、野ざらしの生の中で、明確に、こう思っている》=【¢】。
2006年08月11日 16時05分48秒

 

*無名詩人?=「言葉の刺繍」* -狂信と呼ぶも良いが、これほど静にあってならば、立派!-
 ◆私は誰の祈りも聞かない/ I Could't Hear Nobody Pray◆ …主よ、わたしは誰の祈りも聞かない 誰の祈りも聞かない はるかな道をひとりで わたしは誰の祈りも聞かない 主よ、わたしは誰の祈りも聞かない 誰の祈りも聞かない はるかな道をひとりで わたしは誰の祈りも聞かない 谷あいで 誰の祈りも聞かない ひざまずいて 誰の祈りも聞かない 重荷を背負っていて 誰の祈りも聞かない 救い主とともにいて 誰の祈りも聞かない ああ、知らないのですか? わたしは誰の祈りも聞かないを 誰の祈りも聞かない はるかな道をひとりで わたしは誰の祈りも聞かない。 冷たい水よ 誰の祈りも聞かない ヨルダン河で 誰の祈りも聞かない 川を越えて 誰の祈りも聞かない カナンの地に入っても。 ハレルヤ ハレルヤ 誰の祈りも聞かない なやみは終って 誰の祈りも聞かない 王国にいて 誰の祈りも聞かない イエスとともにいて 誰の祈りも聞かない おお、イエスよ!誰の祈りも聞かない おお、イエスよ!誰の祈りも聞かない はるかな道をひとりで わたしは誰の祈りも聞かない ただひとり そして誰の祈りも聞かない そして誰の祈りも聞かない おお、主よ!  ~“ヨルダン河をこえて”→単に死を意味するだけでなく、“この世の苦悩を乗り越えてあの世の天国へ行く”をも、意味する 《黒人霊歌集より》 ~
2006年08月09日 22時51分35秒

 

※【素朴な疑問=Critical-Wit】だぅ~にぁ~、《追えば追うほど、逃げ行くものわ?》※
「にゃらら~、にゃ~」。【素朴な疑問=Critical-Wit】のお時間にゃらら。「我が物顔で、暗躍してるちゅ~の、死ね㋛音・結社?」(おいおい)。「判らないにゃんこは、亜細亜の勇者?・虹の化身=虹男←(邦訳)を“懐古するのにゃ~”」。さて「信じる。信じない!なんてっ事をね、本当にゃ?人生や人間にとって必要不可欠?(絶対条件?←これもまた、オカシイ?=異常な言葉だねぇ)なことだろかなぅ?、にゃんこ」。「MK・暗黒結社商会?の扱っている、☆Brand・すぴりちぃありずむ☆、☞Mentalの特別Class?を求めるUser には、隠れ人気商品だにぁ~」。「《疑問だぅ》、⇒進歩?と自由?(十分に疑問のある、、MK・Wordだなぁ)に最終ゴールとやらが無いとしたら?、戦争と言う方便もなくならないにゃんこだと、考えた事あるかにぁ~」。(観念的、寧ろ理想妄想選択者?故に、そこまでの言葉で、『善しとしてしまい』、*その先とか奥を考えない*=ROCK・FestivalでSloganのCatch・Copyを叫ぶ、、消費・Userと同意なんだよねっ)。《この様に、それぞれの“Soul・Level”によって、受け取り・捉え方が、Hierarchieと同様に無限階層として存在している》=【π】。⇒「ここに、粘土界における、数多の大小ある、各種のMental薬物取り扱い・教団商会?の中毒性?粘土にとっての魅力とやらが、存在している」。「もしもしにゃ~、誤った習慣とやらに、快感原則に癒着している行為があるとするなら、止めるべきと事が分かってても、出来るかなぁ~」。←「イズレニシテモ、天文学的時間(無意味に近い、経験学習?)が、必要と成る事である」=【π】。「判りやすい、例えを揚げて見よう、⇒Boxingにおける“Counter・ Punch”(用法の一例)、TechniqueとSenseの必要のある技法の習得者には可能であるが、解説書やTraining・Manualとやらにいくら詳しくあろうと、実践使用?出来なければ、無意味(お題目)なのである」。「特に言説における論争(言語、観念の戦場に近い有様)でわ、実践力?は一切、問われないであろう(*真における?、言質*を問われる事は無い、益してや、粘土量産型同士においてなら、尚更である)」=【π】。「書を探し出し、読めば、それなりの言説を組み替えたり、組み立ては可能である」。「その借り物の、言葉を語ってみれば、何と不思議な事に、影の様にひっそりと、優越感が細波の如く、貴方を、うっとりとした仄かな恍惚感で包んでくれるのである」。「まあ、各・文明時代(今は滅んだ、過去文明らしきものを指すとしておこう)に存在したであろう、中級。下級の神官Classの、言説である」。(特にその様な言葉を好むのである、が、本質へはまだまだ)。「丁度それは、神々の残された言葉?(別の意味に於ける、高給Brand品を)とやらを身につけ、美しいでしょう私と、暗に言っている女性の様なものである」。《襤褸を纏い、真を秘するには、遥かに及ぶべくも無い》。「その言説には、必ず秘せられた、下位=俗物種に教えを垂れている、この私を、尊敬し、敬愛すべきなのですよ、貴方方は」と成っているはずである」。「この見えない(目視不能)、底の浅い、優越感は、◆余程の人物?でなくては◆、切除は出来ない(そこに、秘する意味と構造がある)」。「それを、成しえた者は。この様な言説は、遠ざけるものである、一見正等でわあるが(それでも、迷妄に付きまとわれる)、其処に留まっていてわ、玄質には行けない?と、覚するが故である」=【π】。「さて、にゃんこ、∵俗世のMental・ハイソかMK?宣伝人形に留まるか∴、それともなのか?、判んないにゃ~としておいてにゃ~む」。「まぁ、《イズレニシテモ他人事》である、当人(不確定・該当固体群)の選択を誘導などしたくない、*本来の関わりは全く無い*」=【π】。一応、善意の愚か者として、扱っておくが、多分、高確率で、伏字としておこう。の上で語っている。「これが、別の者には、見事な教材に成りうるであろう」=【π】。「ありゃららの・ツゥー・プラトンになりにゃんこ」=∬(ёぁё)∬。≡(ΩzΩ)≡≠【π】。さて今宵のSelect・Play・Soundは、Trumpet=Louis Armstrongによる♪-St. James InfirmaryとPiano=Thelonious Monkで、Relax用にと♪-Ruby, My Dear更に、Piano=Duke Ellington♪-Jump for Joy(無論、Album=How Do You Duke Disc 2よりである)。@「命令形の多用は、確実にその人物を腐敗堕落させえる」@。だからこそ、奴らはA~Z言語体系(すぴりちぁりずむ等は、MK?効果 Optionと思っても間違いは無い)を全世界に波及。Standard化させようとしている。これは、秘匿兵器≒磁震?兵器などよりも、遥かに冷酷・凶悪である」=【π】。「Virusは伝播・波及するにゃんこ」=(広がる致死性の病=A層向け解説?)。(乱入)⇔《判定なんぞ、俺様=±(@m@)±には、必要なし!》。
2006年08月08日 22時43分27秒