×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

❖無限解=[弐千六^07⇔08^]❖

※一人でも出来る、無限解・潜功探索・空想研究《実験・日誌》※

●Take The 【♭】-Train● 《さて、人は何のために此処の世とやらに生まれる来るのか?》
√o[139]o*下り便* (∂p∂)→MK・操作管理・実験裂島?に『次々に発生する、MK? THEATERの上映作品(原案・台本及び脚色はシイアイエーのOwner兼Client結社?、出演は去勢・変質・養殖種群=BSE牛とほぼ同位、そして強力に脇を固めるのは、実務・工作種?)≒異常事件!(当然!飛びつく★Mediaホ★、CM・Salesの強力点火剤)が現れた(♪ぴろりろり~ん= 効果音)』→『は~い、★Visual・Frame★消費者の貴方(視野狭窄常識?・起動型=視聴者の皆様方=養殖・User種?)は、どの見解を選びますか?(サルでも選べる、★Mediaホ★による、提示選択視?からお選び下さい?)』。↜「この様に、提示提供された、△目玉(輝ける単眼?=この世の物でわ無いって?=(∂p∂))の粘土専用・GameのCharacter?でいるようでわ、*覚醒離脱?*は不可能であろう」。「△目玉の設定せし、粘土専用・Game世界=地上・粘土獄界の粘土人形の無間世界での、粘土間での生き残りを賭けた、本格的な共食い戦争が始まっておる」。「既に、生き残りの為に共食いを平気でなせる、完全調教去勢種=MK?Robot・Humanoidは、表れておる(生産されておる)、自らの愚かさのツケは、自らの子の世代=MK?Robot・Humanoid達によって、冷酷に復讐されることであろう」。「《経済的価値?の無い者は、食われて良し、切り捨てて良し》を、生存競争原理として完全に学んだ世代が既に、実社会において、起動している」。(何所で、それを学んだか、この愚盲・粘土世界からである)=「親の背を見て育った世界は、完全に過去の記録である」。⇒「@ならば、その様な強化飼育種は、何によって育てられたのか?@←(本来なら、自我が崩壊しようが、発狂しようが、突き詰めて考察してみるべきものなのだが、《私は、無理は進めないのである》)」。《既に、本来の人の棲むべき世界でわ完全に無くなっている》 ⇔「人の善意を集めればで、良くなるはずの世界が、この有様である。何時まで、空虚なSlogan・Phrase連発のRock・Festivalモドキのお祭り騒ぎの虚しさから、眼が覚めるのか?(必要としているのは、事実などでわなく、《都合の良い幻想を多数派Userが、求めているのである》)」。「故に、△目玉は、衣装を毎回、取替えた、粘土UserのNeedsの指し示す幻想を与え、粘土観客を魅了し続けるのである」。☞「そして、“分離潮流” なのである」☜。「非常に深い伏流の如き傍流からの、視点で眺めやれば➽《人の力や知識や能力などで、現在の愚かな有様世界を改善出来る!》=【これこそ、△新たな、衣装を変えた、蛇の唆し△=完全に空虚なWord=自由・平等・権利と同意】であろう。◎敬神?の欠落<☆《人知で何とか出来る》☆と言った、※思い上がり※=現在の多数派である、養殖種総ての思考基点。それは完全に水面下にあり、思い込みの絶対不動の起動発露の基底と成っている」。←∵ 『これは、一体誰の考え方か?』∴←(これも、真に考察瞑想の価値有り)。「真の絶対恐怖と同意の、この物質世界を根底的に疑い(当然、有像無像?の他者存在も冷酷に鑑定しなければならない)、必然とし、自我を切り刻み、それでも直、考察を続ける=それは他者を全く必要としない、ある意味、真の孤独(怖れ?)とやらと、完全に向き合い、眼を反らさない、逃げ出さない、神仏を必要としない、頼らない!、と成るのである」。「ところで、既にそれぞれが、引き返しの付かない情況に成っているのが、見えているかなっ?」。「より、過酷なまでに、はっきりと選別の力?が働いているのを、日々、観している今日この頃なのである」。さて今宵の♪は、演奏/Lee Konitzで♪-Fishin' Around+Judy+Rebeccaで、お別れとしよう。SIGNATURE-【♭】。
2006年08月06日 23時12分59秒

 

●Take The 【♭】-Train●“夢で胡蝶に、成れる者と、成れぬものがある”⇔冷酷に聞こえるかなっ?
【♭】-Train●*上り便*➥Cynical・Wonderful?・Tour=√o [139]oの発車です。Announceはカイファ・ハールカです。「夏の夜空の星々の輝き、地上がゴミ箱同然の世界に変わろうと、死人やOrcが人の振りで、溢れていようと、●人の手の触れる事なきものは、美しいまま取って置かれる●、凌ぎやすく涼しく成った時に、そこに人として生きそして、輝きになったであろう数々の星の輝きを抱ける夜空を見つめる、それらが至福と成らん事を願いながら~」。「まあ、今宵は再び、【二極化=分別化(ゴミ出しの注意点?)】について、語ってみる事としよう」。「ヒヨコである、メスはタマゴを生むが、オスはいかに努力してもタマゴを産めない、量産・ヒヨコ達は生まれて暫くすると、肛門を(オスメスの判別)人の手でCheckされる、(何と言う屈辱だろう、生命へのセクハラだなぁ?)、そして鶏として使える(利用価値?有~無)メスは保育?され、オスのヒヨコはバケツの中へと投げ込まれる」。「そして、バケツにオスのヒヨコが一杯に成ったら、どうするか?」。「『生活の為=お仕事』。ヒヨコの鑑定士は、そのバケツに長靴を履いた足を入れ、それらを踏み殺すのである(何かが麻痺していないと、この様な行為は出来ない)」。「戦場の兵士(立派な職業のようです)は、最初の一人(人間)を殺傷すると、酷い精神的Shockを味わうと言い、二人目からは、何も感じなくなる(既に何かが、死んでいる=人間を止めた証でもある)と言うそうである」。「Businessにおける、人喰い(★人殺し★=ここまで表記しておかなければ、粘土は平気で見ない振りをするのである)も同様であろうが、殺人職業である兵士と違い、☆Businessの人喰いは、この様な@はっきりとした殺人感@が存在しない△」。「故に、罪悪感とやらを誤魔化すのは実に簡単である(粘土・飼育種はいとも容易く、児戯に等しいそれを繰り返し、救いに値する存在であると、御目出度くも、無根拠に盲信して生きて?いる)」。「さて、ここで、二極分化の真価?=深化について、語ろうか」。「どの様な職種でも良いが、静に観察すれば、上位・下位と言った、階級制=Hierarchieが存在しているのが見て取れる」。「大抵、上位とされる物は、汗して働く事無く、高額 Salaryとやらを手にし、下位の存在はまるでそれら上位の物の実働を自らの仕事分に加算して働いている様に思えるのである」。「この擬似・策謀公式 ≒Systemを提示波及させた、陰謀結社頭脳集団とやらは、実に優秀ではある」。「この構造《System》は、俗物・粘土種のツボにぴたりと嵌るからである」。「勝利者には、これはUtopia構造であり、下位の物には努力次第で上位席(それでも、この地獄Systemの中のPositionにしか過ぎぬのだが)が手に入るぞと、活動促進(口に入る事無き、目先のニンジン=疑似餌)詰り、馬車馬の如く働かせる事が出来る(これ一つで、二度も三度も美味しいのである)」。「さて、本来の人としての感覚がね残っているならば、殆ど何もせず(上位職奢)、労働時間を過ごすのだが、方や、下位職=実労者の馬車馬・奴隷労働の苦しみは感じるものである」。「さて、ここでである、美味しい上位職は手放したくわ無く、そして精神的葛藤(奴隷の如く、苦闘し働く人の姿を見て、『果たしてこれでいいのだろうか?』なる実に純朴なる疑問)」。「無論、この救済策として、陰謀結社の頭脳はその様な愚盲種への解決策用意しているのである」⇒「▲能力が違うのだから、仕方の無いことなのだよ▲、★貴方が悩むべき事でわ無いのだよ★(暗黒の笑い)」=△目玉。「と言った、全くの☆ 虚構擬似理論☆≒粘土現実地獄世界△適応・薬物△とやらに、*当事者は、勝手に中毒者になってくれる*のである」⇔(この擬似理論による裏打ちによって、命令を恥じる事無く、胸を張って叫ぶ様に成るのである)=お前らは、どんどん働きゃいいんだよ!とねっ。「◎真の事実を直視するだけの、Soul・ Levelに達していない=脆弱・自我=愚物◎」=《明白な、俗物種の証》。『△目玉にとって、俗物群体=慾塗れの粘土の烏合の衆など、@雑魚以下@= 〈粘土住人・現実世界の事でしゅかぁ~〉=(∂p∂)。なのである』。「祖国だぁ、思想だぁ、Systemだぁ、団結だぁ、←これって、RPG(ろーるぷれいんぐげーむ)の、『Monsterが現れた(♪ぴろりろり~ん=効果音)』→『はい、貴方は、どのコマンドを選びますか』と、クリソツだと、思いませんかぁ~」=(∂p∂)。「有~無」。これで白昼夢の如き【♭】-Trainの√o[139]oの*上り便*の終了なのである、今回は*下り便*も出る矢も試練?ので、期待するも良しである=【♭】。
2006年08月05日 12時38分31秒

 

⌒(^Й^)⌒ 【暴顕?デムパ大王】 《怒りの導火線に火を付けた、愚盲粘土が悪い》 *(~∇~)*
*(~∇~)*「は~い、お断りでぇ~す。ぴょん=⌒(^Й^)⌒。Dr-Absolute?から、このCorner・Stone?は、譲渡されましたので、私=‘Rhyme・Blue’*(~∇~)*が閻魔大王でわなく、【暴顕?デムパ大王】の編集・大酋長に成りましたのよ~ん」。別にDr-Absolute?の愛人などでわありませんことよっ、粘土・マスコミック界とは、全く別の領域で(尤も Virtual体ですので、唯のCharacterに過ぎませんが)。「さて、今回の【暴顕?デムパ大王】の、お料理素材は、☞謀? Propaganda・Channel社の、☆大写し・THESE-DAYS☆≠楽しい夕べの、MK?戦略Menuによる、△良識のCollapse△なる毒物・中毒料理について、地獄の料理人(ニスロク)から拝借した、⌒(^Й^)⌒≒Hell・Hunting・Knife(入手困難・Ultra・ Rareクラスとか)で、かっさばいてみやしょ~う」。「ゲストの、一体の眼がね女(完全粘土おばさん=マイクロ仕様起動の量産型Sample?の凡例程度)と、もう一体の、ボンクラ?るぽらいたー(実に無駄に歳を食っている割には、堂々と、粘土の首輪看板を恥ずかしげも無く、ぶら下げておられました)。詰る所⇒『実に見事な、粘土・脳死会談でした』」。「もっともらしい~く、其れらしい原因を挙げて、Catch・Copyと同様のうわ言を脳死の本懐の如く、どの方も、唱えておられました」。「ゲストのお二方は、最早完全なる、飼育粘土体であり、☆己が何を語っている(須らく、お子様ランチ的)か、その意味さえ(辞書上の言葉の意味だけに始終している)会して?いない☆と、みられます(故に、コメント時に★一切葛藤が見られない★=完全なる他人事として、及び機械の不良原因を語るかの様に、淡々と語る。*これは何を意味するか?*、既に魂=Soulが消失状態=Hitler氏の言われる、《Robot・ Humanoidの確証》であると、告げても良いと思われます)」。*見事に口元が歪んでおられました*中央に座していた女性には、まだ救いの可能性が残されているかもしれませんが。「無論、尤もらしい、言語羅列=(擬似インテリTypeの粘土体の特徴)を唱えていますが、それらは、粘土界住人にのみ有効であり、覚者に語らせれば、『もはや、間違いなく∵完全に本来の人でわ無い∴』。更に、私*(~∇~)*に言わせてもらえるならば、《このゲストのお二方こそ、∵人間崩壊のSample∴である》と、申し上げても宜しいと思われます」←(無論。このCommentに頷くのは、僅かな隠れ覚者と、いるみなTのMemberくらいだろうなぁ=±(@m@)±)。「特に異常事件や、異常行動を示さなくても、既に、粘土養殖種の群れ全体に、兆候・症状が現れているのです」。「でわ、何故、Frame・Image誘導・洗う脳?の、この様な@《ティ・ブイ=Propaganda・Frameに出ているだけで正常者であると、Visual・情報・User≒粘土は思い込まなければならないのでしょう》@か?」(おっととっと、そいつわ、凡夫=飼育種・集団を完全に敵に回す、問題発言になるぜっ=±(@m@)±)。「ここわ、天下御免のお笑い領域ですから、↻確定情報なる裏打ちなど、ありませんことよっ、貴方はもしかすると?、この【暴顕?デムパ大王】の空想・記事を、真実として取り扱っていませんか?」。「DetailでRealityを持たす、味付けをした、ただの空想・動話シリーズの一つなのですよ、本当にしっかりしてください!」。「空想噺もやはり、幾らかのRealityを感じさせる構成文でないと、読者に楽しんでもらえませんから?、この様な演出・構成は、ご不満ですか?」。「▲真に恐ろしいのは▲、この様な外部の先鋭的な異常症例について、☆《同病者が健常者であると思い込んだまま、語っている事の方が》☆、△【深くて救いの無い闇そのものを、示している】▽と、思われるのですが?」(NO・ Comment=±(@m@)±)。「流石に、堅いお方ですね、ちゃらけては居られますが」。「※何故、その異常が感知出来ないか?※、これは、比べるべき本来の正常者(人)の数が少ないので、勢い、多数派のTV誘導思考調教型の、量産異常者に保身本能の衝動に従い身もこころも寄せ、知らぬ内に迎合・同調、⇒*同病人に成る*からだと、思われま~す」。「今宵の、Hell・Hunting・Knifeは、切れ味あざやかなのよ~、『さすれど、既に Robot・Humanoidには、魂の痛みは既に感じない!、哀れここに極みを見せる、粘土苦界の無間地獄のおぞましさよっ』とくるのよねぇ~」。お仕舞いよっ=*(~∇~)*。ここで、過去の、空想・動話のHintに気付くべきですよねぇ。今宵の*(~∇~)*からの、Present・Soundは♪ -Chimbaloma~San Juanito No.4=(チンバローマ~サン・ファニート)/アンデスの、Nature・Nativeな音に身もこころも傾け、真の安らぎを呼吸して・・・。
2006年08月01日 23時23分18秒

 

■【無極・外伝】監修=【♯】慧眼・不遜。《上級者・試用?》の、『今回は、これで十分』■
【♯】⇒言って置くが、この領域のホラ話を山車(ダシの愉快な誤訳)?にしようが(尻を舐めて媚びを売ろうが)⇔《恩恵や慈悲など一切無い》事を、【明確に宣言しておこう】。再度・明確に、☞《我々は誰とも共闘?などしない!し、神だろうが、悪魔だろうが、取引はしない!》。⇔(笑っていいんだよ)=±(@m@)±。「尤も、こんないい加減な空言の連発・動話・話芸に、超越的?Reality?を感じ、★利用しようとする発想を持つ者こそ★、『我々が最も、遠ざけたい生き物である』」。「見るに付け、*見事に真意は伝わらず*、愚人・凡俗が扱うと、目も当てられぬ代物に変ると言った、事象に何時もながら、嘔吐を感じざるを得ない(中には、ほんの少々で、拙くわあるが、まぁ善しとしておくか?も有るにはあるのだが=微妙を観せよである)」。「軽い掴みはこれで終了する事として、無影拳流・点穴(てんけつ)打法を、前回の愚弟=(±(@m@)±)の提示した《世界規模の椅子取りGame》に打ち込んでみよう」。「既に、“こころ”まだ在しているものには。明白な事実である➥『この世界の生き残りGame =世界規模の椅子取りGame』の勝者はどの様なTypeの者になるか?は、観しているはずであろう」。「この△熾烈で残虐な、経済Game▽には、☆使役・胴元である、陰謀結社と怒りの子系財団Group△を除いて、*他の人類総てが、強制参加させられている*」。「現・世界的・経済Rule(イカサマである事に多くの凡夫は気付いていないか、気付いていても、それで良しとしているようである)を作っているのは、奴らなのだから、上席を少しづつ減らして行けば、勢い、椅子取り合戦は熾烈を極める事になる、当然、上品で、善良なる者から姿を消してゆく事となる」。←「これくらいは、情報など無くとも、推察想像できなければ、ここから先の地上・地獄世界のSurvival・戦争を、凌ぐ事も出来まい」。「どれだけ、共食いを恥じる事無くやってのけられるかが、残念ながら、これから先の愚盲・粘土界の潮流となるであろう(同時に、美辞麗句と、空っぽなうわ言の如き言葉の繰り返し=CMのCatch・Copy の如く、実体は一切無く、心地よいImageの響きを持つ=甘いだけの空手形)」。「《Stealth・Lead=MK・工作》として、今、Mediaホ(めでぃあほ)で、☞アホで恥知らずで強欲の進めを=Sample・Characterの提示、を繰り返し放映(洗う脳)しているであろう」。「粘土の見聞きする、凡そ総てが、綿密に計られて、連動している(MK・実施・実験・裂島?Control中?)⇒『何度でも、裏・Bible?として、私怨?賢者の書?を読むべきである』」。「となれば、その行き着く世界とわ?、それこそ多数の下級Orcの群れ世界。そしてその上位の慾動の魔法使いGroup。そしてその上位には、光る単眼?(実在証明は無理だなっ=±(@m@)±)が座するのであろう?」。「●だが、この話には、《尤も大切なFactor》が、抜けている●」。「この話の流れならば、アドルフ氏にも、語れるのである」。「もし、ここを訪れ、自らを頼りとする、“こころ在る者が居るならば!”、ここからは、自己研鑽?=“御主の功夫=Kung fuの見せ所である”」。【Hitlerに《決定的に欠損・欠落していたモノは、何だったのか?を、問うこと》である】(死ぬまでの時間を賭けても、価値ありと、言っておこう)」。今宵のSelect・Soundは♂-Thelonious Monkで♪-You Took the Words Right Out of My Heartを、そして、同じく♂-Thelonious Monkで♪-All Alone ←「を、己を頼りとし、諦めぬ“こころを持つ者”に送る事としよう」。「↑は明文化する事が、主目的でわないのは、今更のはずであろうなっ!」。 Signature-【♯】。
2006年07月31日 22時38分23秒

 

@´¨±(@m@)±の☞ %∵虚構興行?←粉砕・分解・遊戯∴%=空想・実話 @´¨ 
無極・森羅万象拳?の伝承者?(笑っていいぜっ!)である、俺様=±(@m@)±の、東法武伝・西滅鬼?=空想・実話を始める。《世界規模の椅子取りGame》←粘土には知覚不能な領域底部において、この世界のGame・Ruleはそうなっている(粘土には不可能な技だが、《666の使徒=△目玉の奴隷集団》には、なんとか可能だっ>教示を垂れる、光る単眼?)。@´¨あるPropaganda・Programを見せてもらったよっ(誠実・公正・真実の看板Image保持の為に、この様なProgramは製作し続けてもらいたいねっ、△目玉・使役結社から?、生活費= Salaryを与えられる《真正・パリサイ的・善人風・粘土労働者の皆様》だからなっ)。そのPropaganda・Drama?は障害者についてだった、「軽度障害と重度障害に対して補助の話だが、労働になんとか従事出来る者に、補助費は増やされ、重度障害には、自己負担?額が増えるといった、《System!》が適用されるようだっ(細部など、俺には用は無い)」。「実に、素晴らしい(悪意と奸佞に満ちたの意)戦術である」。「当然、障害者を抱える家族には、重度と軽度に別れ、対立の芽が芽吹くことだろう(*民族紛争の対立の基点*が、同様に、ここに在る)」。「説明が必要か?だから、アホなんだよ粘土人形!」。「★兎に角、分けるんだよ★、肌の色とか、何でもいいんだ(粘土にも、簡単に理解出来る差異を、拡大誇張して、それぞれをGroup 化させる)、そこで、一方に恩恵(利用しやすい愚物の集団へ、補助や援助)を与え、他のGroup(嘘を付かず、誠実な群れ=真の人間であろうとする者達)から、搾取・略奪し、*それらの一部(Tableから零れたパン屑程度←我ながら、エレガントな言い回しだなぁ)*を、利用(Control)可能な愚物集団へ、(それを、誠実な群れに判る様あからさまにやって見せることが、肝要なのだっ)注ぎ込むんだよ」。「そうすれば、ほうっておいても、対立は何れ、暴力=実力行為として現れるだろう」。『お前をこの世の王にしてやろう、そのかわり・・・』の御伽噺を“師歩?”(しのあゆみと書いて、しふと読ませる、風姿花伝の味わいだなっ)が!語ったはずだっ。コミック技的、必殺の逆転一厘の技とやら、を夢見る、夢子ちゃん達が、最後の救いの様に唱えているがねっ。「云っておくが、△目玉は、粘土の遊びで、地上完全独裁管理帝國=完全地獄世界を作ろうとしているじゃないんだぜっ、全く真剣そのものでねっ(それが、どれ程のものか、判っていないんだよ、粘土君)、当然そんな初期・こころえ書き控えなど、対策設定内なんだよ、現に▲私怨?の議定書▼の実在化・高火力?は身に沁みているはずだろうっ」。「云っておくが、今のその志は“双葉・程度”なんだよ、それを最後まで保持し、その道を、こつこつと誘惑に負けず、生き抜けるかどうかなんだよ、【そんなもの、ふりだし=Start地点にしか過ぎない】」。「十字の大バカや、インドの古典の乞食王の様に、108の誘惑を、アンタは退けることが出来るのかなっ」。「及びませんでした、でわ、済まないんだよ」。注意「尤も、それぞれに器があるから、能力?以上の誘惑は△目玉の眷属も許されてはいないようだが」。「志は善しとしておこう、真にこの世に勝利するのは、とてつもなく険しい道だぜっ(聡作?動話だから、笑っていいんだよっ=±(@m@)±)」。「更に、言っておくが上記の稀有の二者は、悟りの書?とやらを読解して、そこへ辿り着いたとでも云うのかい?」。「どこまで云っても、御目出度いねっ」。「この凶悪無比な地獄世界誘導陰謀機関?の展開誘導洗脳完全人間破壊戦略の“対・攻略本?”とやらが、どこかに存在するって《夢見るわけだなっ?》」。「それこそ、光る単眼は、大笑いして見つめていることだろう」。「粘土は須らく、人任せ、『誰かがヤッテクレルだろう、我々は人並みな善人?なんだから、当然じゃないか』と」。「そして中には、技量もないのに舞い上がり、勇者気取りになるやつもいる」。「そして、お前ら粘土の総ての手を尽くしても駄目な時?そうなったら?」。「教えてやるよ、お前らが、口にするだろう言葉を⇒『十字の大バカ様、再び、我々の愚かさの尻拭いの為に、前回と同じ様に我々のために死んでくれませんか?』だろう~」。「世界中の人間とやらの80%が、奴の刻印付きだって言った台詞を、他人事として処理してんだよっ!」。「実にお目出度い粘土さっ、都合の良い、奇跡がやって来るのを待つんだろう?」。「心配はない、ここわ、聡作?空想・動話の世界だから、現実とやらとは、関わりはないはずだからなぁ」。♂-Thelonious Monkで〈Originalの♪-Blue Monk〉(世界?カンケイないねっ、俺は俺さっ、聞きたいなら、静にして聞いてくれ)てところだなぁ。再びの“ばちぐぅ~”で、遇う戒?±(@m@) ±。「他力本願は、俺には用がない」。
2006年07月30日 00時45分05秒

 

e 【Dr-Critical・Strange・Loveの↹注文の多い《Pointless・LABO》?☇】 《粘土浸入禁止》
*Karte・ №016*¢下巻の秘¢《拠って立つは、然るに、自心(じしん)しか無し》。「確かに、奴らの数(真の沙汰荷数賭)は、多分少ないのだろう(この世界本来の健全なる生命に対して)、故に、∵世界の要点?の各組織や集団の上部のPositionに直属系を配属し、Controlを行っている∴(効果の一番上がる処を押さえるのは、兵法の常識)」。「それでも、不安が残るからか、低脳化(BSE・牛化)飼育・養殖法を使用する訳であろう」。「さて、コミック並の脳死Propagandaを何故こうも、しつこく繰り返すのか?」。(Point)⇒対象市場が粘土養殖種=俗物種=既に脳死的存在に、絞られている(Targetの固定)からである」。「マトモナ感性や知性そしてこころを残しているなら、これら(沙汰荷数賭の計画誘導?)の★信ずべき?Mediaによる。公式発表★とやらは、オカシイぜっ」と感じて当たり前である。同時にAccess・Countの高い<侮ログ?(受付?会場)≒Live・ House?には、必ず△使徒系列のCheckは入っているだろう!。「集客?力のある自由参加・会場=影響力の規模や質による価値判定に賭けられ、乗っ取りの可否が当然、計られることであろう」。●オマケ、『《情報は情報として扱う》、誰が?などは☆洋無し△である』●。「さて、ここで、工作種(詰りは、Salesmanだなっ)について観察してみよう、当然商品(形の無い・Imageでさえ商品にできる、例えば、マルクス主義とか)を売る為には、購買Userが何所の層にあるかを考えて、企画立案し実行に移すのだが、洗う脳・市場界にも当然UserのHierarchieが存在している」。「車を例にとって、事象解剖を続けよう」。「車には、価格帯があり、そして僅かな機能差や使用用途により、それぞれの条件理由を持つUserを捉えている」。「となれば、一番購買数の集中する、領域帯を押さえ込めば、ほぼ勝利と見なせるであろう」。「後の僅かな、文句の多いUser(Costが合わない)は、相手にしなくとも、商売(弱肉強食の奨めBusiness)は成り裁つ?からである」。「当然、各階層Userに向けたSalesman=工作種を揃えて置くに越した事はないのだが、効率優先で考えうるならば、Main(一番美味しい処)を押さえて居れば良いという事であろう」。「Mainから外れた、地帯?にもSalesmanを置いておくにも、それなりの意味がある」。「そこでのUser(優秀で善意に弱い者で、あるならばの話でわあるが)を、取り込む事が出来たならば、それが洗脳商品←(誤・記入)を、無料で売り歩いて(くちコミとやらで)くれる可能性がある」。「都に郭?、各階層に、Salesman を、放り込んでおけば、長期的に考えうるならば、損は無いと言った、戦略思考の出来る者が居るであろうなぁ~」。「騙す為には、相手からの信頼を得なければ成らない(どうすれば、信頼を得られるのかに付いてのGimmickは、一度はじっくり考えて見るべきである)、信頼を長期に渡って作り上げ、そして寄って来た、疑う事は罪であると教え込まれた?様な、本来の純朴な者に、少しずつ当人の価値判定を改造しつつ、利用すると同様である」。「女を込まして、淫売商品にする、ヤクザのヒモ・Technique?のHigh・Grade版であると思えば、大意は掴めるであろう」。「アホな女が、粘土ホスト= (Brand品を購買するのと同様の意識変性に陥り⇒何だと思うかなっ、これらの商品の原材=慾動の焦点とわ、《夢を見させてくれる》←この確証の意味は深い!)貢いでいる姿を」。「粘土の活動は、須らく双頭戦術の好餌である(現に、この粘土世界のGame・Ruleは奴らが握って居る=提示されたものである、そのRule上で、活動展開しても、特別Ruleとやらをデツチアゲ、持ち出され、適用厳守を求められれば、拒否できなかろぅ)」。(彼らの用意した設定世界で遊んでいるのかもしれない)』、⇋『と言った《非常に醒めた諦観に座していないと》、危ないであろう(細心の注意を払っていても、利用されるときはされる)』。さて、不足を感じるならば「《自分で何とかする、この心意気》が、《醒めた諦観と共に在らねばならない》」。*くれぐれも、実生活に置いて、粘土を装っておく事*は、肝に銘じて置くように」。「奴らのGame・Fieldと化した、この世界には、高度な心理TrickやTrapが使用されている(物理的なものもあろう。六本木・痴態?の荒れようには、Mind・兵器の使用の可能性があるなっ)可能性に対しての、冷酷な観察眼と対抗方法を探る事を、奨めて置く。「まさか?とか、今更あたりまえ、などに、MK?TrapやVirusは仕込まれていると、考えるのも面白い」。「普段何気なく、意識に昇らない(明確に知覚されない)物や事象にこそ、刷り込んでおけば、効果は大きいものである」。今宵の♪は。♪-Diamonds on My Windshield/「光が踊っているだけなのに、黄金に見える?」⇔「夢を見させてくれる訳だっ」。下巻終了。
2006年07月27日 21時23分13秒

 

e 【Dr-Critical・Strange・Loveの注文の多い《Pointless・LABO》?】 《粘土浸入禁止》
*Karte・ №016* ¢上巻の編¢『宜しい』=【¢】である。今宵は➥【罪≒VICE?】について、診療・解剖してみよう。「無論。私は日々罪を犯して活きている訳である」↫(おいおい、本気ですか?)。「何の罪か?と問われる事であろう」。→「私=【¢】とて生命体≒生物(いきもの)である為?、常に、 Energy補給←(パリサイ・表示)をしなければならない、当然、『食事と言った行為で、他種の生命体を日々喰らっている』←(野ざらしのReal・表示)のである」。「《これは十分罪深い行為である》、とても十字の大バカ様や、Nativeの心の拠り所的・存在などに、*顔向け出来る行為でわない*と、『明確に認知している』」⇋(この事実に対して、言い逃れは出来ないし、する心算も無い)。*無論、私は、この様なお方=(十字の御莫迦さま)の信徒でわ無いのだが*(例えば、列島の過去に於ける*踏み絵なる情況になれば*、《迷いなく、そのご尊顔を踏みつける》にしても)。「《誰が言ったでは無く、解説も説明も必要なく》、*私なる自我等と言った名札?=(これは、これで、あるLevelのものには、貴重なSpellであるはずである)より深層において、そう観している*」。「聡?言った意味でわ、後ろめたい思いはこの物質界においては、顕著に常に有するのである」。「何しろ、この領域で常に?語られる、《形状こそ違えど、生命の兄弟を》死体?とは、言え、『喰らっている!』←(紛れも無い血の流れる事実である)のであるから、《スミマセン=生きてて申し訳ありません》は常に付き纏っているし、故に、常に己を低きに置くよう、心がけ日々を過ごしている」。「どこぞの、☆腐れ白色堕落物質種の如く、胸を張って生きて☆はいない」。「他の生命を軽んじるような、言葉は使用せぬほうが良い、良く“ブタ”を蔑視否定形容詞に使用しがちであるが、我々はそれらに*養われている事実(食べさせていただいている)を◎完全に忘れている◎のである」。「心ある豚ならば、根源存在?の前でこう言うだろう、『我々は感謝もない、貴方に似せられた生き物に、屠殺され、食され、我々のかわいい子供達さえも、残飯なるものを与えられ、食われる為に育てられている、その上、我々を、更に莫迦か滓のように、貶めて呼び!扱う!。《これが貴方の善しとした世界の有様でしょうか?、答えてみせろやぁ~、ロクデモないお前に似た生き物ばかりヒイキにしやがって、お前のどこが、全知全能の神だって云うんだっ、なんとかいってみろやい!》』。まっとうに生きたブタなら、これくらいの啖呵は、本物の神の前でさえ切ってくれると思うのだが。実に立派なブタさんである。これなら人間モドキの上位におくべきである(真の生命領域の Hierarchieに置いて)。「と言った様に、●非常に簡単な、指し示し●は、西方式が▲故意に、捨て去ったもの(否定理由をつけ葬った事々)▼に、ゆっくりと時間がどれ程係ろうとも善しとして、ひとつひとつ、歓心?が行くまでに、熟れる(馴れるの意)?考察・瞑想?を注いで見るべきである」。「そして、視点?について一言!、子供の眼の高さで、お話しましょうなどと、時折聞かれる言葉なのだが」。我が講習?の研修生ならば、∵ミジンコの視線∴で、物事を見つめる課題を出しておこう」。「人として生れ落ちれば、生得的に他の生き物より勝っていると、多くの凡庸Typeは、*無意識に思い込んで生き、語るものである*(特に、△メダマ<帝國学習Curriculumを透して?、劣化促進ProgramをInstallされた世代)」。「それは、如何!頑張っても、※人との会話及び、学習(人の考えや思考を、書かれた物)が基本とされている※ので、そうなり得るのであるが、∵ここわ!凡夫であり、粘土であり、量産型の生息領域なのである∴」。「はっきりと診断しよう、“ミジンコ”のほうが、遥かに健気に、誠実に●生を生きておる●、これに匹敵出来る、人物がいるなら連れて来い!」(挑発と捕っても好し)。「これを、観する事の出来るものは、人との会話≒(Dialog)で、《真》?である、何かを、摂り出す事はほぼ在り得ないと、解しているはずである」。「イズレニシテモ、多くのものは、自己を言葉(論説)上でわ☆謙虚に見せてはいるが☆、●その視線の何と高い事か?⇒“ミジンコ”(小さく、儚く、愚かしく、【見え様と命である】)等?は、視野にも入らぬ、ゴミ扱いであろう」。『どうかなっ?』=Dr- Absolute?。「云っておくが、ここで、この様な、際どい診察動話?を記してわいるが、他者の覚醒?など、一切期待などしていない!、唯の暇つぶし(自分の為のFree演奏)にしか過ぎないのである《明確に告げておく》」。「↑は、楽器のPlayerなら感じてもらえるものであるはずである」上巻の終了。続いての下巻に期待しても良いと思われるが、Dr-Absolute?。
2006年07月26日 23時02分28秒

 

●Take The 【♭】-Train● ↱趣味の・不明-幻証哲学講座=お笑いヘボ・功座?↰
【♭】-Train➥Cynical・Wonderful?・Tour=[138]。お笑い・寸止め・無限危行?便の発車。今宵のBGMは、♂-Herbie Hancock♪-Watermelon Man/CD・Title/Head Huntersより/(*初期版*現在の彼のPlayには興味は無い)。【♭】⇒「さて、『1989年にて、既に二極への潮流が始まって』いるのだと、俗物とは呼びがたい、∵突出した英雄?∴であった、ゲルマンの星?≒アドルフ氏が語っていた」。「当然、同時代の、その他大勢の→チャーチルやスターリンなどわ=《明確に、どう足掻こうが俗物であり》、半島計?巨大洗脳教団の教祖系などと、ほぼ同位の、★ただの《粘土向けのCharacter商品》でしかない★。←(悪意は全く無い)。「だがその視線は、残念な事に、人?の★能力面に向けられた視点★で有る」。「努力は解するが、ここが西方式?の限界の現れでもある」。「どう、頑張っても、西方式?(再生・伝承古典手法?=ゲルマン源流式?≒ケルト・技法?を駆使してであろうと)処理出来ない、詰り⇒限界の現れである」。「ここで、示して見せる、ムリムリ翻訳?≒愉快な誤訳と同様、*本意は伝わらない*のである」。「判りやすさのみの最優先で語るならば、● マイクロ仕様では、決して取り扱いなど出来ない代物●なのである」。「粘土にとって、全く意味不明の領域に成ると言えば、何と無く、Detailを感じてもらえるのでわないかと思う次第である」。「ここで、一つCritical・Hint?を、➽やがて来るかもしれない、完全管理世界?=1984?世界= 人類(パリサイ・種)の夢の?千年王国?世界。について、あれこれ語っているが、今・現在の、裂島?粘土現実世界そうだとしたら?」。「やがては現れるかもしれないと、暢気にくっちゃべっている世界が既にそうだとしたら」。「戦略・戦術的には、これは、仕掛けた方の、大勝利とでも呼べる事であろう」。→ 「かの養殖種群は、完全管理世界に対し、不安と怒りを口にするが、それらが既に、その管理世界の中である事に気づいていない!とすれば?」。「『アドルフ氏の言葉?に、劣島がその実験国家?+(半島も同様であろう)になる』と、語られているはずであり、*劣島の現状が、それを明確に指し示している*と、私個人は、思い至るのである」。「信ずべき必要は、一切なく、尤も、自我脆弱性・助長及び、欲望充足優先思考の粘土養殖種には、耐えうることの出来ぬ、確証?と成り得る可能性がある故である」。「今、語られても、準備ができていね~よ」。なる方も居られようが、それはそれなりに、凌ぐ方法は存在している(明確に、断言!=独力・独習で見つけ出しましょう)。★工作種(自覚・無自覚を問わず)には、我々は一切、◆慈悲も哀れみも感じない◆ので、●悉く切り捨てている●(お前達の主人とやらに、縁り頼むがよい)「さて、ここまで、“こころ”の血を流し、満身創痍、手足の一本も捥がれても直、附いてこれた方に、『アドルフ氏の予言とやらは正確を期すならば、3割ほどの当たり』と、記しておこう」。「何の、救いにもなんね~よっ」。仮想・代弁者。「この世=写し世は、《苦の世界である》と、古代インドの乞食王?がおっしゃったであろう、これに歯向かうのは凡夫(俗物)の証拠」。と言っても我々は、信徒でわ無い事を明確にお断りしておこう。「さて、過去において心ある者が、貴重な発掘(得てして、地味なものである⇔非常に深い)ソロで演奏していただろうに、 Egoist(自分はそれでも善人のつもりでいると、信じ込んでいる、パリサイTypeの存在が、如何に回りに酷い害を及ぼすかのお話)が、善良な者を食い散らかし、犠牲にして存続しているかを」。「先ずわ。白種そのものをすべからく明確に指し示しているであろう」。「白種(パリサイ)の、Option程度の偽装善良さに、騙され、世界はここまで酷くなった、奴らは、形上は人でわあるが、物質種に完全に劣化している、故に伏字の恩恵には預かれない、▲ただの道具であり、機能である事を選んだ▲のである?」。ここで本日最後の、Critical・Giftである➥「もし、白種(代表はアングロだなっ)が本当に、口先でなく、真の地上天国=1000年王国を求めるならば、陰謀結社のMember全員と、意地汚く強欲に蔓延る、お前達白種総てが、完全殲滅戦で、完璧に同種そして自身をも△Enola・Gay=エノラ・ゲイ▽し尽くせば、《ここが大切》*残された人類とやらに、もしかすれば、本当の希望とやらが、遣って来るかも知れないぞっ*、●是非試してみる価値はあると思われる●」。『かの種がいるかぎり、地獄は永遠に続くことである』。↵「アドルフ氏も言っていた気もする(おいおい)、故に、氏を俗物とは見ない」。「今一度、B級シネマの『ゼイリブ』を、楽しむのも妙手かもしれん」(誘導されて鑑賞し無い様に、と、巧手志願者に、心得を告げておいて)。
2006年07月23日 00時06分49秒

 

⌒(^Й^)⌒ 【謀顕?デムパ大王】➽《とかくこの世は罠だらけ?注意しましょう》 *(~∇~)* Side・B
*(~∇~)*お待ちに成りましたか?。最近はどなたもTime・Spanが非常に短く(帝國仕様)されており、待たされると暴れ始める方もいらっしゃるとか、怖い人の住む世の中に(誘導)されましたねっ。「嘘だとお思いになります?」←(重複記載部分)。「一つの題目、粘土の娯楽用の呪文でもある。Anarchismも、残念ながら、悪魔帝國(おおっっと、でもここではOKさっ)現実論・主流に対する反抗程度であり、立脚点がそもそも、帝國現実論の中である事を忘れているだけなのです」。「この様な現状である、*多数の愚人集団と悪魔の代理・親分衆の蠢く*◎この世を完全否定◎(既にこれが、反・人間世界的として、扱われるのですねぇ)して、直、生きねば成らぬと言った事は、表層運動など、ほぼ無意味ということですが、△代理・帝國Programの洗礼を受けた固体は、与えられたSystemの中で何とかできると思い込むのです」。「既に◆総てが、帝國(三角目玉の道具)の八百長Ruleである◆ことが、直視出来ない、何故ならば、現在の自己の総て(帝國供与の仕組みの中のPositionに座していると言った意味です)を同時に否定しなければならない」。「この対峙において、凡夫は如何なる肩書きを持とうが、逃避を計るのです(Egoが手を引いて逃走を勧めます=本能による、狂気からの回避反応です)」≒『そんなことは無い!、そんな恐ろしいことは考えたくない!』。←この時点で既に、MK? Lobotomyの予備軍と成る訳なのです。「Egoを切開切除し、真の事実を直視出来ない以上、他の選択肢は残されていないのですから」。「故に、かの沙汰荷数賭・結社集団に嘲られるのです」。「お前達は、自ら望んで、我々に頼っているでわないか?と」。「少々、乱暴な論理?展開でしたが、“言わんとしている大意”を、観じてもらえたでしょうか?」。「会社にしろ何にしろ、現実世界と呼ばれる所で、《会話のMainは、Mediaによって与えられたもの》を口(話題=それが会話でしょう)にしているでしょう」。「その様な、堕落の進め(三角目玉のSales・Point⇔誘導)の様な話題に、愛想で付き合っている真に堅い人は、少ないと思われます」。「ここで、古典からの引用を、『滅びの門は広くて大きい、それに比べ、駱駝が針の穴へ通りますか?』と云う事のようです」。次回は【MK?HumanoidのBio・Clone・Type=人でわ無く、悪魔の使役・合成人形≒魂の無い人工生命体】についての、Reportをお届けしたいと、思っています。締めくくりのBGMには、癖(魅力)のあるPiano引き男=Thelonious Monkで、♪-Functional で。「穏やかな眠りと、良き夢に恵まれますように~」。*(~∇~)*。《お断りです➥MK?LobotomyとMK?Humanoidは別物ですが、今回は、ほぼ混在して使用しておりますので、*後は読者の方々の解析運用に任されます*》。「如何にでも解釈可能を心がけ記載していますので、ご自分の “Kung fu”の試し所でもあります」。以上で、Side・Bの終了ですわ。・・・↻【¢】「何故、真にこの世を写し世と、観する事が出来ないか?。¢執着がそれを許さないのである¢」。更に私からの“別冊ふろく”を付けておこう、『半島はどちらも、△帝國の愛人と言うか、淫売奴隷と成っておる、同時に劣島は、薬漬けにされた淫売も同然、愛や真実をささやいたところで、もう帰ってはこんし、虚しいだけである』。「思い込みが、それぞれに夢を見させる」。「人為が絡むと、総てが醜く変る、原因は沙汰荷数賭にあるとしても、だっ!」。さてそれでわ、今宵の私のSelect・Sound・Playは /Thelonious Monkで♪-Willow Weep For Me/柳よ泣いておくれ で、お別れである【¢】。「↑言っておくが、どちらにも興味も執着も無い」。
2006年07月17日 22時39分47秒

 

⌒(^Й^)⌒ 【謀顕?デムパ大王】➽《警報!戦略兵器=MK?Lobotomy?》 ⌒(^Й^)⌒ Side・A
Й堂々の眉唾記事>完全搭載の>不定期・読み物(お笑い式・究極仕様・殲滅Weapon?) ≒Critical・Hit・Attack?の決定版?Й。今回の【謀顕?デムパ大王】は。確定情報全く無しの(毎度の事じゃん)、信じる必要まずありません(固定観念=常識《破壊》の楽しさの追求)の『おおっ、㌿とかよ?、面白れ~』の、ロマン溢れる※《貴方の傍にも、戦略人型兵器?が!》※の特集なの。‘Rhyme・Blue’=*(~∇~)*女史(新・キャラ)の快心のお色気Reportなのよっ。「夕暮れともなれば、この夏の暑さもゆるみ、蝉の声も愛しく、Body&Soulに染み渡ります」。「いかがお過ごしでしょうか皆様」。♪-BGMは、♂-Chet Bakerで甘く切なく~、Vocal・Versionなら、更に女性にはNiceです。*(~∇~)*初めま~す➟「MK?培養型+生命合成?による、古典における(人造・擬似生命・使役体)ゴーレムの《廉価版》とでも呼べる。人型・擬似生命体が既に、*戦略起動展開*しているのです」。「それは、とってもおっかない事だに~ゃ」。(意味判って?言ってんの~)。「チョーク・スリーパー・スイングを掛けてやる~、にゃ~ぁぅこ」。(許してください)。「はい、ですが、これら(生きた戦略兵器=MK?Lobotomy・Series)には、物理的な攻撃能力はほぼ有りません」。「なら、ちっとも怖くないに~ゃ」。「いえいえ、違うのですよお嬢さん」。「解説してみましょう、Virusなどは体内に侵入して始めて、その暴虐的破壊能力を発揮するのを、ご存知ですねぇ」。「なんとか、判るにゃんこ」。(そ~う、おっしゃってるのなら。そうなんでしょねっ)。「『ふ~~っ!』、ぷぅにゃんこだっ」。「続けましょう、*過去に掲示しておいたHint参照*⇒『その集団の過半数を超える事により、それら多数派と成った異常者(MK?Humanoid)の◎刷り込まれた通念が常識として通用流通する◎のです』」(《注目・捕捉》・Mediaによって、擬似潮流を展開し、それを波及させる手法が御座います、価値判定が現在はマスコミックによって、誘導〈Stealth・Lead〉されていますが、是に気付いているのは、㌿の一握りの人間だけと思われますねっ)。「◆ これが、何を意味しどの様な効果を持ちえているかの解説は必要ですか?◆、お嬢さん?」。「でわ、他の読者の為に解説しましょう」。「例えば、→在りもしない、主観だの客観だの、平等とか権利などの言葉を何の疑いも無く使用している→養殖体(☆荒・教育による、帝國突撃兵・凡庸Programの Install☆=その隔された意味とわ、陰謀結社計画世界での経済競技場での技能・能力のみの習得=△使役Humanoidとしての能力だけで可であり、☆他は総て価値無き物として扱うようにとの優先指令が刻印☆される△Unit自体の効率化とControlの為)」。「これらは既に☞【MK? Lobotomy】として初期培養調整された生産品と同様なのです」。「如何なる人間存在も、このMK?Lobotomy集団の発揮する異常な Field・Forceの影響を受けずに居る事は不可能でしょう」。※「それは丁度、健全である社会集団とやらを、身体とするならば、身体内部の癌細胞と同義なのですが、《形状がVirusでなく、人の姿をしている》ので、現・法律?(これこそ、お笑いなのですが)=社会の健康法?などでわ除去出来ないのですねっ」。「無論この様な、*健全な人々の死角を厭らしく突く戦略*は、★沙汰荷数賭に顕著に現れる奸佞なる性癖の現れです★」。「この様な、呪いの集団の永い年月を掛けた戦略戦術により、凡夫は容易く、内部の価値?Programを書き換えられ、回りを見回しながら、多数派?=(慾があって人間だろう、皆そうしてるし)である帝國指定・量産型仕様へと、自らを更に微調整しながら、戦略・帝國Rule=(それが現実的であると、繰り返し教え込まれる)に身を寄せ、生き様とするのですね」。「この事により、総てがほぼ、遅い早いが有るにしても、致命的な堕落腐敗へと落下する訳です」。「嘘だとお思いになります?」。Side・Aの終了です*(~∇~)*。引き続き、Side・Bをお楽しみ下さい。
2006年07月17日 21時30分47秒