×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

❖無限解=[弐千六^04⇔05^]❖

※一人でも出来る、無限解・潜功探索・空想研究《実験・日誌》※

■【無極・外伝】監修=【♯】慧眼・不遜。《上級者・試用?》の、『必然としての切捨て御免』■
初めに、*誰の味方でもないでもない*事を明確に断っておいて、☆お子様ランチ≒〈K・セット〉は、人の食べるものではありません☆=撞き?スポよりと言う事で,代表的まいくろ仕様の粘土使役体(明らかに量産型)←識別Sampleとしての凡例程度。*粘土同士の力比べ*でブイブイ言わせて(おいおい)、舞い上がっている(思考力があり、考察力があると《思い込んでいる》)、について*一度だけ語ろう*、そして最後である(基より関わりなど一切持ちたくも無い、同時に完全に無縁である)。☞「その駄文(えらく、多作である、流行作家なみの生産力を持つ?)は、須らく、*考察の浅い=(お子様ランチ)*、*うっぺらなHumanism*と、*表層的Reality?*のみに始終している⇒《粘土専用の広告CM》と何ら変わりなしである。凡例として、この様な固体の精力的な活動には、粘土ではなく石工・賢者Guild?のMemberなら、『腹を抱えて哂っている』事である。【想像も就かないだろう】て。だから其の面で(否々、総ての面と言っても可である)あー君?の方がまだまだ『比べようもなく堅い』のである。この様なSample個体⇒「内臓されているのは、*巧妙に隔された?反吐のでるPrideである=(ほら、僕っていい子で幽囚?でしょ) *」。他の粘土と比べれば、僕は遥かに事を考察できる能力技能を持っている(其の総てが、Micro?提供《起動・依存・基本Programの意》である事への、疑問が皆無=自分の実力とやらとでも思い込んでいる)。「当然、如何わしさの最たるLive・Houseにとっては、演目=Programの一つとして並べておけば、枯れ木も山の賑わいには成るし(踊る人形)、底の浅い予備粘土信者?の良い目くらましに成るからね、置いているだけさっ」。「使い捨て歌手(商品として、Sales・Pointが一つでもあれば使ってみよう?)が、Promotion・EffectやEtcによって支えられている事を忘れ、自分の実力と勘違いする.のと同義である」。「これらは見事な◆生きた?疑似餌◆になりうる、当然、真の頭脳集団とは、この様な凡例量産型を生産しておくので、何時の時代も使用可能な訳である(時に応じて、必要なEvent時に、軽く呼び込みを噛まして置けば、当人の方から吸い寄せられるように、寄って来る)=かなり、高度な意味深?」。「だから、こう言っておく、《犬と話していなさい》と」。「以上の、戯言に、該当者とやらが、腹を立てなければ『けっこう』、総て、勘違いということである、もし、激しく立腹するのであれば、事実と言った扱いになる事象であると云う事の、《証明になりうる》」。「該当から免れた者は、与えられた知識などに頼りすぎる、危険性の反面教師として、◆生きた?疑似餌◆の観察を続ける事をお勧めするのである」。「そうそう、良いCommentをお伝えしておこう、『一つの意見にしか過ぎませんねっ』、これで、粘土は幾らでも騙せる、と同時に、自分も見事に騙せる効用がある」。「『遥かに、劣る、この事実にEgoは耐えられない』、故に、難でも良い都合の良い言葉(他にも、教祖とか思想とかEtc)を探し出し、★それに縋る★、粘土信者?と同質である」。今宵のNice・Select・Soundに♂-Bix Beiderbecke♪-In a Mistを点けておく。●オマケとして、※腐った言語体系=Zombie・Word?とは、明確に(A~Z)である※(効率の点からも、そう云い得る)。 SF小説:1984でも描かれていたのだが。「力比べはEgoの尤も好むものである」。☞Propaganda・Frameで眼につく様になった、《格下・格上とか、格付けなどのkey・word》には十分な注意が必要であろう。今宵も死人と粘土の群れなす世界?に、扉を閉じたままで。「工作員の屍骸の山が見える、しかし、蠢くそこには死はもう存在しない」。←ほんの戯言よっ。気にシナシヨウニ。終幕である。
2006年05月21日 04時22分55秒

 

y(~σ~)y 寝言は寝てからの、夢現(ゆめうつつ)流派・寝快硯⇒*/ヨタロウのB休・寄席/*
いきなり、幕が上がりますなぁy(~σ~)y、お囃子はReggae・Musicで。♂-B・Marley/L,・Perry♪-Send Me That Love(実にマヌケTasteが絶品)で、のんびりと参りましょうか。
~~~「おおっと、ちょいと聞いてくれやっ」=何処かの誰か?。「はいなっ、何の話でっしゃろか?」=よ。「お前さん、救世主ってやつを信じるかい?」。+「ひでー救世主もあったもんだ」=ど。「(あっしの、Commentは必要ない訳ですねぇ)それで」=よ。「そいつは、天国へ連れって行ってやるって、俺に言ってくれねーんだよ、けち臭い野郎だぜっ!」=ど。「(それで、プン、スカしてるんでやんすねぇ)ほぉ~っ」=よ。「あんなのは、救世主なんかじゃないね!、『俺にゃ、わかるのよっ』←(何が、どこを、どうすれば、判るのか?)」=ど。「そうでやすか~」=よ。そんな所へ(Just・Timing?)、目の輝き?の非常に気になる持ち主、身なり清潔+立派の弁舌爽やか、誠実風の看板下げた(外見と話術は、ほぼPerfect→まるで、Catch・ Sales・Agent?)の、一見・善意の人?の登場。「ねぇ、そこの旦那、あっちにゃ、『誰でも分け隔てなく救ってやるっ』ておっしゃる、立派なお方(Messiahをたっぷり匂わせて)が、広域媒体《意味深でございますなぁ》で(誰もが見ている?、*ただそれだけ*=笑い)で、救いを述べ伝えてらっしゃるのを知ってましたか?」+「速くしないと(ここが、きゃっらの、Catch・Point)、間に合わないかもしれませんよ(代わりに決断してくれる訳?=笑い)、急ぐことですよ(貴方のお得に成る事ですよ=疑似餌ですね)」=善意?の仮面・Salesman?(笑・笑・笑)。。「えっ、そいつは、知らなかった、やっぱり、さっきの奴は偽物てやつだったんだ、『こっちこそ、本物だぜっ!』、いい事を教えてくれた、ありがとよ」=ど。と、さっさと、駆け出して行きますなぁ。その後姿をしっかり確認した後で、探る目付きで、あっしにその人間モドキ?が、こう言いますなぁ。「あなた、救世主は必要じゃないですか~」(おいおい、いきなりで、いいのかよっ=笑い)。「活きてて苦しくは無いですか?」。そしてあっしは、ウンザリ気分で、こう言ってやったんでさぁ「●生憎、間に合っていやすんで、うちじゃ、ようはありやせん◎」=よ。~~~お題は【メシア、ご入用ですか?】。誠にお粗末さまでした。さてここで、訂正告示を告げておきます。☞Gehenna(ゲヘナ)をヘゲナと平気で*記載ミス*を繰り返していた事を、ここにお断りしておきます(学習能力の、あやふやさも魅力?)。「さてです。次回は、《謀硯?デムパ大王》を予定をしておりますが、どうなることやら?」さて、今宵のEnding・Soundは、レゲ・みゅーじっくと言えば、まず、このお方♂-Bob Marley(ぼぶ・まりー)で♪-Soul rebelを・・・。あっし=y(~σ~)y。の好みは、♂-Peter Tosh(ぴーたー・とっしゅ)の♪-Stepping・Razorなんですが。「そろそろ。お後がよろしいようで」y(~σ~)y。「めげずにいきやしょう、写し世は夢でございます」。
2006年05月17日 23時11分29秒

 

●Take The 【♭】-Train● ≪CHANNEL~MYSTIC~ZERO≫  『罵辞東風・列伝』
今宵もまた【♭】-Trainは、*諸行無常のレールの上を走り行くのでございまする*。羽織・袴・に扇子を持っての(∂p∂)登場です。「はいはいはい」。♂-Bud Powell/♪-Over The Rainbow/虹の彼方へ(少々、技巧が鼻に付きますが、Image・Tasteの優先でChoiceでございます)。さて、特定Listenerのみ(客を選んでんじゃねぇ~)「この様なお方々は、2-C Phantom・Dead・Zoneへ強制転送と云う事で、“罵辞東風(登録済み)列伝”の専門話芸の時間がやってまいりました」。趣味の・不明-幻証哲学講座=お笑いヘボ・功座の(134)回㋱は、【鳩と雀と鴉】について極楽亭・Beevanの壱隻?。「ぽっぽっと啼いて、『平和の省庁?である、我々に餌をくれるのは当然だろ(いぇいぇ、基地移転に金寄越せに引っ掛けているんだろう?、多分それは深読みと云う事で。ヘラヘラと)』と、厚かましく寄って来る、かなり数の増殖した生き物がいますなぁ」。「最近、とんと生き物の感じが私にゃしません、まるで物の感じで御座います、確かに動いて(自立可動?)おりますが(基本は実に単純なProgram仕様)」。「ええっ、そこの処、雀はあいも変らず、生きております確かに、囀りが五月蠅く聞こえる時も在りましょうが」。「そして鴉、これは近接域の鳥類の中では、知恵(怖いですねぇ)あり凶暴性(これも、怖いですねぇ)ありで、Gangと呼んでも差し支えは有りますまい」。「この3者において、戦闘力のHierarchieで計りますれば、多分Topが鴉で、次いで鳩、最後に雀とこうなりましょう」。「あら不思議、何かが透けて見える気もしますなぁ」。「鳩とやらは、一端戦闘Mode(鳩同士における?)に入りますと、対立対象を平気で傷つけるそうですなぁ、詳しいことは鳥類学者か文献などで、お調べいただくと嬉しいかぎりですなぁ」。「生き物も上質に近くなると、同種闘争の場合、傷つけずに勝敗を決するそうで」。「ここにも、いみじくも、意味深な原理が隔?されている様な気もしますなぁ」。「商品の売れ行きとは、UserのNeedsを掴む、既にこれは古いですなぁ、☆UserのNeedsを低劣下させ、固定化させる☆。そうなると!」。「高尚な商品(作品)は、理解するのが面倒くさい、となれば、送り手側はUserの理解でき楽しめる商品を作らざるを得なくなる、劣化策の双頭戦略ですか?、両者がアホに成らざるを得なくなる訳ですなぁ」。「故に、心あるものが、『何であんなものが売れるんだ!』の、生成根源理由がここに在する訳でありますなぁ」。「繰り返しますが、NwO・Project結社の、 Order?(本流)に沿ったものしか、売れないのが、現状なのですなぁ」。「Businessに於ける勝利を求めうるならば、あの集団の傘下に、自動的に参入ということですなぁ」。「増してや虚業(商品はImageそのもの)ならば、尚更と云う事でしょう」。「表層戦闘の勝利を幾ら収めても、何の勝利にも繋がらないということは、稀有の知性を持つ蛇の大親玉も、良くご存知です」。「では、何故、その真の勝利とは程遠い行為を何故、実行しているのか、暇つぶしにでも少々知恵熱でも出して、考察してみるのは、楽しかろうと思われますが、くれぐれも、行き過ぎますと、粘土世界での適応技能を失いかねます事を、注意点として啓示しておく訳でこざいます」。【♭】-Trainの臨時便(オマケの意)を一つ。「時の経過というのは、誠に面白いもので、自分の書き残した文を読み返しますと、幾ばくかの成長?が見られる?ので、ございますなぁ」。(おいおい)。「自分が変化してきた証とでも、言いえるようで(無論・諸刃の剣でございます)」。「いらないと気付いたら、惜しみを掛けず、ドンドン捨てる」。「お子様ランチの旗を幾つ集めても。目には楽しいでしょうが、飽きませんか?(虚しくはありませんか)」で、本日の【♭】壱隻の終了と相成る次第でございます。さすれば、次回の《罵辞東風・列伝》話芸で、よろしゅう、お願いいたします。「は~い」。(∂p∂)
2006年05月15日 23時26分58秒

 

●Take The 【♭】-Train● ≪CHANNEL~MYSTIC~ZERO≫ 《乗客はこちらで、決める!》
♪-Diamonds on My Windshield/♂-Tom Waits/をOpeningに流しつつ、今宵は少々Cool・AdultにShift・In。CD-『The Heart of Saturday Night』より。「ピカピカの魅惑、輝きは黄金に似てる、草臥れ汚れた子供達は何度も手を伸ばす、儚さを学び損ね、怒りに任せ、玩具箱をひっくり返す、 *後片付けをシテクレルモノはもう居ない*。ジョンは喚く(歌う?)、『Mother~』、学び損ねた、しかし巧妙(裏設定=《知覚不能?》による、自動処理に従った、蛇は笑ったが、沈黙を示し、その行く末を見つめる)、平和と理想郷を口にする(巧妙に与えられた?)、*自らが《持ち得ないものを口にする(求める=◎内在していないが故に◎)》*、そして、失望の世界(原因であり、触発因子)の中で、当然の如く=(最優先・自動処理)*美しい観念*その言葉に捕り憑かれ繰り返す、つき従う群れが☆頼ったように☆、頼られた存在も、在り得ないが故に、夢見る事が出来る?(Beautiful・Delu z ion?)←Spellが違う?←我々の用法Spellである。に☆頼っていた(Mental-Slaveの証)★、幻覚世界が*∃無限に広がっている≒ 無間地獄?∃*事も知らず、《捉える事の出来ぬ言語(A~Z)思考のままに》☜(捕捉解説なしの、ここがPoint)。美しく視得る?が!、他動詞で『Manufacture?製』、●生命とは無関係●の妄言に、気付かぬまま」。さて、“こころ在る者にしか聞こえぬ汽笛を鳴らし”、Take The 【♭】-Trainの発車である。⇒趣味の・不明-幻証哲学講座=お笑いヘボ・功戯の(133)回㋱の本日の通過駅は~。「駅弁販売は、あるのかにゃむぅ~むぅ」=∬(ё。ё)∬。【Missileの弾道計算Programで、代数を神?として<詩・絵画・音楽などを理解?出来うるだろうか?】と言った Announceとともに、粘土現実とやらから離脱しつつ。「弾道計算Programでは、詩なんか理解?できっこないなゃ~みぃ」=∬(ё。ё)∬。「そう、だが、無理をすればどうなるか?」。「沙汰荷数賭?=死汚煮棲徒(貨座ー留・Type)の*うわ言*に成るみゃ~」。「見事!と言って置こう」。「確かに、きゃっらは近いと言えば近いが、決定的なモノが不足している」。と言う事で、このヨタ話(非常に意味深)は終了である。さて次に、ヨタ話の弐の通過駅である。効率優先を善しとするNwO・Eliteに提言である。「Elevatorなど使用せず、今すぐその最上階から飛び降りれば、効率の王様(地面に辿り着くのは速いと思われるが)である、いかがかな?」。「今は、高速・Elevatorがある、とか言ってのけるのにゃ~」。「Elevatorを待つ時間が惜しかろう?、それに限り在る地球資源の無駄ではないのかなぁ~」。「マトモナ人間なら笑うのだが、Eliteと名の付く輩は、この様な馬鹿さ加減に気付かず、これらに近い行為を遂行し、それを価値あると言い張るのである」。「嘘と思えるかなっ?」。「これらが、 Globalなんたらの招待?であり、沙汰荷数賭?=死汚煮棲徒(貨座ー留・Type)の、推し進めているProjectである」。ヨタの参の通過駅である。「ある計算式の話である。騙された者同士が戦いで傷ついたとしよう、粘土計算では、騙された者がバカだとの結論がはじき出されるのだがね、この同じ事象の計算を別式?で,算定すれば、語彙無?等と言った、生命の兄弟を侮蔑使用する様な輩に、◎その罪は総て加算されている◎のである」。「∵だから、この世界に起きている、不幸な事象総て?の責任(罪科)は、明確に貨ザール種の蛇の下請け頭脳集団?に=Cap-Stoneを崇める信者集団に、僅かも残さず付けているのである∴」。無論、粘土世界的証拠など一切必要としない、「特殊な?、算定法を使用しているのではあるのだが」。「~ネコ句会~は、殆ど目次の掲載の様になってしまったが、楽しめるものには、間違いなく楽しめるはずである」。「粘土は、それを(NwO・Project)、商利?と呼ぶやもしれんが、我々はその遂行者集団を、完全なる敗者そして、◆毒麦◆と呼ぼう(西式のボンクラIntelligentsiaには、理解しやすかろう)。「遠まわしに、繰り返し言っている意味を解する事が出来たかなっ」。「ヨタの《弐》が一番やつらには、似合いなのだよ」。「がんばって、救いとやらを探してみるが良い、で、きゃっ等の★喜びの歌★のCounterとして、裏・Theme(ディエス・イレ)が、Settingされているのである」。「真剣にしゅべってな~ご」=∬(ё。ё)∬。「真剣に相手にするに、値せずと、神?も仰っている」。(おいおい)。「やつらにとって、預言者の様なものだっ」。「如何足掻いても、《助かりは、せん》」。「親の小言みたいにゃ~っ」=∬(ё。ё)∬。「そんなものだよ、原質?など」=【♭】。
2006年05月15日 00時09分47秒

 

e 【Dr-Critical・Strange・Loveの注文の多い《Pointless・LABO》?】 《粘土浸入禁止》
*Karte・ №012* 「『宜しい』で登場である」。「Name・Plateの裏には、しっかりとDr-Absolute?と書いてある」Dr-CsL=【¢】である。それでは、研修生?の諸君、こちらを少し診て見よう」。⇒「*粘土激常舞台世界では、【上から下まで飼い殺し?】*」と言った、余り穏やかには思えそうも無い症状について、共に?(おいおい、本気ですかねぇ)←[Serviceに決っておろう]。それでは、切開・観察を始めて診よう。始めにオマケを一つ、「《白粘土=☆=白い星?に、再生の可能性はゼロ》である、残念ながら、死汚煮棲徒のControlから離脱すれば、益々、出鱈目さに拍車が罹る?のみである」 ⇒《引き返すには余りにも遅すぎる、負債?の額があまりにも巨大であり、このまま※道具として十分に利用され損耗消失する道しか残されてい無い※》」。「何度でも言おう、◇使役労働Uni≒道具◇(真の意味における、地上世界生命Hierarchieの最下部に在すべき存在の意)がそれらの、◆基本構造(故に容易に、Controlしている頭脳Groupがあるであろう)◆であるし、それらの肥大しきったEgoの切開切除は不可能である(該当個体群は、見事にそれを拒否するだろう、何なら個人的に試して見るが良い)」。「もう一つ、解かりやすい例えを揚げよう、※所有の概念を完全に払拭する事が出来ない ※=(末期状態の薬物中毒者と同意である)、故に、それは●治療不可●である《廃棄か焼却しか無い=いままで散々好き勝手に人喰いを行ってきたのに、今更助けてくださいなど、誰が?許すのかね?、屈辱と汚名を着せられ葬られた義人達の怒りをどうなだめる事ができるか、出来るとほざく者が居るなら、やって見せるが良い!》」。「と云う事で、期待するほうが、アホである、若しくは実にうすぺらな存在である」。「そう云う喪埜達の矯め?に、前菜で、♪-朝日の当たる家。そしてMain・Dish→♀-Billie Holidayの♪-Strange-Fruit(奇妙な果実)を賞味いただきたい」。「さて、同様に、現在の粘土世界における、Media及び出版なども、単にWorld・Orderの下請け(道具?)にしか過ぎない」。「なれば、白帝国と同様の末期しか在り得ないのは当然である」。「僅かばかりの経済的な勝利などね、経済Ruleを完全に掌握せるGroupが、『諸般の事象で、今までの経済Ruleを変更します!の*通告だけで*』、△事足りる=取り上げる事が出来る▽のである」。「其の通告(無論。無言の軍事圧力をちらつかせる事であろう、と同時に懐柔策として、鼻薬?のばら撒きもあろう)に、粘土世界は暫し沈黙か抵抗を見せよう>が、やがて、*今まで相?して来たように*、☞適応へと態度を変えるだけである」。「非常に醒めた、知覚と観察眼が備わっているのならば、これくらいの想像予測は可能なはずであるが、いかがなものかなっ」。「見渡して、見れば良い、この世界にこの世の勝利者が、何人存在していると思えるかなっ」。「真に絶望とやらを、一切、手を抜く事無く、突きつけてやろう!」。「役に立つと思っていたものを、悉く粉砕してくれる!」。「無論、『粘土なんて嫌だ!』と、志す者にのみに向けた言葉である」。「*真に残るものを、覚?する*事が出来ねば、誰あろうと、その門を通れはしないだろう」。「これは、脅しでは決して無い!事を断っておく(どの様な曲解が存在したとしても)」。「決して、諦めろと言っているのでは無い!」。「●余分なもの(身に付いた)が、人を苦しめている◎」とだけ、最後に言っておこう。「表示(Ravel)に惑わされるなよ!」。Ending・Soundとして、 ♂-Tom Waits♪-Grapefruit Moonを送る。疲れたら、眠るのが良い。かの人もそういっている。『その日の疲れはその日にまかせよ』と。「そうだっけかにゃ~っ」=∬(ё。ё)∬。「勝手に確認してくれ、もう私は、“おねむ”の時間だっ」。「おやすみ、にゃんにゃこ」。「すやすや」。(おいおい)。
2006年05月10日 23時57分59秒

 

*無名詩人=「言葉の刺繍」* -御伽噺(現代版・空想動話)は誠に、愉快-
◆OneWay=得てして、そんなものである◆  …幾人かの気のふれた、強欲な喪埜達が、ある入り口を見つけた、その入り口には捻った言い回しの、注意書き付き『誰でも望む者は入れますが~』。そして中には、この世のものでは無い闇が広がっていた。しかしその入り口から、仄かに見えたのは、黄金だった。こいつはシメタ。そして幾人かはそれを掘り出す為に、其処に留まった。さて、更に少し行くと、黄金と少し違った光るもの知識が在った。こいつは拾い物だ、此れさえあれば黄金は、いくらでも手に入る、そして幾人かはそこに留まった。もっとを望む喪埜は、闇が更に深くなる、奥へと不安げに進み行った。そしてそこには今まで以上の地上の権力の椅子とやらが転がっていた。しっかり腰を下ろす、すわり心地はなかなかのモノ。随分、群れの数が減っていたが、丁度良かった。此れ幸い我々でこれを分かち合おう、だが、其の誰もが、信じることと無縁の強欲だけだった。注意書きにはこう書かれていた、手に入れるためには、ここに座って、自分のものであると宣言しつづけなければならないと。そして総てに対して感謝も無い連中が、所有(俺のものだ!)を繰り返し、その闇の中で喚き続けているのだった。何処かで、重々しい音が響いたまるで最後の音の様だった(まだ、聞いた事は無いが?)。一番奥で、喚いている喪埜達には其の音は聞こえなかった(聞こえていれば、五月蠅いなどと吠えた事だろう)。入り口から一番近いもの(欲深)が、其の音が聞こえた場所に来た。入り口の扉は見事に◆閉じていた◆。『やった!、これで、この黄金は俺のものだ(俺たちでは無く)』と。望みのものは手に入れたが、出口とやらは失った(どうやら、そんなものは、どうでも良かったらしい《笑》)。そして焼却炉に火が燈る。其の総ては持ち出すことが出来なかった。見事にその様に作られていた。欲望の終点とでも書いておくかなっ。そして其の外で、一仕事を終え、煙草を美味しそうに吹かす?存在がいた。これで8日目じゃ、総てのケリがついて一安心。そして真の平安と幸福が始めて、解き放たれた。~「天災と自分の事を呼んで良い?、やっぱり止めとこ」、さんより~
2006年05月09日 00時09分55秒

 

⌒(^Й^)⌒ 【暴顕?デムパ大王】→《Clay・Dollの証明?×拷問・特集?×》 ⌒(^Й^)⌒ 転の章
後編の起動確認・>>>「この様に、Game・Ruleさえ作って与えておけば、放って置いても、脳洗浄済み(教育とやらに、そうProgramされているらしいと、して置きましょう)家畜種は帝国供与の←(ここはTop・ Secretではあるが、それに既に疑問を持たない様、調教済み)経済Ruleに従い★立派な人喰い★として、*真の労働と完全に勘違いして*、自主的に起動、活動してくれる訳です」。「△☆この様に、対立や不足を与えて置くと、誘導Controlが容易に成るようです☆▽」。「《凡霊?》として、列島に対する、過去の恨みとやらを足場にして、半島の過激思考傾向の喪埜を誘導すれば、容易にそれに従い、破壊活動に邁進する(活動体・当人は、正当≒政闘?な怒りと復讐に従っていると言った、天にも恥じない正当性があると、見事に思い込んだまま、命令者の上部への想像《懐疑》が一切欠落しているまま、取り返しの着かない、行為に突き進むのですねぇ)」。「ですが、為した行為は総て。◆自分で支払わなければなりませんね(無論、命令者側は、その鼠算式に派生した行為の総ての負債義務を持ちまますので、まず完全に《伏字》と申しておきましょう)◆、◎ここで、【真に恐ろしいのは、死ですね】(実にのんびりと、若しくは、唐突に遣って来ます、*誰も逃れ得ないところが、お味噌です*)◎」。「不安にでも成りましたか、為らばね~っ(笑<同情0、03%含有)、マス・コミックで、妄言を吐き散らしている(其の言説だけで、一発奈落落ち、間違いないのですねっ)、看板・霊NO者とやらの⇒妖怪オバサン(∴真の獄界住人?の玩具に成っています∵)に、お金でも差し出して(当人は、そちらの方が大好きですので)救ってもらう(何がしかの、救いに思えそうな言葉を頂く?)事?をお勧めするしだいなのです」。「若しくは~、☆人間は死んだらそれでお仕舞いだ★を★自分に言い聞かせる(Self・Control手法とやらでしょうか)★と言った、●気休め●も御座いますので、該当者のお好みで、Choiceしていただくのが、良かろうかと、思われます」。さて、~ネコ句会~の⌒ (^Й^)⌒ 【暴顕?デムパ大王】は、いかがでしたでしょうか。何とほぼ、無料提供の愉快な“口から出任せ読み物(空想・実話?)”ですので。現実とやらとは繰り返し申しますが、一切関わりは無いのは、ご理解いただけると思われます。*オマケ付き*で、⌒(^Й^)⌒<弔いがてらに、Gift・BGM を、♂-Don Quixote楽団/♪-NO-Chanceを、☆或る方々(腐った死人の方々)へ★。【南~無】。
2006年05月06日 13時00分42秒

 

⌒(^Й^)⌒ 【暴顕?デムパ大王】→《Clay・Dollの証明?×拷問・特集?×》 ⌒(^Й^)⌒ 地の章
「以下に、※いかに粘土体が、完全な∃使役Unit⊂Domestic・Animal∃であるか ※、と言った、【危険な拷問・仮説特集】が、今回のIgnition・Point(無責任な娯楽・要点)なのです、決して!貴方の貴重な時間の損失には、させないはず?と思ってみたりする」。☞拷問?の⒈→「持ち運び自由、お便利Communication・Tool(Pocket?・Tel=仮称、縮めて呼ぶとポケ・ホン、本当は(Roast・Child?盗賊財団の正式Catalog・Nameの簡略・和訳)⇒ボケ・ホン《ジワジワと脳に来るでしょうなぁ》)の、Market戦国事態?の真っ只中、Sales・Point(他の利益追求社との差別化=其れ逝け、ここが売りだ、売って売って売りまくれ、相手を一切問わず=数字が統べてだ、美辞値棲?に良心など不要)に、[注]Creditの機能をIncludeした(これが、どの様な終点にUserを導くか?)機種で、やぁやぁ我こそはと勝負に打って出ている、利益追求社(尤も、直轄管理下でしょう=CMで一時、♪-喜びの歌をガンガン流してたし)があるようです。注・『この⌒(^Й^)⌒暴顕?デムパ大王⌒(^Й^)⌒は、量産型・常識人(Standard・Moralist?)には、追尾不能なまでの*愉快なFiction*である事を、明確にお断りしておくのですが』。「かなりの昔の事、《Dial・Q2で荒稼ぎ》した事を、多くのUser(経済獄界市場の鴨?=養殖種)は、既にすっかり忘れ去っているし(脳死の名札を付けて、うろうろしているし、たまに喚く、討論を真似てみる、様であるが、真の思考考察とやらとは全く無縁の様に見えます。CMの如く、★総て提供されたもの★⇔(共有率《凡庸政?》が高い?=当たり前だろ、工作下請けマス・コミックが、★全力を持ってじわじわと沁みこむ要に?★教えをたれて下さったものだろ)を、自得流?の粘土の呪文として唱えている酔う?に、見えます)、世代交代(劣化・低脳下は間違いなく進化しているとの、《何をバカな》説も在るそうです)なる*状況*(統べて、NwO?移行設定された《与えられた》条件付け・環境)も非常に有効に働ているようであり、どうせGuinea-Pig・User?はImageで食いつく、頭は鳥?=Chicken・Brain (三歩、歩くと忘れる)も同然、★使用超過で破綻するChicken・Head・Userは、放って置いても、何れは何処かの利益追求社?に食われる!≒ (凡例・ネーチャン、エロエロの金貸しCMくらって、金銭破綻になる中年以降層?が増殖しているとか)★、☆のならば!☆」と言った、獄界(焼肉定食では無く、弱肉強食)経済Rule?(人間の考える事では決して無い→△貨ザール▽・親分囚?の奥の院?頭脳覇・ペテン師集団、提供の?)とやらに則った、「共食い家業(現行のBusiness・Ruleに添うならば)=Global・Standard商売の真の覇道(王道では決してありません)Neo・ Babylon・Businessに、邁進する訳です(世間とやらでは、私は善人であり、少なくとも人前《Publicでは》法律とやらを、守っているとの、*幸せな思い込み付き*で)←*《お子様ランチの、旗か玩具みたいです》」。さて前編は、ここで終了。勿論、このままでは終らない。後編を待たれるが善し、*Now・Loading>>>
2006年05月06日 12時52分24秒

 

◆‥もひかん・ロボ +〔* *〕+ ⇔ +〔Random*JAM*Play〕+‥◆ [Menuは“日替わり”です]
>>>Operator・Modeで+〔* *〕+起動します、>>>準備は良いでしょうか?。今回のBGMは♂-John Coltrane♪-Impressionsを使用。《Mode・Select》は、*Full-Contact*にしての+〔Jack-In〕+でお願いします(Access・Sideは、十分!自己Safetyの確認の上で、お願いします)。「では、回線を繋ぎます」。>>>「何時ものように、鬼の如く(容赦なく)行かれるそうです」。//「『VirusとVaccineの関係を考えて見よう?』、ProgramのVirusは、 ProgramのVaccineを使用する。生理的疾病?である風邪(凡例)の症状を、予防・抑止する為には、生理?医学用のVaccineを使用する」。「さて、この上記の*二つの*VirusとVaccineの*違い*は、*何によって*発生しているのか?」。「何と無く解する事が出来たら(基本 Detailの違い程の認識でも、可)、次に進むのである」。「*生理機能は虚偽に惑わされない*、しかし、脳内に座位?すると言われる、〈心理。思考〉。とやらは、生理ほど単純?でわ無い為、医学用語に記される、プラシーボ効果などと言った、*思い込み効果*により健康が好転する場合がある様に、いい加減と言うか、虚偽(何でも)を信じこむ事も出来る『扱いが難しい、厄介な代物≒余り、弄繰り回すと危険』訳である(信じている当人には、それは真実か神の加護に*見えている?*)」。→「この様な症状は、薬物中毒者及び狂信者と同様である?」。「パリサイ病癖の治療書の発掘、発見者の努力には、敬意を払っておこう、が」。「身体的健康と違い、“こころの欠陥や病”は、◎容易に完治しない◎のである」。「Vaccineの投入、宜しい、効果は見込めるであろう、が(そのPCは、一応健全に作動することであろう)」。「そして、イタチゴッコが、◆そのPCを舞台にして↓◆永延に繰り返される、訳であるが・・・(さりげなく、意外と意味深かも)」。「〈共有性?〉故に、その様な★まいくろ仕様?★を廃棄出来ないと言った、痛し痒しが在するのも解している」。「この世界(粘土激常セカイ)の、基本Chord?の統べてが*この様に↑◆*、粘土の知覚外の領域で、悉く、汚染物に刷り換えられている(この様な、認知点より、始めて始められるべきであると、思われるが?)」。「故に、近年発掘されたと言った、治療書とやらは、俗人向けの初級治療処方としか、言い得ない(無論その効果を否定しているものでは無い)」⇔「●書や、言葉や説話などが、読者を選ぶ、【当然である】●」。「売り上げを、第一命題とする、各・粘土出版社の発刊誌などに、夢中なUserと無縁の領域であるのは当たり前、*覚悟の不足*が少々気にはなるが」。「引っ張っても、オル愚?しても、全くの無駄で無意味(それは解していると思われるが)」。「数とやらには、盲?、意味も価値も存在していない」。「バケモノ屋敷の非常に如何わしい Live・House(★隠れOwner?、黎明教団?の遥かな下位の使役団体のしぃアイえーとやらかもなぁ)を潰す必要などもう無いのである」。「粘土・忠犬、粘土・ロボット工作軍団の墓場(そして、出口とやらは何処にも無い)になるのだから、心配は必要ないぞっ(そして、そこで留まらないところが、高度なお味噌=東洋風味?なのである、)」。「我々の使用する、超・Occult・Weapon?(おいおい)は、きちんと選別・識別・能力が備わっているので、そのあたりの量産型・工作仕様ボンクラ粘土兵以上に、文句の付け様のない心正さ(心眼・他心・運命通の能力、標準装備)を持ちえている(神と粘土並の差が存在する?)」。(おいおい)。「我々は、粘土俗物が口にする様な、愛や慈悲などは一切持ち得ないので、容赦なく徹底的に手抜きなしに、であるのである」→「そう、★きやっら▲▼にとって、最高に特別の中の特別の災厄なのである(奴らには、最終審判を名乗っても良いなぁ~)」。+「第二次の Germanの初期型・原案系とは、格別のTaste仕様を賞味してもらおう、我々からのGiftである」。←「泡吹いて、喋っていませんか?」。「このウツケめがっ、Mount・Punchの嵐をくれてやる!」。「ぎぶ、ぎぶっ」。「タオルもドクターストップも許さん!」。(お笑いで。絞める?、これもなかなか難しい)。無署名・名文?でした。>>>本日はこれで、統べての上映は終了です。+〔* *〕+
2006年05月03日 14時28分04秒

 

@´¨≪±(@m@)±=鬼革王≫の→世界命令?Scenarioの%虚数興式?分解の楽しみ方%@´¨
いよっ、Dark・Hero=±(@m@)±の登場だっ。これはOriginalの爆弾Mark だっ→@´¨。三流Scenarioの粉砕を始めるぞっ。@´¨効果演出誘導・満載の粘土激常舞台における、NwO?台本(死人賢者集団?執筆?)を、%無限追尾空想能力%によって、@鬼革呈・夢剄=±(@m@)±が、勝手に(認可なし)分解遊びをするっ。★Sample・台本(上演中?=連れ去られた、私の娘を~)*壱*<殖民列島のバッチを付けた代表者とやらが、⇒愚鈍で愚かで完全に役立たず(◆無能◆)←《ここが売込みのPoint》である事を印象付ける(刷り込む⇔誰にだ~だろう?)。「はい、この企画台本解体(裏)をCoolに楽しめるListenerは、ご承知と思われるが、続けさせてもらうよっ」。*同時に比較対照として(ここも、忘れちゃならないPoint!)*、強欲イカサマ白・帝國の、お飾り人形(《名札には、一応表向き親分と書かれているようであるが》実を言えば、サルでも粘土でも可=与えられた台本の台詞を、其の通りに語り、そこそこ演技が出来れば、後は編集でなんとかしてやろう)の※慈悲的?側面(☆救済者のImage☆を与え、完全に売り込んでおく事)※←「ここが、大切(何のImageを売り込むかを明確にしておいて、演出を凝らさなければならないのは、脳いじくり・Businessの基本である)」。※比較商品広告※と同じ手法(粘土向けの、Dramaや映画などにも多様される)。※極端に表出された※二つのSampleを、演出広告手法を知らない、Userは当然の様に、After?とやらを選ぶんだ自動的に。(おいおい)。無論、批判力の在る人間向けでは決して無いのは当然だっ。【狙いは何か?】⇒『次世代の;列島種』である。今現在の労働活動体層になど向けたモノデハナイのは、※当然だっ※。そんなものは耐久限界寸前(廃棄待ち=減価償却?)なのだから、脳洗浄しても、使役効率の損失でさえある。「解かってるよ、それぐらい」=代表・読者の声。「この二つのSampleは」、*最・重要Point⇒◆何を代表しているSymbolであるか?◆の洞察が、◎絶対必用 ●である。解かってるよね~っ?。「当然!」=読者の声。★これらの基本構図を抑え★、後は衣装をとっかえひっかえ、☆繰り返し、条件付ければ★、パブロフの犬だっ。そもそもこんな演出に何時までも騙される様な、存在体には、何を言っても無駄だっ。「それは、酷い」=ある、読者の声。「俺は!貴方がたの様な、慈悲や愛とやらの使徒ではないんだよ!」+「はっきりと、言っておくぜっ」±(@m@)±。「粘土界・原則=NwO=1984=帝國供与(Program)Ruleからの離脱は、粘土体との対立事象が起こりうる可能性が非常に高いのは、云うまでも無いはずだ」。「飯を食わせてくれ、衣服を与えてもらい、唯で住ませてもらい、小遣いもたまには貰い、と言った存在を、在る意味、拒否?しなければならない(アンタの様に成りたくは無い!)」。この台詞が、どれだけ「育ててくれた存在を、嘆き苦しめる事に成りうるかは、簡単に想像出来るはずだっ」。◎ここが非常に難しい?◎のだが、「バカ正直に、明確に宣言する必要は無い。“変わった子だ?”で、済ませれば良いだけだと思うぞっ」。(相手に真実を伝えなくていいのかぁ~?)⇔「有~無」。次に進もう。「西方の十字の大バカが、母親に向かい、貴方は誰だと、言ったの意は、ここの所と被ると思う、思うとだけ言っておくよ」。←Popularlyで引っ張り出しただけさっ。「誰もが独自の選択権を所有している、Egoに非常に巧妙に寄生しているのでね、その分離には、身を引き裂く痛み(発狂か死と同様に思える)が存在する」。「ここでだ、●論説や考察(況してや、対話なら)は、諸刃の剣●なのだっ!、己をざくざく切り裂いて(当然、相手だって、同様にざくざく切り刻まれるさっ)其の痛み(Egoの肥大している方が、そのDamageは大きい)を」。そして、話が飛ぶ(演出)のさっ。→「やつらが★恐れているのは、たった一つ★、◎【真実】だっ◎」。「だから、其の言葉を語る口を塞ごうとする」。「☆この構造は★、凡夫が真実を受け入れようとせず、抵抗する姿に似ているだろう」。「とてつもなく、このPhraseの意味は深遠に似てね、深いと思うぜっ」。「考えてもみろや、金も地位も武力も持っている集団が、真実の言葉を恐れているんだぜっ」。「その、ただの言葉を何故、そこまで怖れるか、これこそ、しっかりと考察してみるべき事じゃねーのかよっ」。じゃ、今夜はこれで±(@m@)±≒「俺は、Dark・披露だろ?、吽?」。BGMは、ロシア民謡で♪-果てしなき荒野で。又の“ばちぐぅ~”で会おうぜっ。
2006年05月01日 22時37分06秒