×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

❖無限解=[弐千六^02⇔04^]❖

※一人でも出来る、無限解・潜功探索・空想研究《実験・日誌》※

●きゃっらはそれを徒労と呼び嘲るだろう、が、それら統べてが、証として刻まれている●
【♭】さてさての「今晩わ」で始めよう。前回Dr-CsLが、絵文字≒(O..O)←この様な表記を、生命が無いと言った、確かになっ!、が、*それは大意であり*、その儚さ?を覚した上で、ご使用いただきいたものであると云う事である。*全面否定では決して無い*ことを、ここに示しておくのである。湯加減とやらで、過ぎるとやらに注意を!と云う事である(無自覚に使用しないようにの意)。【♭】口調はゆるゆるではあるが明確に⇒「★価値?とやら(を附加した、人造虚妄製品系列)の統べての物は、きゃっらに連なる喪埜達(死人種)に★、そして、◎この世界における【無価値?】とされるもの総て(∀)は、我々?が貰い受けることとする◎」。(本当はかなり前からそうしていたくせに)Mr・OeOe。⇔・(OeO)e←「そこ、うるさい!『宣言!である』」。「相手が⇒例え33階級、が束に成っても、文句は言わせない」。(今更、宣言の必要も意味も無いのにぃ~)+「絵文字に成ると、Mrもかわいいですねぇ」=(∂p∂)☜極潜龍・ぴぴんたす。「ついでに俺も=±(@m@)±鬼革呈・夢剄」。← 「Dark・Heroぽくって、ちょっち良いですねぇ」(∂p∂)。「灰汁が強すぎる嫌いも在る」極楽亭・Beevan。「そこが、俺様?の売り(Charm・Point)なのよっ」±(@m@)±。「絵文字じゃ、私が一番、マヌケに見えますのですが」・(OeO)e。恢恢だと、こうなる⇒≡ (ΩzΩ)≡。「うにゃみ、にぁみぃ~むぅ」。「言ってる事とやってる事が、全然違うじゃないですか!、※説得力とやらが、*激減です*」(∂p∂)。「誰も、こんなイカレタ(愉快な)領域に、真実などは求めてはいないだろうに?」(ΦαΦ)。←(おいおい)。「別冊・読み物で、『青天大聖vs釈迦』 Sub・Titleは(今度は、前のようにいかないぜっ)を、執筆準備中である」。「お味噌は、人間の悟りと、精霊体?(孫悟空は精霊の結晶化であり、明確に言うなれば、妖怪種と違うの立脚点により)の悟りの違いと、論説合戦と言った、血は流れないが、別の何かが切り刻まれる事と思われるのである」。☞ 「アクション・シーンとお色気がないと、一般Userは、読んでくれないみぁぅ」∬(ё。ё)∬。「そうである、一般的・量産型・多数派とやらは*3・Sが好きである*。Maniac(どこがマニアックなんだ、真実じゃねーか、無論其の通りであるが)なDocument・Reportなど(ほとんど)読みもしないのである」。「故に、きゃっらは、只管、→一般的・量産型・多数派→向けの☆3・S☆Event(事件や娯楽)を提供するのである(Controlしやすく、何時でも使い捨てに出来るし、誰かに操られているのでは、との疑問さえ抱かない、安全牌?)」。「大量破壊兵器とやらについての(凡例)、基本的な疑問を今現在、幾人の凡夫が口にしているのか、と言った*実地調査*は済ませているでしょうか?」。「と云う問いである」。「少数のインテリのコメントなど、容易く、大量なる量産型・愚盲種に飲み込まれ」、「『何しゃべってんだよ、TVが嘘言うわけないだろう、気分の悪くなる事をいうやつだ(ここが、Point)、俺が自分の頭で考える事が出来ないとでも言いたいのアンタ』怒るよ、俺」。と来るね。「◆凡夫種の関心事は☆3・Sと金 ☆、それ以外は、必要としていない◆」←*嘘だと思えるかね?*。「ここは、須(すべか)らく、お茶ら卦?=(オチャラケの誤入力)てはいるが、夢見るゆめ子ちゃんは、存在しない。「おお~っと」(∂p∂)。「あたしは別なのにぁ~?」∬(ё。ё)∬。「そうでした」(∂p∂)。協力= ≪CHANNEL~MYSTIC~ZERO≫(えしゅろんSystemを凌駕する性能を持っているとの噂?)。♪-Take The B?-Train~ネコ句会~最後の、(おいおい)・(OeO)e。以上※趣味の・不明-幻証哲学講座=お笑いヘボ虹技132回㋱でした。
2006年04月27日 22時16分09秒

 

【Dr-Critical・Strange・Loveの注文の多い《Pointless・LABO》?】 《粘土浸入禁止》
*Karte・ №011* 妄想と妄念では、少々違う。妄想は→まだまだ*かわいい(微笑ましいとも言い得る)ものである。妄念≒(飢渇)では話が少しばかり違う。★力を欲して暗黒面に落ちた★、Maskを付けるCharacterが、解かりやすいSampleと成りえよう。←Junk?Cinemaから。★他の総てを犠牲(売り払って)にしても★、それを(願望なる目標)を手に入れようとする特殊?(異状)状態である。実に判りや易い例えを上げるならば、【強姦= Rape】である。*相手?の合意を全く必要としない*。実に身勝手な願望達成行為である。既にその様な手法(手段)を取らねばならないと言うことが、◎ 一体何を意味しているのか(何を、失っているのか)◎を、観することが出来ないようでは、表層戦闘?でさえ、勝利を収めることも難しい。「一体何の事を語っているのか?は、明かさない」。●振り向いてもらえる●見つめてもらえる●この様に、実に、たわいの無いPhraseではあるが、何も持っていなくとも、能力がなくとも、知識や言葉がお粗末であろうと、野の花の様な、笑みを持つ者。と、優秀(打算・虚偽・謀略などに秀でる=能力・技能が高い?)ではあっても、★こころの死滅した死人種★と、◎貴方はどちらと付き合いたいのかなっ?◎。無論、野の花の笑みを持ち、Sense抜群、頭脳明晰・ばちぐぅ~な存在もあろう。∵強要≒命令?これが、既に滅び没落を意味している∴。粘土世界においては、形成化速度が非常に遅いだけである。「己の撒いた種は、己が刈り取らなければならない」。いみじくも、凡俗では決して語れない言葉を語った人物が歴史の中に㌿の僅かに偉容?。凡俗とてオーム?の様に*真似て口にすることが出来ようが*。もっとも*表出形態は言葉*であるのだから、その表出機能が備わっていれば、誰でも語る事(なぞる)が出来る。正気を持っていてしては、経済戦争の勝利者に成る事はおぼつかない。正気を持っていては、Propaganda・Frameでの仕事は無い、音楽Businessも同様。マス・コミックも同様。批判力の不足した幼年体にとって、巧妙な毒物の選別は不可能に近い。解かり易く例えるならば、君は喉が渇いている、そして、飲料水の自動販売機に辿り着く。Pocketには小銭もある。さて、健康に良い飲み物はと、選択してみる?。しかし、其の総てにRavelと味覚は違えども、総てが製造過程によって、汚染されていたとしたら。←実に人の世を極限まで馬鹿にした発想である!。※これは、Drinkと健康についての話ではないのは今更である※。若年層が→E-Mailで→絵文字を→多様する、→この変質の意味は?。☞これは決して先祖がえり(原始?)を示すものではなく、※全く別種の【完全なる劣化】を示している。“原始にはつたない表現の中に生命が在る”が、現代の絵文字には、生命(“呼吸と温もりとおおらかさ”と表記しておく)は無い!。生まれてこのかた、偽物=Junkに囲まれ生活をしているとするなら、本物とやらをDiscriminateできるであろうかなっ?。つまり、まいくろProgram(中と外よりの同時複合汚染効果)で、いかにして、真実とやらを、取り扱えると言うのか、と云う事である。*同じ言葉としての真実? *とやらを、[注]取り扱ったとしても、まいくろの処理と、Origin・Madeの処理では、全く違う(隔絶なまでに)とは、考え付かぬものであろうか。ふむ、まいくろでは、対処できぬから、言い回しを変えたりと実に不毛な行為(処理作動)が、実に正しく無意味に重ねられている。そして、更にここに、言葉さえ完全にJunkとなれば、一体、凡庸の者?に、どの様な対抗策が存在しえると思えるのか。既に、1984世界に成っている事に、気付いているものは、粘土より頭ひとつ抜け出ている(確かに)。粘土は益々、空虚な美辞麗句に群がる事象が現れるであろう。と同時に、それを食い物にする、脳・宣託屋(それに連なる者総て)は益々救いの無い領域へと自ら進み行く。※慈悲とやらは既に効力を発し得ない。⇔既に、身銭で払わされている。口先だけの喪埜の慈悲に比べれば実に立派ではある。が、∵個人窓口(どちら向きだと思われるかなっ)の扉が殆ど閉ざされている故の∴発生事象である。本日の診察は以上である。質問は受け付けないので悪しからず。【¢】
2006年04月25日 23時36分34秒

 

*無名詩人=「言葉の刺繍」* -もはや真実(実在)とやらを取り戻す事は、出来はしないだろう-
◆Empty=どう扱ったら良いものか?◆  …死者の都。昨日、そして今日と呼ばれる、現在、そして、未来を意味する?明日。→それらは、実在か否か?。←欠伸を一つ。TV、and、マスコミックで子供達は育つ。その群れは、与えられた話題を突く(つつく)。←寂しさ虚しさ故にか?。再生することのない命の抜け殻が、Chanceと希望のScrapを飽きずに弄くり返す。落下と上昇>観念による拡大解釈。再上昇=純化を為しえた数とやらの確率確認を忘れたまま。危機的状況による突発進化の確率、その計算式に己が含まれる事が無い。が故に、実に楽観的(詰り、他人事)。死者の都のその住人、都合の良い言葉を選び、犠牲とやらには、軽薄な同情を示して見せる。可能性は眠ったまま、それに触れるには余りにも誘惑が多すぎる。上にある如く下があるならば、それらの仰ぎ見る超越存在にさえ、希望は無い。末端表出(Appeal)に拘る(パリサイ・仕様)、当にそれは、無明を証す、何故その都に、たった!10人程の義人とやらが居なかったのか?。そして,その都(おおっ、多くの人?とやらが愛する?)が、見事に焼き払われたのか?。粗品乱造の主、そは、神と呼ばれるらしい。⇔Nihilism?→否々、→それは安易な解釈。この星にはすっかり飽きた?。ある存在には、執着するには虚しい。ある存在には、素敵に見える。同じものが違って見える不思議。愛とは、結局、最後に残る粘土玩具?。言語表出と実在は等記号では結べない。簡単な事実を、欠落させた討論?には興味も無い。今日も犬もどきは吼え狂う(飼い主の命令のまま=報酬は傷物の金と特権快楽)、命も希望も Chanceも無い事を、ひた隠し、Presentation(奈落・落ち)を勧めている。進化論?表記するならば、変化論が正しいだろう。無明妄想に付き合うつもりは、もうどこにも無い。 ~この星系を去り行く存在の、最後の落書き、より。~
2006年04月23日 04時00分25秒

 

■【無極・外伝】監修=:慧眼・不遜。《上級者・試用?》の、『罪を為せる者は、誰か』■
【♯】⇔お待たせであった。~ネコ句会~(懐かしい響き)は、特選BGMに♂‐Tom Waitsによる/*Closing Time*(Album・Title)/に浸りながらである。※最初に、修正捕捉とやらを打ち込んで置くのだが、前々回での+〔* *〕+の、強行突破Mode・Reportでの、八百万の神々と精霊達を≒で繋いで表示していたのだが、“無極・無名門?”である我々?にとっては、精霊神?(伝承民に)と捉えられている存在が、八百万より*上位に在る*のである(解説は無意味と思われるので省く=個人的?試行?によると表記した方が、解しやすい《半意に留まるも、仕方なし》とは思われるのだが)。さて#「工作員(脳洗濯屋・従業員?)=(白粘土・使役Unit=Living-Dead?えーじぇんと?)=空想実話?では→Zombie及び、Orc及び突撃兵(すとーむ・とるーぱー?←3流・死値魔?≒Cinemaより)類は◎その真の意味を解する事無く?◎、その労働?(Command・Work?に繋がれた●惨めな己の生●に、←☆死に物狂いで価値とやらを、嘘でも良いから己に在ると思い込んでいる状態で☆)に励む、その固体存在(魂・盗人の下働き=金貸しよりも深いHades逝き)の価値?(該当存在の《完全に虚妄なる=誠に哀れな》拠り所)とやらが、*全きに、其処にしか在り得ない(闇であるからこそ、架の存在は、嘘もつけるし、虚偽も平気である=居心地が良い)*。「さて『肉体の死より精神の死が恐ろしい』とは、古よりから、多くの無名者達の言葉ではあるが、その道を迷わせる喪埜は、辺下奈(へげなの誤訳)へ投げ込まれると、十字の大バカ様も*はっきりと、おっしゃっておった*要である」。「この様に、脳洗浄・誘導の罪は誠に重く深いのではあるが、(『今更、止められるか』、尤もであり、「罪?を重ねるのは、楽しいだろう?、調子はどうだい?」と、囁いてやるのである)。簡単なSimulation・Sampleである、「薬物中毒社?に、『何故それを止めないのか?』と聞いてみる?」。「当人?は、[注]→色々☆もっともらしい理由☆を述べるはずである」。「当人にとっては、言い訳(そんなもの、どうでも良いだろ)はそれで十分なのである」。(この気持ちよさは止められねーんだ!)が真意であり、其れに尽きるのである、当人の言い訳には価値も意味無い!のである」。と同様に、★罪の行為にも快感(快楽)は存在する★のである、故に出来の悪い不良品は、容易く其方へ引き付けられ、支配されるのである」。「皆がRuleを守っている場において、イカサマにより、その勝利とやらを手にする事の出来る悦楽とは、いかほどのものと思われるかなっ(虚しさを感じる心が無い!)」。「△金貸しの種▽も、☆暴力中毒の白種☆、どちらも、詭弁はセットでお徳?(其の代価とやらは、生きている内に、得てして請求されない)と云う事である」。「尤も、そう考えると、悪魔より、神とやらの方が、より狡猾で、冷酷かもしれない」。「東方種であるので、悪魔とやらについても、冷静に考察?(おいおい)、何にしても、☞真の悪魔はイカサマや騙しはしない(誘惑行為のみであると云う事を、思い起こして欲しいものである)☜のである」。「その様な面のみだけでなく、地上下位?の金貸し種や暴力強奪種(どちらも完全な粘土種)と【別格の違いが存在して当然】、十分間違いなく、ある意味、真の?紳士とも言い得よう」。で、↑Sub・Titleへ帰還する訳である。虚しさと儚さと醜悪さを知る、Piano引きの酔いどれ詩人は、益々酒に溺れる訳であろう。「さて、残念な事に、あちら?を選んだ個体群からは、総ての恩恵(なぐさめ、労わり、休息など=かの個体群にとって、価値など存在しないであろう故に)が●完全に取り去られる●事に成るであろう」。「滅び行く者達(取り去られる)には、*それらは値しないからである*」。「そして、我々?も、もう悩んでなどはいないのである」。「“貴方は貴方、そして私は私”、それぞれが好む選択をするだけである」。「もしくは、選択をしないも在りうる」。そして、今宵はこれで、終了である。
2006年04月17日 00時15分31秒

 

// 多相示現解汰>診察室《粘土浸入禁止》 e 【Dr-Critical・Strange・Loveの注文の多い《Pointless・LABO》?】 
*Karte・ №010 「さて、総て個別の(嗜好)によりかかって価値?とやらが派生している(浅いが、足しには成るだろう)」。「~倶楽部活動?学生時代に、何かしらの部活動に関わっていた者なら、解し得るはずである」。「ブラスバンドや、美術部、野球部やら、なんやらと色々それなりに楽しめる、部活動とやらが在ったはずである」。「同じ好みの者が、集まって活動する(競い合う?)場である事は、解し得るはずである」。「さて、現実社会?とやらは、*これらの延長にしか過ぎない(その表記のRavel表示が替わっただけの代物である)*」。「さて、少々噺をCriticalに仕様?→『宜しい』で始める」。「集団の機動原理?を構築し?、数を掻き集め?、社会変革(この世界をより良くしたい!?=☆表向き☆は何が難でも、☞そう語らねば★誰も付いて来ない★)への(潜在下の欲求でも、同様!=本心か?操られているか?◆どちらも、同じ穴の狢である◆)坂本竜馬の二の舞であり、真の意味において☞何の学習もしていない証し☜である」。『思い起こしてみるが好い』。「※古代インドの稀有の乞食坊主、そして※西方の十字の大バカ、【この二者でも】、社会変革?(かの本意はそんな瑣末な事では無いが、便宜として語彙の使用である)は、*不可能であった事実?」。「それを、僅かに知識が増えただけの現代人?とやらが、★その口上だけで★ 何かを為しえると考えているとするなら、それは、何とか結社とやらの末端玩具にしか過ぎない!」。「あー君が沈黙を守っていると言う意味にさえ、禍?の様な者には意味不明であろう」。「ハッキリ言うならば、過?の様な固体はMicroのProgramで動いているのである」。「如何に情報を集め、解析構築?し、対抗策を練ろうが、Microの端末機にしか過ぎないのである」。「集団(愚盲・粘土体)のControl技術は、きゃっらの方が遥かに勝っている(製造元には勝てまい、完全独立・Original・名句?存在にしかその作業は為しえない)」。「例え、善意でその数(力とやらを生み出せると思い込んでいる)を、集めても、そっくり持ってゆかれるのは、眼に見えている(粘土経済賭博場の本当の最終勝利者の座は不動である事を思い起してみるべきである)」。「数や集団とやらに拘っているのは、時代遅れ(廃品扱いである)もヨイトコロ」。「徹底的に数に意味が無くなっているからこそ、良い兆しなのである」。「わかるまいて、今現在、『有~無』と沈黙を守っている及び、仕方なき時にのみ、語る存在達にこそ、我々は幾ばくかの好意?とやらを、注いでいるのである」。「虚妄な施界(世界)?で、吼え、喚こうが丸っきり甲斐なきことである」。「瑣末に始終している事にさえ気付かない、並兵や増尾より優れていると思い込んでいるだけである」。さてここで、快心?な言葉を上げておこう⇒『この世界に、全く、一欠片として、*価値*は無い!』=連立署名・【♭】+【♯】+【¢】×【π】をも付けて置く。「多分と断っておくのだが、面白いのはこの言葉に対する、反応である」。「我々の真意とやらを解する者が、果たしてどれ位いるであろうかと云う事である」。「“志すもの”にとっての、少々意地の悪い、設問?でもある(決して破壊的な意味では無い)」。さて今宵の特選 BGMは、「おおぅっ、慧眼・不遜もひいきにすると言う、♂-Tom Waits(とむ・うえぃつ)←(何故にCategoryがRockになるか、判らん)/♪-Fumblin' With the Blues。+♪-Shiver Me Timbers。「じんわりの、良い曲である」=お茶の味わいも深くなる事は、間違いないと言っておこう、もっともAlcoholの方が良いのだが、酒ならば、ほろ酔いでと云う事である。それでは、勝手に終了する事にするのである。またの次回とやらで・・・【¢】。
2006年04月12日 22時05分14秒

 

◆‥もひかん・ロボ +〔* *〕+ の『Critical×Break=Through』‥◆ 再起動・Type→+〔* *〕+
『湯加減とやらを、知らぬ阿呆には付き合わないのが、莫迦に見えても堅いようですなぁ』
+ 〔* *〕+ 機動神話(原資?類型?のSociolly・Mode)への突入記録⇒「八百万の神々≒Native(伝承民)の語る自然界の精霊達?」と、取り敢えず、「ギリシャ神話(一例とし)」の比較、考察Report(亞・物質Modeによる、潜航探索)。*混信文→「さて、じわりと日差し?もClear に変わり、物質界の腐れBossと、その眷属の正体もバレバレに成って来ておるようでもある」。「と言う事で、更に、気を緩めず、常時Relax在中をこころがけ、慌てずゆっくりである」。「*誰のせいにもしない、自分の選択結果である*と言った、やや、Hardな厳守基本を挙げておこう」。「二極のどちらかにしか、最早、身の置き所は無いと思われる」⇔(決してHystericな反応をしない事=もっとも、しっかり独自のKung fuを心がけているものは、“この様な言葉におたおたする事は無い”と、言い得るはずであるが、どうであろう)。*Support・Sound* ♂- Sonny Rollinsの♪-I've Grown Accustomed to Her Face+♪-I Know。「無論、選別構文を使用である」。「判るものが、解かればそれで良いのである」。再見?で終了。・・・+〔* *〕+⇔「再び・記録再生・Start/大まかな上記の二つのTypeの決定的な違い、*精霊系に顕著な特徴*とは、全体に淡白であり、人なる種とは“ほぼ異質”に近い捉えられ方(そこに対する態度さえも、表れる)をする」。「に対し、ギリシャ神話系(Sample)は、完全に擬人化されており、*神なる名札*が冠されているが、それは、☆人間と50歩100歩の違いしか持ち得ない☆」=『Discriminate⇒☆俗物神?☆と確定する』(ギリシャの方々には非常に不快な、言説に成りうる%=98)。「この様な、起源?原資Imageを抱く(宿す)、系種が、超人思想に辿り着くのは、当然(容易)と云い得るのである(移行・変節過程は記載せず)」。「*【惨めな存在】*、この発想、考え(潜在であろうが、顕在であろうが)は、凡そ西式・人的環境の影響下では自然発生(その願望・度数の高低が在るにしても)は当然と成りうる」。「※この惨めさとやらを、超克?(こういった、*戦闘的言語*を西式は好んで使いたがる)=足掻き(足掻きの真の意を、底の底まで考察したことがあります?との、問いを突けて?)」。「飛べない生き物が、その方法を手にする(飢渇・超克・征服などが、其の隠れた愚かな望みを言い表す)」。「さて、☆この様な嗜好?汚染・Program☆を抵抗力のない、幼年時に与えられれば、素直にそれに従い育つ訳であり、*同様の根源葛藤を抱える*事と成る」。「大抵の西式・粘土体は、知識があろうが無かろうが、真の意味での◆超克など出来ない◆のである(何故に?、【良い疑問です】ので、焦らずに解きほぐして見ましょう、◎Pointは超克を使用時に発生しています◎)」。「我々には、そちらへの可能性がない(戒律など守っていては楽しめない)、故に、悪魔(愉しみたいのですか?、良いですとも、粘土を愉しませるのは容易ですが、契約が必要です、如何致します?)に付き従うしか道は無いと言った、実に単純(浅はか)な結論を受け入れるのであり、↑*その事実に耐えられない*が故に、★開き直る(この世界で、自由気ままに楽しまなきゃ孫だ?←ありゃ)、★正義を口にするのは気分がいい、例え!褒め称えるのが、何もわからない粘土大衆(確かに、数は多い)でも好い」。「再掲載・Data/☞人格や性格を持ちえる様な存在?☜は、無名の徒は、神仏などとは、確定(認知)しない(左程、有難がらない)」。「須らく、参考にしか過ぎない訳です」。(相在る、理由は存在する)。追加・通信「●信じる信じない等の概念は、完全に理解不能です●」。「『何、それ?』、て云う事、にゃの?、にゃんにゃこりん?」=∬(ё。ё)∬。「遥か過去において、廃棄しました」。+〔* *〕+ 「ここまでのDataを、Saveしますか?」(おいおい)と。
2006年04月10日 00時11分38秒

 

● Great・Fool vs Great・Wiseman<Clay・Doll軍団 ● 不明世紀末時?に上映予定?(笑) 
おいおい。「予告、予告、予告編である。現在、制作費捻出活動中」。「褐目して待て」。おいおいおい。
【♭】「『調べろ、学べ、観察を深めろ、習得しろ』などと言っておいて、その舌の根も乾かぬ裡に、『捨てろ!、廃棄しろ!』、挙句に『一切、拘るな!』と来る、 →アンタの言葉は分裂症状(既知外の別表記)を完全に示している」。「と言った、誠に誤尤(ごもっと)も?なCommentも存在するのではあるが?」。「Acceleratorばかりを踏み込むのは、とても通快(つうかい)?である(意味深?)、*身体運動能力を超えた速度*を楽しめるので、一度くらいは誰でも夢中(中毒?)になるものである」。「学習(知識を取り入れる)が非常に好きな(Sophist・Junkie?)の症状を、示す者には Brakeは非常に不快の要?である」。*役立たず(商品価値・ZERO)の奨め?*である所の⇒趣味の・不明-幻証哲学講座=お笑いヘボ・功座の (131)回㋱の始まりなのである。ゆるゆる→極楽亭・Beevan=【♭】じゃよ。「皆さん、健康を大切に扱っておるかなっ」。「さて、今回は☆取り扱い要注意=危険な玩具★である、∴Occult∵とやらについて、ちくりと語ってみたい」。「Image界?の上級品質?薬物でもある、Occultであるのだが、●関わらぬ●のが一番であると、最初に記して置くのである」(子供番組の制作屋や発注屋にも関わっているのが居る?、見事に混じり込んでいるようである)→(幼態の時点で、Virus・Programを仕込んでおけば、成年体になっては、更にControlもしやすかろう?)「故に、その罪は重く、決定的である」※(知らぬ存ぜぬは、既に言い訳にならない)※。「さて、初期においては、パズルを解くような快楽が有るのでは在るのだが、ここが薬物中毒種への始まりの第一歩と同じなのである」。「☆知りえたならば、使用したくなる☆、核・爆発物の効果を試したくなり、最初に実験を、やった阿呆がいるが、☞その正体は☞唯のJunkie≒沙汰荷数賭である。ただ※その名札に科学者と書かれていた※にしか過ぎない様に」。「軽度のLevelでならば、子供の悪戯で済ます事も出来なくは無いのだが、*後始末(事後)の事まで考える冷静な想像力が在るならば*」。「●実行しない法?が、良いのは当然である ●」(捕捉・真のNative達は、すべきでない事を良く知っていたし、それを誠実に厳守していた。とても懐かしく美しい話しである)。「∵その、行為が、後々に付いて回る(負債として)場合が、往々にして在る∴故に、忠告?として、記載しておこう」。「【無垢なる笑みを失う】←(とても、意味深長)、と云う事が、どれ程の、損失であるかなどと云う事は、*試して価値の在るモノではない*のである」。「良く語られるもっともらしい言葉(西式系列)で、『経験してみないと判らない』と言った、「少年よ大志(この大志(上昇志向?Implant)とやらが、凡そどの様なモノを指し示して使用(量産型の底の浅いProgram機動体はどの様なその壊答?に誘導され、機動するのかの意)されているかを*三層潜行追跡用法?*で追及してみるのも、一考かもしれん)を抱け」≒(Catch・Salesの、Fast・Approachと同意の)などの同系種なのであるが、「ならば、殺しも、経験しなければならないのであろうかなっ?」である。「朴訥な言葉(石切りら捨てた石=隅の頭石に似て)ではあるのだが、『大きく・ゆったり・正確に、学び取り、《小さく鋭く纏める》』≒天然の植物の成長にも似て。⇔「Kung fuが少しずつ深まると、☆あちらから、有形無形の誘惑が得てして在るものである★。気をゆるめず(それでも穏やかさと静止を、厳守しよう)動ずる事無く、淡々と、行うべし」である。「死人結社は、優秀な人材(得てして対抗勢力より)が、喉から汚れた手を出す程欲しい(Scout=飢渇?=有能なる脳洗浄戦略企画Staff技能者を常時募集中)ようである(ボンクラ粘土兵は、掃いて捨てるほど=廃棄待ち在庫の山で、≪RPGで言うところの上級職?系≫の “なかなか使える”のを欲しているの)であろうと、推測(ベタ)るので、●くれぐれも、知らぬ顔?(釣られない、取り込まれない)を決め込んで置くように(鋭さ・有能さを“余り見せびらかさない”風味がまた隔絶の味わいとなる)●」。【♭】注・「今回は?、やり直しの(本番、一発のみ?)Chanceは無いので、よくよく後々の事を考え抜いて、各自、選択決定するように、刻印しておくのである」【♭】。暫し休憩と云う事で→「Popularly故に、三流シネマをネタにするのだが、■暗黒面に落ちて、あの程度のForce≒魔力では、落ちた甲斐も無い!■(あの様に、クホー・クホーと呼吸していては、力も出まい)であろうに」と云う事である。西と東の奥義?の決定的な違いの現われでもあろう。(おいおい)。
2006年04月08日 12時29分18秒

 

⌒(^Й^)⌒ 【暴顕?デムパ大王】 《天下御免の強行突破・仮説?*特集*》 ⌒(^Й^)⌒
※今回は、何とGorgeousに、3本立て上映ですので、ごゆっくりお楽しみ下さい。※
B・ D-《Fast・Destroy》<『最早!集起用?=(宗教の誤訳かなっ)は、用済みである』。魂や霊格(霊的ステージ?=踊りでも見せるのか?)なんぞと言う、言葉も(概念=Image?)さえ、◆完全無用である◆。“それらは全て粘土の玩具として、廃棄(気休め)されたもの”であり、※今の今そんな事を口にする輩は、偽(マガイモノ=ぱちもん⇔関西方面の俗語)と思われるがいかがなものか?(各自の選別判定に拠る=★Salesに打って出る様なもの ★には、十分な注意が必要であろう~)※」。「Original?(元ネタ)の方が、何時も面白い(意味深?)ものである。資料の寄せ集め抽出?、編集もどきとボンクラ・利?ライターのコンビによる、贋作駄文広報?(New・AgeのAntenna・Shopの工作下請け?)粘土騙しには、効力は持ちえるが、それより上位の存在は、計算外なのであろう(数を集めるには→、☆粘土向けの語り口☆に始終するものである)」。(おいおい・情け容赦無しねっ)。← 「そうでなきゃ、いけねぇ」=読者から?のお便り。B・D-《Second・Genocide》<『白?は其の愚行を*止めることが出来ない*(完全・治療不可)』。愚盲粘土世界の表層潮流やらの流れを見据えるには、獄界(NwO・World)=物質下位?のInitiative(Control?)をあらゆる犠牲を払ってまで固守保持=飢渇する、かの劣等使い捨て固体軍?White・Colored(仮称)?(愚かにも、物として朽ち果てる道を自ら選んだ種=Oneコイン商品の如く、購入時にはまぁ使えるか?と思わせ、暫くすると壊れる?『なんだこりゃ、金返せ!』)の妄言(飢渇願望)からの、抽出により、推し量る事は、手間がかかるにしても可能ではある。水きり遊びの御話しでも触れたが、最低、二段連鎖反応?までを予測しての、★刺激投入?★=マス・コミックなる激場?(Newsもどき関連?)で、派手に繰り返される、Image・Presentation・Event(Weapon)である事は、← (当たり前じゃん)=「しっかりと㋱を見開いて、真の現実(事実)を見据える者には」である。かくして虎の子の、最終?シンリ戦略兵器?まで使用して、あのアホども(世界とやらは、我々の優れた考えによって管理運営されるべきである、なる思想の信望者=狂信=沙汰荷数賭?)は、何を手に入れようと云うのか。「言語の破壊?確かに効果的ではある、が、それは人の棲めない世界に変えるを意味している」。「それでも、なぜその様な致命的自滅行為に励むのか。人で在ることを、放棄した証し(つまり、忍耐に耐えられない種=ここの代数?とやらは、各個のKung fu次第)と云う事である、故に、物?として滅ぶ道しか在り得ないのである」。「いったい、かの種がどれ程の◎戒を守っている?◎と言うのか、すべらく、一連の●行為に其の総てが現れている●のであった」。B・D-Third・Pierce⇒Sports面より→WBC・とやらで、極東の島国チームの優勝と云う事に成ったようであるので、その真の意味?(Alternativeとやらで)を、別名「撞き・スポ?」≒暴顕?デムパ大王≒⌒(^Й^)⌒風味で、もっともらしく解説しよう。“World・Birth・ChampionShip”が、今回の、ほぼ正式?(隠された意味)名称でもあったのである。(おいおい)。それは、未来を指し示す現われでもあるのであった。(おいおい)。イカサマを頼りとし、本家などとふんぞり返り、軽く扱っていたようだが、この様な結果として刻印?された訳である。「本性が露天され、誰の目にも、あからさまになり、其の上敗れ去り、失落を指し示された訳である」。「形式は球技ではあったが、その指し示す意味は、もっと深く別の意味を持っていた訳であった」。(おいおい)。「金銭や、戦略支配などに目が眩むと、こう言った、真の要点を見逃す訳である」。「時間がどのように罹ろうと、その帝國は滅びる(完全に)定めなのである」。「お茶でものんびり啜りながら、茫洋に眺めやれば、かの帝國系種=沙汰荷数賭の◆完全撤去◆無しに、約束?の世界なぞやってくるはずはない!と述べ伝えられていると言った、噺も聞かれておると思われるのであった」。(おいおい)。と云う事で、興奮無用の頷き(ある資質を持ちえる者たちに限り)があるはずである。注・量産型には用の無い*オマケ付き*と云う事で⇒32階級程度で、天下を取った様なつもりに、容易く使役粘土は、思い込んでしまうのであった。「それで、其の力(イカサマ・Force)とやらで、自分を救えたならば、?」。「大したものだと、誉めてやろう」。⌒(^Й^)⌒ 不定期発行の稀少読み物でした。今回は以上です。♂-Django Reinhardt♪-Nagasakiを聞きながらのお別れですねっ。又の次回とやらで。
2006年04月03日 00時49分06秒

 

y(~σ~)y 寝言は寝てからの、夢現(ゆめうつつ)流派・寝快硯⇒*/ヨタロウのB休・寄席/*
こんち?、いえいえ今晩ですなぁ。y(~σ~)yでおますなぁ。「『数に取り付かれるな!』と言っているだけでして、注目数が*多かろうが少なかろうが*、【拘らない、気にかけない】*これが、大事*でして」。「いいでっしゃろか?、世の中には、色々な危険物とやらもありましょうが、取り扱い(危険物取り扱いSoul・Zone資格・所有者?)を蔑ろにしないかぎり、ほぼ安全に使用出来る事は、如何様な生業であろうとも、だいたい察しがつくはずですなぁ(無論、それらの取り扱い方法を十分に体得した上での話しでおますが)」。「※注意すべき事を、守り、扱い方を間違えない限り※、それに答えてくれる訳です」。「ええ、答えてくれるんですなぁ、喩え、機械であろうと、何であろうと。植物(物言わぬとか言われますが、電流計?にては、見事に返事?を返してくれるようですなぁ)の如く、労わり、愛情を注げば、答えてくれるものなんです、これが、『何を莫迦な』に聞こえますでしょうなぁ」。「この辺りの領域になると、最早、残念ながら、*解する者のみの世界?*に成る訳なんですなぁ」。注「オカルトなんぞは、用がありませんなぁ」。「しゅたいなーの開示した、知識とやら、在っても無くても別にどうでも善い事ですなぁ(寧ろ無い方が、つまらぬ拘りを作り出す事が無いでしょうし)」。「漏心通=抑えるべきはここでして(これさえも、意に介せぬ御莫迦さまなら、ここのお話は、紙くずですなぁ、本当)、他の運命・他心・神速・神耳・心眼はオマケでして、あだ花の如きものですなぁ」。「前回の意味不明・武侠伝?での、お話は喩えでございまして、東洋セム系の我々は、あの様な、おっかないHystericな存在は、無用でして。そうでなければ亜細亜に生まれた価値も意味も無くなってしまいますですなぁ」。「それと、誤解されては困るので、表記しておきますが、別に列島王族などにも、思い入れなど、一欠けらも無い事をここに明確に刻印を印しておくのでございますなぁ」。「取り入れるのは、簡単ですねぇ、独学でも書を読み漁れば、知識は増えますなぁ、その逆の“捨てる(廃棄?)”≒拘らない。と言うのは、これがナカナカ、難しい=どこかで聞いた風味?」。「凡人・俗物などの知らぬ、色々な誘惑なる学習過程(個別専用?)は、用意されている訳ですなぁ(深みへと進む者には? =これがナカナカHardでして)」。「残念ながら、■同じで違う■、●これは実在で●、ほぼ無形形態Hierarchie?とでも表記せざるを得ない、訳ですなぁ」。「表現が出来ない、階層が在るようで無いし、無い様に見えるけれども、在ると言えばやはり在るのですなぁ」。「教えてもらえる様なものでもなく・・・」。ここまでくると、どうどう巡りが始まる訳でして。「さて、ここで、ヒラリーおばさん(女史?=次期の『いょっ、だいとおーりょ』てか)の Catchなら、本等ならば、リリスの別館の侍女頭がヨイトコロでして、まぁ、語呂のヨイトコロで、⇒《リリスの追っかけ?》弱いですなぁ。『リリスの衣装に袖を通す淫婦』が、落ち着き所と、思われますなぁ(@鬼革呈・ムケイの指導より)」。「ええっ、↑このCatch・Copyは、全面無料開放にしておきますなぁ、Trapも時限装置も完全に外して置きます(嘘偽り無く、署名y(~σ~)y付きで)」。「それでは、わたしのSelect・Sound・ BGMと言う事で♂-Gatemouth Mooreで♪-Goin' Down Slow。「Bluesを、お茶代わりに、いっぷくしつつ、てなっ塩梅で<次会の、B休・寄席にて“よろしゅうに”。「ぺぺんこぺんぺん=お囃子でおま」。幕がおりますなぁ。「にゃむみぅむぅ」=天網恢恢。(おいおい)。
2006年03月29日 20時40分10秒

 

■【無極・外伝】監修=:慧眼・不遜。《上級者・試用?》の、『そうでなきゃ、いけねぇ』■
何故?自動車とやらにはBrakeなるものが在るか→慧眼・不遜=【♯】である。場外(野ざらしなる、Realの領域より)と云う事で、外伝?武侠伝を始める。「さて、へタレ既知外扱いを受けながらも、どこぞのラビ(多分、真の正統派とやらであると思われる)達が、何故?あの様に効果の殆ど見込めない、抗議・啓発?運動に励むのか?」。「その原因=その機動力とは?⇒*『怖れるべきものを、怖れている』*のである、(ある意味における、正直で素直であり、人としての勤めを蔑ろにしていない証しでもあろう)」。「でわ、一体何を?」(答えられないし、知らんのではあるが)。(おいおい、㌿とかよっ)。『当事者に聞けば、一発回答?』こう答えた読者(おぅおぅ、凛と一人立つ事を、悲願?する者よ⇔宗教的意味合いを一切、廃止の上で)=Listenerは、『Senseばちぐー』である。★「圧倒的な、世論操作力、及び武力、及びMoney・Powerこれらを保有する、狂・死人思想集団(満たせるはずの無い慾を、満たすことを望んだ者達)への、ほぼ勝ち目の見込めない(粘土現実・的とやらの意)抵抗運動を何故に、続けるのであるか」。「●忍耐?なる、希望を選択した者達である●からである(もっとも、この方々の忍耐とやらは、我々の使用する忍耐と、もう一味違うものであるのだが)」。「忍耐といった、辛気臭く、Smartではない行為を、放棄すると、かの覇権(力が総てだ!、文句があるか、イカサマ and騙しのどこが悪い)?狂信集団≒沙汰荷スト?=死汚似巣徒?の如くに、腐肉の中を這い回る存在に自らを固定・形成化するのである」。「同胞種?であると言った、幾らかの保護恩恵?が存在するかどうかは、知らぬのだが」。「この様に、“自然”に(自発的)分かたれた潮流が、そこかしこに現れているのである」。「大衆・粘土群をマス・コミック・めでぃあ?によって、宥めたり、賺したり、脅したり、娯楽を与えたり、なりの手法(NO?洗浄・Soft)を未だに使用しているの意は、完全武力による、Controlが不完全な為?でもあるのか(Image・Weaponで事足りていると認知すべきか?)」。「もっとも、●穏やかなる種は、争いごとを好まぬ美徳を持ちえているので、余程の事が無い限り、武力(闘争?)などに訴える事は無い●のである」。「この様に☆好んで、武力を使用するもの☆と、※武力を嫌う?もの※と言った、二極が存在している訳でもある」。「かの死人軍団結社集団が、武力による完全管理支配体制を整えたならば、Newsもどきさえ、必要としないし、させないであろう事は、容易に推測出来るはずである」。「となれば、家電 Presentation・Frameとやらは、朝から晩まで、総て商品広告となるであろう」。(余分なComment?でわ=今でもそうじゃん)「*Genreの違いとやらに幻惑されているものには*、この言葉の意は解せ無いことである」。NwO・World=「言葉+Imageによる、☆感情同調手法(美辞麗句・用法の多様)☆、高度なシンリ詐欺の戦術?などに、幻惑されない、注意が必要(必須であろう)=列島・半島、丸ごと脳洗浄状態(HardとSoftの両用使用であろう)とは識別確定?できるはずである」。☞「ここで、★言葉に重きを置くもの、●行為に重きを置くもの、の大雑把な二極。⇔決定的な分かれ道(思い込みと拘りさえ、完全廃棄しておれば、それは誰でも、Discriminate可能なはずである)」。←(そして、これがなかなか難しいのだが)。「★怖れるものが、何一つ無い喪埜?は、健全に育つ事は無い(必ず、異常者と成り得る)★」。「恐るべき数のSampleが、そこかしこで観察できよう(真に恐れるべきでないもの?を、怖れている連中)」。「行為?の後で、言い訳や、捨て台詞などを吼える輩は総てそうであると、無名門の徒?(そんな事言った覚えはね~よ=代弁?《それも好し》)であるならば、完全識別、出来うるはずである」。「おおっ、夜空に新たに輝く星?となった、存在へ、今度は汝が、冷ややかに(分け隔て無く、全き公平に)見つめる番である、イカサマ、虚偽、罪へと誘導するような行為があったなれば、情け容赦なく、この我々も、打ち据えるが善い!」。(当然だろ!)。「特別扱いなど、いい年をした男ならば、恥ずかしい」。そして、↑・Titleへと、再び帰るのです、と云った構成になっています=極潜龍・ぴぴんたす。「本日は此れで、終曲」。新たな星となった者に捧ぐ。♪-Köln January 24 1975 Part-Ⅱc(人間として、無理の無い“尊き”、限界域?=ほぼ上限?)/♂-Keith Jarrettより。
2006年03月27日 20時26分27秒