×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

❖無限解=[弐千六^02⇔02^]❖

※一人でも出来る、無限解・潜功探索・空想研究《実験・日誌》※

●今一度、“初心”を思い起すべき時が、巡り来ていると思われるが!●
※虚しい数(覇権や利権に通じる)、取り付かれ滅んだ者は、歴史に幾つも記されている※
「☆ 数に捕り憑かれておる☆者も、じわりと現れ始めておるようであるので、☞注意信号を打ち上げておこう」。と言う事で、ゆるい、誠に緩いお昼時の“極楽亭・ Beevanの寸止め”⇒趣味の・不明-幻証哲学講座=お笑いヘボ・功座の(130)回㋱の始まりと相成るのである。「◆目的と手段を取り違え◆やすいのは、上級者にもアリガチな訳である」。「となれば、初級・中級は尚の事と成り得る道理である、増してや愚物、俗物及び粘土・量産型ならば、いともたやすくそちらへと、引き込まれるのである」。「原因である→視聴率・至上(市場?=誤訳か)。労働体?=使役Zombie(マス・コミック界の全住人)の群れを眺めやれば、その行き着く先が見えるはずである(ほぼ、Start時点で廃棄領に該当する、暗黒面のゴミ置き場に落ち往くのであるのだが、ふぉーす?など扱えるような次元領域では決して無い、知覚なぞ、とてもとても)」。「墜落のIT・長者=パー知恵?モン←(愉快な誤約)が何処で、目的と手段を取り違え暴走したのかは、懸命なるここのListenerには、説明の必要は無いと思われる(もともと初めから、イカサマで始めた様なものであるが、最低限とやらのイカサマRuleさえ、踏み越えた=金=含み資産とやら、見せ掛けの数字に取り憑かれ)滅んだ訳である」。「Merry-go-roundの電興?掲示板に映し出される虚数に、支配=踊らされ=使役されていた事に気付かないまま」。「残された、経済獄界のZombie達が、何やら、うだうだ、ほざいているのではあるが(実に幸せな獄界・粘土住人ではある)」。「●数の虚しさ●とやらの、解からぬ者は、◇死んでもその玩具で、遊び続ける◇のである」。「何れ現れる分岐点?、☞数の為なら手段を選ばない?(滅んだ固体は、言い訳を多々持つのでは在るが、どれも自己欺瞞でしかない)<どの様な者もそれで、身を滅ぼすのである」。「◎選択決定は、各個の自由意志◎であるので、これ以上は語ること虚しき事であるので、割愛する事としよう」。『名誉と恥辱は、俗物・量産型の取り分』(我々、無名門?の取り分では決して無い)。「もし、ここの聴講生?=Listenerで、その様な所に足場を置いている者ならば、ここの“御話し功夫?”は全くの無用であるはずである事を、告げておくのである」。「誰も、理(ほぼ、無形法則?の意)を押し曲げることは出来ない」。「選択決定には、再審?の注意を払うように」。追加:「『手っ取り早い』、これで、どれだけの者が、転落したか、良く良く考え抜いてみるべきである」。「【植物は、成長を決して焦らない】、どうしてだか解かるか?<■他からの評価など一切必要としないが故に■、◎その命を真っ当する◎のである」。「宗教書や心理学?(共に少しは必要かもしれんが)、*頭を下げ、己を全く下位において*、◎自然に教えを請うてみては◎どうか」。「礼も節も無いような輩(+Egoの膨らみきっている輩)には、その扉は決して開かれんぞっ」。「自然が答えてくれる訳ないじゃん」=∬(ё。ё)∬。「そうかなぁ~、●試してみた観た事があるか●なっ?」。=【♭】 本日はSelect・BGMに、♂-Keith Jarrettの♪-Köln January 24 1975 Part-Ⅱb(深みは無いが、邪魔にならない処で)を使用です。注⇒「綺麗な音やPhraseに取り憑かれると、駄目になるんだなぁ、この不思議」=極潜龍・ぴぴんたす。(どうとでも取れる=これがなかなか難しい)
2006年03月21日 16時09分57秒

 

*無名詩人=「言葉の刺繍」* -事実を受け入れると、拒否するの違いには?-
 ◆Gravity=同じ処をグルグルと(事実より、俺の内面の理想?が優先されるのだっ!)◆  …お~い、泣いたり、笑ったりで大変だなぁ。良い事ってやつの裏面が見えてきたって訳・解?。何れは死ぬんだ、慌てる必要なんか無い。だから同情を募って、死に急いでもしょうがない。『皆に愛されたいのに、皆が顔を背ける真実てやつを語りたがる』。そいつは、ほうっておいても、アンタを、何時でも、二つに引き裂くことが出来る。お前を動かすEngineってやつは、情愛ってやつだ。そいつは、恐るべき裏の顔も持つ。『夜叉だっ=修羅だっ』。「まだその、内側の女?←(象徴表現だ、現実の女じゃない⇒アニマ=心理学の本とやらで、調べろや)に、引きずり回されている」。「幻影引力の一つてやつだ」。「お前は、その引力に捕らわれている=それを、自らが望んでいるのさっ」。「今のお前は、其れを捨て去ること(Control?=修める=治める)が出来ない、それを捨てれば、人間で無くなると、思い込んでいるだけだ」。「今更、お前が、あの愚盲な群れ=(それが人間だと思いたい?)の中に戻れるとでも、思っているのかい?」。「☆Coinの片面だけを手に入れる事の出来る者☆は、この世には、一人として存在しない」。「同じ処頃?をグルグルと=同情してくれと、俺は屑だの繰り返し」。【それらは総て幻影だっ】、☞お前の思い込みだけが、それら☆偽仁?☆に、Realityを与えている」。べたべたの息苦しく粘着質の愛情ってやつは、酷く迷惑なもの、そろそろ、それくらい薄々、気が吐いているだろう。認めたくないものは、認めたくない、だから同じところをウロウロ」。「お前の中の真実が、お前自身=偽・自我に迫るのさっ、『もういい加減に、本当の事を認めろやっ』」。「誤魔化してんじゃねぇ!、だけども、発狂されてもまずいものである」。・・・・・「アンタが考えているより、人間ってやつは、遥かにToughで恥知らず(強か)なものである」。  ~衛星と主星の違いについて、アラブ?天文古典式・再生(無名研究者?)の走り書きより~
2006年03月20日 21時45分44秒

 

■【無極・外伝】監修=:慧眼・不遜。《上級者・試用?》の、『水に映る月を取る?』■
今宵は面白い、映像Presentationを、家電Visual・Manipulation・ Frameより鑑賞させて頂いたのだが。「☆転落の、IT長者とやらの放映話☆?であったのだが、☆Parrot?心理虚得団の特集放映?だと思って診ていた☆?のである(表層から気付かれ無い様に、芸術的なまでに、見事な映像と音楽のCombinationである、1コマづつ丁重に?、効果計算された?、粘土のアニメの名品のような作られ方をしておった=死人結社の下請け当りから褒章でももらえたかなっ?無理だろう、タダ働きよっ)」。Imageの喚起用法でもあろうか⇒繰り返し(忘れられない要に?と)、大衆・養殖種の★餌付け★に思えるが、何(奇異?=key・Image=発動 Trigger?)をImplantしたいのか?(現行では、物理的な挿入移植は、まだ法的には無理なようであるから、次善策として、Image・ Implantを使用するのであろう)=無論・MK?Method(秘匿用法の戦術?運用)の様な気もする」。←「毎度のタワ毎?であるので、実践上級・真の愚か者って愉快だっぜ(かしこさのParameterをZEROにする、“これがなかなか難しい”=どこかで聞いた風味)?追及者のみ、●独自の無名 Kung fu●の手立てになればと、得意の空言を揚げて置く」。☞「忘れてはならないのは、Frameに登場した、一般User(仕込み=ヤラセにも思えるが)?、若いのと、年配の2つのSampleが登場していたが、『汗水たらして働くのは古い(価値が無いとまで、言いおったなぁ~。タワケ喪埜がっ!)?脳で汗をかくのがこれからの労働?だっ』とか、なれば、其の手足を完全に圧し折り、使い物になら無い様にしてやろう、そして、存分に、脳とやらで、汗をかいて働いてもらおう」。←(この様に、我々?は、決して紳士でも、盗賊でもなく、暴力中毒社でもなく、理性的でもない)。「そして、年配の方(無駄に年を喰った)の台詞であるが、『何かをやってくれる人物(型破りな処?)に、期待するんです』とやら」。「☆期待?、自分に期待もせず、自らへの努力もせず、総て外部に預け☆、其の愚かさにも気付いていない、この家庭の子供が可哀相である」。この様なやからが、見事に、Hitler等の玩具(完全支配下?)に成るのである」。「該当固体は、言うだろう、『世間では善人で通っていますがっ』(笑わせるなぁ~、本物の粘土人形(養殖・去勢種?)は<この様に自分とやらに、気付かないものである)。並兵も増雄も現実とやらに出てくれば、この様なものであろう。「師夫領進問?功夫・在・個人」と言う所である。通信講座の習得とは、単に、その己であるお前さんに懸かっている?のである」。「痛けりゃ、誰でも喚く、疲れたら誰でも休みたくなる、道理とやらで、無理がないので、体調、心調?のほど良いところで、温泉気分で、独自のKung fuに、励みたまえ」。(焦るな、慌てるな、無理をするなっ、遅い速いは、愚人の大事、我々とは別の方々、空いている道の方が広々として、快適だぞっ)。「やっぱり、御莫迦サマですねぇ」。「世間とやらでは、完全に通用せんなぁ」。「今日は晴れるか?」。「ならば、日向ぼっこですねぇ」。「然り」。「数を集めて、なんたらかたらの御仁は、ご遠慮を願うのである」。最後にとって置きを。【一人静】=これが、なかなか難しい?。
2006年03月19日 00時31分24秒

 

●赤眼に変わりし眼差しの、その怒りと悲しみはどれ程のものであろうか●
// 多相示現解汰>診察室《粘土浸入禁止》 e【Dr-Critical・Strange・Loveの注文の多い《Pointless・LABO》?】 Karte・ №009:「水切り遊びをした事があるだろうか?」→「水面に滑らせる様に石を水面に投げこむ遊びである(子供の頃は、見事に金の掛からない、全く無意味な行為?を十二分に《天然?の命そのもので》楽しんでいたと言うのに)」。「『宜しい』の台詞で登場のDr-Absolute?=Dr-CsL=【¢】である。◆特別・構文手法使用(選別通信=どうにでも取れる)◆で始めよう。「↑何回、水面を撥ねる事ができるだろうを楽しむ、遊びである」。「そこへ、高性能の電子演算機器を持ち込み、膨大な実験結果を保有しているならば、第一投の時点で、それが、何度水面を切る事が出来るかは、ほぼ100%に近い確率で結果予想を手に出来る事と想われる」。「ここで、大切なのは、第一投ではなく、※其れにより生じる、水面の反応※なのである」。「無論、それらの☆衝撃による反応さえも、記録されているはず★である」。「死人結社(悪の淫謀組織の事かなぁぅにぁぁぁ、冒険話には、良くでてくるにぁ~)は、この手法により、粘土をControl=Courseの調整及び、機動喚起をするのである」。「頭脳明晰、冴えたSenseを持つものには、効力が非常に低いのだが」。「停脳?お下劣、エログロ+Scandal+Sports大好き=大衆粘土には、非常に良く効く合成薬物≒Effectなのである」。「この様な合成薬物(MK?brand?)は合法で?(法を作る立場を、根城としているとも言われておる)使用されておるようである」ので、「幾つかのSampleを、宝探し(碁で言う、布石に近い)の手法で、既に何個か開示してあるはずである」。「さて、ここで、昼時のラーメン屋である(別にラーメン屋が憎い訳ではなく、 Popularly故に使用しているだけであるが)」。「ええっい、海の向こうからドンドン流れ込んで来る、腐れ牛肉使用、訳の判らん肉もどき⇔ (Plutoniumと訳すぞ)を焼いて、パンで挟んだ★Junk・food屋(食品汚染戦略基地?=誤訳か?)★にしておこう(多分この方がが、支持?が幾らか増えるであろう)」。「あら不思議、君にも、その反応結果を観測する事が出来る(そして、情動のVectorと熱量がどの程度かも、だいたいオマケに付いて来る)」。←「人非人⇔(字面で解せるはず?)だぅにゃぅ~、Ogreだぅ、Devilだゅぅ」=∬(ё。ё)∬。「だが、そんな事を言っても、該当個体群は、『何に~、この既知外?』と反応(設定指定機動?)してくれるはずである」。「ので、堅い(Troubleを極力避ける技能の意)貴方は、無言で観察を終了したならば、そうそうに立ち去るはずである(何もOrderせず、観察のみで済ます方は更に上級者と云えよう、*健康にも其の方が善いのは今更である*)」。「先ず、もし帝國Programの基本使用Typeだっ、モシクハ、設定済みで出荷されたTypeだと、と確認できたならば、少しずつ、皆=(ほぼ多数派の意)は☆そう言うけれど☆(僕はそれはオカシイと思う=内面の声でよろしい)⇒(現象面にては、事を荒立てず、生返事あたりで、やり過ごすが可)、その内に多数派とやらと意見及び会話が通じなくなってきたら、リハビリの効果が現れている、ほぼ証しであると想って間違いは無いであろう」。「故に、Zombieの群れの中では、Zombieを装っていなさい」と云う事である。「これ以上、尊さを持つ者が犠牲に成るのは視ておれんのでなぁ」。「(死人連中=多数派?に)手は尽くしたが、駄目なものは、駄目だ」と云う事である。「故に、いかな手法やStand・Playを打ち上げても、選択決定が各個によって為されうるのならば、各個の望みが優先されるので」。「自分を救う(覚する=無残で愚かで、救いの無い獄界同様この世の=有様に一歩も引かず対峙する、己がこころの肉が裂け、骨が砕けようと)のが?、やっとの筈である」。「正し、情報解析や、奴等のイカサマを暴く事が、無価値になった訳では決して無い(決して否定しているのではない=明確に)」。「ここで、前回?の、Business・Eliteの説話が生きるのである」。「少々残酷に聞こえるが、この世界の行く先、推測予想結果=まだ判らないのか、このXXXXX(伏字にしておく、各自好みの言葉を使用されたし)めっ、愚かさにも程が、あるのにぃ~。(各自、Coolな高い確率・予想力をもっているのは認知しておる)。☆工作人形☆+(実に底の浅い考察《お子様ランチ?》を広げる輩も多々存在も付けて置こう)もうろうろしているようであるので、Straightに語れないのが、やや辛い処でも在る。「エコヒイキは、絶対にしないので、安心して励んで欲しい(慌てず、ゆっくりと確実に)」。「【問うのは、ただ一つ、誠があるか無いか、自分に嘘をついているかどうかだけである】。
2006年03月14日 23時00分11秒

 

*無名詩人=「言葉の刺繍」* -始まりがあれば、必ず終わりとやらも在る-
 ◆Limited=総てに等しく与えられた恩恵?◆  …哀れな魂の兄弟よ、その思い上がりは、お前達の口にする→絶対者?とやらを真似たものか?。虚辞と己の快楽のみ、只管、卑しく貪る姿は、獄界の*死を失いし飢えたる死者にぴたりと当て嵌まる *。その腐敗した口は、陽洸の元でも怖れる事も恥じる事も無く、神や愛をPackageの商品の様に何度でも繰り返す。見た事も触れたことも全く無いが故に、実に多弁(騒がしく虚しい)。風の吟遊詞も水の詠唱も聞こえまい、土くれに覆われ閉ざされた、濁り唾棄すべき悪業の焔はそのガラス玉の二つの窓に鮮やかに燈っている。妄念の骨格。腐肉の殻堕。狂気と怨念の快楽で動くその脳瑞。☆おおっ!その数は確かに多い(操られ、騙されている者を含め)★、それがそのまま勝利と勘違いする。お前達の優秀さとやらには、一片の価値も輝きも無い。兄弟を喰らい、栄華と特権快楽の為には、どんな卑怯も禍々しいイカサマも、一切問わず平気で手を染めてきた。其の証しは見事にお前達に現れている。死人仲間と成った者には、その区別がつかない。取っておいたものと手放したもの、この二極しか許されない。愛さえも手出しする事の値わぬ(増してや、赤い色した涙とて何の役に立とう)、尊き贈り物として与えられた自由意志による選択。その結果は神であろうと仏であろうと、決して覆すことは出来ない。おおぅ、存在せぬか如き、誠、確かなる理(ことわり)よ~。それは、石切りらの捨てた隅の頭石の如く、真に尊く総てを統べる(もっとも価値無きものとして、愚盲の嘲りの中にあろうと)。  ~再生・伝承(Native・Core?)詞=詠み人知らず~
再掲載⇒白なる色は、凡そ光の波長の殆ど総てを反射(必要としない?)する。穏やかな黒(色付き?≒セム)と違って。
2006年03月13日 20時47分32秒

 

●一番に成る事などに、“全く興味も関心も無い”⇒Listener専用の。愉快な案山子・天問局●
≪CHANNEL~MYSTIC~ZERO≫が、World・Out・Escape?=“私は私、貴方はあなた”で御贈りする。趣味の・不明-幻証哲学講座=お笑いヘボ・功座《この物語は、量産型・Realと一切の関わりのない“Ultimateな Fiction”です、くれぐれもお忘れなきように》の時間です。今回は極楽亭・Beevanの空想話芸(129)回㋱です。「Sound・ Support→♂-Sidney Bechet/♪-Sidney's Bluesに浸かりながら(原初剄・blues=絶品版?)、さてはて、で始めよう」。「【努力≒Kung fu】、誰のものであろうと、尊いのである」。「事実、我々も努力の恩恵を存じているからである」。「浅い深いは在るにしても、努力の尊さそのものには、あまり差というものは無い」。「努力≒Kung fuとも解している」。「故に、浅い領域でうろうろしている*様に見える*存在を侮蔑など少しもしておらん(明確に)し、不足を(Pride故に)感じるのなら自分で調べるなり、何なりと手を己で考えて下され(自己流で試して=〈努力〉みればいかがなものか)と、言っているだけである」。「古典の世界の真の職人達なら、量産型が良く口にする「無理です」なる台詞は、まず恥ずかしいと真っ先に感じ、「なんとか、してみましょう?」なる言葉が出るのである」。「他人≒(外の何か)と☆競い合う☆(現行の教育Systemに浸かり成長していれば、安易にその嗜好?=思考方式に無意識に従うのではあるのだが)」。「☆真に対峙すべき存在★から見事に、㋱を逸らされるProgramに従っていると、語る他無い訳である」。「昔から言われ古びておるが、『己との戦い?に勝利?出来る者が・・・』」。「★この戦い=自己≒(Ego)との完全に妥協のない対峙★においては、腕力や格闘技量及び知識、智謀など*何の役にも立たない*のは、お分かりのはずである」。「*其の為の手立て?*が、多くの失われたNative(伝承民と訳しておこう)達の、朴訥な言葉の欠片の中に、ぼんやりと輝き生きていた」。「残念な事に、殆どそれらは破壊され、汚染を受けており、マトモナOriginを汲み出す程の物は現在ない、オカルト的に言うなら、生命の水流(源泉とまでは語らない)であったと言うべきものであろう」。「無論、自然界の水流と同様に、ゴミやチリ芥が混在(盲信や、考え違い)していたのも事実ではあるが、*それは、ほぼ自然界にある雑居物と同様であり*、★人工汚染物★=▲+▼などとは、※全く別物※であったことも、☞注意事項として、明確に付けて置こう」。「真のTextは自然にこそ存在する、敬?する青牛のご老人とて、結局、書を捨て(無論その限界を知るまで?書に読み耽っていたはずであろう)、決して物言わぬ“自然”から学び捕った何か?=Tao?を、録り合えず、語って見せてくれたのであろう」。☆外界刺激と格闘?か遊興に耽る☆⇒俗物=量産型?(容易に飼育種に成り易い)が、このイカサマ世界のRuleに従って展開活動している行為総てが間違いなく、☆これである =現れが格闘?か遊興であるか(Styleの違い)☆」。「尤も、*ここが映し世であり、一時の通過風景である事*を、深部で認知確保している、⇒本来の人間存在ならば、*便宜として、(この醜悪で愚かしい世界とやらに)付き合っているだけ*で、●決して本来でも本質でもない、虚偽である事●を十二分に判った上で、過ごしている(凌ぐ=ある意味における学習?)のである(其れを明文化出来るか出来ないかなどに、意味も価値も無い)」。「中級ならば、何か意味がありそうだと、探り、あちらの上級になると、ここから盗用・利用に走るのである(この地上が最後の活動制限世界であるので、その覇権保持に此れ努めるのであるなぁ=秘匿・奥伝?の入手とやらか?)」。気にかかる御伽噺として『真に、愛や善そして美を、尤も、この世界?で一番強く求めている存在は、何であろうかなぁ?』。なる御伽説話《脱線・行方不明》をひとつ挙げておこう。「言っておくが、今頃、地上覇権結社淫?などになるのはね、確実に地獄とやらに一直線である(昔の方でも同様、気付いた者は早々にその様なものとは、完全に絶縁する)」。「一度でも、機会があったら覗いて見れば善い(おいおい)、エプロン?を付けた★偉そうに(命令)したがる(私は他の者より遥かに勝っている其れゆえ、特別である?←便宜を本質と取り違える輩)連中(元・地上のイカサマ王族?貴族?=神になぞらえたがる)が、カンダタよりも、遥かに光亡き閉ざされた世界に◎うようよしている◎のを。まぁ完全で確実なある意味、 Super・Realな自爆・自滅(選択決定)行為であることは確かである」。「▲望み亡き存在達▼?の足掻きに付き合わなければならないのも、また何かの縁かも知れぬので、しっかりと引導を渡してやらねばならんのであるのであろう、他聞?」。(今度は完全に後腐れの無い様に、なのきゃにゃ~ん、にゃこりん)
2006年03月12日 23時31分48秒

 

?【見知らぬ存在の部屋】? 〆-裏・Critical・Zone-〆 Signature-【π】
*Auto・Solo【π】・Live→Start→今日も、頼りなく見うる暖かい日差しが、*損得の計算もなく(無償?=人間もどきには考えも実行も出来ない無い《触れることさえあたわぬ》、無形実在)*、降り注いでくれている。小さな花の微笑み、日向ぼっこを楽しむ石ころ。「一体何を守ると言うのだろう?」=守る(《Image娯楽=大衆の欲求不満の為の必需品=俗物にも簡単に感動出来る、 ★humanism?の裏・設定★》では良く口にされる大義名分、☞その水面下☜には破壊(一方的な徹底攻撃)の☆快楽の肯定☆がある=欠陥・西式・☆秘匿快楽優先耽溺・Program☆)=×対立者や×害敵が※『要・必用』とされる言葉=Signal(誘導指示?=帝國品質保全・学習指導要綱?)指定遂行・報酬には、破壊の快楽(Ecstasyの満喫)と階層性・特権Classの褒賞完備かなっ?。幼少からこの様なImage思考学習=MK・ Effect?を刷り込まれ、強化(見えない調教去勢変質・学習)させられている」。『絶望など既に通り過ぎている世界を、覚醒試行者?であろうとするなら完全に見えているはず』。「と言う事で、★Image・Business★に関わっている存在で、罪≒Guiltから免れえる存在は、(何千年に一度、息継ぎに浮上する盲目の亀が、流木の洞の穴に首を出す)のと同確率である+凡そ俗物の求める喪埜(地位名誉金品等)に群がる存在も同様」。「死人種は兎角*数が多い*ので、寂しがる事は無い」。「仲良く?(かの種にはそれはありえない)同じ、その★完全閉鎖終点無間領域(物質界の如くお粗末な世界ではない、PerfectにReal?な世界?そこには“死などという恩恵・現象”は存在しない)★←(美しくも優しき詩的表現)へ、Paradeでもしながら逝って善しである(該当個体群は、放って置いてもそちらへ、急ぐ様に進むであろう=そのCourseしか無いとも言い得る)」。「分別は完全終了している、後は時間とやらがそれを形成化するだけである⇒☆西式ほぼ全般生命種=OrcともZombieとも呼んでも偽りなし(外形に拘らず、中身の白濁化した固体の事をも明確に指し示す)☆である。⇒それと被る様に、△金貸しの種▽がある。“ミジンコ”も、“おたまじゃくし”もこれ等より、遥か上位に存在する(光源に遥かに近い)のである」。「表層に始終する、個体群存在はさて置き、『思い込みや拘りを廃することの出来る、眼(まなこ)と“こころ”を持ちえる』なら、9度ゐ(クドイ)はずである。注⇔「言い回しが、前回の説話に似ているのではあるが、完全に、◎同じに見えても、全然違う◎のである」。「この当りを、取り違えるようでは、丁寧に基礎から学び直しが必要であると、思われるが」。【何を莫迦な】の追記ではあるが、「素人に手を出し怪我をさせた様な、☆半端魔術師気取り☆がいるようであるが、正確=(冷酷無比に)と計上しておくので心配は無い」。「魔術の源泉の理(ことわり)とやらを、とんと知らぬ、思い込み雑役・使役種あたりが、勝手に舞い上がってね、時々、やらかす事故(傷害)の様なものである(行為を為したものが、その責任を負うのは、当然 =当たり前=道理である)」。「どの様に縋り、信徒?ぶりを示しても(俗物の性である身勝手さの現れ)、★Cap・Stoneは宙に浮いて、完全に隔絶している★はずである」。「さて、きゃっらの、崇める御神体は、何処にオワスヤラ、を担いでいる。これが優秀を自認する、Elite・Zombieの正体である」。「死と恐怖を恐れる量産型は、そのイカサマ魔術に、多分勝てぬだろうが?」。「さて、ここで意味深な、おバカ話を、『かしこさの Parameterが、ZEROのCharacter?には、*魔術攻撃は総て無効化される*』」。「楽しいねぇ」。「今日の私からのPresent・ BGMに、♂-Louis Armstrong/♪-What a Wonderful Worldをお届けしよう」。そして、【♯】も好んでいる♂-Duke Ellington/♪-Jump for Joy(男性Vocal版=これぞ、Businessではない、音楽の方である)も追加である。♪-Pyramidの方が良かったかなっ?」。再顕= 【π】。「敢えて、どのようにも、解釈出来るよう記載してあるので、誤解、曲解は、承知の上であるので、礼に従い、取り扱い説明を付けて置く」。
2006年03月09日 22時41分18秒

 

■【無極・外伝】監修=:慧眼・不遜。《上級者・試用?》の、『脱力?開眼編』■
「家電・Propaganda-Frameなどを、一生懸命視るなどというのは、私の☆心と脳を料理してください☆と言っているようなものであるぞっ」(まっこと、今更ではあるが)。※例(各種番組?≒MKうえぽん⇒Presentationされている、総ての中から)→「★TV・ぶちかまし★等と言う、帝國広報番組があるが、(見ている時は、言いたい砲台?言い合って《攻撃しあって=相手を破壊し合う=言論戦争=TVゲームの破壊の爽快感と同種》ここが、この企画の売り(いったい多くの視聴者は、其処に☆本当は何を☆求めて見ているのか?←考えて見るべきだろう)である。そして見ているときは☆すっきりする☆=ストレスの解消。になるが、☞その、*視聴・後感*は、『★虚しさと★醜悪さだけが★残る =★刻印される』)と一応、予防注射を打って置く。「一から十まで解説のない(攻略本の様に親切では全く無い)〈お金を頂いている訳では無いので、そこまでする義理などあるはずが無い〉。【無意味≒無極の境地を求めておる武侠伝?活劇】を始めるぞっ」。「基本・心得の壱→『白粘土の言葉には、一切耳を傾けない』どの様に善人を装っていても、又は底の浅い善人であっても、話し合う意味?が存在し無い(無意味で無価値であり、寧ろ有害である)注⇒情報抽出に使用する場合は、その様な★白の性癖と傾向と工作率?★を*十二分に踏まえた上で*、取り扱うが善しである」。心得の弐「*二層世界=完全二極分化愚盲世界 =現世*を生きなければならないと言う:現状さんぞう?:、の意味に蒼穹?に気付くべきである」。「と同時に、●犠牲は既に全くの無意味である●事を告げておきたい=それに期待しても、払い戻しは無いぞっ=☆自己満足☆として扱われる」。(だれにぃ~だぉぅ)=∬(“∂”)∬。■「分化は終了しており、改変や変更などは、ちっとやそっとの“器”では、もう出来ん」■。「その内に、盆暗さんにも、白黒が解かるように成るだろう」。「誰かに?縁り頼む様な、心根は、速めに掘り返して完全撤去して置くように」。「小さな何気なく思える、過程をゾンザイに扱うと、最終の仕上げに大きな差が付くのは、どの様な生業に付いていようと、解せるはずである」。●大切なものは、総てに通じて何気なく存在している●=これぞ、分け隔ての無い、無私の公平さ(尊さ)の表れである。↑それらに気づくものと、イカサマProgramに従って吹き込まれた妄想価値=水面写った、美味しそうな骨肉を追い回す☆喪の☆との、差が必然的に生じるのである」。「そして、その分かれ道は、決定的なものに、何れは、変化する事になる」。「その変化の幅は予想可能である(確率=97?にしておこう)のだが」。「±癖の強い連中±も、もし、この狭間を踏み越え、こちらの領域へと渡れたならば。その時は、尊き存在として扱い、土下座でもなんでもしよう(ウソは無い)」。「屈辱感(機動力として)でもなんでもいい、来れるなら、こっちへ来い(慌てずに、ゆっくりで善い)、その時は、『粘土のサル扱いして悪かったよっ』、と礼節に沿って、侘びを入れる所存である」。「が、同時にそれは、現世に置いては、最低の役立たずの屑+ボンクラ(生命 Hierarchieの最低部に座して、微笑む事が出来るようにならねば成らぬ=有能で冴えてる俺が何で、他の俗物のカスにゴミか奴隷のように扱われなきゃなんないの⇒●それでも、別に好いか●)と扱われる事を意味する」。☞ここで再掲載である「オシャカに成る」の言葉の意を、俗物は*どう言う意味で使用しているか*への、◎深い洞察が必要になる◎」。追記・情報解析の極意?とは、Business・Eliteと似て異なるである」。「Business・Eliteは、*余分な評価や不必要な事柄に、余りわき目を振らない*、只管→利益の純粋追求Machineであろうとするし、心がける」。ここで、同じ様に見えても違うを体得している者には、追加の言葉は無用なはずである」。「自らが、一問派?を立ち上げる心意気で、望んでもらいたいものである」。「“踏み台、結構”、どんどんと、使用出来るものは、使用して、深みへと降りてきてもらいたいものである」。「ちっとは、安全限界深度は伸びたかなっ?」。♂-King Oliverの♪-I'm Lonesome, Sweetheart+♂-Clifford-Brown♪-ヒム・オブ・ジ・オリエント/Hymn Of The Orientで、お別れ≒斎戒?をである。「先ず、●健康=命●、大切に扱う?のは基本の基本であるなっ、労われよ」。
2006年03月05日 20時27分58秒

 

y(~σ~)y 寝言は寝てからの、夢現(ゆめうつつ)流派・寝快硯⇒*/ヨタロウのB休・寄席/*
こんち、改名をいたしまして、まぁ、寝快硯(しんかいけん)・ヨタロウ=y(~σ~)y。と名乗らせて頂く訳でありますなっ。『反則悶?』の流れも汲んでおりまして、ここ、この何でも在り領域=≪CHANNEL~MYSTIC~ZERO≫で、壱隻(Kung fu)を打たせてもらうわけですなぁ、「不思議な事に、☆主流・Trend☆とやらは、海の向こうの★吉外帝國★より、殆ど総て、もたらされる★この不思議★」。「何故に、あの様な吉外帝國のお触れ(Order)に、一喜一憂せねばならぬのかが、何時も腑に落ちないのでありますなぁ」。「∃その原因∃← (数学記号でおま)と言えば、秘匿及び通常兵器による、殺傷力なわけですなぁ」。「頼りとするは、武力と言う訳でありますなぁ」。「Junkieで二枚舌で、死かも→紳士気取りの暴力中毒・強盗、こんな輩とまともな付き合いをする、まともな人間は、いませんなぁ」。「しかし、その二枚舌から吐き出される、ゲロの如き、世界的潮流(及び未来を開く?)などの言葉(美しいPackage)で、Presentation=Propagandaされる→例えば、ガイア理論など+その他もろもろ、等は、明文化されていなかったNative達の伝承の何がしかの★パクリ変造毒物注入物品★な訳ですなぁ←(実に明確)」。※「勿論、この領域のどれもは、殆ど総て、確定事実なる確証を一切持たない、愉快な暴言及び虚言な訳ですが~」※。列島の王室でしたか、教育係?の★白の腐れ婆?=完全に人間存在ではない★が、【Native・Indian】☜(表現は精確に)達の伝承?からの尊い言葉の数々を、☆まるで自分の創作物の様に語り聞かせていると言った★、御話を聞いたときは、流石の私も、『この恥知らずが!、ケルベロスの餌にしてくれるわっ』と、想いました(ぶち切れた?)が、それでは“ケルベロスの尊さはどうなる”と想い、さらに酷い逃れようの無い業罰をくれてやろうと、想い留まった?(おいおい)訳ですなぁ~」。←「この当りが反則悶の流れですなぁ」。(おいおい)。「と言うわけで、イカサマなインテリ(淫売女王・帝國の名門学院の何がし)であろうと、【白粘土使役体=毒物=Living・Deadの言葉には、耳を貸しませんなぁ】(どの様にご大層な、肩書き高額価値定価票が付いていても)」。「健全に生きると言うのは、こう言う●地味ちな、努力の持続●を言うのだと、思いますのですなぁ」。(おいおい)「和して同ぜず≒挨拶はしても、付き合いはしない」(listener、№1=君の事ではない)。「Nativeの朴訥な言葉が、僅かにでも混入されていると、不思議と吸引力を持つわけですなぁ、“この尊い不思議”」。「それを悪用する訳ですなぁ、あの腐れ連中は」。「■かの連中には、生命がない(明確に)■、故に、生きている人?から、それら?を盗む訳ですなぁ、使役体ですから、同病人を作るべく(指定・遂行基本Program)、策をあの手この手と→探す←のですが、●自らはもう決して生み出すことは出来ない●=【既に命から切り離されている】=故に盗用しか術は無いのでございますなぁ。そして世界とやらに、*僅かに存在する、真に生きている人間の命のある言葉や発想*を、繰り返し盗み、悪用するしか手が無い訳ですなぁ」。「故にですなぁ、其の系統は、密かに食いつくのですなぁ」。★「使えるモノが、何とか欲しいと」★。「実に、“視え見え”ですなぁ」。(追加捕捉として⇒小道具《エプロン・バッチ・指輪・Compass・定規》は、実際どこまで厄に立つか!=連立署名・【♭】+【♯】+【¢】×【π】=言い訳、泣き言の無効化の発動ですねっ)。「次会は、冒険デムパ大王の予定だ~。にゃんにゃこりん」=隣屋・コムギ=∬(“∂”)∬(でびゅーだぉぅ)。そういう訳で、今宵の名曲は♪-Nobody Knows The Trouble I've Seen(もう悩んではいないのですが)+St. James Infirmary+When The Saints Go Marching In/♂-Louis Armstrongで、お別れという事になるようです。y(~σ~)y 
2006年02月28日 22時35分47秒

 

◆‥もひかん・ロボ +〔・・〕+ のRandom・JAM・Play‥◆ +〔先ずは己を治めてから〕+
『皆で一緒に、彼岸へ行こう~』。「何んぞと言うのは、修羅に容易に変わる、賢治の世界である」。「何で?」。「そっちへ、行けない(望んでいないも、含む)者も居ると云う事を忘れておる」。自分の理想(願望)優先で、現実≒(得てして顔を背けたくなる)を見ようとしていないが故に。さて⇒【泳ぎ(何かに通じるぞっ)の心得】について。「絶望の泥海(粘土激常世界=NwO・World)で溺れ、ワヤワヤになっておる者を、見かけたので、Hint≒Trigger?(卦句?)を詠ってみよう」。「あらん限りに、モガクのは至極当然(溺れていれば、誰もがそうする)もっともで、良く判るのである」。「何か、掴まるもの=《助かる》←(意味深い一服の味わいよ)は無いかと、→学んできた知識を頼りとして←、頭の中のポケットから、手当たり次第に、取り出してみるのだが、*あれもこれも、役にたたん*、有~無。『何でだ!、こんな仕打ちがあってたまるか』(尤もな、怒りである)」。「解かり易く云うならば、*見切り(武術用語より)の壱→それら学んできた(頼りとしている)知識とやらは、→道具(帝國供与の品々)である事に、気付くべきである」。「*見切りの弐→そして、《自分を救いたいのか?、他の者を救いたいのか?》⇔『お前様の深いところにある、真実からの本根(ほんね)?を直視してみろ』である(無論、こういう事柄は<PrivateでDelicateでDangerousなものであるから、*その解を、誰にも云う必要は全く無いのである*)」。「が、■己の真の本性■とやらに、冷酷な㋱を向けなければ(同じ処をグルグル)である。(内部の病巣の発見には、無論、激しい痛み?=《俺の本性が、こんなはずはない!》があるのは当然、☞尤も、発狂されるとまずいので、※己の限界安全深度に十分に注意しながらである※捕捉・危ないと感じたら、早急にその内部視察を放り出し、『オラ、しらねぇー』と、●寝るのが一番●)」。「大抵の者は、己の本性が、凄まじく醜い事を本能的に知っているので、無意識防衛機能が働き、そこから上手に(見事に己を欺き)、㋱を背けるのである=量産型の基本Spec」。「この様な爆発的なEnergy(情念力とでも詠んでおこう)が、外(外界)に向かうと、他の個体(量産型の事か?)を、『この馬鹿ものどもめ、愚かさにも限りがある、どうしてくれようか』という事に成るであろう(心的には、抜き身の真剣を持ってうろうろ状態に近いぞっ)」。「故に、一番安全な方法を捕るとするならば、自然にゆったりとたっぷりと浸かる(*お風呂に入ると、“こころ”も“身体”も、“和む”であろうに*)捕捉→(こうであらねばならないとか、でなければと言ったものの完全廃棄=お莫迦様ですなぁ)」。「●知識?には、残念な事に“和み”は存在しない●」。「この世界に感じる絶望感は、真実?であろう(一応、同意を示してはおくのだが)」。「溺れている時は、ジタバタせず、体の力を抜いてやる?と、不思議に、体は浮いてくれるのである(自然はありがたいものである)」。「☆興奮は総てにおいて、害を与える☆ので、☞日々その様な*刺激から離れる事*を、“こころ”掻ける?のが基本である」。「先ずは、 ●己が落ち着いていないと、お話にならんぞっ●」。「☆虚しい論争★から、遠ざかることである」。「などと言うと、『今!、知らさなければ』と、来るであろう」。☞「大抵の者は、意識的であれ無意識であれ、※感じている(認知している)事※である」。「先ずは、自然から“和む”とやらを、自分でたっぷりと体感(本来は体得の方が良)してからである」。「それが、出来れば、☞『論争なんぞどうでも良いやっ』と成る、為れれば、その時!何の価値も無い様に見える、花○を一つあげよう」。「何しろ、今日は*ちぇっと・べーかーのCDを手に入れ、少々、好い感じであるからである」。Bonus・Soundを付けて置こう、♂-Chet Baker/♪-Someone To Watch Over Me+♪-Sunday in(今宵は、かなり甘くて緩い選曲ですのです=カイファ・ハールカ)「Vocal版でなく、-ちぇっと-のPlayの方が矢張り、好い」(個人的・感想)。通信終了です。Full-Contact⇒「自己を収めていない者の言葉を、誰が真剣に聞いてくれると言う?」。+〔・・〕 +
2006年02月21日 22時57分09秒