×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

❖無限解=[弐千六^01⇔02^]❖

※一人でも出来る、無限解・潜功探索・空想研究《実験・日誌》※

●植物はただ、自然に沿って(従い)成長する・・・(自然って、本物の馬鹿ですねぇ)●
// 多相示現解汰>診察室《粘土浸入禁止》 e【Dr-Critical・Strange・Loveの注文の多い《Pointless・LABO》?】 Karte・ №008 「さて、ここで、戦略・戦術で重要なもの(Point)とは何か?」=【¢】。「イキナリ、の掴みですねっ、『Dr-野放し?』の快心?の時間になりまする」=カイファ・ハールカ(列島・古典語用法・学習中)。「生体に於ける、防衛機能の低下及び、取り去ることで、病原は繁殖(寄生増殖)を、許される= (深意?)」。「※さて、真っ先に狙われるのは、病原にとって、一番邪魔な存在である※」。⇒「全世界のNativeが、隔離=保護区に押し込められ、その尊い、無形精神?伝承を悉く奪われ、変質させられた事実(言語化し得ないものを、『呼吸し』、と共にあった事)」。「圧力(暴力)と Propagandaにより、それらの対抗免疫機構が★灰色のセールスマン達★←(ミヒャエル・エンデの『モモ』より)に虫の息にされている事実」。「かの、★灰色のセールスマン達★の本来の脅威とは、即ちそれであったのである」。「西式神話体系信者は、元より、取り扱い者(表層に始終する信者もどき)達(西式・使役態=奴隷Unit=構造上の事実=個体数%は99)が、*理に走る傾向がある*ので、最初から脅威でもなんでもなかったと言った、史実」。「★MK?Weapon★の一つである⇒♪ROCK・Sound(総てとは云わぬが、☆主流=Major☆はこれである)、既にこれで生計を立てている者達がいる」。「これは、どう言うことか?」。「放って置いても、★MK・Virus?★の散布に勤めてくれる(何しろ、薬の売人?が、こんなおいしい Businessを止めるはずがない)のである」。「そして、他のGenre(映像=Cinemaなどetc)の★MK・Virus?★と複合合成汚染・結合変化の症状を喚起するのである」。「と☞告げておくのである、☞『これにより、知らなかったと言った言い訳は●完全に効力を、失う●』」。「残酷な噺であるが、結果は見えているのである、『今更止められるか!』(ここに、密かで目立たない明確な分別が現れている=上級者なら、此れ位は見えて当たり前であるが)」。事例としては、パチエモン?=イカサマIT長者と同様なのである。「もっとも、ROCK・Business(MK・戦略?)は、これからもドンドン汚染域を広げてもらう為に、閉鎖の危機の無い保護区でもある」。「ぴーたーの母は泣くだろう、例え彼が、幸福そうな家族を持っていたとしても、 Soulの買戻し(取り戻す事)は出来ない」。☞「この様に、《Pointless・LABO》?では、*確定事実の必要も無く*、独断の妄言のみを語る領域である事を、明確に断っておくのである」。「最近のNewsで、土砂崩れで多くの人命が失われた地区があるようだが、この様な人工災厄=その財貨? ⇔Guiltは総て、(自認・自称=誰に認可されたと言うのかなっ)⇔地球管理結社?(関係者その孫受けまで含む)とやらの、負債額?として明確に計上されておる」。「※用意・設定された、抵抗者?なるSymbolに飛びつく様な、輩が多いようだが、双頭戦略とやらを、ころりと忘れ夢中になっているようである※」。「これらは総て、『大枠でのMK調教及び同調戦術?』⇒絶望喚起(何度も何度も繰り替えされているはずである=希望を根こそぎ奪う)の為の、 Eventとほぼ等しいと云う事に、早急に気付くべきであろうかと、思われる」。「この様に、今日は、楽しい快心の虚言に付き合ってくれて、ありがとうと感謝の辞を述べておくのである」。「信じたい事を?信じる!」。「『否』⇔そうであらねば、真実とやらに、近づく事は、出来ないのである」。「冷酷ですわ」=カイファ・ハールカ。「女性はそれで良い」。「が、これらも必要なのだよ」。「出来るだけ人のいない場所へ、散歩にでも出かけようとしよう」。♂- Duke Ellingtonの♪-Black and Tan Fantasy+♪-Jump for Joy(お勧めは、男性Vocal版である)で終了である。
2006年02月19日 12時56分09秒

 

●負け戦の連続、有ー無、その様に見える、が、見えるだけである● 「信じていいの」。「知らん」。
さてさて、ももものもぅ~(牛さんたちは、怒っている《其の怒りは、天にまします神?とやらにも届いているはずである》のである=動物語・翻訳)。インドでは聖なる生き物として崇められているのに、劣悪・西方(可能性も救いも全く無い、保証書もつけて置こう)では、利益の道具として扱われておる(同時に、それを良しとしている、人間もどきが、存在している)。☜誠にこの様に、NwO・WORLD(現世)とやらは劣悪である=極楽亭・Beevan。夜空を流れる彗星か、流れ星如き、この→特殊領域(無能の道も一歩から)である。趣味の・不明-幻証哲学講座=お笑いヘボ・功座の(128)回㋱は、【ミズスマシ=あめんぼー】(昆虫だろうな、生物学者ではないので、此れで良し)のお話を始めるのである。「さて、《あめんぼー》は、努力して水面に浮いているのであろうか?、果たして、技能?なのか?」。「*生まれつき、その様な能力?をモタラサレテイル*?」。「何に?だおぅ~」=コムギ。「知らん(解からないではなく)」=B。「会話にならないよぅ、にゃむにゃむぅ」=コ。「さて、あめんぼーの知覚認識する世界とやらは、人間の知覚認識する世界とは別物であるだろう~と言った、想像推測は可能なはずである」。「何が云いたい?」とくれば、「説明のしようがない(昆虫の認識しうる世界と人間の認識しうる世界に、同通?回線は存在するだろうか?)」と言った、*無能(有)資格者*の発想なのである。「別に、外部の誰々がデハナク、我々が人間でと言った様なわけではないのだが」。「インテリで、自我肥大系は、直に、俺のことか(潜入・覗き系)?と Exciteする訳なので、手間がかかるが、こうして*断っておく*のである」。「本来、ここが不快なら、わざわざ覗きに来る事もなかろうに、『何も無いのに』、☞勝手に何か在る様に思い込んでいるらしい」。「ここは、※何も無いを楽しむ事の出来る者専用※なのである」。「と言いつつ、判別指定Trapを(密かに、致命的な~)?」。「自損と自爆の危険性は、遥か昔に警告しておいたので、心置きなく、密かに(おいおい)」。「我々は、Time・Spanが非常に永いので、千年や二千年ぐらい優に、お茶でも頂きながら待てるのである(そんな、永い時間、死んでるでしょ?アンタ)」。「力比べや、知恵比べなど、とんと、完全に興味もない」。「戦わずにして、勝てるのである」。「試して見たい方は、★跡で、決して泣き言を言わない、覚悟で★望んでもらいたい」。さて、B判編=【♭】では、余り扱いたく無い、別冊・オマケ(あくまでも、一側面のみ)⇒であるのだが、「秘数方程式、使用で、何かを得ようと為すとしよう、大抵は、巨額の金とか、情況(情勢)誘導などに使用するのだが、ほぼ、端数⇔(Feeling的、解釈を求む)を切り捨て、大まかな数で、事得たりとするものである、☆もしもだよ☆、ここに、僅かな因数を含ませて置いたり、欠損させておいたりしておいたとしたら(遅滞・発動?)、無論、策謀社?とてそこまでは、手が出せない(処理?)域での話しであるのだが」。単純な運用計算式(ここに、始終するはすであり、それ以上、高度な運用技術は与えられていな意?)に、そしてまたは、複雑な何気ない数式を加えてやっているとすれば、どんな結果になるかなっ」ということである。厳重に注目☞*「無論、ここは、何も無い、和放し(おはなし)を楽しむ領域である」*。「真実とやらと、このヨタ話は、多分(完全に近い)?無関係のはずである」と、笑って、今日はおしまいである。使用BGM=♂-Ben Websterの♪-Soulville 「高が、活字で何が出来る!」。「さて?」。
2006年02月15日 22時16分00秒

 

*無名詩人=「言葉の刺繍」* -繰り返す。『ここには何も無い、ここには、何も無い』-
◆Super・Real?=かの存在の望みとは?◆  …妖精≒fairy?、精霊 ≒Spirit?、見える?人もいる?。幻覚であろうと、狂気であろうと、見えないよりも、見えるほうが素敵だ。生活(生きる上で)の邪魔になろうとも。笑顔の太陽(おバカだねっ)、瞑想好きの風。眠るのが何より好きな海。語り部であり続ける炎。空と親友の記録管理主任者である大地。空き缶の道化師、空っぽであるからこそ、音を立て何時でも詠える。空想のキャンバスに向かい、心の絵の具で描き続ける向日葵。失敗を直ぐに忘れてしまえる、ワライカワセミ。バック・コーラスの好きな、雀さん。世界で一番高い所に棲んでいる、煙草好きのモグラ。可鳴き声が読経になった、僧院の日当たりの一番いいところに座るネコ。夏一番、涼しい木陰の傘を差すことの出来る、無名の樹木。計算する事の出来る、時の歯車に刻まれ死んでゆく世界より、幻覚であろうと、狂気であろうと、微笑みと温もりのある世界の方が素敵だ。『金で飼える物が、一切存在しない世界、何てそれは素敵だろう』。完全確保⇒取って置かれた、誠に古い古い楽園。見える者と、見えない者。楽園の扉はずっと開かれたまま。しかし、入れる者と入れない者がある。その門の守護者には、人間には求め得ない、公平と誠実が傷一つ無く在る。幻覚であろうと、狂気と呼ばれようと、見えないモノ(喪失)より、見える?(保持)方が、尊い。 ~無名・迷宮深部からの帰還者にもたらされた、伝言(欠損部分有り)~
2006年02月12日 19時01分00秒

 

*無名詩人=「言葉の刺繍」* -ここには、何もない。ここには、何もない-
 ◆Fantasy=空想に罪は無い(本当)◆  …ad libの空想虚言、勝手に躓くは賢者もどき、問いかけられても、『答えようがない』。問いする前に、既に、推測仮説(自分にとっての答え)を持っているに関わらず。気の向くままに、空想を詠っているだ。意味が有るとか無いとか?、はっきり言えるのは、貴方の満足する答えとやらを、持ち合わせていない(逆さに振っても、ついでにポケットにゃ小銭しかないし)。空想詩篇に問いかけても、“無駄なのに・・・”。空は青いぜっ流れてく。動いているのは大地のほうさっ。そうかい、*空は俺に関心を持たない*。*空は俺に関心を持たない*。*空は俺に関心を持たない*。「当たり前だろ」。「そうさっ、空想はそう答える、みたいだ」。「言っている本人だって、良くわかっちゃいないのに」。「問いかけられても、答えようがないぜっ」。「だから、俺は無理は言わない」。「誰にも、無理は言わないんだ」。ずーっと昔に、言っていたはず(ちゃんと提示はしていたはず)。Dialogは彗星衝突の確率。Dialogは彗星衝突の確率。Dialogは彗星衝突の確率。Dialogは彗星衝突の確率。「イカサマは嫌いだから、実行前にちゃんと、始めに告げておく」。「こうすれば、文句も無かろうという訳なんだけど」。「口に合うかどうかまでは、おいらの知ったこっちゃない」。「ここは、注文の多い料理屋だから、一番初めに明確に断っているはずなんだけど」。「注意書きをしっかり読まなかったのは、貴方の責任になりますと、西式Modeで、再・告知」。 ~無名・世捨て人の、空想詩篇より ~
2006年02月12日 01時54分37秒

 

※心尽くしの、Bonus・Track付きと言う事である※
□不覚にも、欠損部分の後編と言う事である□「上級者であれば、前編の戯言だけでも、十分、変則運用可能であろう」。「己のKung fuを積めよ、それは、誰にも、盗まれる事は無いぞっ(ここが、魔術との違いか)」。「上級に近づけば、近づく程、余分な身の内が、見える様に成らねば、まだまだ」。最後のお別れの曲は、同じく、黄海怀・氏による♪-江 河水である。「無理をしろとは、決して言っていないぞっ」。「ゆっくりの、ゆるゆるで十分」。追記:「私は誰であろうと、想い入れは無い、然るに、視遣る視線は公平で冷酷である、忘れぬように」。劇修?
2006年02月09日 23時19分01秒

 

■【無極・外伝】監修=:慧眼・不遜。《上級者・試用?》の、実践運用・上映開始■
【♯】慧眼・不遜の☞お笑いヘボ・功座≒『Sub・Title=卦句歌足りぬ(カクタカリヌ)』⇔ 【無極・外伝】が、こうして始まった訳である。今回の特選BGMは、黄海怀・氏による、中国楽器 二胡による。♪-独 弦 操である。「遊興に高じ、幼き命を炎天の駐車場で蒸し焼きにした、若き親達の為したShockingなNewsとやらは、既に忘れ去られ、小学校?での学級崩壊なる、Newsも至極簡単に消費され、子供と女を取り合い、異常虐待に走ると言ったNewsも、無くなった如く扱われ・・・」。「※さて、ここで、一つの例として、ゴキブリの姿を一匹見れば、潜在的にどれ程の同様・個体数が存在するか?」。「小学校時に置いての、狂人である、この手合い(学級崩壊を起こしていた児童)は、余程のAccidentが無い限り、のうのうと成人化しているはずである(もっとも、幼年体の異常行動は殆ど、何らかの影響発動であるのだが)」。「この様な固体も現実粘土界の何処かに、今現在、生息しているはずである」。「さて、真の上級者であるなら、一時話題になっていた、 ★Super・Free★(一例として)とやらの構成固体(好きな事をやるのが何処が悪い=劣悪種=OrcかZombie=★の完全な玩具)が、*どの様な、過程(及び心的変化・変質)を経て、望みの場に立ち至ったか*は、用意に推測想像出来るはずである」。「この様な異常者達(マス・コミックは、商品の売り込み刺激剤として良く使用する)が、『全くの偶然に発生したな』どとは、上級者ならば、決して思わないはずである」。「そして、※その様な異常行動は、学ぶ事で、真似ることが始めて出来るもの(99%の確率)※であると、言い切る訳である」。「では、その様な手本(Image)を、何処で触れたかと言う事である」。「単純に考えれば判る事である」。「言語を使用出来るなる、二足歩行固体は、何によって刺激を受けるのか(取り込むのか)を考えれば、それは容易であるはずである(原点から、追って行けば、だいたい解かるはずである)」。「TV・Gameの、情動・破壊効果についての、警告本(これは、売れるはずだの)が、ご立派な出版社とやらから、出されたようだが、見るが良い、その会社の本とやらが、どれだけ、TV・Gameと同類の汚染商品を売っていたか(そして、今も売っているはずである、売れ筋商品とやらで)を、ここでも小さな枠ではあるが、双頭戦略を行っている(真似るか従うかの如く)のである」。「増してや、俗物が群れて為している行為が、俗悪で毒物的に成らないなどと思い込む事自体が、{君がそう信じたい事を、勝手(自由)に信じていればいいんだ、事実は大抵醜いものなんだから、だからこそ、多くの人間は、本当はきっと素晴らしいはずだとね=蛇(笑)}」。「さて、ここで、『善悪両面を知りて、腑抜けにならず』」。「ここに、辿り着けない、純粋な固体は、得てして、清き死(詰り、自殺)を選ぶのである」。「期待(願望=内にしろ外にしろ投射)をし過ぎる事による、反応事象なのである」。「極端な話、期待を持たなければ、絶望とやらも、決して寄り付くことは出来ない」⇒「美、真、善、これらの物は、Cardであり、その表(片方)だけを手に入れる事の出来る人間は、一人も居ないはずである」。「☆西式の根源的欠陥☆は、ここに在するのである(そして、神より、悪魔により頼む様になる、その方が容易いからである)」。「光≒(ほぼ等しいとしておこう)神に、強烈に近づけば近づくほど、悪、闇の部分が同様に強烈に炙り出されるのである」。「人の身で、このCourse(せふぃろと?)に侵入すれば、己が二つに(両極)引き裂かれるのである」。「孔子も、十字の大バカも、この責め苦から逃れることは出来ない、多分、十字の大バカは、完全?滅却(総ての欲望を、この時焼き払う事が出来たのかも試練?)、良くは解からんのだが」。「そして、在り難いことに、東方には無理の無い道(Popularの意で)とやらが、逢ったのである」。「無論、これは、個人的な意見にしか過ぎんのだが」。「最近、実に沁みこむ様に、頷けるのは、『凡人に笑われるようでなければ、道ではない』」。「この辿り着くまでの、地獄道は、残念な事に、己を頼りとし、自らが、その足?で、歩み抜けねばならないのである(金にはならんなっ、笑い)」。■「助けは無いぞっ」■。「在るのは、励ましの言葉ぐらいだっ」。「武術を通してでも、往けない事は無く、茶道であろうが、農作業であろうが・・・●凡そ、なんでも(可)、真剣で誠実な志さえ、固く持ち続け、励むならば●」。「老丹の残された言葉は、この様に、誠に深く染み入る訳である」。*「インスタントは無いぞっ」*。「死ぬまでに、間に合うのか?」。「間に合おうが、間に合わなかろうが、やるつもりならば?、やるしかないだろうに」。と言うことである。
2006年02月09日 23時14分06秒

 

■粘土専用Propagandaは底が浅い、褐破するのは簡単、真の対立者は其処にあらずが肝要(秘めて、忘れる事無く)・上級編■
【♯】完全粘土ロボット体であり、ただの下級末端使い捨て使役体(Zombie)である、純一蝋人形にInterviewする者達も使役粘土体の保証・刻印入りであり、それらの行為を一丸となって行っている組織とやらも、同様な関連生息域に在する粘土固体集団、共々、死人集団(★?所有使役体)にしか過ぎない。⇒単純な*御伽噺*の再度⇔済度?(Side?重複約)Storyを語ってみよう。「西式体が、狂信固着する、大系神話?の中で、『大いなる誘惑者が、ある本当に?特別なる者に、*この世の王の座*をちらつかせて誘惑した時』、たった一つの地上の玉座と言う事で誘惑したに違いないであろう?」「そうでなければ、誘惑の価値が下落すると思われないかなっ」。となればだっ、同・時空域に存在していたであろう、*その他の個体群*は《どういった扱い(誘惑者の勘定には入っていない?)を受けると思われるかなっ》」。と言う事で、慧眼・不遜の☞お笑いヘボ・功座=外伝⇔『掻くか足りぬ』の、派生(127)回㋱である。「現在の泥棒財団の面々(そのご先祖でも可)の内、大いなる誘惑者・ご本人が、わざわざ素者の所へ出向いて誘惑されたなる話は、我々の情報←(完全に怪しい)では確認されておらん」。「謁見したとでも思い込んでいる様な節があるのではあるのだが」。「あんな者達を選んだとすれば、大いなる誘惑者とやらも、随分手詰まりの様であり、落ちぶれたものである」。三願の礼を尽くさねばならない者と、どうでも宵?ものとの扱いの差は歴然であるはずである」。「無論、真のlistenerは、これらは御伽噺として楽しむMonoであると、解しているはずである」。「一体!、この世の俗物=粘土使役体に何を望むというのかねっ?」。十字の大バカの話にもあるだろう。「お前は、鶏が三度鳴く前に、私の事を知らないと言うだろう」なる、予言的台詞、そして、そのお話の中では、そうであったと語られているであろうに」。真の土壇場で、さもありなんと言った、「覚悟が出来ていないで、活動展開をして、ちょっと誉めそやされ舞い上がるようでは、下級★?神官との戦い?が、やっとと言う所である」。「めちゃめちゃ、甘くて、緩過ぎる」。「無論、努力は十二分に認めてはおるが、ある意味における強運?とやらが、働いているのかもしれんなぁ」。さて、⌒(^Й^)⌒(完全・意味不明)のオマケ=「現世の意味が失われた、あの世?の構造?が働いている、故に、各個の限界が既に、定まった。故に確定?Hierarchieがゆっくりとその姿を見せる」。「分断?(攪拌)されたまま、類は類、(周波数帯域別?の固定化)」。「これは、なかなか凄い、3重構造で働いている(そうだったのか~)」←Serious・Mode=Dr-CsL。「もっともらしいですねっ」。「証明のない、数式のようなものである」。今宵は、この様に訳の全く判らないままでの終了ですねっ=極潜龍・ぴぴんたす。「皆さん、お疲れ様でした~」。「終了です」。Sidney Bechet(しどにー・べしぇっと)のAlbum・CDより♪-Indian Summer=(Ending・BGM)
2006年02月06日 23時34分21秒

 

●♪-Money for Nothing なる、古い歌を思い出し● (いくらか古いRockの曲ですね)
★ワン!COIN・しょっぷ★の、隠れOwnerとやらが、Orc(オーク)の極東の親分衆であった事に、今頃知ったような、愚か者(おバカ)である。⇒:慧眼・不遜&:極楽亭・Beevanである。その様なモノに関心が無かったと言うのは、言い訳になるのだろう。と言う事で、*バカも休み休み言う所の*。☞趣味の・不明-幻証哲学講座=お笑いヘボ・功座の(126)回㋱の、御噺の一席【Majorと Minor】の始まりなのである。今回は【♭】極楽亭・Beevanでお送りするのである。採りあえず「Evil・Global・Standard vs Corner・Stone」もしくは、「有能?vs無能?」とでも言って置こう。効率優先は西式の性癖でもあり、根底病癖の証でも在りうるのだが。さて『多くの物?に受け入れられる(及び支持される)モノが⇒☆Major☆』と、仮に提起して始めるのだが。「現在、多数派の欲求なるものは、NwO推進 Groupによる、★Stealth・Order★そのものであり、その路線に従わぬ限り、現状では、Trend・Hit=(金儲け)は在り得ない。経済 Ranking+Chart(Money・Battle・Field)に記載(Entry)される為には、従うべきRule(都合よく解釈私用?でき、何時でも変更可能な)、厳守すべき経済Ruleの★隠れた胴元(発令者=企画者集団?)★に従わなければ成らないのは、至極当然と思われる。「凡例として、貯蓄利子を抑え、株式市場(看板を架け替えたCasino)のMeritとやらを吹き込んでやる」。「少々、単純計算の出来る能力を持つ者(一般投資家とやらの事かもしれんが)は、自らの意思(実に、墳飯ものなのだが)で、勝利(利得)を求め、投資する訳であるが」。童話?より→「水面に写った、美味しそうな骨を咥えた犬に吼え、その骨を横取りしようと慾を掻き、自分の咥えていた骨を失くしてしまった犬の様な、有様(物語の結末)に辿り着くのである」。「利をちらつかせれば、大抵の量産型(品質保証書のない=どうでも良い)は、ほいほい、自ら飛び込むものである」。「孫子の兵法にも、あったような」。「さて、結局そのField(八百長市場)の富は一体何処へ吸い込まれているのかを考えないのは、量産型の刻印がしっかり、製造№として刻まれているはずである」。「さてここで、『大きな嘘を通す為に、小さな公平さを常に示しておかなければならない』と言う事である(ほぼ毎回言っている様な気もする)」。「*この用法*を固く守っているがゆえに、次々と、愚かなネギを背負った鴨が、経済屠殺場へと、自ら飛び込んで来てくれるのである」。「無論、☆成功者なる疑似餌☆は、常に(カモに理解できるよう、成功の物証Imageの掲示=Decoy)⇔示しておかなければならない」。「そうでなければ、次なるカモは一羽も寄り付かなくなるからである」。「解かっていても、スロットにコインを挿入し、幸運?(イカサマの設定確率)を試す(求める)のである」(さて、では何故なのか?)。「その頭の中には、勝利のSceneが描かれてはいるのだが」(それらを求めさせる様に、情況が設定されている)。「増してや、妄想商品=創作物なる、Image商品全般は、売り上げを求めるならば、見事に、NwO推進Groupによる、★Stealth・Order★の*配布に励むと同然*になるのである←(細かな過程説明は、各自の追跡努力如何)」。「同時に、多数派UserのNeedsとやらも、無意識に★Stealth・ Order★に従っている(導かれている)のである」。「この様な路線を突き進むと、当然、希望は持てなくなる、何しろ『イカサマ実行本人』が☞『総てを自らが虚しくしている』☜のだから、⇒『どうでもいいや=刹那主義(nihilismの入門編)』と言った気分になるのは至極当然であり、その向こうには、狂人(異常刺激を只管求める)世界が有り。そして、その更に向こうには、つまりその終点は、悪魔崇拝(ココまで来ると、完全死人奴隷であり、帰還は不可能であろう)とやらに落ち着くのである」。「終点まで来ると、所有刻印を打ち込まれた◆完全所有物◆なので、道具としての機能しか残されない」。「まあ、固体差があり、どこまで行けるか(駄目になるか)と言った違いは存在するが、軽いNihilismで留まっているならば、まだ人間にもどれるかもしれないなーと言った所である」。「無論。これらの言説は、楽しい空想講座の一席であることを、忘れぬようにと明確に記載しておくのである」。☛Ben Webster(べん・うえぶすたー)の♪-Who? と☛George-Shearing(じょじあ・しぇありんぐ)の♪-East Of The Sunで今宵は、これでお休みで、暫しの別れを告げるのである。オマケ☞我々の所有する、『God・Word・Dictionary』(十分に怪しい書)でわ、☆Money=Punishの内の一つの形態と記されている。(西式には、理解しやすかろう)。
2006年02月02日 21時47分52秒

 

*無名詩人=「言葉の刺繍」* -多数決とは無縁の橋(跳ね橋)の上で、今日も歌う-
◆Z・rays=いったいそれは何だ?(俺にもわからねぇ)◆ …去勢(漂白)種の楽園。選ばれた美しい言葉に溢れて(厳選された、その響きと、字面)。地上のUtopia、更なる特別隔離領域?6本の木の丘(前線基地?)とやら。特権の快楽を支える為(イカサマも可、ばれなけりゃ難でも有り、なんなら律法を書き換えよう)、多くの労働(虚偽や悪を為せない者達)が、血の涙と苦悩を絞り出す(ただ、生きる為に)。聖母(偶像)の流す涙?。『比べてみなっ、そんなもの赤い色したションベンさっ』。街角のあちこちに立つ不明な電波塔。携帯周波数(お便利)に毒物を忍ばせて。おぅおぅ、確証は無いさっ、調べられない(させてはくれるまい)。だけど不自然におかしいねぇ?。原因不明(見えない、雨?にやられてる)な事件が多すぎる(笑っちゃうねっ)。まるでハリーの森の奥の因の用意したシナリオ通りに、Speedyに★この世怪?の物語り★が運ばれる(落ち着ける時間が、そのFrameの中には全く無いのも戦術?=同時に商品も売り込め?)。こいつは唯の偶然ってやっだって?。おぅおぅ。正気のIDカードを指定位置にぴたりと憑けた、帝國品が俺のbluesを聞いて、不快な表情を見せる。「いったいお前の何が、痛む(不快)んだ?」。「見事なもんだ、あんたの価値とやらは、すっきりとその総てを数字(Price)で量ることが出来る」。「たが、それ以外のものは何もない」。「高級紙使用の美麗Catalogで見たような、子どもを抱き上げる仕草」。「残念だねっ、俺の目はそんなものなんか、見ちゃいないさっ」。「X・raysは内部を覗くが、俺のは、Z・raysさっ!」。「解かるかい、物質(外形)なんか、視ちゃいないんだよ」。「見事な地獄の中で、演出された幸福とやらを、信じて疑わず演じきる」。「蛇は腹を抱えて笑ってる、その嘲笑も聞こえまい」。「おぅおぅ」。「これは、あんたがたへの別れの唱なんだよ」。「完全なる離別なのさっ、別けられちまうのさ、俺はただそれを感じるだけ」。「やってのけるのは、別の何かだろう」。「それが判るのなら、俺は人間なんか、やっちゃいねぇよ」。 ~伝説の無名 bluesMan・菜の花は黄色~
2006年01月31日 22時27分39秒

 

?【見知らぬ存在の部屋】? 〆-裏・Critical・Zone-〆 Signature-【π】
さて、今宵は【π】のAuto・Solo・Liveになる。透明度がまだまだ残る、美しい空を、時折見上げ、幸福な吐息を、Siphonでゆるりと落とすcoffeeの香りの如く、寒い大気に包まれた中で、水蒸気に変わる呼吸(それは一つの命の証)を吐く様に。マス・コミックその他の凡そ総て=(人造妄想物)に背を向け。自然(意の無い←誠に稀有で素晴らしい、≒諸行無常)に唯あるようにと。→努力の展開(誠があってこそ尊い)、そして、不毛にも似た啓発活動(決して侮蔑や嘲笑の意ではない事を、明確にしておいて)。愚鈍なその群れの中、カナリア如き囀りは、既に狂気の度合いを持って放たれているにも関わらず。今有る、生活?≒Neo・Babylon・System?=nWo(Version・UP・ World?)移行過程に、只管適応努力に勤める存在には、*その言葉や事実さえ*最早、◆異言語?同然の響き◆であろう。☆不思議な事にその群れ為す多数派集団は正気に見え、否を唱える小数の者が狂気に見える☆【この逆転現象】。既に簡易柵?(物理的には何処にも存在さえしていない)には、電流も有刺鉄線も無いにも関わらず(解かりやすい注意書きだけが付けられたもの)、多くの固体(飼育種?)はその策に?近づく事無く、遥か手前で回避し(保全本能が優先されるらしい)、用意設定された場所(安全で健全と言われる)へと既に指示の必要も無く自らが、帰着する。与えられた餌=娯楽<(粘土の展開活動する総てがここに、帰着する)、さて、ここで、‘ごっどめんしゅ’(ゆーべるめん種?では無く)とやらが存在したとしよう。その内のある固体が、人類の管理飼育など『くだらねー』と、言ったとしたらどうであろう。△にーちえ▽も▽へーげる△も粘土にとっては、《おおっ!凄い☆転才?》☆☜遇えての誤訳である。なのかも知れないが、もし‘真のごっどめんしゅ’なら、「ゴミだよあんなの」ぐらいは、多分言ってくれるはずである。「粘土がやっと理解出来るのは、強欲財団や、石㋳に、黎明凶壇結社Class止まり、だろう」。「大衆粘土の支持を集める事が出来た、Hitlerさえも、真のごっどめんしゅであるならば」。『使役Unitにしか過ぎない』とこれくらいは言って欲しいものである」。コピーのコピーのその又劣悪コピー品であるにしても。*結局!総て真似ている事に、気づかないものかねっ*。超・監視Systemにしろ、実にお粗末な物質で作った代物であり、総てを見通す目とやらの、マガイモノのコピー品ではないかねっ。コピー品と言う事は、オリジナルが在っての噺であろう。そんな子供の玩具の様な代物を作って胸を覇?っているようでは(マガイモノはマガイモノしか手にすることが出来ない、自明の理ではないかね)、さてさて、である。‘ごっとめんしゅ’にも◎天然者◎と☆養殖者☆があるようである。何処が違う同じ様なものじゃないか?なる素朴な問いもある。「ならば、総てを見通す目と、物質を寄せ集めて作った、超・監視Systemとやらを、同様と見なす事が、出来るだろうか?」。「出来る方は、この先何の心配も必要ないはずである」。「【映し世は、夢幻】そこに寂しさや虚しさを感じるとすれば、その者は幻影迷宮から決して出られない」。「これだけ言っても、あるType(群れ為す多数派)の者にとっては『何をバカな』と同様になっているのであろう」。2-C使役体は、我々も使わせていただこう、どうせ奴等のロボット同然、ならばこちらも有効活用させて頂く所存である。注意を打っておこう。総ての2-C体を無差別に使用する訳デハナク、*選別使用*と言う事である。「拙くても、及び優秀であっても、真心とやらがあれば、手は触れん」確約を虹に誓っておく。「残念な事に、この世界へのService期間は総て終了している」。「言い訳を必要とせぬ、生き方を望むだけである」。さて今宵の特選BGMは、♂-Li Wei, Zhao Dengshanの♪-渔舟唱完(中国古典楽器-古琴より)と矢張り、Unknown Artistsで、♪-El Condor Pasa(コンドルは飛んでゆく)でお別れである。
2006年01月28日 01時56分14秒