×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

❖無限解=[2005^09⇔11^]❖

※一人でも出来る、無限解・潜功探索・空想研究《実験・日誌》※

●災厄のSymbol≒Pandora-BOXは外界に?『否々』、それは、人間を指し示す言葉である●
↑何を取り出すかかは、本人次第と言うこと。で、前回のカルテ005が、ここで生きてくる訳である。
《多重座標測定観測・紙芝居》 【Dr-Critical・Strange・Loveの注文の多い、無免許医院】
Karte・ №006 「いよいよ寒さも、そろりそろりと増してきた今日この頃、今宵は【¢】Signでお馴染みの、CoolでMAD・Tasteな、Dr- Absolute?の会心(回診の誤訳)の時間に成りました」。Assistを勤めているカイファ・ハールカです。「でわ、~ネコ句会~の仮想回診を始めます、との事だそうです」。「名前も、コラボレーション関係?も全く明かす必要のない、off会なんぞ、不要といった、友?とでも語るべき、自立(心がけている)存在に向け、今宵も、不規則and意味不明なある治療処方を語ってみたい」。「再掲載となるのではあるが」。「(粘土獄界世界)の不正・イカサマなどの告発に邁進する事に、*付随する危険性*⇒欲ボケ・Zombieもしくは、下級使役体などのほぼ獄界の住人そのものと言った原因部分に、当然の様に突き当たる訳である」。「これらの、屑及び廃棄抹消対象(人間として生まれついたのに、ここまで強欲で醜くなれる=もはや人間扱いする必要もなかろう)は、人として生きている、健全な“こころ”をまだ持ちえる存在に対しての★毒餌★なのである(故に、国家のTopに最低最悪の屑を据えれば、その汚染効果は、隅々まで及ぶのである=社会や集団を破壊壊滅するには、実に効果的であるのである)」。「分かりやすい凡例を挙げるならば、沙汰ニスト(誤訳)が、ある存在Symbolに対して取る、汚濁行為と同じである」。「故に、現在の粘土獄界(この世とやらの誤訳)で生きる上には、この様なTrickや疑似餌(破壊・汚染戦略)に、引っかからない(毒されない)ように、“こころのKung fu”を積む必要(必須)がある《常に、奥の院のMaster-Class連中と対峙している、心構えでないと、とてもとても》」。「多少、拙くとも、* 肝要を押さえておれば*、誘惑の幻影引力(外部≒迷妄効果?と、内部≒煩悩効果?に、それは存在すると、取り合えず語って置こう)を打ち払う事が、可能であるはずである」。「不思議な事に、よーく、自分の周りの人間を眺めていれば、この人は?といった人(例えば、美味しいパンを焼く事に、一筋打ちこみ生きている、と言った)は、多分ひとりくらいは居る筈なんであるのだが~」。「詰りだっ、証明など出来ない、【徳】とやらを感じる事が出来うるならば、まだなんとか大丈夫という所であろう」。「その様な存在とは、概ね、☞地味で、分かりにくい穏やかさ☜を持ちえているものである」。「我々は、知的障害者や子供等に、人の形を取った尊さを時折見ることが在るので、それらを、出来うる限り尊く扱う(同じ存在でも何時も、そうであるとは限らない故、尊さの覗く時には、と言った意味である)」(信用してくれとは、我々は語らないぞっ)。「誉められる為、とか、感謝されたい(潜在Levelであっても、その様な願い= Needsがあれば)、勝手に粘土のオモチャになってろ」と、こころから、誠実に、告げるのである」。「さて、ここで、ちょっとしたオマケである」。「賢者の議定書?が、偽書かどうかなどは、余分事であるだろうに、※要点はその内容であるはずではないかなっ※(余り関心はないのだが)」。「まあ、これを、書いた様な連中を、診察(瞬殺の誤訳か?)出来るような、Levelを目指す心意気が、欲しいもんだねっ、と言った所である」。「正しく、Kung fuは、魔術に勝るのだよ」。「そうそう、偽りの勝利者(脆く崩れ去る世界の王に成る事を選んだ者達)でも、この世の勝利者には、勝てないぞっ」。「総てのもの(量産型ではまず、勝てないであろう)が、彼らに敗れ去る訳ではなく、*この世の勝利者とやらが、皆無でなかった事*を、忘れるべきではないはずである(それに縋るもの、あまり良くない)」。「地上のイカサマ王族は勝利者ではない、と言いえる存在は稀有であっても、在る」。「誠実に仕事をして、家族や人を、ゆるやかに愛していられれば(同時に、他の過ちに、そこそこ鷹揚であれるのならば)、『宗教なんて、何処に必要性がある』」。「これで、十分だろう」。「それ以上望むと、誤りに落ち込む、様な気がするのである」。
2005年11月16日 22時07分13秒

 

●~ネコ句会~から、全方位、全く平等(Fair)に、の方式に変更しました● 【特別枠は、もうありません】‥悪しからず。 
…今日のMainタイトル、 P(E)【様な気もする(寸止め)】=空想創作・話芸の一席。
「Art =芸術のOriginとは何か?」。←冒頭?投げっぱなしの問い(掴み)であるので、*見送っても(真面目に考えなくても)良好である*。さて「極めて、のんびり、慌てず、騒がす」=の【♭】=《空想話芸・噺家》*極楽亭・Beevan*である。「Reality欠乏・証(症の誤訳)の輩← (Bingo!)が、誘蛾灯に誘われる如く、密かに(おいおい)このおバカな空想領域=(Realityなぞ存在も、しないはずの創作空間)に、無許可(三願の礼も示さず☜〈笑っちゃうねっ〉)でAccessしているようである、○無論・こころざしを密かに秘め、無形?招待状(☜ここの所は、真の無名門の徒?は解しているはずだろう~?)を持ちAccessしている方もいよう」と言う事で、「外に頼るな、自らを頼りとし歩む」を秘め、*知らぬ顔で楽しんでくれる真のListenerに*、今宵もNiceな大人の為(不明専門回線)。「わけわかんねー、の魅力満載」⇒趣味の・不明-幻証哲学講座=お笑いヘボ・功座の(122)回㋱が、機動するのである。リモコンは存在しない(暴走自由といった、Criticalな魅力も有り?)寸止めのSafetyは多分在るであろう。と言った塩梅で始めよう。「少しずつ取り崩された、人間の玄質?」。「大雑把に語るならば、現在の30代(無論含まれる)以降の新世代系は、既に、新世界用・規格仕様設定済み←(これは何を意味するのか)と思われる(としておく、何しろここは寸止めである)」。「ここまで、完璧?なまでの調教飼育環境(与えられた幻想現実界Ruleとやらの、基本厳守/最優先=Mainの機動Program)にどっぷりと浸かって、成長していれば、何を喚こう=(語ろうが)が、喋る事の出来るオモチャにしか過ぎん!、と思われる(寸止め)」。「冴えている、其処の、2-C・Word(敢えて使用)者←《可の者は、耐久力がありそうなので、誠に勝手ではあるが、使用させていただいた(悪いねぇ)↓》には解せるはずであろう?(他にも、僅かに居る様ではあるが〈複数形〉=*安全策優先で、語らないのである*=*該当?当人も、知らぬ顔をとことん決め込んでおくように*)」。「↑ちょっと誉めすぎか?(まあ良い、誉められて駄目になるようでは、そこまでということじゃ)」「無論、誉められる事(Lip-Service)の危険性は、十分解しているはずであろう」。さて本・話芸に移ろう。「ある西式の神話物語的に語るならば、既に、大まかに☆羊か粘土やら☆が、二極に分かれているのが、見て取れるはずである」。「そんなの、妄想だぜっ」なる台詞は、飼育調教済みの固体から、自動発言されるのは確認済みであり、(その様な固体には)関心も興味も、『話の始めから持っていない』(寸止め)」。「妄想現実界は総て、【有名無実】⇔(まるっきり良くないの意?)である(寸止め)、既に、ほぼ完全なまでに獄界に代わってしまっている、様な気がする(寸止め)」。「似たような史実とすれば、中国史の中の、あれだ、皇帝が死んだのをほったらかして、腐れ宦官がすき放題やっていて、皇帝の死体にうじが沸いたままほうっておいた(この様なありさまで、平民とやらが、どんな扱いをされるかは容易に・・・)」に、近いものが在るような、気がする(寸止め)。「それの、世界Levelの話に成ってきている、様な気もする(寸止め)」。「ある、号令一発(何よ、それって?)で、白黒二色に分かれてしまう、様な気もする(寸止め)」。(おいおい、本当に寸止めかよっ)。「寸止めであった様な気もする(寸止め)」。(綺麗に、急所に入っているんじゃないの~?)。「いいや、それでも、(寸止め=Bee版)」。「Endlessになりそうなので、ここで、強制終了にいたします」。それでは、総ての人に愛されるを目指している(おいおい)、【笑う案山子劇場】≒≪CHANNEL~MYSTIC~ZERO≫の放送は、此れで総て終了です。自壊で、お会いしましょう。今宵のEnding・特選BGMは=♂Thelonious Monkの♪-All Alone ←(寂しさだけを、拾い上げて、聞かないように、もう少し“深く”きいてみましょう)
2005年10月26日 23時17分48秒

 

// 注文の多い-診察室・(空想・特撮劇) e 【Dr-Critical・Strange・Loveの今日も元気?】
Karte・ №005:「よろしい、答えよう、樹齢何百年?とやらの樹木がこの星にはあるようである」。「見上げる程の高さを、永い年月=《なかなか深いぞ、インスタントは追尾不能》をかけて少しつづ成長した結果である」。「当然、人の目は地面から上部のその姿しか捉える事が出来ない、が」⇒「想像したまえ、その地上の姿を支える為にそれに見合うだけの根を深く広く広げているのである」。「高み(代数=光とでも)と同時に、この様に深み(代数=闇とでも)も、*当然見合うだけのものが必要*となる、とちらかが欠けていれば、それは偽物(しかし、粘土には十分有効であるようだが)となる」。「更には、類戚・例として、高山植物とやらの存在である」。「他の通常植物はココには存在せず、過酷な環境に特化適応した植物のみが存在出来る」(この様に成り立ちや生息域そのものが違う物を同様に扱って良いものであろうか)。「この様に、量産型は特化?typeを解する事は不能である、残念な事に各自その仕様に従う訳である」(向日葵とタンポホは違っているが、それで善しなのである。※各自文句は言わないので、全きに美しい《善い》のである※)。「例えば、比較対照の領域が違えば、相撲で語るなら、幕下での常勝者でも、横綱Classに比肩できるであろうか?と言うことである」。「周りの量産型に比べ、勝っていても、更なる上位? Classでは、それくらいは当たり前だろう~なのである」。「そろそろ、君もビル・エバンス訓の領域へと差し掛かっているようであるなっ」。「☆狂っている☆などとね気安く口にするべきではない(それほど正気や狂気に拘るのならね、【正気の定義を列記してみたまえ=論破不能なまでに】☆過剰反応なのだよ ☆)、※責めて他の凡庸Typeと*違っている*と言った言葉を使用したまえ※(捕捉・●違っていても良いのである●)」。「☞表現は出来る限り正確に勤めようと、言っておるであろう」。「まだまだ¢その様な領域は浅い¢ので、深刻に考える程のものではない(凡庸Typeには、そこは取り扱い不能領域?の様であるゆえ、凡夫の台詞に過剰に反応しないように)」。「まあ、目標としては、『Hitler君、君の葛藤そして理想そして願望などは、解することは出来るけどねっ、君が選んだような道を私は選ばないよっ』ってな位(くらいの誤訳)を、心がけ(指標)てみてはどうかなっ、有~無」。「確かに、この粘土獄界は誠に窮屈(飼育粘土概念主流)ではあるが、何故それに会わせなければならないのか(いやいや、従っている(従属?)のか=◆挨拶程度で、対・処理できないのかなぁ◆、ホントに)、⇒いちいち粘土の物指しに従っていたら、《真の可能性を持っているType》は壊れるであろうなぁ、確実に」。「しかし、真剣すぎるなぁ⇔☆それを美徳だと深層では思っているだろう☆、愛には取り込む(抱え込み放さない)愛と、開放=解き放つ=煩わしさを感じさせない(無慈悲に見える)愛もある。【どちらが自然に近いものだろう?】」。☞単純な秘公式?を提示しておこう。■〔憎しみ及び怒り/愛〕=愛なる分母に支えられ、分子である所の怒り憎しみ(マイナス・ベクトル的?)が派生しているのである■>以上の表記で、解せる者は解するはずであるので、追記は無い、何故にか?、各個体によって派生情況状態(疾病)に微妙(それぞれ特異な?)に違いを持つ為、各個が自己(情況・当人)にとってもっとも良い処方《派生原則情況を確認し<当然、自己の方からの関わりの因数も存在している》を、講じるしか(個人的=パーソナルな処方を)、術はない為である」。「つまりだ、基本OSを完全に支給品から、書き換えてしまう努力が必要な訳である(帝国支給定番OSと、独自の完全自立OSの併用使用習得が必須なのである)=《誰も、誰かの為に、それをやってくれる存在はなく、『自分でやるしかない』》」。←これも読み手によっては更なる迷宮を与えてしまう可能性があるのだが、便宜(言葉による)として限界であるので、各自の努力(あわてない、焦らない)でを、*望むのである*」。「最後に、“Kung fu”は魔術に勝る、正し、究極に近し所まで積み上げねばならないが」。「そして、本日の最高のオマケである(お持ち帰り自由で無料)【戦わずして勝つ】を呪文の様に1000年?唱えていれば、少しずつ、解かる?であろう」。「終了である」=【¢】=Dr-Absolute?
2005年10月23日 10時42分02秒

 

●「怨念」、馬鹿なことを言うな、『真っ当な怒りだろう』● 平将門に捧ぐ(本文と関係不明)
「【理解したい、理解して欲しい】、これらは実にもっともな、根源衝動?≒(人で在るならば、素直に頷ける=賛同しうる)と無批判に認知される(肯定されうる)類の物のようであ~る」が、「*この様な、幻覚事象*に反応機動するProgramを内蔵している固体は、妄想幻覚迷宮=劣化粘土>獄界からの出口は、決して見つかりはしないのである」。「何故にぁ?」。「その疑問こそ、尊さへの・・・・」。さて『サワディーカップ』(タイ語?であろう)の挨拶で、始まるは【♯】でお馴染みの…慧眼・不遜…≫(極⇔東方・江湖の無名大王?)、危険?Symbol だぅぉ。外伝・異伝・不規則発言・伝承者の名札を付け忘れた様なぁぅ、反則・大王なのだぁにぁぅ~、(一息ついて)、にゃんにゃこりん」=隣屋・コムギだゅぅ。「おおっ、忘れた頃の登場であるなっ」。「でわ、そう云う事で、ViolateでLovelyな、反則・話芸(武侠伝?)の壱席を始めよう」=慧眼・不遜。P(E)←〔数学記号〕で*趣味の・不明-幻証哲学講座=お笑いヘボ・功座*の(121)回㋱の界淵である。「間違いは誰でも犯すものであると、(おいおい)。不確定のまま推論を推し進めるのが、我々の魅力であり、(おいおい、今更)。確定情報など必要としない独断が私の武侠伝?の魅力でもある(・・・)」と、言い訳が匂わぬように、告げておいて。「や~い、いつもいつも偉そうな口調でぇ、ヘタレ(外れ)な講釈ばっかし~にゃのかぉぅ、ダメにゃんこだなぁぅ」=隣屋・コムギ。「まだまだ、天網恢恢の域には及ばないのは、覚しているわいなっ」。「にゃむみむぅ、みゅぅなぁ~みぅにゃ~むぅ」= 恢恢。「そうそう、忘れておったのだが、僅かなRealityについてなのだが、例えば、あるLive・Houseだが、投資要も無い←(どうしようもないの誤訳)Playerばかりが演奏している小屋でも、真っ当なPlayerが僅かでも混じっていれば、その小屋は存続は可能なのだが、それら(本物の演奏を求めるPlayer)を総て排斥すると、最早、まともな聴衆(Listener=真の深みの在る演奏を求めている)は、そっぽを向くのである。※この様に消費者=User?は、限りなく冷酷であっていいのである。身銭?(及び時間)を切っているのであるから、当然である※。☜何を言わんとしているか?。上手な例えではないのだが、『寄生虫(従=獣)は宿主(主)が存在して初めて、生息が可能な生物である』。「ここで、別冊付録=物質下位にのみ、存在する生命形態もある。Hierarchieの上位へ行けば、どんどんと、その様な、物質的・滓ごとき存在は、消失している」。「見てきたような事を言っちゃって、にゃぅ」=隣屋・コムギ。「勿論、誰にも確かめる事は出来ない故に、*推論である*と、*明記しておく*」(おいおい、別冊付録じゃなかったのか?)。「休憩なら休憩と、言ってほしいよ、にぁ~ん」=隣屋・コムギ。「取り立てて、我々は女・子供を馬鹿になどしないのだが、添う感じさせてしまう仕様になっているので、許されたく思うのであるのだが」。「焼きが回って、ゆるゆる、ぷ~ぅ、だぁぅ」+「反則・大王の名が泣くぞぅ、ぷう」=隣屋・コムギ。「別に、かまわんよっ」=反則・大王。(おいおい)。では復の自壊でお会いしましょう。今日のオマケ☞さて、無垢なる者を磔刑に処し、犯罪者を助け「その罪は、我々と子孫が受けよう」と言った(記載明言)のは~。「無垢なる者の血を流しておいて(命を奪っておいて)、それで済む訳がないだろう、してその借財(karma)の総額とはいったいどれくらいに成ると、思われるかなっ」。(宗教的ではなく経理計算の如く、お楽しみください)。
2005年10月17日 22時18分12秒

 

*無名詩人=「言葉の刺繍」* -物を扱うように、生命さえも扱い始めると、どうなるか?-
 ◆Purge=いったい何を取り除いたのか◆  …人の意味がお金で量られる。子ども達は見ている、そして学ぶだろう。小奇麗な言葉を上手く口に出来たとしても、そこから絶望を学ぶ。嘘やイカサマを教えてくれる、ごく身近な人々から>派手で五月蠅く刺激的で下らない快楽を映し続ける、無害な仮面を着けたElectronic・Frameによって。多くが☆成功☆を素晴らしい(捕り憑かれた=狂信的)物の様に口にする。「人の口にする、神=勝利=栄光=正義=成功など、ただのImageのおもちゃ。生きて尚且つ、単純でありながら、多種多様であるが故に美しい≪それは人の手には、決して縁らない≫。★単一規格なら扱いやすい★。『自然界に直線は存在するか?』。素朴な問いの前に立ち尽くす。教えられた沢山の物指し(扱うべき、教えられた世界には、実に便利ではあるが)。←『その迷宮の出口は見つかった?』=切り離された幻影が真っ直ぐに見つめている。 ☆成功者であるにも拘らず、理解不能の疾病=【それはやがて内部に置いて、密かに致命的狂気へと侵攻する】、必ず全身転移を繰り返す。切除切開も無駄に終わる。治療効果は現れない(いったい、どんなミスを犯したというのだ、優秀で勝利者と呼ばれる私が=最もな疑問を口にする)。「そうだ!、間違ってはいない(はず?)!→成功する事、能力を発揮する事、その当然の代価を手にする事、この社会にとって価値在る仕事を為し続ける為、比較(自分の立場)に鋭敏な事=《この虚しく出鱈目で醜悪な世界を生き抜く為》←(表・裏のBilingual・Mode)」。《はいはい其処の悩めるお人、お手ごろ価格の良い Drag(医薬・外品)がありますぜ=確実な思考放棄薬功》。渡りに船?更なる強制過給投与=擬似・恍惚効果=心性麻痺維持効果を注入しての活動再開(何とでも、戦う事をこの上なく好む病癖=能力や才能などと呼ばれ~)。「そして永遠に、その迷宮(物質獄界=現実?)を彷徨う」。-致命的Virusへの考察・無記名-
2005年10月13日 21時49分10秒

 

●さて、Diamondと石炭は兄弟である、ところで、稀少鉱石のダイアは何故にか、在り難がられる(価値が有るそうな)●
※今宵の特選・BGM♂Duke Ellington♪-Boo-Dah(東洋種の我々とは違った、イメージのブッダですね)
と言う訳で、如何にもと言った↑のTitleを、ここで受けるのである。「価値(本来はこんなものに、拘るのが、十分*心性如何わしい*のである)。さて最近、出番の少なくなった様な気もする、噺架(はなしか)の極楽亭・Beevan=【♭】である。「*寸止め*は、Full-Contactに比べると、地味に写りますからねっ」=極潜龍・ぴぴんたす。「反則・大王の話芸は、過激さ?(☞根本的及び基本的なる表記も在るのを、忘れて貰っては、困るよっ=反則軒・Cypher≧慧眼・不遜)が個性のようでなぁ~」、「本人はRadicalだなどとは、思ってもいないでしょうねっ」=極潜龍・ぴぴんたす。今宵も、※現実とやらとは一切関わらない※、Criticalな話芸をお届けしたいと思っておる=極楽亭。それでは、~極東僻地のお笑い天問・研究局(ドンキホーテ楽団)~≪CHANNEL~MYSTIC~ZERO≫が今宵も、Niceな大人へと届けるは、手作りKit同然の、神秘石?仕様=鉱石X・ Radioによる。趣味の・不明-幻証哲学講座=お笑いヘボ・功座の(120)回㋱なのです=ぴ。「*《寒いとき、人は惜しげもなく、石炭をストーブにくべて》*暖を得るのである*。炭素結晶の貴族か王族如きDiamondを、暖房に使用出来るのは、イワンの馬鹿か、賢治ぐらいであろう。人間の頭は機械部品ではないので、螺子(マッチポンプが匂う)など必要がないはずである」。「しかるに残念、語るほど、当人の域は高くも無く、深くも無く、粘土に比べれば、やや勝っているかもしれないと言った程度である」。「参考資料としてなら(我々にとっての、との意)、なんとか程度と言った按排である(別に無くても、寧ろ可である)」。「まあ、こう言ったTypeには、当人が死ぬまで、その素行総てに注意(鑑定)が必要とされるlevelである」。「まだまだ、幾らでも、どちらにも変質しうる故に、*始めは良かったのに*と言った可能性が、確実に付き纏うのである」。「我々にとっては、関心は全く無いので、石炭の噺に戻ろうと思う」。「惜しみなく、使用される(燃やされる)石炭ではあるが、炭素結晶としては紛いも無く、Diamond(びじねす死の事ではないのだが)の兄弟である。飾り見せびらかすだけ(粘土家畜用に高額Priceとやらの価値説明表示も、漏れなく付いている)安物はガラス切りに使用。と言う訳で、殆ど比較などされない石炭くんである。専門Listenerには、既にこれで十分のはずであるが、《捕捉オマケとして》、◆タイトルを忘却した御伽噺を付けて置こう◆」。「アラブの御伽噺であったかなぁ、3人の人物が登場する、一人は、何処までも見通せる魔法(ファンタジーって便利だなぁ)の望遠鏡?を所有し、一人は、とても早く飛べる魔法のカーペットだか、何だかを持っていて、最後の一人が、どんな病も治る魔法のリンゴか何か(食べ物であろう)を持っていた。ある日、魔法の望遠鏡で、重い病に罹った美しきお姫様(遥かに遠い異国って設定にならざるを得ない)を発見、3人は相談の上その病に苦しむ姫を助けようと、実行する(劣情か?博愛かには触れず)。当然移動には、魔法のカーペットを使用し、その姫に、あらゆる病もたちどころの、魔法のアムリタ(違った、取り合えずリンゴだった)を、食させる訳だなっ。病からきれいさっぱり開放された美しきその姫は、感謝の意を持って、3人の内、誰か?と結婚?てな、話になる訳である。さすれば、3人の内、誰にその権利←(嫌に言葉だ)があるかとかで、3人が揉めるんだなぁこれが(それほど、びゅーりふーな姫だったのねっ)、賢王そろもんか、大岡越前、一休さんなら、一発回答だなっ。と言う訳で、結局その一名様限りは。誰に落ち着いたのか」。「休憩の後の後編に期待せよ」。☞『論破』なる言葉は、既に(常に)*対立相手を想定した(必要とする)*言語であると☜言った解説は、本・Listenerなら、不要な(解しての)はずである?のだが??、*《得てしてProgramが走ると、何のProgramが?を、ややもして未確認》*。ここに注意すべき要点として刻印しておく。【となれば、⇒その様な言葉を⇒使用時の⇒心的・Motionとは、⇒どの様なものであるか、しっかりと⇒考察+治療(Search&Destroy)しておくべき事であるなっ】。(この様な、基本の“前段階の基本”に迂闊であると、「危ない危ない」と椿・三十郎。さて、休憩も終わりと言う事で、今夜の深夜の朗読御伽噺の結末?とは。「失った者は一人だけである、後の2名は、その魔法の品を今も手にしている」。「この様に、我々は石炭を尊きとする」。「残念な事に、Priceなる価値においては、常に低く見られ、ありふれていて、有り難味が忘れ去られてしまうのであるがなっ」。「本日は、誠に、美しく終了できて、ほん和歌と、嬉しい、では、復
2005年10月09日 00時40分38秒

 

●言葉などで、本当に大切で掛替えの無いものなどが、伝わるはずが無い●
注≪この領域は、空想と捜索(創作の誤訳)の、実験場ですので、くれぐれも*真実とは関わりはありません*≫敬具。
やれやれ、何やら、またまた、幻滅・絶望・設定舞台(Beautiful・Clay・World?)=粘土発狂娯楽劇常世界=ぇぬ・だぶりゅ・ぉう黎明期?>Really?(正気のつもりかよっ、かわいいねぇ~だっ)に、★新たな、新化学<哲学的救済概念★やらの★新商品★が登場とか◆(アスピリンの事か?と、間違えそうになったぞっ。製造元?が同じ穴か?)◆、と言った噂を耳にして、ここは、冶梁(やはり)【♯】☜でお馴染みの場外乱闘外伝(異+本名か穴馬か?)大王=≪慧眼・不遜≫が、(注)書くか足りぬ←(かく語りぬの誤訳じゃ)では、往くぞ!←(過ぎ去るの意において私用)。趣味の・不明-幻証哲学講座=お笑いヘボ・功座の(119)回㋱。「結局は、セールスマン?であった訳だなぁ」。(おいおい、誰の事?)>「無論。我々は、確定資料や、裏情報なる回線など持ち合わせてはいない、故に、ここに記載される言説は、*愉快な空想(創作)にしか過ぎない*(偶然、合致する場合があるかもしれないが、殆ど不明のヨタ話である)と、明確に断って(表示しておいて)、もたもたと、*空想・話芸を始めるのである*。「かの、論説は、最初から読む気にもならないし、関心ももてぬし、引力も全然足りない=〈概念高級紙のパンフレット?〉を読ませていただいたのだがなぁ(我々は本物の馬鹿のようで、その画期的・救済的論説が、理解できなかった?)と、礼儀に従い述べておく」。「たまねぎの皮むき?、リメイクのNew・Styleとでも表現(感想)しておこう」。「我々(無名門?)のComment?は、こうである」。■「後光が差したとされる乞食に、☆在る者が、問うた☆、『この宇宙に始まりと終わりがあるか?』と」。≡「この様なコースは、我々には完全に用が無いし、便宜としても、進めはしないし、完全に洋無し(用無しの誤訳)必要なし、である」。「凡人には、完全に指定⇒危険物品であり、☆別の側面利用(←こちらが、発表者にその考えを吹き込んだ、Master-Class連中?の目的かなっ)☆されるのがオチであるなっ」。「相変わらず、☆西式☆は、この様な瑣末で愚かなことばかりに、励むものであるなぁ」。「PCが自己(PC)を解析出来ると思っておるのと同じ」(確かに、ある地点にまでは到達は可能である)」、「分からんだろうなっ、相言う意味で、何度も、Bill Evans(ビル・エバンス)君について、触れていたのだが」。「まあね失敗も、初心者(三角魔力・研修生?)は、資格検定中?(許されるみたいだのぅ)良いけれど(ほんとかよ?)、それが、☆自己本人で留まっていれば、まだ救いは残るが(あるのかねっ、今では)☆、●良く判っていないもの?(第三者≒愚かな信者奴隷予備軍)が、それで、その人の人生が狂った場合、責任の取りようがないなぁ(粘土律法などの罪の事では無い)Signature-【♯】 ●」。「我々は宗教的なものや、精神論的なものを☞寧ろ回避して(出来うる限り)☜、言説を組み立てている」。(ホントに?)。「我々の表出は、古典からの転用がほとんどで、※新たに、あたら、こたら、しなさい※などとは、記載していないはずである」。⇒「知識や思考で、根源を解き明かせると思っているのが、エデンの園をたたき出された原因ではなかったのかなっ(無論!私は、完済を済ませているが故に、現在、こう言い得るのである)」。「幾らか前に、反・赤丸のデモ行進に、嬉々として参加していた若者達と、我々に言わせれば、※同質なのだよ※」。「『どこが、同じなのだっ』との、反射反応があれば、それこそ、確証である(別にもあるのだが)」。今日は、これで終了する事とする。◎今日の世迷言を付けて置く。当たり前の事→「知識を取り入れた以上、自分で、中毒症状を克服するしかない、内部から毒を抜くまで続けぬかぎり、完治は無い」。「まだまだ、善人を気取る余裕がある者どもがいるようなので、はっきりとどっちへつくかを、言い逃れが出来ないよう、選択させよう」。「善意も無く、悪意も無く、情も無く、ただ無常に、すべからく公平に」。☜今日は特別・別冊付録付きだそうです。=口答無計。「でわ、また(空想・話芸の時間)不定期・自壊で・・・」。「バカな犬もどき、主人はこう言う事だろう、『やったのは、お前だ!、お前が、☞お前の為した行為の責任を持つのは当然だろう!☜』」。
2005年10月05日 23時30分01秒

 

?【見知らぬ存在の部屋】? 〆-裏・Critical・Zone-〆
◎深遠のSoul=覆面堂・Maou◎のAuto・Solo・Live。「数を集め(群れる事)、それが救い・癒し・安心の感じを与えてくれる?その入手可能な錯覚効力に耽溺する」。「もっとも数(その群れ)は、同類・同属(近接域の)しか集まらない(*残らない*)、故に今度は、嫌悪(嘔吐)感と閉塞感を、その群れに感じる事に成る」。「面白いのは、その手に入れた望み(同調者?なる群れ)とやらに、今度は(何れ早晩に)嫌気がさす(ある資質を持ちえている場合にのみ)もしくは飽きる事である」。(もし、虚しさや嫌悪を感じず、◆それを満喫出来るとするならば、そこが、その固体の本来棲むべき領域◆と言う事である)「明確に語れるのは、望みや願望=(Needsが似合)いとやらも、マガイモノと本物が存在していると言う事である」。「≪マガイモノ(存在)≒粘土使役・ロボット≫には、マガイモノの望みが発動し、本物とやら(明確に規定しえない?)は、*望みや願望なるものが、どの様な物であるかを知る*であるが故に、やたら手当たり次第に求める事も無い」。「Orcも常に群れを作り、徘徊を繰り返している(求めているのは常に騒ぎ=欲求を満たす事)+(現実世界とやらの、何に似ていると、お思いかなっ)」。「かの(多様多層な階層に住み分け= Hierarchie)個体群の、*欲求なる確証を列記*すれば、*何物であるか=Discriminate*明示される」。「名探偵曰く、証拠を総て(出来うる限り)並べ、眺めやれば(思い込み無く)、どの様に奇異(外装=偽装の意)に見えても、それらが指し示す、真実≒本性が残る?」≡「明言(名言の誤訳)と言いえよう」。☞例えば究極の設問として、今現在この星の表面にうろつく二足歩行生命に、「次の幸福な世界の為に、*お前達が完全に邪魔になる *ので、この星の未来?を、可能性?を。次なる希望種に譲ってはもらえないだろうか?」。「この設問に対しての、各個体の返答は実に面白いものになると、思われるぞっ」。「『やり直したい』なる叫びが在るのは解するのではあるが、その言葉を何度繰り返したか、その数(天文学的>数値?= Astronomical)さえも、忘れた者が得てして口にするものである」。「さて、土壇場で、何時も頼りにされるのが、アイ(遭えてカタカナ表記)= Love(平時には、とかく快楽やRomanceなどと混同して使われる)なるWordであるのだが(無論、愛さえ冷酷な、ある?算定法に掛ければ、 Hierarchieを持つ=質の違いの算定も可)」。「これらもある領域では、実数として、計算が可能である」。「この算定は、物質界粘土World の、経済などとは違って、実に公平であり、イカサマ無し(Perfectなまでに、Fairに)で、計算されうる」。「物質界≒粘土獄界における、権威だとか、マス・コミック、出版書籍、音楽などなど(その他もろもろ)、仏教的に言うならば、火宅←(この意は、解してもらえると予測、表示)の中に転がる(雑多な粘土専用のオモチャ)にしか過ぎないが、その様な事実を受け入れ活動することは、やっと人間もどきであろうと、*やりきれない*ので、その様な核真的疑問を排斥・排除してしまうのが、粘土使役体の精神衛生上からも適っているので(指定Programに従い)、知らぬ付利(ふり)で、*致命的な疑問に蓋をして*、★生業を装う虚業(虚業=本来は一片の価値も意味も無いが、便宜として許されているにしか過ぎぬ)★に励む訳である」。「*真の可能性などと言ったものは、粘土には取り扱い不能であり(同時に無縁)*、*粘土で無いもの(とは、一体何なのか⇔?)*にしか、与えられていない」。「これは、粘土現実・下位(界の誤訳)の限界であるのは、葛藤の中で、道?=代数Xとでも?(表現不可なので、取り合えず表記)を探し続ける者には、多分明白な事であろうと思われる(それらを、論理的に表現できなくとも)」。「さてここで、《深遠のMonologue》である、●自然界には、善悪は存在しない●、では人間もどきが、☆口にする(拘る)善悪とはいったい何であるのか?☆(その発動核?=因?とは?)」。「回答(正解)のない、パズルを楽しむように、暇つぶし(金の掛からぬ)=お茶受けの友として、告示しておいて見るのである」。「上記のオマケは、知恵熱を出してまで考える代物ではない事を、断っておこう」。私の、Signature-【π】☜《Pi》の記号を私用する事にする。(どこまで行っても、割り切れないの意)。「バンパイアなどではないので、お昼にだって、現れる、無論、ダンピール(でぇー・うぉーかー)でも無いのだが」。←ココのところは笑って欲しいのだが。
2005年10月02日 13時59分53秒

 

●Bill Evans演奏⇒♪-Blue Monk(ぶるー・もんく)を聴きながら● 昼ねの前に?
↑《非常に優しい気持ち》、同時に、ビル・エバンス君は、*ここにおいては、救われている*
虹宜(116)解の中での、仮・使用☆参考☆書(マーク・トェインの不思議な少年)として提示したのであるが、捕捉が必要と思われるので、~ネコ句会~では、其処にもう少し触れて見たいのである。物語としては、CynicalでCriticalなTasteがAdult・Versionでもあるのだが。残念な事に、*病んでいる*のは確かなのである。で一応、♯-半分は届いている-♯とは言ってはいるのだが、冷酷≒Severeに言うならば、*西式の限界*であり、僅かな欠片ほどの、真実?しか含まれてはいない。と言った、枕を置いて、●趣味の・不明-幻証哲学講座=お笑いヘボ・功座の(118)回㋱の一石(いっせき)を始めるのである。♯-慧眼・不遜である。「知恵や知識が人には絶対に必要であるなどと、我々は決して述べてはいない筈である、誤解を生じるような語り口ではあるのだが、ここで明言しておく事とする」。☞済度・掲載するが、【拙くても○真心の在る者○を我々は“尊ぶ”】☞『信じてくれなどとは、決して言わない!(必要としていない)』☜これでこの噺は終了として、本・話芸を続ける。「例えるならば、英知の塔(Babel・Tower?=ある種の輩にとっての、懐古・ロマンの象徴)の実物が在ったとして、その頂上へ昇りついた(自分の足で汗を流しながら、登る*《過程が大切》*)としよう」。「マーク・トゥエインならば、始めはその頂上から眺めやる景色や、足下の巨大建造物(沢山の*労力*と時間の掛かった)それらの実質感に感嘆しよう、が、*同時に虚しさ*を感じるであろう(でなければ、不思議な少年の様な物語は、創出できない)《一説によると、文庫typeの普及版は、誰か(別の者)が Rewriteした作品であるとの説も在る。有無?》」。音楽域では、Bill Evans(びる・えばんす)が、多分?該当と思われる。☞この虚しさ☜、*かの輩と同属である*と言った、救いがたい絶望感?」。「それでも、子供の遊びに*近似した*この様な、砂上(非常にの誤訳としておく)に、無意味で不毛で愚鈍な行為を嬉々として繰り返し励む生き物に、付き合わなければならない※ 奈落感※」。「幸い、我々は*東洋種(セム系とでも表記しておこうか)*として、生まれ落ちているので、西式の絶対二元論(キリスト叫?←単純に表記は出来ないが、ここは便宜を優先)とは違う、ゆとり(有~無、Stanceとしておこうか)を与えられている」。「さて、意味深な、ヨタ話を更に付けて置く、『実用的(効率的)ではない、言語が多量及び沢山ある種と、若しくは言葉に過剰な価値(重き)を置かない種』←(使用言語の影響効果説の補完)が、遥かに【人として、尊きに近いのである】多分と言う事にして置くのだが(骨子のみ)」。「さて、粘土の口にする有名人とやらは、総て値段のついた人形である、(裏の意味としてなら、値段でしか量れない存在でしかない)と言うことに成る」。「何れにせよ、もっともっと明確(Cool&Hard≒Ultimate?)な、分別症状が現れざるを得まいと言う事である」。Bonus・Track→冒険デムパ大王より⇔(サブタイトル)「Hitlerの予言は、半分しか当たっていない!」。◇今すぐ出来る健康報◇☞予言などに熱中するのは、カルト予備軍?(楽しい読み物として、取り扱うが良である)。「本日はこれで終了、では自壊で」。
2005年09月28日 13時43分09秒

 

÷【冒険・デムパ大王】÷ *Series・常識のちゃぶ台(仏壇でも可)返し* 編酋長・Dr-Absolute?
解説→÷の記号は、《何か?を、かち割る》の意味として、私用させていただいております。
『鉄の手と言えども、鉄の杖に打ち砕かれようぞ』どこぞの書からの、冥・台詞の引用である。*シリーズ・常識のちゃぶ台(仏壇でも可)返し*⇒◆西式言語体系の欠陥(あえて相要った、作りになっている)?に隠されたSIGN◆‥それは*奴隷Unitの使用言語(与えられた?)+(常に何を指し示し、求められているか)*である、浪漫溢れる、超絶?古代史?(おいおい)を持ち出すまでもなく、単純な言語体系を持つ西式の言語は、労働活動体(Slave)に与えられたCommunication・Toolであるのは、少々言語学など学び、価値汚染の無い素朴な眼(まなこ=視点座標)で、眺めれば容易に辿り着く事象である。更なる考察として、現在?西式言語使用固体軍(の内、知恵あると思い込んでいるGroup)の推し進めている、新たな?世界Systemとやらは、使役活動の効率化(それこそ、奴隷の本懐=かの種の根源原理)を優先している訳である。*休憩・オマケ→戦略シネマ?機関(本拠地?→ハリーの森より)である多種多様な、映像物語の内、★はむなぁぷ~とら★=(幻想・怪奇物?)なる作品で、蘇った恐るべき大・悪玉に、命乞いをする通訳もどきの人物が、知っている限りの言語で話しかけるシーンが在ったのだが、そのシーンのみこそ、この愚作のたった一つ良い所であった(感想)。さて、自らが奴隷Unitであるが故に、無神論・効率論で統括管理運営Systemを推し進める訳である。本来はかの種が担う役割であったのだが、慎み深い美徳を備えた種は、争いを避けるもので、科の様な劣悪種に蹂躙される訳である。経済学で言われるように、※悪貨は良貨を駆逐するのである※(この原理は見事に二足歩行固体にも当てはまる、否を唱える事の出来る者が在ったら手を上げるように)。「しかるに、同時に必然的に、自らより下位に押し込んだ種に対して(←本来与えられた役目を、他に奴隷を作り、押し付ける)、☞更に過酷な労働を他に求める訳である」。「故に、かの劣悪奴隷白粘土Unit帝国の運転席に座る、種は、その運転マニュアルに従って、かのOrc(おーく=Fantasy物の雑魚モンスター)兵をコントロール出来るのである」※面白い設問として、東洋ではほぼ、共有感のある、【徳】なる言葉であるが、かの西式言語種に、その様な概念?(本来は概念などではなく、無形実在である)が存在するであろうか?。「尊い家柄も血筋も粘土界には、一切存在しない」⇔(無論、どの様にもとれる記述に成ってしまうのだが)。「いずれにしても、この辺りは語れば語るほど、読み手によって、迷路を与えてしまう訳であり」。「残念ながら、言説言語の追跡では、この様な噺の真意は、伝わらないのではあるが」。「一切の思い込みを取り除く事が出来るならば、この辺り=(上記・本文)の発生事象の作動原理が、見えるはずである」。「痕の転用・運用は、各個人の習得しだいと、相成る訳である」。「それほど大した考察ではないのだが、参考・仮説として、述べておくしだいである」。Signature-【¢】←(C、に縦線が、掛かっている記号は、ちゃんと表示されているであろうかなっ)。「では、またの不定期発信に、ほどほどに期待して、待っててもらおう」。終わり 次号・掲載予定(笑)は、「セフィロトのゴールには何が在る?(秘数学などでは、残念!辿り着けません)の予定だぅ。「おいおい」。
2005年09月27日 22時08分30秒