×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

❖無限解=[2005^07⇔08^]❖

※一人でも出来る、無限解・潜功探索・空想研究《実験・日誌》※

●繰り替え返される固着行為には、その実体(集団も同様)の総てが表れている● (嘘っぽいにゃ~)。
♯-嘘の伝導。嘘の無冠の覇王皇帝と呼ばれる電脳界の口から何でもの、脅威のびっくり箱?。「はい!そうです待ってましたの」⇒※「趣味の・不明-幻証哲学講座こと=お笑いヘボ・功座(114)回㋱」の時間になったんですね、これが。提供は(脅威の Sponsor無し=別名・野放しチャンネル)≒≪CHANNEL~MYSTIC~ZERO≫なのです。「時は巡りて(ほぼ、逝き止りの世界=きゃつらに演出提示されたる粘土世界劇場)、今宵も冴えるは、*無名門-秘拳・悶絶拳?の名手?*とも呼び名があるかどうかは不明大王の、慧眼・不遜(江湖界での問うり名)が話芸・武闘伝の始まり始まり。♯-「嘘つくには、才能が必要なのであるのだが」。=慧眼・不遜(七色の徹り名を持つ説明不可のようです)。「でんでこでん、意識的に嘘を展開する者と、無意識に嘘を憑くものとが在るのである。そうなぁ~」=こんち、@鬼革呈・夢景でやんす。「と言った所で、今宵は【嘘=Lie】との対戦(試武)になる模様です。「噺家には、嘘を吐く才能が必須であるのだが」。「事実を回避する為の嘘と言った、脆弱自我防衛機能的- Lieも同時に存在?するのである」。「Commentが一方的で、倣岸不遜なのは今に始まった事ではないので、断りを入れる必要も無いと、勝手に思っているし、反省?も必要性を感じないので、このまま続ける」。「人は、自分自身にさえも嘘を憑き、そう信じて振る舞う弱点が存在している、勿論この脆弱性?は、無意識領域にまで、自我≒EgoへのSearch&Destroyの機能が無ければ取り除く事が出来ない」。「不思議な事に、Egoなる(仮・存在)は、実体も持たぬのに、痛み⇔(どう言う意味で、使用しているかの解説は無い)には敏感なようである」。「身体の痛みには、無論同情を示すが、経験過程と思い込み等で構築された様なEgoをどうしてその様に大事にするのかが、既に我々には理解出来ないのである」(無論、人間の玄質に触れるような不快と汚濁に対する反応は別扱いではある)。「人はその脆弱性に応じた(量の)嘘(ねっとりと、優しく甘い)を必要とするものである」。「自分の娘に障害≒らふらーなる命名をした、インドの昔々の稀有の乞食坊主」。「自分を生んだ母を『この女は誰だ』と言ったらしい、十字のWonderなお馬鹿さんなど」。「これらを、既知外と呼んだものや、聖者と呼んだ者や、危険人物などと呼んだ者などが、今現在も亜流Variationとして不思議な事に存在している」。「何も変わっていないし、全く何をしている?である、本当に大切?=その中身が全然、むしろ劣化さえ示している」。「眺めやれば、それぞれが、それぞれの固着執着行為(劣・次現←〈次元の無形門表示〉のものから、精製・次現のものまで幅広く存在する)を只管、繰り返していると言った、そこそこの者には切開施術(麻酔なし)の技を打ち込むのである」。「痛いか?ならば、己に落ち度がある証左である」。「痛くなければ、けっこう~と鶏も啼くのである」。「執着行為こそ、その人物?を如実に表すのである」。「獣徒帝国提供劇場の役者も作家も音楽家やDemocracy・Toy及びEconomic・Trust・ Work・Unit等は、総てカラクリ粘土人形にしか過ぎない事実(我々にとっての事実であることを礼に従って示しておく)」。「総てが金に服従している故に、我々はそう云い切るのである」。「噺家の衝く嘘と、あや面(獣徒)の嘘は、全然の別物であると言ったことは、既に今更ではあると思われる」。「さて、兄弟よ、健康には感謝し、異常者には興味を持たれぬ馬鹿(存在を消す)になり申したかなっ」。それでは、またの自壊で。お会いしようぞっ。《終幕》。今日のオマケ=「マス・エゴ・コミック≒マスゴミは既に*完全に死んでいる*、して完全に死人帝国の玩具よ」。
2005年08月28日 02時50分06秒

 

【解釈はどの様にも可能です】⇒そこに、その人が現れる、まさしく鏡の如く。(嘘っぽいにゃ~ん)
演奏曲は、♪-子供達が、食べられている(獣徒が獲物の飼育をはじめているぞっ)。オリジナル・ Cover曲、作詞=伝説のオオカミ少年。作曲=《Explode+3》 ♪~不定期広遠解である所の、♪Critical-Violate・らいぶ+ Absoluteが始まるのです。Piano・Part=極楽亭・Beevan。Sax・Part=反則軒・Cypher。Base・Part=Dr- CsLのトリオ「当たるも八卦、当たらぬも八卦の塩梅で、今宵もヤル気無しの*Explode+3・Unit*のLiveを始める」=B。「絶望的な情況になると、何かを信じたくなる衝動が起きる」=C。「そのStressに対する抵抗を始める(本能的心理防御反応)」=Dr。「ここに、信じる地獄と、信じない(懐疑)の地獄が存在する(そのどちらも全て、外的要因と内的発動因子の結合によって生まれるものである=古代インド語の・怪しい現代語翻訳?)」。「何事も、ほどほどが良い(お風呂の湯加減も同様)と、のたまったのは、古き歴史のインドに生まれた元・王子様である、稀有の乞食坊主であった」=B。「聖者は、この世に幾人存在するかと問いたい」=C。「さて、西洋の聖なるSymbolとなった、十字のおバカさん(本当は誰の手にかかったのか?)だが、確か、荒野の40日なる難行・苦行を完成なさったとかいった説話?(Realなのかもしれない)に、おいて、重要な盛り上がり(climax に値するところ)」=Dr。「究極の誘惑者のささやきは、『お前を、この世の王にしてやる、その代わり~』、といって、その誘惑者は何を代価として、求めたのであろうか?」=B。「さて、兄弟よっ、単純に考えても、この世の王の地位を与えても善しとする、科学的にさえ証明も出来ない、*それに*交換 Tradeを提案したのである(そんなものと取り替えて、誘惑者は損をしないのだろうか。素朴な疑問だわ)(おいおい)」=C。「ただ、言いたいことを喋っていた、その何の軍事力も、金も持たない、乞食同然の、その存在に」=Dr。「さて、この世に生きる人に、どれだけの事を望めるか?、と言った事を問うて見たい(真意を会せよ)」=B。「本来は、けっしてこの様な問いの発想さえ、存在してはならない(その様な発想の無いまま生きて、死ぬ存在には、我々は到底足元にも及ばないのである)」=C。「あの輩・集団(獄界の代理人)は、邪魔者を強制手段を持って取り除いても(自分達でその様な高潔な律法を作り謳っておきながら、今まで、平気で何度も破っている)、そして今回は〒の300兆?を強奪しようとしているようである(噂と言う事で、ふっておく)」= Dr。「アンケート数字なる、支持指標などは、家畜Userが納得出来るような、数字とカラーリングで飾っておけば、深く考えもせず頷くものである(勿論、そこへ誘導するには、下ごしらえを必要とするのだが、料理と同様に。それに既に散々、ニクコップン如き、脳内マッサージを受けている)」=B。「一度、人の多い昼時のラーメン屋なぞで、ギヨウザか、シュウマイでビールでも飲んでいれば、家畜Userが、そのPropaganda-Frameが与えてくれる、その手のNewsモドキに、どう反応しているかが、良く観察できるはずである」=C「それらのComment⇔(思考考察とは全く無縁)はその家畜Userの思っている(そう、捕らえている)表出であり、*それ程、深い関心を寄せている事象ではない*事を、何となく表していると思われるのである」 =Dr。「ここで、この低NOザルと、喚けば。無論完全に騒動(ケンカ)に成る」=B。「完達を目指すならば、忍耐?なるKung fuの試武である(本来我々は、Stand-Playは体質に合わない)嘘っぽいが」=C。「それに、現在の基本設定として、*やっと人間もどき*の質の劣化もソロバン勘定に入れておかなければ、結果推測を大きく外す事にもなりかねないと思われる」=Dr。「まぁ、おまけ・ネタではあるが、現在・子供向けの、あにめやトクサツものの企画に、脳洗浄㋳がしっかりと憑依している事を甘く見てはいかんなっ(どっちも=政策㋳も、ダメ駄目ではあるが)」=Dr。「身体内部から、子供がヤラレテオル」+「強姦も同然じゃなっ」=B。「今回は、実に、実験的あばんきゃるどな、演奏でした」。「はい、これで、本日は終了です」=極潜龍・ぴぴんたす。「では、またのお楽しみ」。
2005年08月24日 01時59分47秒

 

// 多相次元解汰-診察室・(空想・特撮劇) e 【Dr-Critical・Strange・Loveの無責任・医院?】 
「多層・細極分化は、起こるべくして、起きているのである」=自壊・予告?。
Karte・ №003。「はい、こんにちわ、宇宙のビックリ箱?、神秘のお笑いAbsolute?怒句侘≒Dr-CsLの勝手にお切開(小さな親切が含まれている?)・施術=《粘土・進入禁止領域》の時間に成りました。のアシスタントを務めさせていただく。カイファ・ハールカです。「決して、忘れてはならないのは、きゃつら=蛇の使徒=使役Orc=Clay・Zombie=帝国突撃兵などの、統括・獣役(Emperor・Guard?)=Dark・ Executive?の基本である★双頭戦略★である」。実のところ、冒険・デムパ大王の編集長も兼ねておる=Dr-CsLである。(おいおい)。「Propaganda。Frameの中に出てくる、Democracy・Actor&Actress(役者・人形)に期待を注ぐ心情を持ちえている個体は、残念な事に、めーめーと泣いて五月蠅い、羊としておこう」。「はぃ!、ここで、君は疲れ喉が渇いた外出状態であるとしよう?」。「おおっ、なんと、少し向こうには、Drinkの自販機があるではないか、何と幸いな事に、ポケットの中には、それを購入するには十分な、★魔根ー(Money)があるではないか」。「君は自販機の前で、いったい何を飲もうかと(『沢山の種類及び表示に従って』)、思案(好きな、好みのものの選択≒義務にも等しい、自由選択権を行使)する」。「君は、コインなり札なりを投入し、望みのDrinkを手に入れ、*その喉の渇きを癒す事だろう*」。「さて、ここで、お立会い、して、その(多種の表示項目を持つ)自販機のMakerは★唯の一社★?であろう」。☜「この、高度計算式如き、ヨタ話は、一体何を指し示しているのであろう~」。などと、解を濁すのである。ここで、振り出し⇒★に必ず一度、戻ってみるのである。「走れ走れ!、広告㋳=洗う脳・専門店(従業員一同)その終点まで」。「言い訳、泣き言を並べても、無駄(手遅れである)=既に選択決定している、自らが」。「何れにせよ、選択といったものの真の意味とやらは、その固体が意識化できようが、できまいが、*知っている*のである」←(意外にとても深い意味を持つような~っ)。「解説しよう、初期段階において、その帰属・集団の悪事を知ると、告発衝動が派生するのではあるのだが、生活を支える賃金とやらは、その、何らかの極悪・イカサマ商業活動機関団体から頂いて要る事に、悶絶するのである」。「人間としての務めを果たし、告発したよ!(粘土の限界か)だから、皆さん気付いて下さいね、などと(それは、それで、幾らかの価値はあるが)、その金銭収入の犯罪組織なりなんなりからの、離脱をしないのは(分岐として、大雑把に2種類あるのだが)、それでもその固体の選択後の現状は、事実を示すと考えられうる」。「そこに、帰属したまま、言葉(言い訳)を並べ始めたならば、まず、本性は俗物粘土体であると考えても、差し支えは無い」。「そして、次の段階、どうせ周りの粘土もそうしているんだから、僕一人が正義感出しても、それに、他の粘土体の生活もあるし、ここは、荒立てない方が、僕も、僕の周りの仕事仲間の生活を守るってこともあるし、それで、気づかない連中(他の粘土群)は、気付かないままで幸せそうだし」。「と言った、僅かな精神的葛藤(ああっ、僕は少しだけ意気地の無い人間だなどと、無意識の自己防衛本能の麻酔効果に浸りながら=其れが俗物粘土の本態)を抱えつつ、小心正銘の俗物粘土として、生きて、死んで、どこか?、それなりの領域へ逝ってしまうのであろう←(推測系・言説)。オマケ*(夜空に凛と輝く星には、なかなかなれんのぅ~+保障付き)*」。「並兵も増尾も、限りなくこれらに近いと云わざるを得ないのである」。「もっとも、フネや、栄には、激しく憎まれるのは保障済みではあるのだが」。「ここで、我が無責任医院の処方箋として、☞西郷隆盛と☞平将門についての歴史の再・学修を進めるのである」。「*そこに表れている史実の肝要*(とりまき俗物体の本性が良く現れている)を、体得して“名に慾に勝ち”(無名で十分)、活動なり思索探求なりに、進むべきであると思われる」。「理想としては、粘土と全く見分けの付かない状態?に辿り着いて欲しいものである」☜(既に相等の知識を、取り込んでいると思われるので)。「自壊・自壊これに勝るものは無しだが、*何かに縋るのは止し給え*である」。【総ての宗教は便宜にしか過ぎぬ、これも機能であり道具にしか過ぎぬのであるから】。「しからば、本意・真意とは?」。⇔「答えよう」、『解を、*教えてもらうようなものではない*のである』。
2005年08月17日 02時59分16秒

 

// 多相解体-診察室・(空想・特撮劇) e 【Dr-Critical・Strange・Loveのオペの開始!】 
Karte・№002。「はい、こんにちわ、ビックリ箱同然の異次元の超才(異誠体)こと、Dr- CsLの勝手に診察・施術(好き勝手にやらせてもらう)=《粘土・進入禁止領域》の時間に成りました。Absolute?Doctor≒Dr-CsLのアシスタントを務めさせていただく。カイファ・ハールカです。「最近はとみに、脳性壊死状態の固体群の増殖(洗う脳Propaganda・Programの与えられすぎ)=骨肉粉を食わされておる、肥育牛同様に成っているようである」=どくたー、くりてぃかる、である。「さて、今回は☞先鋭・研修生のみの公開・オペ実習を開始する」。「ノートを取るなり、酒を飲む(Relaxする為)なり、自由に付き合ってくれると、嬉しいのである」(授業態度などは、どうでも良い、『習得が優先される』)。「さて、とある不明、ほぼ無限創出Energy-Systemが、存在するとしよう、こいつは、とても強大な現送物理効果を持つと設定の上で、話しを続けるのだが、こいつは、粘土体にとっては、意味不明と同義の存在であろう」。「この、『仮称≒さいきっく・りある・だいなも』と名づけておいて(へぼ・魔法使いどもは、このような魔法機能=Super・Itemに頼るのではあるのだが)、Mainの、Energy・ Coreの喪失に、驚いている有様なのである」。「とてつもなく純度の高い、純・結晶体=(Energy・Core)ごときもので、代わりが効かないのである」。「ほぼ、無敵を誇っていた、このSuper・(大分違うが)ましん?の形成派生影響効果も、順次、劣化を見せざるをえなくなってきているのである」。「どん詰まりの地獄をね作れば、その次が来ると、勝手に、その脳内で、描いてきた妄想にどっぷりと、浸かりきっている事に、気付けない(所詮・パリサイのインテリ魔法使い気取りよっ!)し、残念な事に、今更、(彼ら=物質界止まりの、住人)引き返す場所も完全に無いのである」。「それで、代行品(詰り、秘数学やら、なんやら=『粘土にとっては高度な呪いまじない』)によって、補填しようとやっきなのである」。勿論、粘土には、それでも脅威の技に見えようが、所詮は、かのての輩のご本尊の偉を借りたなんちゃららなのである」。「表層効果戦略は、3・Sで十分事足りておるようなので、愚盲粘土用の底の浅いCM如きNewsもどきを与えているので、真に優秀・明晰で(ここが、大切=Native・Mindを保有せしかどうかが、一番問われる)の、解説説明など受け付けぬよう、十分に調教済みなのである」。「8割がたは、理解できないし、解する能力さえも喪失しておる」。「間に合わないんじゃないの」なる台詞も出よう。「最後まで、やるんだよ!、貴方のしたいことを」。「汝の欲することをせよ」なる言葉さえ、*同じで、違うのは*、すでに、この ≪CHANNEL~MYSTIC~ZERO≫を、それなりに、楽しんでいる者には、既に、明白なはずである」。「信じようが、信じまいが、誠を在するか否かで、我々は、過去に拘ることなく、ある(Support)回線?を切断もするし、開くのである」。「最後まで、人として生ききる者にのみにしか、ここの回線は存在しないのである」。「鉢巻をしめる様な、ではなく、欠伸をするネコか、日差しを浴びる洗濯物の様に、行うべし」。である。今回の実習に、捕捉が必要と感じた場合には、改めて、続編を用意したいのではある」。「無理は、必ず何処かに破綻を生じる、あやつらの如く、これは同じよ」。「自然には嘘も無理も無い」。
2005年08月15日 02時09分08秒

 

*無名詩人=「言葉の刺繍」* -『愛も真実も、求めなくとも良いもの』-
◆真の望みの適う庭に、総てが集まって◆  …妄執の徘徊、頼りとするは力のみぞっ、その病は深く。逝きながらにして既に、獄界にあり。求むは決着。終わりの見えぬ繰り返しの中で、終局を望むはしごく当然。死せる者どもの、死者の王国、覇王の座を懸けた戦ぞよ(余興も同然)、腐臭の闇を纏いつつ、おぞましきは日乃下へ這い出し、精一杯の戦姿。影も残さぬ日差しに代われる事も知らぬまま、戦の雄たけびを揚げ、意気揚々なり。真(芯)が足らぬのは、自らの成りそのものよっ。眠りほうけ、今まで写らぬままであった二つのガラス玉にも、ありありと写ろうと言うものぞっ。頼りにすべきは何ぞやと、虚空に問うても答えはせぬ。答えが無いのが、*ありがたい*。祝言の席に呼ばれる者と、望んだ戦場(出口の無い)に呼ばれる者、どちらも、望みの喜び与えられるは、不思議に同じ。… -一番辛い勤めを、完遂した、かわいい子がやっと帰ってきた事を、喜ぶ親より-
2005年08月12日 01時00分18秒

 

●宗教とは、Egoの抑止装置であった?● ☜冒険デムパ大王。別冊付録号より。
♂-Mary Lou Williamsの♪-Just An Idea=もひかん・ロボのテーマBGMに勝手にさせていただいた、Soundに浸かりながら。≪CHANNEL~MYSTIC~ZERO≫≒笑う案山子劇場の快演です。♭-「さて、今宵は、私=極楽亭・Beevanの高座であるのである。ちょっと物足りないかもしれない、寸止め話芸の始まりですなぁ。はいなっ」。では、ぽつりぽつりと、趣味の・不明-幻証哲学講座=お笑いヘボ・功座の(113)回㋱を初めて見ますなぁ。「解説は解説で、ありがたいものである。(仮の例として)入門書などは、これがないと困るものである←(真の門徒及び、予備軍ならば、この真意を解して欲しいものである)」。「例えば、『馬鹿だなぁ~』なる台詞も、☞悪意の在る無しでは、*その違い*は、感じ(観して)取れるはずである(活字体では無理がある)」。ここで*同じで、違う *を定義などで計るなどではなく。知識を要しない(邪魔にしかならない)、仮称、Life・Sense(音楽の偽と本物を聞き分けるぐらいの)で、JAM (じゃむ)すれば良いのである。「既に、ここの運用技法?(Kung fu=功夫)を、学び習得しつつあるならば、<執りあえず表記>→知とSenseの両用(同時発動及び、融合合一対処)を、体得しておるはずである」。「不足や不安を感じるのであれば、どうすれば良いのだろうと、出来うる限り静かな時間の中で、解を急ぐ事無く、問うてみる(何ににゃん=隣屋・コムギ)と良いと思われる」。「絶対にそれらを、何らかの言葉によって表現表出しない(そういった、慾の深い情動は、何の誘惑刺激によって、誘発されているのかを、危険の少ない無い自己自我領域《限界安全深度、厳守》にまで、その観察眼を注ぐべきである、と思われるぞっ)」。「外界にのみ眼の向いている、存在は、ここには、無用であり、同時に無縁である」。「“お笑い奥伝”のいくばくかでも、身について(治める)いれば、『そんなこと当たり前だろ』の呟きが、自然に出ている事であろうと思われる」。「師は存在しているようで、していない?」。この言葉を、この高座を楽しんで居られる方々の中から、静かに頷く者が現れるのを、楽しみにしているのである。「碁打ち名人の、ご老人の酔いどれた、言葉の数々は、誠に、今更で、当たり前のごもっともなのである(決して、嘲笑や揶揄などではなく、いずれの道においても、達人・変人と呼ばれる方々には、共通合意の基本の阿吽である)」。「『ならば、貴方はそうなのか?』なる、Coolな問いも忘れてはならない!」。「そして、そこには、問いを発しながらも、返答が無いことを、観しているはずである」。「逃げるのか」なる台詞ももちろん、存在するのだが、「ちゃんと、説明すべきである」などとの台詞が出るような輩とは、回線同調は成立しえない創りとなっている事を、丁寧にお断りしておく、訳である。「探索・探求と解説は近接領域ではあるが、やっぱり、どこかが違っている訳だよねっ」=隣屋・コムギ。今日の寝言である=「言葉に過剰な思い入れを注ぎ込む、性癖を持つと、容易く命の事を忘れ去る」。オマケ→『ここで、【正常=Normal】とやらの正体はいったいなんだろう?』とラッパを吹いて置こう、「新たに哲学史の中に、ひょっとすれば、名が残るかもしれんなぁ」=極楽亭・Beevan。でわ、またの自壊で。
2005年08月04日 03時02分37秒

 

●Bessie Smith(べっしぃー・すみす)≒Bluesの女王様は、音源の中で今も元気とか●
→ここの所、♪ぶるう~すに、好い湯加減で浸かっております、暑さで脳みそは、ぐたぐたですが。 ≪CHANNEL~MYSTIC~ZERO≫のCrew(どんきほーて楽団の面々は、何時も、すっきりの無空脳・状態です)。温泉寄港が、ちょっとした話題の、今日この頃、はい。さて、コオロギさんや、鈴虫さんたちの、無料Orchestra・Soundを、ぼけのぼけぼけとして、楽しんでる極潜龍・ピピンタスです。蒸し暑い夏の夜は、ふるちん(多分、どこかの方言)で、清清しく過ごしているは、冒険・裏街道のカリスマと呼ばれているような、気もする口答無計な訳ですねっ。「さて今宵も始まるは、夢幻乱撃の空想活劇武侠伝神話とも、呼ばれているような」、『は~い、そうです、Niceな大人の為の、意味不明・話芸』。詰る所の、※趣味の・不明-幻証哲学講座=お笑いヘボ・功座の(112)回㋱が、界淵(かいえん)なのですねっ・・・。「Wonder・ Fictionは、既に我々が登記済みです、と言う事で(ケセラセラで、けらけら笑い付き)」。「《Mind・IN》で、奥伝同調・開眼だっ!」=M。(おいおい)。「アニメチックですねっ」=P。「次世代アニメの潮流は我々から派生するのだっ!」=むっ。「感嘆詞が多いですよ」=ぴっ。「演出・演出、おおっ、大王(絶対不明)の登場だぅ、始まる象」=無。#-「さて、~ネコ句会~の功錫・話芸は、【宗教=Rellgion≒お祈りの対象】について、攻守合一・撃滅式で行こうと思うのである」。「何処と無く、神秘的な源氏名?≒(Imageの誤入力、でも、何か、楽しいぞっ)を持つ、執りあえずの仮想・存在?なのであるが」。「効果実在としての、重力及び引力を持ちえているのは、我々の瞑想研究(おいおい)によれば確かなのである」。「さて、それでは、その実証として揚げるのは、化学や哲学そして音楽及び絵画など、凡そ電話帳に記載されている職業は、どれも、擬似宗教と言いえる事実である」。「例えば、医者である、その実務業務は、苦しんでいる、存在を何とか、苦痛や病などから救いたいと言った衝動(執りあえず、そう記載しておく)が、あるからこそ、あの様な面倒くさい行為を成し遂げる事が出来るのである」。「そんなことないですぜっ、金(サラリー)が良いから、やってるだけでしょう」=無形。「勿論、そういった側面は付随するが、それならば何故、偏狭の地へ望んで行く医者がいるのかの、解にはなりえない」=反則軒・Cypher。「自己満足の為でしょう」。「在る意味、それは正解でもあるが、ここでお馴染みである、『半分はそうであっても、残りの半分には届いていない』」=Cypher。「現状において、金は生活に是非とも必要なFactorになっているからであり、この、愚鈍で劣悪なる、二足歩行固体群の中にも、欠陥品(帝国住人系列)ではなく、規格合格品(何か、この世界は澄み難いなぁ)も存在するのである《以上のように、概ね*粗悪品が8割で、残りの2割の優良品が*、この世界(無駄にも等しい、妄想獄界の延命策)の犠牲になりつつ、この糞みたいな世界(無間地獄界)を存続させている事実》である」。「中間過程は省くので、門徒で在るならば、後は自己研鑽によって、解・および観すべきである」。「大抵は、周りを眺めながら、何らかの行為=職業?なる擬似・宗教を選択するものである」。◆「自己の生活活動空間における、近接域の他の個体から、あまり変な眼で見られないような、それを、選び取っているだけである」◆=Cypher。さて、今日の警鐘(とっても、真面目)は、「何らかの団体や集団に身を寄せたがる固体は、これからは総て騙される」。と啓示しておく。☞虹技の110回でも、触れておいたのだが、*宗教なる商品の、Gimmick=仕掛けの要点*は、肝に銘じて置くべき事である。自壊も寸止め無しである。『この物語は総て、 Fictionであり、実在のものとは、一切関係あるはずねぇよ』=口答無形より。
2005年08月01日 03時19分18秒

 

●理解の役に立たない、領域は存在する● 哲学への挑戦(慧眼・不遜はドンキホーテか)
*敢闘・特集(老いて来ると、どうでも良いことには、構うほどの元気もなくなる訳で、老いて真の美しさが表れると言うか、その人が現れる訳ですねっ、はい)。「ここに、真の平等が存在しているのですね」。
- さて、今宵は、♪-ぶるーすを贅沢にもBGMにして、夏の夜長を*何も考えず*楽しむの“こころ”で、痛快・意味不明物語であるところの。趣味の・不明- 幻証哲学講座=お笑いヘボ・功座の(111)回㋱の怪演ですなぁ。♯-「さて、【優秀なるSkill】についてだが、確かにその様な技能、能力は存在する?としておいて、噺を始めるのだが」=『歳を重ねて、表装擬態(外装シールド?)への、Energy供給がお粗末になると、隠しておいた本性が剥き出しに成ってしまうと言った事例が、どこぞの大学教授とやらの事例に現れたようで(前にも言ったが、粘土にのみ通用する肩書きなぞは、自己内部の異常性・治癒には、何の役にもたたないのである)、実にこれは、貴重な臨床例として、記憶に留めておくべきである』の前口上での登場は、私=反則軒・Cypherである。「この事例から、こころに刻んでおくべき事を、学ぶべきである」。「老人性・痴呆症などを、患った存在に、ある発動要求を注意深く見つめることである(多かれ少なかれ、誰もがそこへ向かっている=生きているが故)」。「Dryに語るならば、その様な状態に成った場合にこそ、その固体の真の欲求が残ると考えられるからである」。「偽装の殆ど一切が、この期におよんで、剥離・崩落するのである」。「外装演技に振り向ける、活力は存在せず、ただ生きること(当に本性)のみに優先使用されるからである」。「既に、ここまでで、この倣岸不遜で不快な領域を、何とか楽しむ事(Kung fuを積む)の出来る、真の門徒?であるならば」。「ここから先は、言わぬが花ということであろう」。「さて、この課題は、既に十分なはずであるから」。「さくさくと、次へ行こう」。「次の秘伝・習得?は、【優秀≒Wisdom】についてのKung fuである」。「実践効果学習方法や、要訣を得た者は、それを知らぬ者と比べれば、物事への考察、観察、推察、etcにおいて、差が生じるのは当然の事である」。「格闘技なども、基礎用法を知りその効果的運用を体得している者と、素人では、まず戦っても素人では敵う事は、誠に少ない」。「これと、ほぼ同様な結果が生じるのは、当たり前のことであり、*無理からぬ事である*」。「さて、それでは、その優秀なるものは、使用して価値の生じるものであるという事を、忘れがちになることである」。「さて、それではね、殆どの優秀とやらは、市場(つまり、Marketの中で、その価値生命を持つ)+(それは、一体誰のGame・Fieldであるか)と言う事である」。「優秀の価値は、現状においては、幾ら富を稼ぎ出す事が出来るかによって、規定されうるからである」。「リトル・ボーイ?なる、にゅーく・うえぽんを発想設計した人物の優秀さ?」。「ここで問いたいのは、一銭の価値にも結びつかない、優秀さ(価値から切り離された、もしくは、それを求めない、交換しない)を果たして、数多、反吐の出るほど増殖した、二足歩行固体の内、何体に求める事が出来るだろうかと言った、この問いを、この酔狂な、ヨタ噺・話芸に付き合ってくれている、方々に問うのである」。「勿論、知識は道具にしか過ぎない」。「が、酩酊感をも持ちえている事も、決して忘れてはならない事である」。「真?の音楽家は、どの様な素晴らしい音を拾い出しても、決して、酔ったり、溺れたりはしないと言うことである」。「ここの所を、感じている者は、拙くても、其処へ向かうものである、勿論この様な粘土劇場世界においては、その様な存在は限りなく、少ないのであるが」。「当然、孤独とやらとの付き合い方も学ばなければならない(必須)である」。※捕捉+自閉では決して無い。「では、また、自壊」。今宵の特選♪-Dark Was The Night ♂-Blind Willie Johnson
2005年07月31日 02時21分20秒

 

●実験再生・童話。「むかしむかし、あるところでは、この様な事があったのかもね?」●
♭-子供(未来そして可能性)の為の物語?(御伽噺?)が、意識寄生結社組織?=(金と力の独占生産管理体≒Mad・Mind・Program?)=Virusの親玉=実働Gimmickである、強盗金持ち財団などの、占有物(管理下= KeepOut、許可なく浸入すると、射殺するぞとほぼ同意)になって、既に長く、≪真のOwnerの正体は、Realityなどと言う、粘土の物指しでは、追尾不能?らしいようである、残念≫。そして*添加物の無い天然もの(この様な、粘土劇場世界の発注基幹・Game-Ruleの規格に合わず寧ろ、邪魔になる)は、規格外として(価値なきものとしての、Imageが与えられ、その様に取り扱う事が、政治用≒正常とされる様、学習させられるのである)、解体処理され、値段とやらの付いた商品(利潤とやらを得る、技法?)に、混入⇔(この僅かが、真の価値?を有するが故に)販売に耐えうる=されている。この様な中で、誰も見向きもしない様な旧作の、再発見・実験物語として、今宵は【金の卵を産むガチョウか鶏】だったかの、話を始めて見たいのである。☞勿論この領域は、完全空想による構成域であるので、今更ながらではあるが、*FICTIONである*ことを、ここで明示しておくのである。と言う湯加減であるので、真のlistenerは、そのつもりで、限りなくCoolで、冷酷な鑑識眼を持って(何を意味するかは、多分、阿吽の事であると思われる)、⇒今宵の物語話芸を楽しんでもらいたいのである=極楽亭・Beevan。さて、趣味の・不明-幻証哲学講座=お笑いヘボ・功座の(110)回㋱である。「さて、金の卵を産んでくれる鶏(こけこっこー)?などを、何かの幸運によって、手に入れたとするならば、貴方ならば、どーするであろうか?」。「ここに、幾つものStoryの、変化というか、Variationが、存在するのではあるが、執りあえず、*極端な幾つかのSample事例*を、挙げてみることとしてみたい」。「★使役帝国の、ぼんくらTop集団ならば、それを解体して、変化Gimmickの秘密とやらを、解き明かそうとするであろう」。「何せ、人知で為しえないものは、無いと、無意識の内に、そう勝手に、そして実に傲慢にも信じ込んでいるからである」「『そんな事はない』、なる感情反射(粘土の証明書と同義)があるのは、了承の上であり、その様なCommentが、即時に浮かぶ様な、輩には、ここは、限りなく不快になるだけであるのでね、離脱をお勧めする」。「他にもっと、楽しい自分向きのチャンネルがあるはずである」。「さて、使役帝国の▲+▼運転席に座する、Group?とやらは、養殖・増産を発想し、そう実行するはずである」。「さて、構成上、一番価値在るものとして、噺の最後に登場させるのは、粘土とほぼ同じImageを持たざるを得ない(*ここで、同じで違うを観しているかどうかが、問われる)、天然ものの人である」。台詞☞「こいつの産む卵は、食べられないなぁ、まあいいか、たまには変わったのも、いるだろうさ」。~お後が宜しいようで~。さて、今日の一言(にゃんにゃこりん)「こいつにゃねぇ、どんな天才や、芸術家や、音楽家や、哲学者だって、足元にも及ばないって、訳なんだ、本当のところ」。=天網恢恢(ネコ語翻訳より)。「はい、てな訳で、終了なんですねっ」=極潜龍・ピピンタス。
2005年07月27日 00時22分20秒

 

●凶暴なる確定不明・知性体?、=慧眼・不遜=◆降臨◆(おいおい)● 
いきなりの、今日の一言・・「暗黒面など、子供の遊び」。(誰の言葉でしょうか?)(おいおい)
さてさて、今宵も始まるは、不定期公演で有名な=笑う案山子劇場の、Main-Eventとほぼ等しい⇒趣味の・不明-幻証哲学講座なる看板を掲げている= お笑いヘボ・功座の(109)回㋱なのですねっ。(はい、良ければ、ここで、拍手)=極潜流・ピピンタスです。超次元・解析不能System搭載・使用(かなり、危険な代物のような気がしますが=ピピンタス)の、人畜無害・安全装置無し≒≪CHANNEL~MYSTIC~ZERO≫が、いい加減な気分(殆ど、投げやり=「えぃ」←軽く発音すると、ちょっと幸せ気分)でお送りします。「何かに、当たったみたいだが」=Mr・OeOe。♯-「我々の使う、投げやりは、*インドラの火矢*?に、ほぼ等しい、Egoの肥大した、俗物体などは、進んで力比べを挑む性癖があるので、得てして、自傷(自己損壊)行為に踏み込むものである」=反則軒・Cypher。「他天体よりの来訪体とも、古きものOriginal系列とも、噂されているような、いないような、既に伝説と化したかのような、解説不能体=場外乱闘大王?(㌿と、派手な。Catch-Copyだなぁ)なる、反則軒・Cypher氏の、講釈(話芸・武答伝)がこうして、やっと始まるのです。『ピカソは商品、ゴッホは作品』と、かなり、大雑把ではあるのだが、~ネコ句会~は、この様なKey-wordを、観答(かんとう)に揚げて置くのである。「さて、解説=(これが、何を真に表しているのかを観するべきである)等に拘る輩は、*模造品*にしか過ぎない(これで、十分)」。「さて、さくさくと、次へまいろう」。「【嫉妬=Jealousy】に付いての、前回の捕捉を始める」。「さて、天然ものである、マグロを養殖成功せしめた、この過程において、多くのhintが、存在するのである」。「何!、未定内(みていない)?」。「かの誠実看板を掲げておる、サラ金㋳如き電波局(卵が3個)の番組のことである」(何としても。誠実のImageを押し出しておかなければ成らないので、この様なProgram《誠実・真剣・嘘ではないような》を、全体《総体=局Image》の中に混在させて置かねばならないと言った、総体・構成上必要なだけに過ぎぬ、ただの粘土体への目くらまし)。「さて、要点だけを観する事が出来るならば、見なくとも=(仮・教材にしか過ぎぬ)、何の支障も存在しない(真の聴講生諸氏ならば、既に、阿吽であるはずである、そうでないものは、更なる沈潜が必須であることの証である)」。「(天然ものの)養殖に失敗すると言うのは、総てこちら(当事者=行為者)に落ち度のある証である」なる言葉に、実にCoolに表れているのである。「如何なる、努力をしてみても、望んだ?結果を手にする事が出来ない」。ここには、「行為者の、至らなさの現れでしかないのである」。「それらについて、うだうだ、のたくる輩は粘土で十分なのである」。「嫉妬も、己の至らなさの表れでしか無い」。「これを、地道で目立たぬ努力(粘土体一般に言わせれば、金にもならない、無為徒労行為と解す)を為す存在にのみ、*本の僅か *ではあるが、ある恩恵を与えてくれるのである」。◆別冊付録と言う事にしておいて≠「飼い犬に、主人(直属の)は理解(識別・認識)出来ても、その更なる上位の、飼い犬の主人の飼い主を解することは出来ない」。「ここに、Hierarchieの恐ろしいまでの、冷酷さ、原理・原則性が存在するのである」 ←(粘土のヨタ話としておくが、ある種の輩にとっては、笑い話では済まないのではあるのだが)。「さて、簡単な話ではあるが、幾ら技能や技術を極めても、その先と言うか、底(底なしの)があるのである」。「この境界つまり、天才・Bill Evansの憂鬱とは、この超えられなかった、深遠の狭間を見つめたまま、かの領域へ渡る事の出来なかった、憂鬱であるとも、云いえるのである」。「因みに、この様な言葉だけを真似て、自説発想の如く語った所で、空しいものであるのだが、粘土体には、この様な憂鬱は存在しないので、得意になって、語るものである」。「粘土のお山の将軍に成っても、惨めなだけ(その負債の返済がどれほどのものか、粘土には戒しえないし、既に、最終の収支決算が行われている)だぞっ、云っておくが」。「それでも、business(粘土的)には成りますねっ」=@鬼革呈・夢剄。「小ざかしい、知恵(術)に夢中なままか、お話にならん」=反則軒・Cypher=慧眼・不遜。「今日のTitleに、やっと、繋がる訳ですねっ」=@鬼革呈・夢剄。「個人の趣味としての話なのだが、 Thelonious Monk(せろにあす・もんく)のPiano・Playで、同通した瞬間の、その音?を感じると、嬉しく感じるのである。外れも実験音楽も多いのだが、人として、好きでは在る」。「好きとか、嫌いなる言葉は扱うべき言葉では、なかったんじゃないんですかねぇ?」=@鬼革呈・
2005年07月19日 02時02分40秒