×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

無限解≒四番目の扉

☯書不尽言・言不尽意+知幾其神乎+不速之客来☯

無料上映?=✐Ultimate⊆Theater≒究極?〈作品・上映〉劇場✐後編上映✐ 『369・観数は、失われたはず、でしたが』。見事に、ここに、復活再生・体得なさった、お方が。存在しているのです。見上げ過ぎもせず、恐れず、粗末にせず、この奥伝を、賞味下さい。敬具。
■陰謀論サイトが陰謀だと思ったことはないか、陰謀暴露が陰謀とは、よもや…(苦笑)《功?編》■ ㊃そういうわけで、あと(URLパーツで)残るは、「:(コロン)」のみということであろうが、点を「1」と視て数え入れるなら、二つの点をもつコロンというのが「1つ、1つ」の「11」であって、これを「99」と併せると「9911」のマリアフロント(呪術的な特別な数列と思われる「9911‐13」の前半)ということになるだろう(※この9911という数字は、例えば獣の数字が「666」だと言われても、これは確か「616」という説も有ったはずなのであって、この「616」こそ計算して分かるように13の意味である‥13が獣の数字ならば納得できるつもりだし(西洋で伝統的に不吉と、特別に扱われる数字のようだが)、それに対して他方の「666」はそこまでの数字には思えないのである‥では「WWW」とは何かといえば、本来は「23、23、23」ということで(つまりWは23番目のアルファベット)、これを並び替えると「222、33、3」、即ち「6、6、3」ということになるだろう‥ここで「6、6」というのは「→ 計12」、そして「1、2」というのは「→ 計3」なのであろうことからして、ならば最初から、“66の意味とは(≒)3の意味”だと、(頭から)憶えればいいはずなのである‥そうすると先程の「6、6、3」というのは(「6、6 → 3」というわけで)「3、3」ということになるはずである‥つまりWWWは33という意味で、この「33」という数字は、それ自体「計6」というM数である(※つまり、あの「全宇宙数」の「計6」と同じ「計6」というのは、「弱」M数だとは「見下し」えないかもしれないわけなのだ)‥??だだ、もっと重要に思えるのがURLにおける「WWW」である‥⇔編集・校正[コラージュ]的・補足?・重文⇔これが事実なら、(産業技術のみならず教育も含めて)科学文明神話は、或る面で崩壊するだろうし、民主主義イデオロギーから政治そのものの信用も瓦解するかもしれない、要は世界(常識の数々)がひっくり返る内容だと思う‥【ただし、世界のエリート層も(だけじゃなくもっともっと)が知っていて、この事実をひた隠しにしてきたということだろう…???】しかし、特に問題と思われるのは、あらゆる宗教が、秘伝・奥義といわず、既に(この数字を密かに扱う大勢が実は存在するはずなのが)まったくといっていいほど (?)に、(事実も具体的な数字の読み方も)公表していないらしいこと、しかもこれらの数字が「悪魔による圧倒的な世界支配」を意味するかもしれないのに、だ‥??キリスト教は、悪魔の数字の存在を認めるのが怖いのか、公表して本腰を入れて悪と闘う気構えを持てない、つまり暴露できない何か悪魔的実情でもあるのか‥‥??それにとどまらず、肝心の(…数字を好んで扱うはずの)自称「陰謀論者」自身が(??)、此の“事実?”にはまるで触れないらしく、さも知る全てを暴露しているかに騒ぎながら、なぜか(本当にこんな“疑惑”を知らずに偉そうにか)沈黙している…ということらしい点である(???)かつて同じように数字を扱う者が~⇔有名人なんて掃いて捨てる位いるだろうが業界トップというのは限られてくるだろう、韓国の国民的スター、そして日本の歴代スポーツのトップ、夏「目」漱「石」さんは、日本の芸術・知性の領域で‥文学史の一つのトップ、松本人志さんはお笑い新世代トップといったところか、あとは、911911みたいな人もいたな(ウッテンさん)‥此の人は技術的に観て演奏家トップといえるだろう“※…91とかは音楽、ことに9は遊芸に関係するのだろうか、そういう「成功内容」の区別まで、やはり数字の何処かに奇跡的に表れているといえるか、これは次の課題かもしれないし、もしも…そういう問題が(研究余地として)残っているのなら、他の研究家にはチャンスとなるかも、ということではないか”…??もちろん、モーツァルトは(ベートーヴェンと人気を二分する)「古今世界の音楽シーン」の本物のトップだろう、ほかにもアインシュタインだとかニュートン、良くも悪くも死後でこそ世界に影響を与え続けるかの、この人類の世俗文明トップクラス(歴史上の要人)の双璧といえるはずの人物達にも無論、不思議な数字は現れ出ているのである‥(??)‥それだけでなく(人間だけでなく)、世界新記録の数字とか、歴史上の出来事の起きた西暦とかそれだけじゃないぞ(余りに大まかな話ばかりでなく)、そうした大災害等の日付、日時はもとより、被害者数とか、もっというと関係する企業の“証券番号”とか、自社ビルか何かの住所とか何だとか(電話番号)、資本額、従業員数、そして支店数はどうか(苦笑)、事故の航空機の型式だったか(苦笑)、ホールの客席数も有ったかな、ありとあらゆる(目立つ)数字に、そういう奇妙なパターンが表れてくるわけだ‥‥(??)。これで、超越・対策?《弥勒・心眼》[効編]の終了です。
2008年10月06日 00時57分41秒

 

無料上映?=✐Ultimate⊆Theater≒究極?〈作品・上映〉劇場✐『一般認知されている、666やカッバーラ・数式?などは、撹乱用の疑似餌に過ぎない』。真の、<↾↿>魔術(呪術)数は、見事にカムフラァージュ・混入され、この日常の中に。正しくゼイリブの如く、催眠?効果・誘導・刻印されている。
■陰謀論サイトが陰謀だと思ったことはないか、陰謀暴露が陰謀とは、よもや…(苦笑)《前編》■㊃【どれだけ存在するか知らないが、世に数多有る「陰謀サイト」程、好い加減なサイト群は無いかもしれない】、とりあえず「WWW」が「666」の意味だと説いているサイトは信用しないほうがいいだろう‥(※…世界的に用いられるWWWともなれば当然、「メジャーな換算コード」で666とも読める工夫はしてあるのだろうが)この666という数字には所詮「計9」という意味ぐらいしか無いのではないか(??)、というのも‥例えば“笑っていいとも・ひょうきん族”などの元“敏腕”プロデューサー横澤氏が、その生年月日の合算において保有する数字というわけで…)URLヘッダの「[URL]」は、実に「9911」だったということのようなのである(…ともかくマリア数列の一部である9911は、ことほど左様に強い…要所に出現する数字かもしれず)、また例えば彼の新井白石の没年(西暦)は「99113」ではなかったかと思われる‥こうして観てくると幾つかの数字が濫立されているように映るかもしれないわけだが、もとより「9911‐13(マリア数)」と「911‐13(全宇宙数)」と「11‐13(コア)」は、同じ意味かと思われ(といっても9を勝手に加えて増やしていくことはできないものの、9には足し合わせても数字が変わらない“性質”があるため、9という数字が多く付いていても、順次減らそうが全体の値は変わっておらずの「計6」だとも思われ)るのである(※但し、「省略」されない9が二つ有るものが“正格”で、9が一個しかないパターンが “常用”とでもいえることにはなるだろう)‥ 更に例えば、広告でタイトルが上下の平行線で挟まれている場合にも、それぞれの水平線を「一」と読もうと思えば(突飛かもしれないが、だからこそ其れぐらいの“知能犯的なカモフラージュ”なら、一般人として溶け込んでいるM達でも伝統的な知恵として基本的に知っているのだと考える際)、これは「一」「一」としうるはずなのである、そして丸型や角型の見出し点が、それぞれ個数分だけ「一つ」であるなら、(昨日見た「大学院大学」の募集広告では)3項目ずつ有るような二群の箇条書きの文頭に、其々見出し点が「三つ」「三つ」付されており、これらを併せると、やはり「十三」「十三」となるような、そういう広告デザインが仕込まれているということになるはずなのである)その広告に有ったような情報システムの「大学院大学」という“イカメしい権威感 (?)”も、悪魔パワーを利用して“頭脳”を得ているのではないかと捉えれば、底が透けて仄見えるかもしれないのである(…以上)…?? 「[URL]」というのは、「.(ドット)」を区切り記号(…後に続く文字列を、先の文字列と分離する、という表示の記号だと見做せば)httpから wwwまで(ドット無しの部分)がワンセットであると考えられると思う‥ ‥もし「WWW」が「33」なら、スラッシュ「//」を「11」と読み合わせて、「1313(1133)」ということになる(※例えば今をときめく天才プロデューサーの中田氏は生年月日に1313の数字を保有する人物)だろう‥ そもそもが(そのまま一瞥して1か或いは国内で、日本語として)「一」に読めるように角度調節された「線」は、如何に長くとも、それが漢数字の「一」と視えればM達からすると「1」の扱いであろうし、どのような形状でも「点(※例えば見出し点)」と言えるものは、この点を“一つ”と数えて「原始的なこの暗号上においては」数列に「1」を加えるのが慣例かと思う(※尤も無論、これらの話を「証明」は出来ないが、既に一万を超える事例に当たってきたと思える経験としては“どうやらそう”らしいのである、更に‥付言すれば、この仮説に気づかせられる具体的事例のURLが書かれた広告に遭遇する前に何故か…特に良い目に遇いそうな予定も無いのに…「4」という数字が生活の身辺に見え隠れしたので、翌日までに何かある兆しかと思ったのであるが、他に良いことは特に無かったとすれば、その発見が本物なのかもしれない、すなわち前回も、“大きな幸運”というのが「その手の発見」であったかとも思う… まあ此れは謂わば一種の余談だろうが)一方URLの「http」の部分としては、「h、t、t、p」を数字換算すれば「8、2、2、16」ということで、「82、21、6」の「136」という369系の「強」M数である‥それで、この「136」という数字を先程の「1313」と足し合わせると、 1313136で、少し整理すると「91116」になるかと思う ‥これは計「3(111)、6、9」ないし、計99ということになるはずである‥超越・対策?《弥勒・心眼》前編の終了。休憩を挟んで、後編にご期待ください。【一押し作品です】。
2008年10月06日 00時56分48秒

 

☈α〔◉ẅ◈〕ωの高機動/強行/突破式‥☈ ☑為した事が、無かったことに出来ないからこそ、天国・極楽があり、地獄・Gehenna(ゲヘナ)が、存在する訳です☑。帰ってきた!!!、高機動/強行/突破式・ロボの巻。【怒涛・進撃編?】←「何処がだよ。おいおい(笑)」。
☈帰還・版☈。『サテライトCubeの放出・宝箱[メッセージ?]を発見』。▶「“旅人のお守り”を手に入れた」(笑)。「装備しますか?」▶[はい・いいえ]。▶(はい→♪デロデロデロデロ、デンデン♪の呪いの、メロディと共に、貴方の運の良さは、4㌽上がった)⌠おいおい⌡。▶(いいえ→そのアイティムは、貴方を見捨てて、立ち去った)(笑)。§欲しい物?を、欲求した時、ほぼ。何でも、買ってでも、奪ってでも、与えてくれる親や保護者を、その恩恵を受ける、子供にとって、良い人と考え、思うものです。が§、これはタイムスパンの非常に短い(善意や善行に、容易く魅(み)える、近視眼的・行為・解釈)=浅い、考察・視界・理解に過ぎない事は。現世で、不条理や苦渋や誤解に、嫌と言うほど邂逅した事の在る=野ざらしの現世・現実で生きる、人存在ならば、■常に、湧き上がる、総ての欲求を満たして生きるなど、この世では有り得ない事(ノン・リアル)■だと、苦笑いしながら呟くものです。野ざらし≒諸行無常の、現世[表層・幻影]の、基底則でもある、確固として足下を支える、現実感。この遣る瀬の無い現世の真相〈四諦?〉に、釈迦は、出口≒《輪廻からの離脱≡覚醒・涅槃》を求めた訳です。与えてくれる、細々とした欲求に答えてくれる。俗物・無明は、これを人間の愛と捉え、耽溺・固守します。家族が他人と比べ、結束が強いと言うのは、結局、他者に施しや、供与するよりも、親族・血縁者に、融通を利かせる≒見越した見返り[配当・返礼を、算定済みの先行投資]を、行う訳です。$一見無償の喜捨・行為$の様に見得ますが、【その内部・思考・演算は、結局、愚慾に拠る、取引行為に過ぎない訳です】。俗物が良く口にする。→★恩も忘れおって★←この様な言葉を躊躇い無く口にする、人物は。例えどの様な、社会的・肩書きや地位を所有していようと、内実は俗物≒ゴイムなのです。蛇的・知識を唯一の拠り所とし、それを誇る、輸蛇屋・タルムードの民も、■実は同様なゴイム他ならないのですが〔無から作った、と豪語しておきながら、その金に執着するこの、頭を割る様な、お笑いの有様〕 ■、善良で素朴な他者を侮蔑・嘲笑する事で、自己[自我]葛藤を外界に投影し、そこで処理した気に成るのですが、不満・呪詛・葛藤の原因は、タルムード律に拠って、醸成された、彼らの内実〈偏向・価値・思考[思想]〉≡《低層・破綻》多重人格=サイコパス≒サタニスト〔悪霊・憑依・意識態〕にこそ在る。のですが、真の狂人《悪霊憑き》≒悪人は最後まで、悟らない。生活・習慣病〈自己・欲求・選択・決定〉に拠って、地上での形質・生命を失うのは、当人の愚かな、欲求に拠り齎される必然であり。担当医《神?や造物主?や大いなる精霊?や菩薩?など》に、その責を帰すわけには、いかないでしょう。【ここに、教訓とすべきは、現世だけで、死後に救済も救いも無い〔虚無主義や唯物主義〕考えを持つ者ならば、誰でも容易に、ここまで、人間[内実]の劣化・堕落の終点・存在・代表・サンプルである。輸蛇屋・タルムード屍徒(凡霊:ローゼンタール)に、下落出来る】。厚かましく、嫌らしく、奸佞で、邪悪を備え、発散していても、その死臭が、自らのもので無いと言い繕う。★悪いのは、愚かなのは、お前たち、異民族であり★、我々、ルシファー様に選別された、民の責任では一切無い。と叫び続ける。彼らが、金や武力をもし失えば、誰が彼らと、共生しようと言うでしょうか?。誰だって、爬虫類レベルの存在と、共に暮らしたいなどとは、思わない筈であり、それは道理に叶った、《健全な》発露・反応でしょう。Dog・Horror?財団の主の計画と、ニューエイジ・イベント計(系)での、変革・到来・年号が共に、2012年とは、不思議な合一を魅せていますねっ[疑問符を揚げて置いて擱きましょう]。『ヘィ‐・ア・ア・ヘィ‐』、『行為する事に、価値や意味が在るのでは無い。人として在る事の方が、大切なのだっ』≡❖堕落・誘惑を退け、人間としての本道を難く守る❖とは、エクセベチャ【ӕ】氏(師)の、魂・実存への教え≒伝承・系譜・保持に在る言葉です。現在。サテライトCubeは、相変わらず遮蔽・孤立・状態ですので、此方で、お楽しみ下さい。「敬具」。■行為・結果は須らく、必ず、道理に落ち着くものです■。
2008年10月03日 02時16分10秒

 

【REFLEX】⇔☉亞具理ペロー境?振☉[合わせ鏡の映し出す、領域]‥〔払い無き、帰神は、蛇潜?を呼ぶ〕。*深・企画の、発動です*。試作・実験・作品
『本来の目的を、得てして、現世では見失いがちに成る。ものである』。※目的と手段[目的・目標と、その手段が☑緊密で在れば、在るほど☑]を、㊟【同一視ししてしまう】※。ここ置いて、蛇の知恵を学び掌握し、使用できねば成らない。☞課題・図書《壱番館》の捕獲・呪詛・文書13より;我々(邪神・使徒)は*ゴイム[誤意務]*社会の教育を指導する際には、§彼らが何か創意を示す徴候があれば、いつでも気力を失って絶望してしまうように仕向けなければならない§。■自由奔放な活動というものは、別の自由奔放さに出会うと無力になる傾向がある■。【衝突すると、容易ならぬ精神的打撃、失望、意気消沈が起こる】。★これらありとあらゆる手段を駆使して、我々はゴイムを疲労困憊させたあげく‥★。そして同・捕獲・呪詛・文書31より;際立って我々は【計画を実行さえできれば、成功不成功を問わない】のに、♑<【$<¥際立ってゴイは成功さえすれば、計画はどうなっても構わない¥>$】>♑。この様に、何が一番・優先されるべきか[優先・順位]を、明確に認識している≡〈意識・階層〉格差を知らねばならない。これは、将棋の、各種の駒の働き≒移動[認識・思考]・視界の違いを、ほぼ顕している。§歩と、飛車や、角では、移動法が、ほぼ別種である§。歩ならば、近接の周囲・壱マスの認識に留まるが。飛車や角では移動・可能域は、総て、視界〈認識〉内である。この様に、認識・処理《俯瞰・階層・処理》現実が違うのである。さて、社会的・経済的・弱者は、容易で、簡便なパリサイ兵団の徴用兵として、利用されるものである。これは、その様に使用出来るように、虚構・経済律や、社会・常識=〈誤意務・用の規則集〉、構造的・意識・支配・社会の中で、経済圧迫を常に受けており、自主的・選択枝が、社会的に、殆ど存在し無いからである。同時に、異民族間で、発生する、差別や排斥や対立が、国政の指導・指示の必要も無く、無意識に臣民間で行われるのは、現・社会・構造そのものが《否、人類・文明史そのものが》異常・権力・嗜好奢?群に拠る、道理に拠るものでは無く、★我慾・支配・律に拠っているので★、その歪みは、人間・社会・階層の底部に、如実に《その歪み[権力・階級の我慾に拠る、皺寄せ]が、加算・増殖され》現れる。これを、古代史などでは、『人や民の上に立つものは、無欲であるべし』と、語られる所のものである。無欲であって、初めて神授王と呼ぶべきものだろう。が、★悪しき民は、悪しき神や指導者を求めるものである[ここで、注意すべきは、業・症状のまま、欲求を満たそうとする物達は、自己・存在を、善人であると、思い込んで居るものである。愚霊?として→ $免罪符を買えば、懺悔すれば、罪を許されると思い込んでいる様な、連中$である]〈そして、飽きる事無く、俗世の慾を喰らい、習慣や日課の如く、懺悔を済まして事足れりと、過ごす〉★。その守護神・本尊は、それらの民と同様に、口上では、神や善や愛などを多弁・陳述するが、その行為には、略奪・支配・命令の、本性を顕しているのだが。何れにせよ、冷酷ではあるが、現・文明は、その帰属・結線・住人[総て]と共に、根こそぎ、淘汰・審判?処理なされなければならない。麦と毒麦は、はっきり、明確に《それぞれの、望みに応じて》選別・提示された上で、完全なまでの処理・結論・結果に各個が、辿り着く事だろう。現世・現象界的・局所療法は総て、無駄、徒労に終るだろうと告げておく。■他者・救済や、社会・救済などを口にしている輩は、深層の判っていない、鬱気者(うつけもの)である■。自己を救う[苦しみから逃れる]為に、総ての行為・言動をこの現世で為していると言った、【真実・真相を】、認知し、自覚しておかないと、最後の最後の庭園に置いて、Satanに足元を、巣食われる?事と成るだろう。各自が自らの欲求に従う。それだけの事である。在る覚醒者からみれば、自滅・行為と見え様と、当人がそれを気に入っているなら、誰もそれを止める事は出来ない、悪魔と契約し、現世的・飽食を、才能を快楽を得るを良しと、考えるものに、忠告は無駄である。神の民と悪魔の民の二極にはっきりと、判れると、予言・予告されている筈である。愚俗は、行為や言動の結果に辿り着いて始めて、理解の入り口に立つのだが、兆しを観て。結果を推し量れると言うのは、道理が、存在しているからこそ、可能なのである。多くのものは、精神的な、末期・癌・患者〈間者?〉パリサイである。この現世・社会と共に、魂の意味で、滅ぶ。そして大人の俗物の、死後領域のテーマーパークに永住する。地獄は、この世での、罪≒㋚karmaの清算が、及ばない故に、慈悲・領域≒刑務所?として、存在する。惨い程に、善と悪は。明白に、この現世で、人を通して、顕される。
2008年10月01日 23時50分19秒

 

『来るべき世界➟2039』≒[Series・危険な教書?]≪お知らせ、※現在、サテライト・Cubeは、此方からの信号を受け付けていない※。通信回線・常(上)の不備と言うか?、プロ・売蛇?が、係わっている[確信犯的]様なので≫、こちらに、処理・転映する。 
‽卍/《㋣゛Klebstoff⇏[接着剤の/ⅳⅦ]》☛<↾↿>呪文≦ザリガニ・Wordに、Ⓘⓓentity(アイデンティティ)なる言葉が在る?。⇔〔素朴な・疑問として、これが“実存”するかどうかは、神秘家と呼ばれた、ディオゲネス[ギリシャ哲学のシンボル〈別格で稀有〉にも等しいとされる]境域(粋)・実存と、是非。問答を交わして診たい、設問でもある〕。何というか、この☆Ⓘⓓentity☆とやらは、§なんらかの価値・概念?を指しているらしい§のだが。子供たちは、こんな難しく、込み入った、難解な価値と意味とやらを、持たされた概念・言語〈指示・規定?〉を、知るよしもないので、学校や世間と呼ばれる社会の中で、多分、強制[去勢・洗脳]学習させられる事と成る?。か、知らずに過ごす、幸運な存在も在るには在るのだが。ここで、今回の目次・項目として㋣゛Klebstoff◆接着剤≒磁石◆が、揚げられているのには、象徴・解釈的・意味が齎されている。眼が節穴で。Ⓜindが、唯物=パリサイの種では、理解>智解する事は出来ないだろうし、理解の為のオマケ[補足もヒント]も付けない。さて、大抵この様な<↾↿>ワード<ザリガニ言語は、意識・撹乱・混迷への呪詛にも似た、付属・有毒・イメージ[トリック観念=意識の死角に潜り込む]が、混入されているものである。さて復習・研鑽してみよう。衛星Cube《現在・姑息で奸佞なネット工作を受けており、接続不能状態≡誰がこんな事をやらせ、指示し、誰が実務を遂行しているかへの、背後への考察も面白い[無論、此方の自作・自演と言った>仮説・エントリー?内の可能性も有るぞっ。■当然、自己・吟味が必要ではある■]》の各・課題・図書を、一応読了しているならば、この現世・社会の秘められ、隠された、♑蛇留務ー奴〈パリサイ・病原金[菌]〉♑<唯物的・原則・支配の根幹・骨子事実は、理解・了承されていると思われる。ので、この前提にあると想定して語るのだが、☞【不調感】。身体・生理が健全ならば、不調感・異常性は感じられ[反応する]。毒物類を取り込んだ時に、頭脳・計算 (演算)の必要も無く、身体は〈反応を決定する為の〉証明式をすっ飛ばし、結論・対抗・信号?を、与えてくれる《自動・処理的にも似て》。それは多分、嘔吐し、体外・排出を促すことだろう。社会的・事象面で言うなれば、現場・処理に等しい、◆緊急の場合、一々、頭脳・演算の指示・決定を待つまでも無く、現場≒〈身体・保全・機能〉が、見事な処理をしてくれる◆《それら、保全・検閲が、健全で真っ当である事を必要とされるが》。この意で、塔脳・演算に信望・依存する、存在郡を、侮蔑、せ猿゛?を得ないのである《本来的な人間・存在とは、この様な、チンケで姑息な、実存では無いので、こう感じ然るを得ない》。極論的な、対話をしてみよう。自らが救われる事が、第一議である!。←どんな、感想が浮かぶだろうか。釈迦にとっての、救済とは、覚醒・涅槃≡悟りに達する事だった。それでは、この現世≒物質・現象[下位]界・域で、圧倒的な★イニシアチブ≒支配力★を持つ、愉堕屋・タルムード使徒の民〈パリサイのパン種=思想・狂信・民族〉の救済とは、快楽・飽食を是とする、守護神[邪(蛇)神]の望む世界を、この現象界に現出する事であり。それに総てを捧げ、邁進する事で、地上界《限定》での満足[契約・報酬]を手に入れる。これは、聖書の記述での、荒野での誘惑の中の一説→▲お前を地上の王にしてやろう、その換わり‥▲の誘惑・契約に、合意した物達の姿である。無論、神話・寓話として、賞味して置くのが、悪戯に、混迷・意識界を彷徨う事は無いだろう《寓話は物語として、楽しむものである》。☑余分な物を、接着剤は、くっっけるものである☑。■植物や動物を見たまえ、☑余分な物☑をくっつけようなどとしない ■。◆簡素な道具を使用しても、用が済めば惜しみなく、捨て去る◆。ここが、混迷や幻影に楽しみ[快]を見出してしまう、人間と決定的なまでに違う処だっ。走らないベンツでも、飾って置けば、他者は、お金持ちと、羨望するだろう、が、本源を知るものは、トラックであろうと、バイクであろうと、用が足りればそれで良い事を、知っている。無明に在る物達は、本来の使用・目的を忘れ、虚装を幻影を資力を、知力・教養を、比べあうものである。
2008年09月29日 15時09分15秒

 

㊟サテライト・不調の為こちらに、転映します。★駄目押しの踏み絵?〈オカルト・Trap〉を、奴ら?が踏んだようです★。「そもそも、LD・電脳・スペースを借りて居るのが、問題」。『ええっ、でも総てが、衛星・起動ですから、此方は、俗世への出力が微弱ですからねっ』。
※以下記述は↓◅{∅◛∅}▻版○天問観測‥分局○→伝気・信号33に当る文です。宜しく※。 ■この現世・外界に、救いは、救済は、絶対で完全なまでに存在していない!■。この事実を、“諦観”〈コメント[貴方の意見]の一切浮かばない=事実を受け入れ従う〉出来るかどうか?。ですねっ。《原則・原理は貴方の感想や解釈など、必要としていない》。仏陀は、この世[現世・外界≒物質・現象界]に救いと言うか、絶対・涅槃がある等と、決して言っていない筈です。☞【それらは常に、内側?に求められていた筈です】。仏陀の語ったとされる。■四諦八正道■ は、外界・変革や調停の為の、教え、言葉、教導などと、思っている訳では有りませんよ、ねっ。〈確認の意味で、貴方の返答は?どうでしょう〉。←表出の必要はありません、自得の意味で。§それは、只管、【自らのこころの動きや欲求に注意せよ】。と言った、戒めに似た、人間の真の実存である。原則・厳守の奨め《こころの有り様≒定まり方?》に等しい筈です§。☑隔世?・涅槃に到った、仏陀の。視線や、思い、思惑は、一切の外界の事象には、決して向けられ、関心を払う事は無かった☑筈でしょう。愛想程度〈粗末・現世的な〉の、印度・医学・医療〈身体の健康の為の〉講話は、あったにせよ。★社会や国家や、経済律法、等と言った、俗事には★、主として触れなかった筈です。仏陀の講話の中の、毒矢の例えは、幾多にも、推察〔自己深化〕が楽しめる、講話です。毒矢を受けたなら、即座にそれを、抜き取り、治療するのが、本義であり、他の、項目はこの時点では、不要な関心事です。ですが、この様な質問[毒矢≒この世の果てはあるのか?]を口にした、存在は、どの様な、自我・衝動に駆られて、口にしたのか[問いかけたのか]?此処に在るのは、知的・好奇心を満たす為のものと言う事で。仏陀の真の関心事である、誰もが抱える、迷妄、飢渇・執着≒業症から、どうすれば、自らのこころの欲求から、解き放たれるかであり、完全に、関心事が、全く違っている。と言う事でしょう。例えば、お腹がへれば、取り合えず、お腹を満たして、他の事〈余分事〉を考えると言った様に。これが、ある意味、虚と実の違いも顕している事に、気付けるでしょうか?。さて、執着・固着に、⇅★邪神・兵団⇅★の工作淫や、尖兵は、必ず附け込みます。ランキングの上位、ベスト⒑に、入らねばと言った、固着を持つものには、幾らでも、嫌がらせや、可圧は、多様に可能です。☑落語の、“饅頭怖い”でも、一席楽しんで聴くのが良いでしょう☑。兵法に置いては、真意を、敵に知られるのは、敗北を、ほぼ直接意味します。右の手のやる事を、左の手に教えてはならない。指揮官なら当然の義務でさえあるでしょう。が、一般のほぼ健全な人は、軍事や兵法に係わらないのが、本来は健全である。を踏まえた上で、§自分も仲間が欲しい、そしてこの問題を解決したい。そして陰謀の真相を一般の人に知らせたい§。これだけ、明確に、貴方の作戦要項が、提示されていれば、容易なまでに、対抗策が、練られる筈でしょう。?(笑)。前にも言いましたが、視得視得の、工作淫は捨てで、本命の工作淫は、何食わぬ顔で、貴方の側に、再度、疑われる事の無い、ポジションに、立っていたりするものです。ここで、映:椿三十労?を、しっかり、楽しんで観るのも、良い休息と成るでしょう。■『危ねぇ!、危ねぇ!!、本当の悪党は、何食わぬ顔で、目立たない、疑われる事の無い、所に居るもんだ』■。別の電脳枠〈回遊中に発見・事例〉では、サタニスト・サイコパスの異思愚痴・医療?の本を読んで、感動しましたなどと、本気で信じている、お目出度いお方などが居ます。♑感情に訴えかける様に、十分・計画・推敲された[精神・侵略・去勢・効果]ものが、<↾↿>支配下のⓂedia市場に、洗脳・誘導・消費・商品として、与えられている〈出荷〉♑。事を決して、忘れてはならないでしょう。誠に、TVのイメージ・効果には、恐ろしい程の暗示・効果が、存在しています。ブラアン・Keyの、Ⓜedia・陵辱?なる、シリーズの書の一読を、お勧めしておきます。但し、この様な、理解は、決して表出・記載しない事。手の内を曝して、ポーカーを遣る馬鹿はいません。増して、掛け金?をかけているならば?。
2008年09月29日 15時08分32秒

 

■NATIVE・CHANT=「伝承?の至言・刺繍」詠唱● -言葉に成らないものを、人は求め、語り続ける。これらの言葉は、最も至誠・始原に近い。智解・観応するには、永い時間の対峙が必用と成る。これを、ユ蛇屋=タルムード、知力・信望の徒は、決して理解出来ないだろう-
◆ABSOLUTE◆ /●巡礼というのかしら、ホピではいまでも、定期的に遺跡を訪ねて、捧げものをしているでしょう。「そう。*自分自身をきれいに拭うために*。*そして “思いだす”ために*。*記憶を新たにするために*。❖われわれがどこから来たか? 誰であるのか? 自分自身を霊的に新しくする作業なのよ❖。…【本当は、遺跡だけではない】。●地球上のどこであれ、神聖な場所●。※『どこにいても』、『あなたがひとりでいて』、『静かであれば』※、創造主と話をすることができる。いつでも、【どこでも、創造主の助けが必要なときは。だって、あなたが何を感じているかを知っているのは、かの実存、だけ】。■創造主、グレイト・スピリット。彼を見た人はいない■。それでも、どこにいても直接話ができる。われわれは創造主のことを“イタナ”と呼びます。“お父さん”という意味」(中略)「そう。ずっとずっと昔、何百年も前から、ホピの先祖は言い続けてきたのよ。〔『何もかも失うときが来るだろう。白い人たちがやってきて、すべてが根こそぎにされてしまうだろう』。【そのときあなたにできることは、ただひつつ。“思いだす”こと。自分が誰であるのか、どこから来たのか】、いつも心に留めていること〕と。☯自分が誰であるかなど、知ることができるでしょうか☯。『私は、自分が何者であるかを知りません』。デキストラ?は知っていますか?。「*自分が何者であるかを知るということは、自分自身をいつも油断なく見張っている*、ということ。《周囲で起こっていることのなかに、没入してしまわないように注意しなさい!》と先祖は言った。[起こっていることから距離をとって、ひとりで歩むこと]と。■先祖はずっと昔から、来るべき時代のことを知っていたのよ■。$カップのような物体がもの凄い速さでそこらじゅうを走りまわるだろう。光がついて中には人間が乗っている$。←これは車のこと。$われわれの頭上、空一面に、たくさんの蜘蛛の巣が張りめぐらされるだろう$。←これは飛行機のこと。☑われわれの世界は、ふたつの黒い板に挟まれた白い物体によって★まったく変わったものになってしまう★だろう☑。←バイブルのことよ」 予言の一部ですね 「そう。〈子どもたちは、親や年よりを二度と敬わなくなるだろう〉。知ってのとおり。若い人たちは、☑ホピにおいてさえ、まったく過去を敬おうとしない☑。私にとって過去は、かけがえのないもの。価値あるもの。【古い時代の古い人々の生き方のなかには、■多くの真実が含まれている■】。昔から人々は、〔大地のめんどうを見るように(世話をするように)〕と言い伝えてきた。■自然を壊すことがあれば、必ず何かが起こる■と。それがいま起こっている」‥「ホピに来るたびいつも感じるのは、地球、自然の古さということ。風に磨かれた岩の魂ひとつ、水に削られた渓谷ひとつ……【どれをとっても、人間がつくったどんな遺跡よりもずっと古い】。@多くの神話や物語は、そうした“古きもの”と人間とのつながりについて語っている@。※プエブロには昔からストーリーテラーと呼ばれる役目の人がいて、物語を続けることで、“古きもの”に結びつけられた人間の姿を繰り返し確認するという機能を果たしてきた※。◆物語を失ったわれわれは、自然との絆、過去と未来との絆を失って、風のまにまに漂っているわけです◆」 「私が子どものころ、まわりにいる大人は誰でも物語を話してくれた。冬は暖炉のまわりで、夏は屋根の上に寝そべって。土の家は蒸し暑いから、みんな屋根に上がって眠るの。ブランケットもなし。*ただ寝転がるだけ*。【落ちていきそうに深い夜空を覗きこみながら、たくさんの話を聴いた】。この世界のありとあらゆるものについての物語。太陽、月、鹿、蛇、蟻、鷲、・・・・悲しくて泣いてしまう物語もあった」(中略)「絶望はできない、あきらめることはできないのよ。われわれは子どもたちに伝え続けなければならない。しかるべき年齢になれば、■たぶん、気づくときがくる。*われわれにできるのは、話すことだけ*■。人生をつくるのはお前たち。お前たち自身の選択なんだよと」。 ~「インディアンの夢のあと」~
2008年09月22日 22時05分31秒

 

【もし~も~し通信】《内編の逍遙遊=幸せな遊行》。『どぅ~じょ』=➃➅[☺]。『はい、はい』=➒➏[☻]。害獣がわんさか出てきてさっ、もう、この星ごと、焼いちゃうしかないねっ。本当。今度は、出来損ないの神もどきも、きっちり処分するって、宣言している様だから。期待したいねっ。卦露気炉[ケロケロ]。
☺ドレミミファで、どぉぉっしたの、療養中じゃなかったのねっ?☺。☻多層・変化・隠喩・構造・文体だから、意味を解析すんのが、非常に手間かかるけど、同調・解析してるって☻。☺芸術家より、革命王[ほぼ、輪転王?に近し]としての使命感が、おおきんだよなっ、きっとさっ☺。☻旧?工場の職人長(おさ)の、“ここが、肝心だの奥伝”書付[奥付け]は、読ませてもらったよっ。大意〔肝要・骨子〕に置いて、合意・了解☻。☺だから、奴らの様に、埋め込み、埋め込み(笑)☺。☻発動・触発・因子〈刺激〉は、現状では、功罪併せ持つ、情報的・刺激だから、後は、各個の選択と理解に任せるしかない☻。☺連中の様に、洗脳・支配すれば、容易く収まるよなっ、一見は。でも、やっぱ、それは、根本解決にも、根本・治療にもならないんだよなっ☺。☻やっぱ、なんだかんだでも、慧眼☯師歩が、見込んだだけはあるよっ(笑)☻。☺あの、老至は一番弟子を、謀殺〈今思えば、 ★MKウルトラ工作〉★に拠って失っているので、その怒りは激しいぞっ、て知ってた?☺。☻面白いのは、ザリガニやブリ店人の<↾↿> 型・エリートが、洗脳・支配に使用している、聖書の記述通りに、地獄=Gehenna(ゲヘナ)に、てめーらが、落ち込む事を気にしていないって事だなっ☻。☺思想的・支配・兵器として利用出来るから、とことん利用してるが、そのネタが実は真実とも奴等は、考えもしない(笑)☺。☻無論、改竄や変造は多分に為されているがねっ☻。☺それとさっ、相変わらず。問題と解決のパターンの繰り返しの、世界・社会・演劇なっ☺。☻『自身にとって無意味でも、関係責任を持たされて歴史を受容』⇔〔魂には、有害であっても、集団社会・帰属責任を、強制的に持たされて、支配・文明・歴史に、参入する事を求められる〕って、事だよなっ☻。☺3の「歴史における共有は、基本レベルをクリアする文明に共通」(?)の基本レベルが、何を意味しているのか、こっちにゃ、判らないにゃ~〈御免にゃ~〉☺。☻446の4。一番を目指す必要は無い。総ての艱難を排し【覚醒・涅槃へと真っ直ぐ進め】。そうすれば、そんなものは、後から幾らでも、アンタの枝に鈴なりに生る世☻。☺どっちが、先か、昔に言ったぞっ。先ずは、自分が涅槃・彼岸へと渡れ、後の事は、神・ほっとけが、遣るだろうってなっ☺。☻神[心≒深]霊戦の域で戦われているのは、理解してるよなっ。言説・展開では、この世的な事例や、兆候・動向を語るしかないけれど ☻。☺知ってっか、ユーベル・レベルでないと、この戦いの真の次元・様相は、捉えられないって☺。☻(この現世・社会に置いての)現実感の違いは、そのまま、心的・精製・境域の違いと成って、顕れている☻。☺ほぼ、同様な戦略・手法を取らざるを得ないんだよなっ☺。☻何れにせよ、現行の物質・技術・文明は終るよっ、滅びたソドムの様に、それが、そのまま奴らの意識地獄界を形成する☻。☺まぁ、哲学的か形而上学的かは、しんないけど、悪人や罪人連中の集合・無意識界が、Gehenna(ゲヘナ)って訳だよなっ、知ってた(笑)☺。☻敵味方の判別なんて、ほって置けば、はっきりするさっ。どっちの親玉も、はっきりさせたがっているしなっ☻。☺何かの意識存在の使い[代理]って感じを感じつつこの世で生きてるだろ☺。☻文化・経済則って、この現世では、誰が、指導・発布しているの?☻。☺この世の君でしょう、当然、自分の陣営、崇め奉る連中を優遇するじゃん☺。☻結局さっ、西式神話の、Satanに成りきって、人類への意識・支配・戦略を練ってみると、理解しやすいんじゃないの☻。☺とんでもなく、えげつなく、悪辣で奸佞な人格に成って見てさっ☺。☻総て、正解だし、尽く、連中の肝要・要点を、見事に打ち抜いているよっ☻。☺ここで、ミハエル・エンデの様に、子どもでも判りやすい、寓意や、単純な言葉や記号で、与えられれば、失地回生も?あり得るだろうけど、♏ediaは総て、<↾↿>の喚問?に下ってっんだよなっ☺。☻だから、実質的には、この現世での、啓発・広報や発信のチャンスは、尽く奪われている☻。☺て、事は☑同時に、躁言った、遮蔽や検閲・編集に係わる連中総てが、非・善類・兵団と、★取引・契約合意に在る、有罪者群★って事も明かして☑いるなっ☺。☻だから、人類の80%が、地獄の住人で、奴らの天国(ユートピア)は、地獄しか無いって言う、今は戯言だが。
2008年09月19日 23時00分10秒

 

y(~σ~)y寝快喧✪/ヨタロウのⒷ休♨寄席/✪。Native達が、淘汰・排斥、そして、変質させられた、その《神霊的なまでの》戦略的な真意を、理解するには、今回の文末・箇所から、未掲載の、変遷・過程を、推測・補填・理解・追跡できるならば、その奸佞なる真意〈悪意〉を、俯瞰掌握出来るでしょうなぁ。♨
♨〔参重算〕の緒噺になります。こんちでやす。ゆるゆるの、猫猫?の、良い湯加減の如き、風味を持って、あっし=y(~σ~)yの寄席・噺が始まりますなぁぁ。$正気(Ⓜ:Normal)って言うのは、一体どんな、社会的・常態・条件を満たした時に、[隠し規定の→派痢裟威のパン種]認定・認知される$んでありましょうかねっ?。『逆に、聞きたい!』(笑)ものですなぁぁ。■現状や環境の認知の違いは、ほぼ、現実感(リアリティの)や価値観の違いと成って顕れ、行動や言説に顕れる■ものでしょうなぁ。〔例えば〕→北斗どすこい?拳の伝承者達には、人体の秘穴〈あたたたったたたっ、アンタは既に、屍んでいる〉(笑)が、診得ている訳でして、*これは凡夫の知る所の知覚・《感覚》認識では在りません*。これは、経絡秘穴の人体図を、体感?体得・学習・習得>【功夫に努める】《した者にしか、理解し得ない、現実・事実であり》、『同時に運用可能な、技へと、密接に関る、基礎・肝要でも在りますなぁ』。この様な、極端な例題を挙げる事により、大まかな新規の俯瞰・視野の教導を計る訳です。「はい」。現行・社会の[隠し規定律→<↾↿>的・価値基準・律法]社会的・正常とされる解釈・認知・反応・規定[社会的・正常・条件]は、存在しているのですが、多くの庶民・臣民は、これを、意識化し認識する事も無く、表層・理解と、追従反応を持って社会・適応している訳ですなぁ。さて、ここに1つの、非常に、含蓄の在る言葉を→§成功して、功なった中国人は、常に儒教の徒であるし,失敗して、尾羽うち枯らした人なら、いつも、道教の徒という具合‥§。この一文から、かなり多くの事実を得る事が出来ますなぁ。例えば*成功して*と言う言葉には、この現実・世界(社会)に置いての成功と言う事が、言外に明白に、示されています。*功なった*⇒努力・行為が、実ったと言う事で。そして*中国人は*⇒この民族の中で、この分節の前後関係から、⇒〈常に〉“儒教の徒”と言った、[〈常に〉≒必然に等しくも]条件を満たしている。と語られる訳ですなぁぁ。これらを更に、全文を通して、俯瞰・認識してみるならば、☞ 中国人であって、中国社会での、成功を求め、手にする為には、*儒教の徒である、条件を満たして置く*ことが、とても重要なのだと、語られ、示されている訳ですなぁぁ。商売にせよ、何にせよ、同様な思想や価値基準を持つ、集団の中での、社会的や経済的な成功しか、存在しない訳です。これは、拠り多くの、価値基準や常識感覚を持つ、群れの価値監?を、理解し、同様な反応や価値感を感じることの出来ない者には、この様な、集団(社会)内での成功は及びつかない。意識的な同属・同種で無くては成らないと、言う事〈絶対的な条件〉でもありますなぁ。この言葉に潜む、原理則を知るならば、<↾↿>結社や、ユ蛇屋の代表・サンプルの、ローゼンタールの言葉を、縁り、理解出来る筈でしょう。価値監そのものの根底を書き換える《教育やCMなどの、視聴覚・刺激・学習など事に拠って》Ⓢⓣⓐⓝdⓐrd化する。▲Loss茶が、造幣を抑えた様に▲、教育・Ⓜediaを抑えることに拠って、サテライト版・図書〔二番館〕から、ローゼンタールの呪詛文:14より⇔『●最近まで職人は、高收入の追求より技術の誇りを優先していた●。だが♑我々は彼等に★高收入を求めさせ、金という我々の力で社会を奴隸化★してきた♑。■我々は彼等が【決して滿足しないよう、取って得る、我々の哲学〈タルムード≒バリサイのパン種〉に国民を変えてきた】■。★滿されない奴等は、我々の世界支配ゲームの駒だ★。■だから彼等はいつも滿足する物を探し続けるが、決してそれを見つける事は出來ない■。⇅★彼等は自分の外に幸せを見つけた途端、我々の率先した召し使いに成る⇅★』。『$お前逹の民族は手の屆かない無価値の安物しか与えていない事に【全く気づかない】$。$彼等はある物を手に入れ、それを消費するが、満たされない$。$我々は叉、別な物を出す$。◆命ある物が明確な目的を逹成をしようと、気持ちを変える程度に◆、★我々は限り無い、うわべだけの気晴らしを与えてきた★。我々が、お前逹の、絶対的な、現世・社会・価値・教師であるという意味で、お前逹は我々の、薬〈地上的・価値観≒身体・欲求の優先≒タルムード的・価値崇拝〉の常習者に成って来た』。☜今一度、自己・翻訳を試して観るべき、一文でしょうなっ♨。
2008年09月13日 00時30分34秒

 

☑☯刹那に観る、深奥の実存☯≡∵㋚:ウペクシャ〔Upeksha〕∴☑…アーナンダは、仏陀の存命中に至ることはできなっかったと、伝えられています。アーナンダは、あまりにも多く聞きすぎたため、悟りが遅れたと言われています。【その悟ってない彼がなんと、全ての仏陀の言辞を正確に覚えていたのです。覚醒に達していなかった彼が!】
何時の事か知らないが、主と呼ばれる、存在が。[人間・人類にとっては、総ての時の始まりに等しい頃の話に、なるのだろう‥]。天使達[人間とは、全くの別種で、上質種?]に命じたという。『人成る、存在・実存に、仕えよと』。人間には、神に近ずく、可能性〈恩恵≒慈悲≒愛〉が持たされ(与えられ)ていた。が、天使達に比べれば、愚かな子供も同然だった様で。能力や知能等に置いては、遥かに天使達には、及ばなかったらしい。天使達の内に、この不条理な命令?に、不服を持つ者たちが顕れ、『☑どう見ても、我々より劣るものに、何故☑、我々、ネピリム (ネフィリム)のOrigin種族?である、ほぼ、完全な存在[優越種]である、我々(天使・存在の種)が、※我々より、遥かに劣る存在(人間)に※、§ 何故。仕えなければ成らないのか?§。と』。そして、その尤もな、不服感(不条理感)に拠り、その一群の天使達は、主を見限り、離反する事と成った。と、語られる物語(神話)があるらしい。*無論、この様な話には、確証と呼べる物は一切無いだろう。から*、『物語として、楽しむべきお話として、楽しむのが、正しいのだろう』。§しかし、この物語の中の、離反・天使達の、心理・変遷・帰結には§、現代人の多くに、容易に[この心理・動向・反応を]理解、出来ると、思える訳で。§物語の中のリァリティと、現実世界のリアリティは、どれ程の違いが在るのか?§。これを、頭脳・演算が、オーバーロードするまで考え、一晩たっぷり寝て、考えた事が、どれ程の人にある、だろうかなぁ。物語のリアリティは、〈確固別・的〉心的・リアリティと似通っていて、*物証を、それ程必要としない*。事実、物語りは、時間経過を端折る事も多いし、神話系では、容易に、キャラクターが、変身・化態(かたい)もする。そして、ほぼ見事に、物証や物理法則を無視する、事柄・事象も起こる。物語り、“蜘蛛の糸”では、暢気に、散歩を楽しむ、お釈迦さんの居る、天国・極楽の蓮池の遥かな、深部に、地獄・界隈[領域]が、存在しており、この苦界の闇の中で、カンダタ成る、現世での極悪人だったものが、地獄・苦界の苦役に苛まれ、只管、脱出を求め喘いでいる訳だったんだが。【人間の体重を支える等と、噴飯ものの、蜘蛛の糸が】、お釈迦さんの慈悲を感じ、それに答え、従い。極楽の蜘蛛が、その糸を、遥かな〔深遠にも等しい〕距離を跨いで、獄界の底へと垂れ下るのである。この社会的[眼を開いている事?、正気・意識を、必ず必要?とされる] な、現実則に沿って検証してみれば、どれ程のリアリティとやらが、この物語に在るのだろうか?。【それでも、こころは、この様な話を、楽しんでいて】、先を知りたがり、お腹の足しにも成らず、お金儲けにも繋がらないにも関わらず、物語の続きのページを只管、捲る[求める]ものでねっ。幼年期であればあるほど、この、こころのわくわく感?は、決して、数量化出来ないのだけれども、確かに、豊かであり、合一・体感し、楽しめる〔楽しんだ筈なんだ〕。この感覚を、心に、キープして置いて。この世の、現実感(リアリティ)と比べて見るんだが、§この世界や社会・現実で、支持され、共有されるリアリティとは、何なのかと、自問・探求すれば§≒容赦なく、このリアリティの起源・本態・本性を求め。穿り返し、外装や虚装を尽く、引っぺがして、この世のリアリティの仕掛けの本態を、剥き出しに出来たとしたら。底(其処)には、ほぼ唯物的なまでの、虚数・算定・演算≒カロリーだの、収益だの、効率だの、損失だの、優秀だの、不足だの、機能力だ、スペックだの、コスト・パーファーマンスだのと、それが、その数値差とやらが、そのまま、人の喜びや悲しみ等を押しのけた、価値〈現世では総てに、勝って、優先〉として、算定[価値]されていて、その比較・対照に拠って、㊟本来、少しでも落ち着いて、眺めれば、【Equalの等記号等では、決して結び付けられない、それらの《本質》への虚数・数値比較で、良いの悪いのと、認知】されて㊟しまっている。そして既にそれらは、人間としての、価値〈社会的・厳守〉リアリティ≒意識・判定・一般通貨《Global・Ⓢⓣⓐⓝdⓐrd》として、発想や思考の根底・基準にまで、定着している事が、理解出来る筈なんだっ。これは、自己意識を他者の様に観察する意識が無いと、出来ない事で。丁度、Game機の、基盤を取り出して、Checkするのに似ているが、この検査・対象が、自己の意識に成るので、難しいらしいけど(笑)。
2008年09月09日 20時47分47秒